HOME

>

アウトドア

>

【2020】ワンタッチテントおすすめ10選!使う人数やシーンで選ぶ

【2020】ワンタッチテントおすすめ10選!使う人数やシーンで選ぶ

藤井広大
2020-10-10
2020-10-28

ワンタッチテントはテントの設営時間を短縮できるため、これからキャンプを始めようとしている入門者・初心者の方におすすめです。

今回は、気になるワンタッチテントの選び方と、おすすめ商品を紹介していきます。

ワンタッチテントはキャンプだけでなく、行楽やイベントで大活躍!

砂の上に張ったテント

ワンタッチテントは、フライシートとポールが一体になっていて、傘のように展開するタイプのテント。展開のしやすさはもちろん、たたみ方も簡単で、説明書を見れば初心者でも簡単に設営撤去ができます。

キャンプはもちろん、BBQ・運動会・野外フェスと様々な場面で活躍します。ちょっとした休憩所スペース・脱衣所として使う方も多いです。

たたむとサイズが長いというデメリットもありますが、70cm~80cmほどの大型のバックパックであれば持ち運びも可能です。したがって、30L前後のデイパックでは、持ち運べないので注意しましょう。

サンシェードのように使いたいならポップアップテントがおすすめ

ワンタッチテントよりもさらに組み立てが簡単なポップアップテントがあります。ポンと投げるだけで一瞬で組み立て可能です。

ピクニック・散歩など軽めのアウトドアや、運動会、簡易的な脱衣所、サンシェードとして使いたいというのであれば、ポップアップテントが断然おすすめです。たたむと1m前後の円形になり、軽量なので持ち運びもしやすいです。

ワンタッチテントの選び方

ワンタッチテントは、通常のテントと同じで、使用するシーン人数を軸に選びます。あとは、対応シーズンサイズなど細かいところにも注目するという形です。

まずは使用できる人数とシーンを把握しよう!

ワンタッチテントは、1人用~3人用・4人用・5人用まで、幅広い人数から選ぶことが可能です。

休憩所や着替えのスペースとして使うなら1~2人用でもいいのですが、テント泊をするのであれば寝られる人数を把握しておきましょう。

ソロキャンプなら、収納サイズや重量を考えて1~2人用。少人数グループでの海水浴やBBQなどの休憩所や荷物置き場にするなら、2~3人用。家族など大人数のグループキャンプに使うなら4~5人用がおすすめです。

自宅で使ったりと、持ち運びやすさを重視しなければ、大型で前室のついたタイプを選ぶと、よりお洒落なキャンプやBBQを演出できます。

持ち運ぶスペースや移動方法を考えてサイズと重量で選ぶ

収納スペースや移動手段を考えて選ぶのも重要な項目です。ワンタッチテントの収納サイズは、短くても60cm~1m弱とコンパクトとは言えませんが、重量は意外にも軽く約2kg~5kgです。

移動手段が自動車の場合は収納スペースが広いので、1m前後あっても問題ないです。重量も10kgほどであれば、ある程度大型のワンタッチテントも持ち運べます。車のサイズや乗車人数、ほかの荷物とのバランスを考えてサイズを選ぶようにしましょう。

ソロキャンプやツーリングでは持ち運びやすさを考えて、60cm台のできるだけ短いものを選ぶようにします。バイクや自転車では、ある程度重いものでも持ち運べますが、キャリアに積めるように適切なサイズのものを選ぶようにしてください。

対応シーズンは?

ワンタッチテントは、普通のテントと違い対応シーズンの記載がないものがほとんどです。冬に使う場合には、防寒対策をしっかりして、フィールドへ向かいましょう。

耐水圧は2,000~3,000mm、UVカット機能などもチェック

ワンタッチテントは、耐水圧やUVカット機能を備えたフライシートの素材からも選ぶこともできます。ほとんどのワンタッチテントは、耐水圧が2,000~3,000mmなので、安心して使えますが、ポップアップテントだけは注意が必要になります。

購入してから、耐水圧が500mmだったとならないように、念には念を入れて仕様の確認をするようにしてください。

ワンタッチテント、おすすめ人気10選

ワンタッチテントのおすすめ製品を10つご紹介します。いずれの製品も、どんなシーンに最適か、機能性、使用人数、設営と撤去がしやすい工夫と、選び方のポイントを踏まえた上で厳選しています。

同時に、どんなシーンなどんな人に向いている製品かも合わせて解説しています。初めてワンタッチテントを購入したい人から、買い足しで検討している人も、ぜひ参考にしてください。

おすすめ①
  • コールマン(Coleman)
  • シェード スクリーンIGシェード グリーン/ベージュ

  • 税込み11,000円
  • 人気アウトドアブランド独自の防虫加工で公園にも

  • 防虫加工が施されたワンタッチテント。独自加工のメッシュで虫を撃退。クロスポール加工で風に強い。

防虫技術のテクノロジーブランドOlytec独自のメッシュ素材を採用したポップアップ式のテントです。通気性が良くて快適ながら,防虫効果が高いため、キャンプ用から公園、ピクニックまで虫が多い季節にも活躍します。フルオープンとフルクローズができるので、中で着替えなどもできます。

中のフロアシートは防水加工が施されたPE素材のため、水がテント内部に入るのも防ぎます。テント本体だけでなく、おそろいのレジャーシートも購入すれば屋外活動での幅も広がります。

おすすめ②
  • タンスのゲン
  • ENDLESS BASE ポップアップテント

  • 税込み4,980円
  • わずか5秒で組み立て完成

  • 早く組み立てできるワンタッチテント。シルバーコーティングによりUVを98%カットしてくれるので、真夏の使用も安心。

「タンスのゲン ENDLESS BASE ポップアップテント 2-3人用 」は専用の収納ケースから出して5秒で設営が完了してしまうテントです。本体正面にはフロントシートを取りつけることができ、足を伸ばす場所や荷物置き場になるので大変便利です。テントサイズはダブルサイズのマットレスよりも広く、大人二人が余裕で入れるゆったりサイズ.となっております。

スクリーンには虫の侵入を防ぐために両面にメッシュ素材が採用されているので、快適な睡眠や食事を楽しむことができます。本体の素材にはUVカットや雨水を弾く加工がなされているので日差しや雨を気にする心配もありません。 

おすすめ③
  • Quechua(ケシュア)
  • 2 SECONDS EASY FRESH&BLACK

  • 税込み17,900円
  • 2秒で完成、安心の品質

  • 2秒で組み立てが完成してしまうポップアップ型のワンタッチテント。遮熱・遮光性に優れており、テントを寝室として使いたい方にぴったりの商品。

Quechua(ケシュア)はフランスに本社を置くアウトドア・スポーツ用品メーカー「デカトロン」のオリジナルブランド。その中でも「2 SECONDS EASY シリーズ」は素早く組み立てができ機能性も高いと人気です。フライシートにはUPF50+のUVカット機能がある「FRESH&BLACK」素材を採用しており、遮光性・遮熱性に優れています。組み立ては上部の紐を引っ張るだけで10秒で可能で、まるで傘を広げるような感覚で簡単に済んでしまいます。また、設営方法は公式HPの動画で説明されているので初心者の方でも安心です。

おすすめ④
  • ロゴス
  • チェッカー ポップフルシェルター

  • 税込み9,300円
  • フルクローズなのに通気性抜群

  • 両サイドがマッシュ素材になっており通気性に優れたワンタッチテントです、フルクローズで外から中が見えずらく、着替え場所としても使えます。

一瞬で組み立てられる、ポップアップ式のシェルターです。大型の出入り口は出入りがしやすいだけでなく、プライバシーに配慮したフルクローズ仕様のため、日よけ場所としてだけでなく、着替え場所や授乳場所、赤ちゃんのおむつ替えスペースとしても活用可能。両サイドの窓はメッシュ素材のため通気性も抜群です。両サイドの窓に小物ポケットもついているので、細かいものも収納できます。

デザインもカラフルなチェック柄。女性や小さいお子さんがいるファミリーでの運動会やビーチなどにも活用できる商品です。

おすすめ⑤
  • ロゴス
  • Q-TOP フルシェード 200

  • 税込み11,550円
  • メーカー独自システム!30秒で設営可能

  • 独自開発したテント上部のジョイントにより、30秒で設営可能。プールなどの強い日差しもしっかりカットしてくれます。

ジョイントの押し上げで設営可能、押し下げで撤去できる、メーカー独自のワンタッチ操作のQ-TOPシステムを採用しているため、30秒で設営が可能です。UV-CUT生地を採用しているので、日差しの強い海水浴やプールなどの夏場にも活躍できます。

入口はすべて閉められるフルシェードタイプのため、着替えなどにも使用可能。4隅に砂袋を装備しているため、ピックが刺さりにくい砂場でも風対策ができます。撤去後は専用キャリーバッグに入れて収納サイズも小さくまとめられます。

おすすめ⑥
  • モダンデコ
  • ワンタッチテント

  • 税込み6,999円
  • 耐水性に自信あり

  • 高耐水仕様のワンタッチテント。ゆったりとしたサイズで家族や友人とのキャンプに便利。

「モダンデコ ワンタッチテント 【3人 4人用】」の本体に使用されている生地は耐水圧1000mmで、床面の生地は耐水圧2000mmであり、一般的に市販されている傘の4~10倍の耐水性能をほこります。UPF50+のUVカット機能も付いているので、キャンプから野外フェスの簡易テントとしても使用できる活躍の幅が広い製品と言えるでしょう。

テント内のスペースはとても広く、2.1m四方となっており、大人4人が余裕で寝ることができるようになっております。骨組みがあらかじめ付いており、ペグを固定し、広げるだけで済んでしまう簡単設計となっております。また、付属の専用ケース収納時は重量は3.5kg、横幅80cmとなっており持ち運びの際の機動性も抜群です。

おすすめ⑦
  • Soarmax
  • ワンタッチテント3−5人用

  • 税込み3,680 円
  • カラバリ豊富でコスパ良し

  • カラーバリエーションが豊富なワンタッチテント。自立式なので広げた後の固定も簡単。お手頃な価格で入門用にも。

「Soarmax ワンタッチテント」は柄物や蛍光色などのカラーバリエーションが豊富で、お好みに合わせてお選びいただけるのが特徴です。本体のスクリーンの下には両側にメッシュスクリーンが付いており、虫よけ機能もありつつ通気性も抜群です。

お手頃価格な上自立式なので設置後の固定も簡単で、初心者にはもってこいな商品。おうちキャンプを考えている方など、試しにテントを購入してみたい方におすすめです、

おすすめ⑧
  • DOD
  • ライダーズバイクインテント

  • 税込み27,699円
  • ツーリングに特化したバイクと一緒に寝られる製品

  • 前室が大きく、バイクも中に入れられるワンタッチテント。収納時はバイクに積むことができるサイズなので、持ち運びも楽々。

アウトドアブランドDODはワンタッチテントの製品ラインナップの幅が広く、ツーリングに特化したワンタッチテントも豊富にリリースされています。こちらは、独自技術でツーリングでも持ち運びしやすい58cm収納サイズを実現しました。収納時テントを横向きでバイクに積むこともできます。

さらに、付属のポールでキャノピーを立てればテント設営時にバイクも一緒に中に入れられる、「バイクと一緒に寝られる」がコンセプトの製品。もちろんワンタッチで設営もすぐにできるので、ツーリング用ワンタッチテントを探している人におすすめです。

おすすめ⑨
  • FIELDOOR
  • ポップアップテント

  • 税込み5,100円
  • 耐風機能が施された機能性抜群のテント

  • ベンチレーション付きで風に強いワンタッチテント。内側にはタオルをかけられるポケットがついているなど、使いやすさにこだわった商品。

「FIELDOOR ポップアップテント」は上部にベンチレーションという風を内側から外側に逃がす機能が付いており、大きく強い風が吹いても飛びづらいと同時に通気性も抜群になっております。内部の左右にはタオルなどの布類をかけられる便利なポケットがついており使い勝手が良いです。

本体の前後はフルクローズのスクリーンと虫の侵入を防止するメッシュスクリーンの二重構造になっており、様々なシーンでご使用いただけます。設置、固定するためのペグが8本付属しているので安定性が非常に良いのも魅力です。

おすすめ⑩
  • キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
  • CSシャルマン ポップアップテント

  • 税込み5,027円
  • ビーチや公園などの普段使いに

  • シルバーコーティングの施されたポップアップテント。全閉して着替えやオムツ替えに使うことができ、普段使いに向いています。

国内でも有名なアウトドア用品メーカーキャプテンスタッグのワンタッチテント。誰でも簡単に設営できるポップアップ型、かつビーチや公園での使用に特化したテントです。フライシートには日差しをカットするシルバーコーティングが施され、日差しを効果的にカットします。フルクローズのため着替えなどにも使用できますが、メッシュだけにしてサンシェードとしても使用可能。

強風対策もピックを指す必要なく使えるサンドポケット付き、キャリーバッグ付きで持ち運びも楽々と、快適に過ごせる工夫がたくさん詰まったワンタッチテントです。

フライシートの掃除や洗浄は注意!メンテナンスもしっかりと

夕日に浮かぶテントの影

ワンタッチテントは、フライシートとポールが一体なので、メンテナンスは欠かさずに行ってください。無理に分解すると、修復できなくなる恐れもあるので、そのままの状態でメンテナンスを行ってください。

そのままの状態でメンテナンス

テントの敵は、なんといっても湿気によるカビです。使用後に食べかすなどをそのままにしないで、掃除をしてから簡単に拭きあげることが長持ちをさせる秘訣です。また、長期間使わない場合には、1ヶ月に1回程度は広げてカビや劣化がないかを確認しましょう。

ワンタッチテントの洗濯は難しいと思われがちですが、実は簡単にできます。テントを組み立てた状態で、中性洗剤をスポンジやタオルなどにひたして、汚れた箇所をやさしくこすります。その後、水で部分すすぎをして、そのまま陰干しするだけと、意外にも簡単なんです。

破れたらどうする?

破れた個所があっても、捨てずに補修テープや補修シートを貼って、修理をしましょう。破れたり壊れたりしたら、できる限り自分で修理をして大切に使うようにすれば、どんなにコスパのいいテントでも愛着がわいてきますよ!

まとめ

ワンタッチテントは、設営が簡単かつ軽量な優れものです。特に、テントは欲しいけど組み立てが難しいからと、敬遠していた方におすすめです!この機会にワンタッチテントを購入して、フィールドに出かけてはみませんか?



  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!