ポータブル電源おすすめ9選!安い・大容量のコスパ最強モデルを紹介!

rokusaku
2021-03-23

キャンプやバーベキューといったアウトドアシーンで、扇風機や小型冷蔵庫などの家電製品を使用する際に役立つポータブル電源。災害時にはスマホ充電のほか、テレビや電気毛布、パソコンの電源などとしても使えるため、一家に一台あると安心感のあるアイテムです。

しかしポータブル電源は種類が豊富なため、どのモデルを選ぶべきか迷うことでしょう。販売メーカーも多く、日本製だけでも多彩なラインアップです。そこでこの記事では、用途に最適なスペックの商品の選び方とAmazonや楽天など各ECサイトで人気を集めている、高コスパのおすすめ商品をご紹介します。


ポータブル電源とは?モバイルバッテリーと何が違う?

ポータブル電源 モバイルバッテリー 比較

ポータブル電源とは、大容量リチウム電池を内蔵し、繰り返し充電・給電ができるアイテムです。モバイルバッテリーとの違いは、大容量で高出力に対応している点。高出力でAC電源を搭載したポータブル電源なら、モバイルバッテリーでは動かせない扇風機やパソコン、調理機器などの家電製品を動かすことができます。

数千円以内で購入できるものの多いモバイルバッテリーと違い、ポータブル電源は安いもので1万円台から、なかには数十万円の商品もあります。容量や機能性が不十分で用途にあわなかったということがないよう、慎重に選びましょう。

【ポータブル電源のメリット】
①約10年使える長寿命
②大容量モデルなら、スマホを200回以上満充電にできる
③AC電源により家電にも給電できる
④ソーラー充電やシガーソケット充電対応モデルなら外出先でも充電できる
【ポータブル電源のデメリット】
①モバイルバッテリーに比べて大型なため、やや持ち運びに不便
②価格が高い

ポータブル電源の選び方|キャンプや災害時に大活躍な一台とは?

それではポータブル電源の選び方についてご紹介します。選び方を間違えると、目的の家電が使えなかったり途中でバッテリー切れを起こしたりと、後悔することに。用途にあう使い勝手のよい、自分にぴったりのモデルを選ぶ参考にしてください。

容量|1〜2日程度のキャンプ・車中泊なら350Wh以上がおすすめ

まずはポータブル電源を選ぶ際に重要な「容量」の選び方について紹介します。容量を表す単位として「mAh(ミリアンペアアワー)」と「Wh(ワットアワー)」の2種類の表記があります。
主にスマホ用として普及しているモバイルバッテリーは、基本的に電圧を3.7Vに統一して計算しているため「mAh」の値が高いものが容量も多いと言えますが、家電製品に給電するポータブル電源はmAhでの比較は難しいため、「Wh」の値で容量を比較しましょう。

Wh(ワットアワー)|消費した電力量
「Wh」は実際に使用した電力量を意味します。計算式は「Wh=消費電力(W)×時間(h)」となり、「容量300Wh」と表記されていれば、100Wの電化製品を3時間使えることを意味します。ただ電力の一部はロスするため、実際の使用時間は7〜9割になることを想定しておきましょう。

では、使用したいシーンに応じてどれだけの容量を備えたポータブル電源を選べば良いのでしょうか。家電製品の消費電力を参考にしてみましょう。

【家電製品の消費電力】
ノートパソコン・・・5~45W
ポータブルテレビ・・・15~35W
ポータブル冷蔵庫・・・40~60W
扇風機・・・15~45W
電気毛布・・・40~80W
ドライヤー・・・600〜1200W
電気ポット・・・700〜1000W
コーヒーメーカー・・・600~1500W

200Wh以上|日帰りアウトドアや少しの用途に使う
上の消費電力の数値を参考にすると、200Whならノートパソコンや扇風機へ10時間ほど、ポータブル冷蔵庫も3~4時間ほど給電できます。日帰りのアウトドアなどで少し電源を確保したい場合は200Wh程度を目安にすると良いでしょう。

350Wh以上|1〜2日程度のキャンプや車中泊に使う
電気毛布を一晩使う場合や、日中に扇風機を長時間使いたい場合は、350Wh以上の容量は欲しいところです。消費電力が大きい電気製品を使用する場合はさらに容量の多いものを選びましょう。

500Wh以上|消費電力の大きい電気製品を使う
ポータブル冷蔵庫や災害用に電源を確保するなら、500Wh以上のポータブル電源を選びましょう。ドライヤーや電気ポットなどの消費電力の大きい家電を気兼ねなく使いたい場合は、1500Whを超えるような超大容量クラスを選んでおくことをおすすめします。

出力端子の種類と数|AC電源やUSBポートが2口以上なら使い勝手良し

ポータブル電源に搭載されている主な出力端子の種類と用途はこちらです。

【出力端子の種類】
① AC電源ポート・・・一般的な家電製品向け
② DC電源ポート・・・車載用の電気ケトルやポータブル冷蔵庫向け
③ USBポート・・・スマホやタブレットの充電向け

使い勝手の良いポータブル電源とは、出力端子が充実しているモデルです。家電製品に給電するならAC電源ポートが必要で、スマホやタブレットを使いたい方ならUSBポートがあると便利です。

最近のAndroidスマホやノートパソコンはUSB Type-Cの充電ポートを搭載したモデルが増えています。ポータブル電源側にもUSB Type-Cの出力ポートがあれば、手持ちのUSB Type-Cケーブルを使って充電が行えるので便利です。

AC電源ポートやUSBポートが2口以上あると、家電製品を2つ駆動できたり、複数のスマホを同時に給電できたりと、使い勝手が良いのでおすすめです。

充電方法|ソーラーパネル対応モデルなら経済的

ソーラーパネル ポータブル電源対応

ポータブル電源の充電方法は家庭用コンセントからが一般的ですが、他の充電方法に対応した機能的なモデルもあります。

【充電方法】
① 家庭用コンセントに接続
② ソーラーパネルに接続
③ 車のシガーソケットに接続

災害時を想定した防災グッズとして購入する場合は、ポータブル電源とソーラーパネルがセットになっているものや、車のシガーソケットに接続して充電できるものを選ぶとよいでしょう。

サイズ・重量|5kg以下なら持ち運びの負担が小さい

ポータブルバッテリーは、様々なメーカーからデザインやサイズの異なる製品が出ています。サイズはバッテリー容量に比例して大きくなりますので、収納する場所や車のスペースを考えて選びましょう。重さは、5kg以下であれば車から降ろして持ち運ぶのも無理なく行えます。

出力波形・出力周波数|家電に使うなら正弦波を選ぶ

ポータブル電源の出力波形には種類があるので要注意です。

【出力波形の種類】
正弦波・・・家電用電気の波形、ほとんどの家電製品を動かせる
矩形波・・・正弦波を前提に設計された家電製品には使えない

「正弦波」もしくは「純正弦波」と記載されたものなら安心
一般家庭に供給されている電気は、交流電源(AC)の正弦波で、一般的な家電製品に問題なく使用できます。ポータブル電源で家電製品を使う場合は、「正弦波」と表記されたモデルを選びましょう。

なかには「修正正弦波」や「疑似正弦波」と呼ばれる、矩形波を正弦波に近づけた波形を出力するモデルがあり、家電製品によっては故障の原因になる場合があるので要注意です。「正弦波」または「純正弦波」と表記されていれば問題ありません。

矩形波/修正波は精密機器に使うと故障の原因にも
「矩形波/修正波」のタイプが使用できるのは、ホットプレートやライトなどシンプルな機器に限られます。使い勝手が正弦波に比べて劣るものの、価格が安いのがメリットです。使用目的に合うか確認したうえで選びましょう。

また、出力周波数も要注意です。日本の交流電源の周波数は、地域によって50Hzと60Hzに分かれます。

【出力周波数の種類と地域】
50Hz・・・北海道電力・東北電力・東京電力
60Hz・・・北陸電力・関西電力・四国電力・中国電力・九州電力・沖縄電力
50Hz/60Hz混合・・・中部電力

正しく使用しないと家電製品の故障の原因にもなりますので、注意しましょう。

おすすめメーカーの紹介

ポータブル電源で人気のおすすめメーカーを紹介します。

suaoki(スアオキ)|国内や欧米で人気の中国メーカー
2015年創業のsuaokiは機能性が高くコスパに優れたポータブル電源を開発しているメーカーです。ソーラーパネルも開発しているので、ソーラー充電対応のポータブル電源と合わせての購入もおすすめです。

Anker(アンカー)|スマホやタブレット関連製品で高い人気を誇るメーカー
中国で2011年に創業したAnkerは、今や世界中で知られる有名メーカーです。高い技術力とデザイン性が魅力です。

Jackery(ジャクリ)|ポータブル電源のトップブランド
アメリカのカリフォルニア州で2012年に設立されたポータブル電源のトップブランドで、ソーラーパネルも開発しています。

【200Wh以上】おすすめのポータブル電源2選!

今回はおすすめのポータブル電源を、200Wh以上・400Wh以上に分けてご紹介します。日帰りや1泊キャンプ、家電使用といった用途にあわせて選ぶ参考にしてください。

はじめに200Wh以上のポータブル電源からです。

おすすめ①
  • JVCケンウッド
  • ポータブル電源 BN-RB3-C

  • 税込み35,389円
  • シガーソケットポート搭載!最大出力400Wまで対応

  • AC、USBのシガーソケットポートが備わったポータブル電源。最大出力400Wまで対応します。

ビデオカメラやオーディオ、ドライブレコーダーを取り扱う国内家電メーカーのJVCケンウッドと、ポータブル電源やソーラーパネルを開発するJackery Japanが手がけた製品です。311Whの容量に対し重量は3.6kg程度。9時間でフル充電が完了します。操作は本体の使いたい電源ボタンを押してコンセントをつなぐだけと簡単です。

折りたたみ式のハンドル付きで、使わないときはコンパクトに収納できます。付属で収納ポーチが付いていて持ち運びにも便利。通常出力は200W、屋外イベントで扇風機やポータブル冷凍冷蔵庫を使用するのに適しています。

おすすめ②
  • 加島商事
  • SmartTap ポータブル電源 PowerArQ mini

  • 税込み34,100円
  • グッドデザイン賞2019受賞のPowerArQシリーズ

  • 洗練されたデザインと機能性を兼ね備え、SNS映えするかわいらしい見た目が女性に人気です。おしゃれなグランピングがより充実します。

家庭用蓄電池としてもアウトドア用としても活躍する、かわいい見た目でしっかり働く次世代バッテリー。容量は346Wh、重さは3.5kgと軽量です。カラーバリエーションは、オリーブドラブ・コヨーテタン・レッドの3色から選べます。手頃な価格で、部屋に置いておくだけでもインテリアとして楽しめるおしゃれなポータブル電源です。

長期保管も3か月に1回の充電で済むため手間がかかりません。電気用品安全法や輸送規格UN38.3、品質マネジメント規格といったさまざまな国内外基準に合格済みなので、安心して使用できます。

【400Wh以上】おすすめのポータブル電源7選!

次に400Wh以上の大容量を誇るおすすめのポータブル電源です。用途にぴったりな商品で、電源のない屋外でも快適に過ごしてください。

おすすめ①
  • Jackery Japan
  • ポータブル電源 700

  • 税込み79,800 円
  • 700Whなのにコンパクト!持ち運びが便利でキャンプに大活躍

  • キャンプから防災まで幅広く活躍する、700Whの大容量ポータブル電源。ECサイトの口コミでは愛用者から、安定性・静音性・携帯性で高評価を得ています。

  • 年に一度!ブラックフライデーセール開催中
    Amazonで見る

容量は700Whです。重量は6.3kgでリチウムイオン電池を搭載したコンパクトサイズなため、置き場所をとりません。スマホなら約68回分、ノートパソコンなら約10回分の充電が可能です。純正弦波で精密機器が安定して使えるほか、55dBの静かな運転音を実現しています。

AC出力ポートやシガーソケット出力を使用してスマートフォンなどを充電する場合、デバイスの電力が10W未満の場合は12時間後に自動オフする省エネ機能付き。

おすすめ②
  • Jackery Japan
  • ポータブル電源 1000

  • 税込み139,800円
  • 災害時の備えにぴったりの大容量モデル

  • 地震や津波といった自然災害時に、防災グッズとして最適な製品。1002Whと大容量なので、停電時の備えに1台あれば安心感があります。

  • 年に一度!ブラックフライデーセール開催中
    Amazonで見る

容量は1002Whで、重量は10.6kg。ボックス形状を採用し、ハンドルは収納可能なタイプです。重ねて保管ができるので、複数のポータブル電源を所有してもスペースをとりません。いくつか揃えて災害対策を万全にしたい方におすすめです。

充電はACアダプターやシガ-ソケット、ジェネレーターやソーラーパネルと、4つの方法があります。最大8個の機器に同時給電が可能な点もおすすめポイントです。定格出力は1000Wから瞬間最大2000Wまで対応でき、炊飯器や電子レンジも使用可能。キャンプなら2~3日快適にすごせます。プロジェクターも問題なく使えるので、キャンプで映画鑑賞も楽しめます。

おすすめ③
  • LACITA
  • ポータブル電源 ENERBOX-01

  • 税込み59,800 円
  • 最大7台の同時充電が可能!キャンプや釣りに便利な1台

  • 大容量なのにコンパクトサイズのポータブル電源。女性でも軽々持てる軽量設計で、周辺にコンセントがないキャンプや釣りで活躍します。

  • 年に一度!ブラックフライデーセール開催中
    Amazonで見る

容量444Whなのに5kgと軽量で、30cm×13cm×18cmの持ち運びやすいサイズなため収納場所に困りません。出力は400Wあり、スマホなら30回分のフル充電が可能です。扇風機や電気毛布なら20時間使用OK。本体を充電しながらデバイスに給電するパススルー機能もおすすめポイントです。

ACアダプターを使って約7時間でフル充電が完了します。別売のソーラーパネルでの充電にも対応。もし不具合が生じても、購入後30日間の交換保証と1年間のメーカー保証付きで安心。連泊キャンプでも活躍するポータブル電源です。

おすすめ④
  • JVCケンウッド
  • ポータブル電源 BN-RB6-C

  • 税込み71,280円
  • 販売台数15万台突破!デザインと性能に優れたコラボ品

  • ポータブル電源やソーラーパネルを手掛けるJackeryとJVCケンウッドのコラボ製品。

  • 年に一度!ブラックフライデーセール開催中
    Amazonで見る

容量は626Whながら6.4kgと比較的軽量なアイテム。ハンドルが折りたたみ式で、移動にも収納にも便利です。AC100Vコンセントは家庭用コンセントと同じ正弦波のため、一般的な家電製品も問題なく使用できます。出力500W、最大瞬間1000Wのパワーです。

液晶ディスプレイにはバッテリーの残量が表示されます。ACアダプターやシガーアダプターを収納する専用ポーチが付属します。都会的なデザインなので、グランピングでLEDランタンを使用するのにもぴったりです。

おすすめ⑤
ポータブル電源 540Wh
  • Hypowell
  • ポータブル電源 540Wh

  • 税込み44,000円
  • 高輝度LEDライトが夜釣りや車中泊で活躍!

  • 5.5㎏と軽量ですが、2日程度のキャンプに余裕で対応する540Wh大容量バッテリー。1,440ルーメンの高輝度LEDライトは、車中泊や夜釣りで活躍します。

正弦波出力で、家庭用コンセントと同じように電力供給ができます。AC電源が2口、Type-A・Cに対応するUSBポートは3口あり、電気毛布を使いながらスマホやパソコン、タブレットの同時充電が可能です。電力残量や使用可能時間は、大型LCDディスプレイで確認できるため、不安を感じることがありません。

付属のMC4ケーブルで接続すれば、ソーラーパネルから充電可能で災害時も安心。万が一の備えや快適なアウトドアを求める人におすすめです。

おすすめ⑥
  • MaxPower
  • ポータブル電源 PL1000J Ver2

  • 税込み116,000 円
  • 静穏設計で夜間使用も気にならない!

  • 1000Wという高出力ながら、ファンのない放熱システムを実現。高周波ファンの騒音に悩まされることなく、夜間や車中泊でも快適に使えます。

AC・太陽光・車載シガーと、3種類の充電方法が選べます。発火の危険が少なく安全な三元系ポリマーリチウムイオン電池を採用しているため、車載用としてもおすすめです。スタンバイ状態の放電はほぼ0.1Wなので、長期保管をするときも3ヵ月に1回充電すれば問題ありません。

純正弦波でAC・DC・USBポート付きで、アウトドアだけでなく災害時の備えにも最適。オートチャージ機能が自動的に充電を止めるため、本体の過熱や発火を防ぎます。混み合った避難所やキャンプ場で、周りを気にせず使える頼もしい1台です。

おすすめ⑦
  • EENOUR
  • ポータブル電源 EB120

  • 税込み139,880 円
  • 初心者におすすめ!力強く安全な一台

  • 最大2000Wのハイパワーが、あらゆる家電や精密機器に対応。充放電サイクル数は約1000回、耐衝撃性がある三元系リチウムイオン電池は、初心者でも安全に使えます。

エアコンや電子レンジが動く1200Whの大容量バッテリーを搭載。スマートフォンなら約60回、ノートパソコンは約21回のフル充電が可能で、最大8台を接続できます。充電は、ACアダプターとソーラーの2WAY方式なため、キャンプの連泊や非常時の備えに最適です。

高電圧入力保護・過電圧・ショート防止と保護機能を多数搭載し、取り扱いに慣れていなくても心配ありません。注文から最大24ヶ月保証とサポート体制も万全。初めてでどのポータブル電源がいいかわからない、使いこなせるか不安という人におすすめの一台です。

人気サイトの売れ筋ランキングはこちら

Amazon、楽天市場の人気売れ筋ランキングはこちらからご覧ください。

まとめ

今回は災害時やアウトドアなどで活躍するポータブル電源について、選び方からおすすめモデルまでご紹介しました。電気が使えなくなるような災害時でも、連絡を取るためのスマホの充電や、季節によっては暖房器具を使用するのにも使えます。

また、家電製品を動かせる大容量のポータブル電源であれば、自然の中にいながら冷蔵庫で冷やしたビールを飲んだり、バッテリー残量を気にせずリモートワークに集中したりと、普段とは違った環境でやりたいことを楽しめます。

ぜひ、用途に合わせて最適なポータブル電源を選んでみてください。

ITと自然を愛するフリーライター
rokusaku
生活に役立つスマホアプリ探しとタバタ式トレーニングを日課にしています。山小屋が好きで息子が大きくなったら魅力的な山小屋を一緒に巡る旅に出るつもりです。おすすめは福島県にある吾妻小屋

HOME

>

アウトドア

>

ポータブル電源おすすめ9選!安い・大容量のコスパ最強モデルを紹介!


  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!