〈最新比較〉Apple Watch 9、Ultra 2、SE、どれ選ぶ? 新機能や特徴を解説

北條 啓大
最終更新日: 2023-12-07

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がMoovooに還元されることがあります。

facebook xPost lineLINE copyCopy

Apple Watch(アップルウォッチ)の最新モデルが、2023年9月22日に発売されました。

アップルウォッチがあれば、健康管理やワークアウトの記録、タッチ決済や通知の確認など、さまざまなことがiPhoneをカバンに入れたままできます。

2023年の最新ラインアップは以下の通りです。

Apple Watch Series 9:2015年に発売された初代アップルウォッチから続く、定番シリーズの最新版
Apple Watch Ultra 2:ハイエンドモデルとして、2022年に初登場したApple Watch Ultraの2代目
Apple Watch SE:機能を抑え、もっとも安く購入できるお手頃モデル(2022年登場)

この記事では、3モデルの違いや、最新機能について解説します。ぜひ参考にしてください。


まずは、最新アップルウォッチをチェック

PICK UP①
  • Apple
  • Apple Watch Ultra 2(セルラーモデル)

  • 税込み126,198円(Amazon)
  • アウトドアやトレーニングに活躍、最大72時間の駆動時間を実現

  • Apple Watchの最上位モデルとして、長時間駆動や明るい大型ディスプレイを搭載。

    アクティビティを楽しむうえで、気分をさらに盛り上げてくれるスマートウォッチです。

タイプ:セルラーモデル
ケースサイズ:49mm
ケース素材:チタニウム
PICK UP②
  • Apple
  • Apple Watch Series 9(GPSモデル・41mmケース)

  • 税込み58,592円(Amazon)
  • 指を「ダブルタップ」して操作できる、新機能を搭載

  • ディスプレイの最大輝度が2,000ニトに。Series 8よりも2倍明るく、屋外での視認性を高めています。

    新たな操作方法である「ダブルタップ」に対応し、電話に出るのも、音楽を再生するのも、指先をタップするだけです。

    心拍数の計測や、酸素レベルのチェック、睡眠の記録なども旧モデルから引き続き対応しています。

タイプ:GPSモデル
ケースサイズ:45mm
ケース素材:アルミニウム
PICK UP③
  • Apple
  • Apple Watch SE 第2世代(GPSモデル・40mm)

  • 税込み34,097円から(Amazon)
  • SE(第1世代)から最大20%高速化、転倒検出や衝突事故検出にも対応、高コスパモデル

  • 64ビットデュアルコアプロセッサ搭載のチップ(S8 SiP)を搭載し、Apple Watch SE 第1世代から最大20%の高速化を実現。

    常時表示機能がないことや、健康管理に関わる機能がシンプルなものの、従来からある転倒検出に加え、ハイエンドモデルと同じ衝突事故検出機能を搭載。

    多機能性よりもコスパ重視の人にぴったり。

タイプ:GPSモデル
ケースサイズ:40mm
ケース素材:アルミニウム

アップルウォッチの基礎知識、Q&Aで解説!

最新モデルを比較する前に、初めてApple Watchを購入する方に向けて、押さえておきたい基礎知識をQ&Aで解説します。

  • Q1:iPhoneがないと使えない?
  • Q2:「GPSモデル」「セルラーモデル」とは
  • Q3:健康管理をサポートしてくれるって本当?
  • Q4:Apple Watchは防水?

購入してから後悔しないためにも、事前に確認しておきましょう。

Q1:iPhoneがないと使えない?

Apple Payを使う

筆者撮影

回答Apple Watch Series 4以降のモデル(watchOS 10搭載)を使うには、iPhone X以降のiPhone(iOS 17以降を搭載)とのペアリングが必須。
参考サイト:Apple公式

アップルウォッチは、Apple IDが設定されたiPhoneとペアリングすることで、使えるようになります。Androidスマホや、Apple製デバイスのiPadやMacBookでもペアリングはできません。

北条さん(検証コメント用)

ポイント解説

アップルウォッチとペアリングする前に、iPhoneのiOSを最新バージョンにアップデートすることをおすすめします。

アップデートは、iPhoneを充電した状態で、Wi-Fiに接続して行いましょう。
【iOSを手動でアップデートする方法】
「設定」アプリ▶「一般」「ソフトウェアアップデート」の順にタップ。
・表示されている最新バージョンの下にある「ダウンロードしてインストール」をタップし、パスコードを入力すると、アップデートが開始。

Q2:「GPSモデル」「セルラーモデル」とは

Apple Watchを使用するイメージ
回答GPSモデルは、iPhoneまたはWi-Fiと接続することで、ネット通信が必要なアプリを利用可能。

一方、セルラーモデルはモバイル通信に対応し、単独でネット接続が可能です。

アップルウォッチには、「GPS+Cellularモデル(以下セルラーモデル)」と「GPSモデル」の2種類あります(Apple Watch Ultra/Ultra 2はセルラーモデルのみ)。

セルラーモデルは、携帯電話会社が提供しているアップルウォッチ向けのデータ通信プラン(有料)に加入することで、単独でモバイル通信を利用できます。そのため、iPhoneを携帯していない状態でも、音声通話やネット接続が必要なアプリを利用できるのです。

GPSモデルで音声通話やネット接続を行うには、ペアリングされたiPhoneと接続している必要があります。

GPSモデルとセルラーモデルの違い

タイプ

GPSモデル

GPS+Cellularモデル
(セルラーモデル)

通信方式の違い

・Bluetooth
・Wi-Fi

・Bluetooth
・Wi-Fi
・LTE

見た目の違い

Digital Crown(竜頭)に赤のラインが「ない」

Digital Crown(竜頭)に赤のラインが「ある」
※Apple Watch Ultraはオレンジのライン

「電話」で話す

iPhoneとの接続が必要

単独で可能

「Siri」を使う

iPhoneとの接続が必要

単独で可能

「メール」「メッセージ」の通知確認

iPhoneとの接続が必要
※Apple Watch対応アプリなら、Wi-Fi接続でも可

単独で可能

「マップ」を確認する

iPhoneが必要

単独で可能

「天気」を確認する

iPhoneまたはWi-Fiが必要

単独で可能

音楽の再生

ダウンロード済みの曲は単独でも再生可能
※オンラインで曲を再生するには、iPhoneかWi-Fi接続が必要

単独で可能

「ワークアウト」アプリの利用

単独で可能
※データの同期は、iPhoneと接続してから

単独で可能

「キャッシュレス決済」で買い物

単独で可能
※「残高チャージ」などはiPhoneやWi-Fiとの接続が必要

単独で可能

北条さん(検証コメント用)

ポイント解説

セルラーモデルはモバイル通信を利用することで、さまざまな機能が使えて便利ですが、一方で以下のデメリットを押さえておく必要があります。

・GPSモデルよりも本体価格が高い
・データ通信プランを利用する場合、月額利用料がかかる
GPSモデルとセルラーモデルの本体価格を比較(価格は税込み)

モデル

画像

GPSモデル(定価)

セルラーモデル(定価)

差額

Apple Watch Series 9(41mm・アルミニウムケース)

Amazonを見る

59,800円

75,800円

16,000円

Apple Watch SE 第2世代(40mmケース)

Amazonを見る

34,800円

42,800円

8,000円

次に、アップルウォッチ向けのデータ通信プランを提供している携帯電話会社と、月額料金を紹介します(キャンペーン割引などは割愛)。

セルラーモデル向けデータ通信プラン(価格は税込み)

携帯電話会社

Apple Watch向け通信プラン

利用料

注意点

550円/月

登録手数料:550円

550円/月

登録手数料:550円

385円/月

適用中の各種割引が終了する場合あり

385円/月

同じSoftBank回線でもLINEMO、Y!mobileで契約中のiPhoneは対象外

550円/月

「Rakuten最強プラン(データタイプ)」は対象外

セルラーモデルを購入しても、iPhoneが常に近くにある、またはアップルウォッチ向けのデータ通信プランを契約しない場合、GPSモデルと使い勝手は同等になります。

また、アップルウォッチを使った決済やワークアウトの記録、ダウンロードした曲の再生などは、GPSモデルでも単独でできます。iPhoneを自宅に置いたままランニングや、ジムなどに出かけたい人でも、求める機能によってはGPSモデルで十分な場合があります。

セルラーモデルとGPSモデルは、普段の使い方とコストのバランスを考えて選択するのがよいでしょう。ただし、Ultraはセルラーモデルのみです。

北条さん(検証コメント用)

ポイント解説

アップルウォッチをファッションアイテムとして取り入れたい方は、セルラーモデルのみ選択できるカラーやケース素材にも注目してみてください。

Series 9は高級感あるステンレス素材のケースをラインアップし、Ultraは存在感あるデザインとチタニウム素材のケースが特徴です。

Q3:健康管理をサポートしてくれるって本当?

健康管理アプリ
回答YES、ただしモデルによって利用できる機能が異なる

Apple Watchの代表的ともいえるのが、ユーザーの健康管理をサポートする機能。搭載されたセンサーとアプリが連携して健康状態を可視化してくれます。

ただし、モデルによって利用できる機能が異なるので、どのモデルを選ぶべきか検討する目安になることでしょう。

旧モデルも含めて健康管理に関する機能の違いを紹介します。

Apple Watch 搭載センサー

モデル

Apple Watch Ultra 2

Apple Watch Series 9

Apple Watch SE(第2世代)

① 皮膚温センサー

② 血中酸素ウェルネスセンサー

③ 光学式心拍センサー

(第3世代)

(第3世代)

(第2世代)

④ 電気心拍センサー

⑤ 高重力加速度センサー

⑥ 水深計と水温センサー

それぞれの役割について解説します。

① 皮膚温センサー|生理周期や排卵日を推測

2022年から新たに搭載された機能で、ディスプレイの下と皮膚に近い位置にある2つのセンサーで睡眠中の手首の皮膚温の変化を0.1℃の精度で計測します

体温は、生活や生理的要因によって変化があるため、約5日間の就寝時の体温を計測することで、皮膚温の基準値を判定。基準値からの変動を計測することで、排卵日の予測や、生理周期を知るのに役立ちます。

また、周期が不規則な場合や、基礎疾患の症状が疑われる場合などに通知を受け取ることもできます。

生理周期を確認するイメージ

Photo by iStock

② 血中酸素ウェルネスセンサー|血中の酸素レベルを計測

Apple Watch Series 6から搭載されている機能で、センサーと血中酸素ウェルネスアプリを使って血中に取り込まれた酸素のレベルを測ることができます。

医療用ではなく、健康意識を高める(ウェルネス)を目的とした機能です。

③ 光学式心拍センサー|心拍数をいつでも確認

センサーと心拍数アプリを使うことで、安静時やワークアウト時などの心拍数を確認できます。

通知設定を有効にしておけば、不規則な数値や異常な心拍リズムが続いた場合などに通知してくれます。

また加速度センサーと連携し、レム睡眠やコア睡眠、または深い睡眠状態であることを推定するのにも役立ちます。

心拍数の計測

Photo by iStock

④ 電気心拍センサー|心電図(ECG)をとる

電気心拍センサーは心臓の鼓動と心拍リズムを計測し、その記録内容から不整脈の一種である心房細動のリスクに気づくための機能です。

使い方は簡単で、Apple Watchを装着したままアプリを起動し、装着していない方の手の指をDigital Crownにあてることで心臓を通る電気信号を記録してくれます。

⑤ 加速度センサー|事故検知やダブルタップ操作を可能に

加速度センサーはユーザーの運動量の計測や、内蔵するジャイロスコープをあわせて活用することで、転倒や落下などの危機的状況を検知するのに役立つ機能です。

衝突事故検出にも対応し、ユーザーの反応がなければ自動で緊急通報サービスに連絡する機能も備えています。

また、2023年モデルで新たに追加された「ダブルタップ操作」にも加速度センサーが貢献しています。ジャイロスコープや心拍センサーと連携し、アップルウォッチを装着した側の人差し指と親指によるタップを認識します。

Apple Watchを着けて運転するイメージ

Photo by iStock

⑥ 水深計と水温センサー|ウォータースポーツで活躍

Apple Watch Ultraシリーズは、ダイビングにも対応した100メートルの耐水性能を備え、水深40メートルまでの活動に対応しています。

アプリと連携することで、水深や水温、水中にいる時間を計測し、ユーザーがひと目でわかるように表示できます。

Q4:Apple Watchは防水?

Apple Watchを着けて手を洗う
回答防水ではなく耐水、使い方に注意

Ultraシリーズ以外のモデルも「泳げる耐水性能」があるとAppleではうたっていますが、以下の使い方は避けるべきとされています。

・石けんや洗剤を使って洗う
・水圧の強い水にさらす
・装着したままサウナやスチームルームに入る


また、永久耐水ではないため、経年劣化や衝撃などによっても耐水性能が落ちる場合があります。
(参考サイト:Apple Watch の耐水性能について/Apple)

一方で、ダイビングやウォータースキーなど、ウォータースポーツに活用するためにデザインされているのは、Apple Watch Ultra。初代と今回登場したUltra 2は、それぞれ100メートルの耐水性能を備え、水深40メートルまでの環境に対応しています。

北条さん(検証コメント用)

ポイント解説

Apple Watch SE(第1世代・第2世代)以外のSeries 7以降のモデルは、耐水性能だけでなく「IP6X等級」の防塵性能も備えています。

Apple Watch Series 9・Ultra 2・SE(第2世代)を比較

Apple Watch Series 9・Ultra 2・SE(第2世代)を比較します。自分にベストなモデルを見つけてみてください。

画面|サイズやディスプレイ性能の違いに注目

AppleWatchのイメージ

Photo by iStock

アップルウォッチのサイズは、側面を囲うケースのサイズ(縦幅)で区別されています。Series 9は45mmと41mmの2種類、Ultra 2は49mmのみ、SE(第2世代)は44mmと40mmの2種類です。

Series 9とSE(第2世代)の差はわずかに見えますが、Series 9は画面周りの黒枠(ベゼル)がSEに比べて細く、スクリーン領域がSEよりも20%程度広くなっています。

また、上位モデルほど画面を明るく表示できるのも2023年モデルの特徴です。画面の明るさを示す輝度は、SE(第2世代)が最大1,000ニトに対し、Series 9で最大2,000ニト、Ultra 2は最大3,000ニトに対応しています。

ディスプレイ比較

モデル

ケースサイズ

画面解像度

画面の明るさ

45mm / 41mm

45mm:396×484ピクセル
41mm:352×430ピクセル

最大2,000ニト

49mm

410×502ピクセル

最大3,000ニト

44mm / 40mm

44mm:368×448ピクセル
40mm:324×394ピクセル

最大1,000ニト

北条さん(検証コメント用)

ポイント解説

上位モデルほど画面が大きく、明るく表示できるので、環境を問わず見やすい仕様になっています。Series 9とUltra 2は、2022年モデルに比べてそれぞれ1,000ニトも明るさがアップしています。

デザイン(カラー・素材)|Series 9に新色ピンクが追加

Apple Watch Series 9 ピンク

アップルウォッチはカラーバリエーションが豊富で、とくにセルラーモデルのSeries 9は、アルミニウム素材のケースで5色、ステンレス素材のケースで3色の計8色から選べます。

素材・カラー比較

モデル

アルミニウム

ステンレススチール

チタニウム

重さ

・ミッドナイト
・スターライト
・シルバー
・ピンク
・(PRODUCT)RED

・グラファイト(PVD)
・シルバー
・ゴールド(PVD)

【45mm】
アルミニウム:39.0g
ステンレススチール:51.5g

【41mm】
アルミニウム:32.1g
ステンレススチール:42.3g

・ミッドナイト
・スターライト
・シルバー
・ピンク
・(PRODUCT)RED

45mm:38.7g
41mm:31.9g

ナチュラル

61.4g

・ミッドナイト
・スターライト
・シルバー

44mm:33.0g
40mm:27.8g

・ミッドナイト
・スターライト
・シルバー

44mm:32.9g
40mm:26.4g

北条さん(検証コメント用)

ポイント解説

ステンレス素材のケースはアルミニウム素材よりも傷がつきにくく、しかも表面の光沢が高級感をより感じさせます。とはいえ、ステンレス素材のモデルは、アルミニウム素材に比べて30%程度重い点に注意が必要です。

新機能|ダブルタップによる、ジェスチャーコントロールが可能(Series 9、Ultra 2)

Series 9とUltra 2に搭載されたチップ「S9 SiP」により、電力効率がアップし、さらに片手での操作を可能にするジェスチャーコントロールに対応しています。

従来のモデルは、アップルウォッチを装着していない側の手でディスプレイをタッチ操作する必要がありましたが、新機能では、装着した側の手の指を2回タップすることで、タイマーの停止や音楽の再生・一時停止などができます(2023年10月以降のアップデートから使用可能)。

北条さん(検証コメント用)

ポイント解説

これまでにも似た機能として、「AssistiveTouch(アシスティブタッチ)」があります。Series 4やSE(第1世代)以降のモデルに対応した、片手のジェスチャーだけで操作できる機能です。

一方で、Series 9やUltra 2の新機能では、手首のわずかな動きや血流の変化などから、指の動きを検知できるようになっています。

駆動時間|Ultra 2なら、最大72時間使える(低電力モード)

Ultra 2の使用イメージ

アップルウォッチは高機能なスマートウォッチですが、駆動時間が短い点をデメリットと考える方は少なくありません。ただ、Ultra 2は低電力モードで最大72時間使用できるため、2〜3日のキャンプや登山にも使いやすいです(通常使用で最大36時間)。

Series 9は、低電力モードで最大36時間、通常使用で最大18時間です。SE 第2世代は最大18時間となっています。

北条さん(検証コメント用)

ポイント解説

入浴前や睡眠前など、決まったタイミングでの充電を日課にすると、残量を気にせず使い続けやすくなります。

もしバッテリーが切れた場合、付属の充電ケーブルを使うことで、Series 9なら約45分で80%、約75分で100%まで充電できるようです(参考サイト:Apple)。

こちらの記事もどうぞ

Moovoo 編集者
北條 啓大
モノ選びに役立つ情報を発信するため、好きなガジェットを増やしながら仕事に取り組んでます。仕事アイテムでとくに買ってよかったのはスタンディングデスク。立って行うデスクワークは集中力が上がり、飲み物を取りに冷蔵庫へ向かうのもスムーズです。

編集部コメントを要チェック!スマホ関連のおすすめアイテム

  • Apple初のワイヤレスヘッドホン「AirPods MAX」ノイズキャンセリング機能搭載

    67,980円(税込)

    この商品を見る
  • ノイズキャンセリングが秀逸のSONYのヘッドホン、ハイレゾ級の高音質を楽しめる

    35,790円(税込)

    この商品を見る
  • 血中酸素センサーを初搭載したApple watch 6。キャッシュレス、ワークアウト、睡眠品質の把握、ヘルスケアに。

    47,080円(税込)

    この商品を見る
  • 手軽に全方位撮影、AIが自動で動画編集が可能な360度カメラ「Insta360 ONE X2」

    55,000円(税込)

    この商品を見る
  • 走っても跳ねても手ブレ補正ばっちり。DJIのスマホ用ジンバル OM4

    16,500円(税込)

    この商品を見る
  • Google Pixel 5。Googleユーザー待望の5G対応フラッグシップモデルスマホ

    74,800円(税込)

    この商品を見る
  • OPPOのクアッドカメラ搭載スマホReno 3 A

    30,325円(税込)

    この商品を見る
  • IGZOディスプレイ搭載、省エネなAQUOS sense4

    35,450円(税込)

    この商品を見る

  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    XでMoovooをフォロー!