Culture

  • Culture

    アートにカウンターカルチャーを探す、ヴェネチア国際芸術祭の旅【動画ライター】

    今回は、世界最高峰の国際芸術祭ヴェネチア・ビエンナーレをご紹介する。 カウンターカルチャーの最前線を追う身体改造ジャーナリストが「なぜアートを取材するのか?」と疑問に思う人がいるかもしれない。しかし、現代アートには従来の価値観に対するカウンター性があり、ますます多様化する世界を読み解く鍵が潜んでいると思うのだ。 たとえば、2013年のヴェネチア・ビエンナーレでは、マーク・クインが身体をテーマにし、彼の巨大作品が水上バスからみえたときには胸踊った。彼は身体改造実践家たちの立体作品も作っていて、自分の血液を冷凍して作った肖像も展示していた。

    2023.01.27

  • Culture

    おさんぽ案内人が行く北海道・北見散歩 街を支えたカーリングとハッカゆかりの地へ【動画ライター】

    北見は開拓でつくられた碁盤目状の区画に街並みが広がる、オホーツク圏の中心都市。 2018年(平成30年)に開催された平昌オリンピックで銅メダルを獲得した、カーリング日本代表のロコ・ソラーレの活動拠点として、街の名を耳にしたことがある方も多いのでは。 古くはハッカの生産地として世界に名を馳せたこともあり、それぞれが今昔の北見の街の象徴といえる。

    2023.01.21

  • Culture

    早大の角帽 復活目指しクラファン中! 「在野精神」宿す「ダサ格好良さ」を守りたい

    あって当然をなくしたくない……。早稲田大学の象徴の一つ「角帽」が消滅の危機に瀕しているとのニュースに接した時、私が抱いた感想だ。唯一無二のフォルムの帽子は、未来につなぐ価値があると考える。細部に神が宿るごとく、角帽にこそ早稲田の魂が込められているからだ。

    2023.01.01

  • Culture

    動く! 飛び出る! NFTアートとは? 進化する芸術のかたち【動画ライター】

    銀座のShinwa Galleryで、デジタルで表現される最新芸術、NFTアートのエキシビジョンが行われた。暗闇に浮かび上がるスクリーンには動くアート作品が飾られ、スマホをかざすと絵が飛び出したり、キャラクターが楽器を演奏したり。今回は、進化する芸術、NFTアートのいまに迫る。

    2022.12.28

  • Culture

    ジュラルミンやチタンでできた頑丈な折りたたみサイフ「Boxy」

    「Boxy」は、ジュラルミンやチタンといった金属を使った折りたたみサイフだ。

    2022.12.26

  • Culture

    リモコン置き場がない? 3Dプリンターで作っちゃおう【動画ライター】

    こんにちは、3DプリンターYouTuberのえふてぃーです。 今回は3Dプリンターを実際の生活の中で役立てる方法を紹介します。 3Dプリンターはデータさえ作れれば、思い通りの形のものを印刷できます。今回は「ベッドサイドに置ける専用リモコンスタンド」を作りたいと思います。

    2022.12.25

  • Culture

    大分県別府散歩・路地と通りを歩けば、湯の町の盛衰が見えてくる【動画ライター】

    日本一の湧出量と多様な効能から、古くから湯治客でにぎわってきた別府温泉。大規模な温泉旅館が建ち並び繁華街が広がる市街には、大小の通りや路地が錯綜していて、共同浴場をはしごしながらの温泉街散歩が魅力である。路地や通りを歩けば、地区ごとの性格や盛衰を感じられるのも興味深いところだ。

    2022.12.23

  • Culture

    星読み係yujiが感じた列島のバイブス 書籍『日本』が伝える視覚以外の大切さとは?

    霊感ゼロ、占いに興味なし、スピリチュアルから程遠い。新年の初詣でも、おみくじを引かない。だからこそ、厚さ3cmを超す大著『日本』(にほん・光文社)を手にしてみた。 著者のyujiさんの肩書は、星読み係・ヒーラー・聖地巡礼家。この記事の筆者である私は、24年前に新聞記者としてメディア業界に入った。その時から、肝に銘じてきた。対極にこそ発見がある、と。今回はまさに、言葉通りの展開となった。

    2022.12.23

  • Culture

    北米の大自然に抱かれて最高の休暇を。ドーム型リゾート「Oculis Lodge」

    カスケード山脈に建設が予定されている「Oculis Lodge」。夏はサイクリングやハイキング、冬はスキーやスノーボードが楽しめるベーカー山にほど近く、北米の大自然を満喫するのに最高の立地だ。

    2022.12.12

  • Culture

    北海道函館散歩・坂の上から港を見下ろせば、街の素顔が見えてくる【動画ライター】

    街をくまなく歩いていると、そこに暮らすイメージが湧いてくることがある。そんな「私的、住んでみたい街ランキング」のベスト3に、間違いなく入ってくる街が函館。ほかの二つの街とともに、坂道が錯綜しているのが共通点といえる。 函館は1854(安政元)年の日米和親条約締結時に開港した際、外交のための領事館や教会、貿易商や海産物商向けに商館や銀行などが、港の周辺に建てられた。坂が多いのは、開港期に栄えた西部地区の道路を整備した、明治期に防火対策で坂道を幅広の直線にしたなど、理由が諸説伝わっている。 19の坂には名前がつけられ、函館港から函館山頂に向けほぼ平行にのびている。それぞれに個性がある坂道を、西側から順にたどってみることにしよう。

    2022.11.27

VIEW MORE

  • VIEW MORE