〈2024年〉iPhoneをHDMIケーブルでテレビに接続、ライトニングとタイプC対応も

Moovoo編集部
最終更新日: 2024-01-15

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がMoovooに還元されることがあります。

facebook xPost lineLINE copyCopy

iPhoneで楽しんでいる動画やゲームをテレビやモニターに映せたら、臨場感がより増すことでしょう。また、画面が大きくなれば家族や仲間とも一緒に楽しみやすくなります。

そこで役立つのが、iPhoneの画面をHDMI入力できるテレビやモニターに表示させるアイテム。

「有線接続」と「無線接続」と2種類の接続方法がありますが、この記事では簡単にできる「有線接続」について紹介します。

iPhone 15シリーズで使えるUSB-C(タイプC)と、従来のLightning(ライトニング)コネクタに対応した、おすすめのHDMI変換アダプタやHDMIケーブルも紹介しますので、ぜひ参考にしてください。


iPhoneの「ミラーリング接続」について

Photo by iStock

「ミラーリング接続」とは、スマホの画面をそのままテレビやモニターに表示させるための接続を指します。iPhoneをミラーリング接続することによって、以下のことができます。

  • YouTubeやNETFLIXなどの「動画配信サービス」を大画面で見られる
  • iPhoneに保存した動画や写真を「大人数」で楽しめる
  • iPhoneで遊べる「ゲーム」を大画面でプレイできる
  • iPhoneを使って「プレゼンや会議」が可能

iPhoneの画面は複数人で見るときに不便ですが、大きなディスプレイなら大人数でも視聴しやすくなります。旅行中にiPhoneで撮影した思い出を、家族や仲間と一緒に見るのも簡単です。誕生日や記念日のサプライズ動画をテレビから流すこともできます。

また、ビジネスシーンでは会議やプレゼンの資料を大人数の前で表示させるのにも活用できます。HDMI入力に対応したプロジェクターがあれば、スクリーンに映すことも可能です。

「有線接続」のメリット・デメリット

Photo by iStock

「ミラーリング接続」にはWi-Fiを使用する「無線接続」もありますが、この記事では手軽にできる「有線接続」のメリットとデメリットを紹介します。

有線接続のメリット

有線接続の大きなメリットは、面倒な設定が不要な点です。無線接続の場合、機器の設定が必要になりますが、有線接続はテレビやモニターのHDMI入力にケーブルを接続するだけでほぼ全ての準備は完了です。

また、Wi-Fi環境に関係なく使用できる点もメリットです。無線接続ではWi-Fiの通信環境による影響を受けるため、通信が不安定だと映像が乱れやすくなります。

有線接続するデメリット

有線接続のデメリットのひとつは操作性が悪くなる点です。iPhoneとテレビの間の距離に合わせて、十分な長さのケーブルが必要になります。

また、ケーブルの用意がなかったり、ケーブルが断線してしまったりした場合、使用できなくなってしまうのもデメリットです。

なお、これは有線接続に限りませんが、ミラーリング接続には多少の遅延が起こる点も注意が必要です。動画視聴では気にならないレベルでも、繊細な操作を求められるゲームプレイにおいては支障をきたす可能性があります。

iPhoneとテレビをHDMI接続する方法

ここからは、iPhoneとテレビやモニターをHDMI接続する方法を紹介します。Apple純正品を使用する場合と、他社製品を使う場合で分けて解説していきます。

Apple純正品を使った接続方法

PICK UP
  • Apple
  • Lightning - Digital AVアダプタ

  • 税込み7,658円(Amazon)
  • Apple純正Lightning-AV変換アダプター

  • LightningコネクタのあるiPhoneやiPad、iPodに対応。最大1080pのHD画質で、テレビなどの大画面に出力できます。

まずは、Apple純正のHDMI変換アダプタを使用した接続方法です。

変換アダプタ

Lightningコネクタを搭載したiPhoneの場合は、純正品の「Lightning - Digital AVアダプタ」を使用します。

右がLightning端子の接続部分で、充電しながら使用できます。左がHDMI接続するための端子です。

接続している様子

Lightning - Digital AVアダプタを使用する場合は、テレビやモニターに接続するためのHDMIケーブルが別途必要です。

接続している様子2

HDMIケーブルの一方のコネクタをAVアダプタに接続し、もう一方をテレビやモニターのHDMI端子に接続します。

入力切替

iPhoneをテレビかモニターに接続したら、テレビ・モニター側の「入力切替」でHDMI入力を選択します。テレビやモニター側にHDMI入力が複数ある場合は、入力切替を正しく選択する必要があります。
【例】
テレビの「HDMI 2」に差し込み → テレビの「入力切替」で「HDMI 2」を選択

ミラーリング完了!

iPhoneの画面がテレビやモニターに表示されたら、接続は完了です。表示されない場合は、テレビ・モニターの入力切替や、HDMIケーブルの断線・互換性の問題などを疑ってみてください。

iPhone 15シリーズに対応
  • Apple
  • USB-C Digital AV Multiportアダプタ

  • 税込み10,980円(楽天市場)
  • Apple純正USB-C-HDMI変換アダプター

  • iPhone 15シリーズなどのUSB-C搭載機器に対応するApple純正HDMI変換アダプター。

    USB-C対応のMac、iPad、またはiPhoneに表示されているものを、そのままHDMI対応のテレビやディスプレイに映し出せます。

iPhone 15シリーズはUSB-C(タイプC)に対応しています。そのため、Apple純正品を使ってHDMI対応ディスプレイに出力する場合は、こちらの「USB-C Digital AV Multiportアダプタ」を使用します。

USB-C対応ディスプレイに出力する場合は、DP Alt Mode(Display Port Alt Mode)対応のUSB-Cケーブルで接続することも可能です。なお、iPhone 15シリーズに付属するケーブルはDP Alt Mode非対応のため注意しましょう。

Apple純正品以外を使った場合の接続方法

次に、非純正ケーブルを使ってiPhoneとテレビ・モニターを有線接続する方法です。

変換ケーブル

今回使用したのは、AIWADEのlightning digital AV cable AW–HD18(※こちらの商品はECサイトでの販売終了)。

純正品では変換アダプタの他にHDMIケーブルを用意する必要がありましたが、この製品はHDMIケーブルが一体で、iPhoneとテレビ・モニターを直接接続できるのが特徴です。

接続の様子

純正品と同じように、HDMIコネクタをテレビ・モニターに接続します。

接続2

次に、Lightning端子をiPhoneに接続します。

接続画面

入力設定を「HDMI」に切り替えると、テレビ・モニターに上記写真のような接続画面が表示されます。

信頼

iPhoneに、接続した端末を信頼するかどうかのポップアップウィンドウが表示されます。「信頼」を選択すると使えるようになります。

パスコード

続いてパスコードを入力します。

接続完了

スマホの画面がテレビやモニター側に表示されたら接続は完了です。

USB-Cを搭載したiPhone 15シリーズの場合、USB-C to HDMI変換ケーブルを使用することで、同様の手順で接続することができます。

HDMI変換アダプタ・ケーブル、人気メーカーの売れ筋商品

女性顔イラスト(検証コメント用)

Moovoo編集部

数あるHDMI変換アダプタや変換ケーブルの中でもECサイトなどで売れ行き好調な、人気メーカーの製品を紹介します。

iPhone 15シリーズに対応、タイプCからHDMIへ変換

PICK UP①
  • Apple
  • USB-C Digital AV Multiportアダプタ

  • 税込み10,780円(楽天市場)
  • Apple純正USB-C-HDMI変換アダプター

  • iPhone 15シリーズなどのUSB-C搭載機器に対応するApple純正HDMI変換アダプター

    USB-C対応のMac、iPad、またはiPhoneに表示されているものを、そのままHDMI対応のテレビやディスプレイに映し出せます。

PICK UP②
  • Anker
  • PowerExpand+ USB-C&HDMI変換アダプタ

  • 税込み2,390円(Amazon)
  • 二重に編み込まれた高耐久ナイロン

  • 4K出力対応。外装は軽量アルミニウム仕上げで、高い放熱性を実現している点がポイント。ケーブルを覆うのは二重に編み込まれた高耐久性ナイロンで、引っ張りやねじりに強い製品です。

    スリムなデザインで軽量なので、持ち運びに適しています。2,000回の折り曲げ試験に耐える丈夫さで、他の同様製品と比べて2倍の耐久性をうたっています。

PICK UP③
  • エレコム
  • MPA-CHDMIPD015B

  • 税込み3,355円(Amazon)
  • USB Power Deliveryに対応

  • USB Type-C端子を経由して、最大60Wの電力をパソコン、スマホ、タブレットに供給する「USB Power Delivery」に対応している製品。

    4K2K(3840×2160/60Hz)の解像度に対応し、サビなどに強く信号劣化を抑える金メッキピンを採用しています。著作権保護技術のHDCP1.4/HDCP2.2にも対応しています。

iPhone 14シリーズ以前のモデルに対応、ライトニングからHDMIへ変換

PICK UP④
  • Apple
  • Digital AVアダプタ

  • 税込み7,658円(Amazon)
  • Apple純正のLightning変換アダプター

  • LightningコネクタのあるiPhoneやiPad、iPodに対応。最大1080pのHD画質で、テレビなどの大画面に出力できます。

    iPhoneなどとつなげるHDMIケーブルは、大手メーカーの商品が少なく、購入に不安を覚える人も多いと思います。そこでMoovoo編集部では実際に使ってみたわけですが、この商品はApple純正なので安心感があります。

    価格帯はやや上がってしまうのですが、レビューもとても高評価。HDMIケーブルを別途用意する必要がある点にご注意ください。

PICK UP⑤
  • TRANGJAN
  • iphone hdmi 変換アダプタ

  • 税込み1,590円(Amazon)
  • 充電ケーブルなしで使えました

  • 編集部で実際に購入して使った商品のひとつ。スムーズに画面がPCモニターに表示されました。

包装や説明書も簡素でしたが、編集部の環境でWebサイトや動画を視聴したところ、iPhone、iPadともに大きなゆがみなくPCモニターに映し出せました。

PCモニターに映しているところ

実際にiPhoneやiPadとPCモニターを接続して、動画などを視聴しました

横向きの表示にも対応しているので、PCモニター全体を生かした大画面表示が可能。充電ケーブルをつながなくても使える点も便利です。

HDMIケーブルを別に用意する必要がある点、Amazon Prime Videoは著作権エラーが表示されて映し出すことができないといった点は要注意です。

PICK UP⑥

  • AIWADE
  • Lightning Digital HDTV AVアダプタ AW–HD18

  • 2021年9月時点、各ECサイトで販売終了
  • iPhoneやiPadから直接テレビに接続できる

  • 複雑な設定が必要なく、簡単にiPhoneやiPadなどのデバイスからテレビやモニター、プロジェクターに接続して大画面でコンテンツを楽しむことができます。

編集部でも使用したHDMIケーブル。Amazon売り上げランキングでも上位にランクインしていました。

レビューには、「ケーブルの長さが充分にある」との声が。Apple TVと比較すると画質は多少落ちるものの、そこまで気になるほどではないとの声も見られました。

HDMIケーブル、人気メーカーの売れ筋商品

HDMI変換アダプタとセットで用意しておきたい、HDMIケーブルも紹介します。あわせて参考にしてください。

PICK UP⑦
  • Amazonベーシック
  • ハイスピードHDMIケーブル - 3.0m

  • 税込み1,452円(2本セット、Amazon)
  • 手頃な価格で安心のAmazon製品

  • Amazonが展開しているブランド「Amazonベーシック」のHDMIケーブル。手頃な価格ですが、品質はお墨付きで安心感があります。

    60Hzで4K対応、2160p、色深度48bit/pxと十分な性能を持つケーブルです。長さは0.9mや1.8mなどバリエーションがあります。3.0mの場合2本セットで1,400円前後で買えるなど、まとめ買いだとさらにお得になります。

PICK UP⑧
  • エレコム
  • HDMIケーブル スーパースリム 2m

  • 税込み1,427円(Amazon)
  • 品質に定評のあるスリムケーブル

  • AmazonベーシックのHDMIケーブルが在庫切れの場合、やはり品質に定評のあるエレコムのケーブルがおすすめです。

    ケーブル直径約3.2mmのスリムなつくりが特徴。曲げやすいうえ、コネクタ部分も小さいので配線の見た目がスッキリします。4Kや3DフルHDにも対応しています。

iPhoneも進化中、最新モデルを紹介します

ここまで、iPhoneを大画面に映す変換ケーブルなどをご紹介してきました。

最後に、Amazonでも購入できるようになったiPhone最新モデルをピックアップしました。関心のある方は、ぜひご覧ください。

PICK UP⑨
  • Apple
  • iPhone 15 Pro(128 GB)

  • 税込み159,800円(Amazon)
  • 最大26時間のビデオ再生に対応、リフレッシュレートは120Hz

  • A17 Proチップを搭載し、ゲーミングユーザーにとってもハイパフォーマンスを実現。

    7種類のプロ用レンズにより、写真撮影の幅も充実します。チタニウム製フレームにより、高級感ある見た目と、性能を実現した1台です。

    120Hzのリフレッシュレートが、滑らかな視覚体験を提供してくれます。

サイズ:高さ146.6×幅70.6×厚さ8.25 mm(重さ187g)
ディスプレイ:6.1インチ(2,556 x 1,179ピクセル)
カメラ:メイン・超広角・望遠カメラを搭載、ProResビデオ撮影対応
チップ:A17 Proチップ
生体認証:Face ID(顔認証)
PICK UP⑩
  • Apple
  • iPhone 15

  • 税込み124,800円より(Apple)
  • 操作しやすい6.1インチ画面と、もっとも低コストで使える最新モデル

  • 淡い色合いの5色をラインアップ。A16 Bionicチップを搭載し、ハイパフォーマンスを実現するスタンダードモデルです。

    6.1インチの画面サイズで手に持ちやすく、さらに4モデルの中でもっとも低コストで手に入りやすいモデルです。

    メインカメラは4,800万画素で、高精細な写真を撮影できます。

サイズ:高さ147.6×幅71.6×厚さ7.80 mm(重さ171g)
ディスプレイ:6.1インチ(2,556 x 1,179ピクセル)
カメラ:メイン・超広角
チップ:A16 Bionicチップ
生体認証:Face ID(顔認証)

こちらの記事もどうぞ

最新のPC関連アイテム(編集部コメントあり)

  • ボタン1つの電動式スタンディングデスクE3W

    48,100円(税込)

    この商品を見る
  • 15.6インチの大画面に薄さ9mmの軽量モバイルディスプレイZenScreen

    29,520円(税込)

    この商品を見る
  • DELLの4K対応27インチの大画面モニター U2720QM

    59,800円(税込)

    この商品を見る
  • タッチ対応、スタイリッシュで軽量なHPのノートパソコン。第11世代のインテル Core i5を搭載

    119,500円(税込)

    この商品を見る
  • Apple初のワイヤレスヘッドホン「AirPods MAX」ノイズキャンセリング機能搭載

    67,980円(税込)

    この商品を見る
  • Microsoftの人気モデル「Surface」のノートパソコンモデル Surface Laptop 3

    135,080円(税込)

    この商品を見る
  • ASUSのCore i7/メモリー16GB、Wii-Fi6にも対応した高性能パソコン

    161,483円(税込)

    この商品を見る
  • 手軽に全方位撮影、AIが自動で動画編集が可能な360度カメラ「Insta360 ONE X2」

    55,000円(税込)

    この商品を見る
Moovoo
専門家の知見や独自リサーチをもとに、家電やスマホ、パソコンなどの情報を発信しています。

  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    XでMoovooをフォロー!