HOME

>

フード

>

ウイスキーは冷凍庫でも凍らない?トロトロの美味しさを体感!

ウイスキーは冷凍庫でも凍らない?トロトロの美味しさを体感!

黒岩 ヨシコ
2020-01-18
2020-06-08

「ウイスキーを冷凍庫へ入れるとトロトロになって美味しくなる」というウワサを聞いたことはありませんか?試してみたいけど、冷凍庫で保存してもウイスキーは凍らないのか、瓶が割れてしまったりしないのかなど不安もありますよね。

そこで、冷凍庫に入れたウイスキーは本当に凍らないのか、風味や舌触りはどう変化するのかを実験してレポートしました!

ウイスキーは冷凍庫に入れても凍らない?

冷凍庫にウイスキーの小瓶を入れるところ

はじめにお伝えすると、「ウイスキーは冷凍庫へ入れても凍らない」というわけではありません。「アルコール度数の高いお酒は、家庭用冷凍庫の温度程度で凍ってしまうことは少ない」というのが正解です。

水の凍結温度は0度ですが、お酒に含まれるアルコール(エチルアルコール)の氷点は、マイナス114.5度です。お酒は、水とエチルアルコール(エタノール)の混合物ですから、アルコールが多ければ多いほど凍りにくくなります。

出典:スピリッツは凍らない | お酒買取のTAMAYA

お酒の買取販売を専門とするこちらのサイトに説明があるように、ウイスキーをはじめとするアルコール類は凝固点が0度よりも低いため通常の飲料より凍結しにくいんです。

アルコール度数と凍結温度の関係は、アルコール度数が15度のお酒の凍結温度は約-7℃、20度で-11℃、40度で-31℃、60度で-44.5℃、80度で-67℃となっています。一般の家庭用冷凍庫の温度は-18℃くらいなので、アルコール度数が15℃のお酒ならば凍りますが、それ以上度数が強くなると凍りません。

出典:【お酒は凍る?】意外と知らない、アルコールの凍結温度と活用例 | 急速冷凍機の厳選比較サイト「春夏秋凍」

また、急速冷凍機などを扱うこちらの企業サイトにも記載がありますが、氷点下何度になると凍ってしまうかどうかはお酒に含まれるアルコール濃度によって変わります。

<お酒のアルコール濃度目安>
アルコール濃度 一般家庭用冷凍庫
ビール 4~6度 凍る可能性が高い
ワイン 10~14度 凍る可能性が高い
日本酒 12~18度 凍る可能性が高い
焼酎 25~45度 凍らない可能性が高い
ウイスキー 35~55度 凍らない可能性が高い
ウォッカ 40度以上 凍らない可能性が高い

ウイスキーのアルコール度数は35~55度程度なので、日本で発売されている一般的な家庭用冷凍庫へ入れても凍ることはほぼないというわけです。

ちなみに、ビールのようにアルコール度数が低いお酒だと「冷凍庫に少しだけ入れて冷やそうと思ったらうっかり凍ってしまった!」なんてことも十分有り得るので注意しましょう。

ウイスキーを冷凍庫へ入れるときの注意

「ウイスキーの瓶は冷凍庫へ入れても割れないのか?」という疑問についてですが、中身が凍らない限りは割れることはありません。冷凍庫に入れていたペットボトル飲料が破裂したり容器が割れるのは、中の液体が凍って膨張するのが原因です。ウイスキーが凍らない環境ならば心配はありません。

-18℃前後である一般的な家庭用冷凍庫では、ウイスキーが凍ることはまずないとお伝えしました。しかし、冷凍庫内の温度はメーカーや機種、温度設定、設置環境などによっても変わります。温度が極端に低くなれば家庭用冷凍庫でもウイスキーが凍る可能性があることを覚えておきましょう。

ちなみに、業務用冷凍庫の場合は家庭用冷凍庫より低い温度設定となっています。ウイスキーを冷凍庫へ入れる際はご自宅の冷凍庫内の温度に注意して自己責任の上実行するようにして下さいね。

ウイスキーを冷凍庫に入れた時の変化

ウイスキーの瓶とテイスティンググラス

ウイスキーを冷凍庫へ入れても凍らない原理についてはわかりましたが、「トロトロになって美味しくなる」とは一体どういうことなのでしょう?

水が凍る理由です。水は,水の分子(ぶんし)という小さな粒からできています。<中略>ふつうは自由に動きまわっていますが,温度が低くなるにつれ動きがにぶり,0℃より低くなると,くっついて動かなくなり,氷になるのです。

出典:氷のミニミニ博物館|盛岡市上下水道局

こちらのように、「凍る」という現象は低温により水の分子が動かなくなり結合された状態のことを言います。ウイスキーを冷凍庫へ入れても完全に凍る(分子が結合される)ことはありませんが、低温によって分子の活動が鈍るため、「流動性が低くなる」=「とろみが出る」というわけです。

冷凍庫で冷やして飲むアルコール度数の高いお酒は「パーシャルショット」と呼ばれ、独特のトロトロとした飲みごたえの虜になるお酒好きの方も多いんです。ウイスキー以外ではウォッカやジンなどもおすすめなので、興味のある方はぜひ試してみて下さいね。

ウイスキーを冷凍庫に入れるとどうなるか実験してみた!

ここからは、実際にウイスキーを冷凍庫へ入れた後の見た目や風味の変化をレポートしていきます。

冷凍庫に入れる前のウイスキー

冷凍庫に入れる前のウイスキー

まずは冷凍庫に入れる前のウイスキーの状態です。今回は常温保存していたブラックニッカ クリアウイスキー(アルコール度数37度)を使用します。

おすすめ
  • アサヒビール
  • ブラックニッカ クリア 700ml

  • 税込み854円
  • 飲みやすい・飲み飽きないクリアな味わい

  • メイドインジャパンのブレンデッドウイスキー。クセのない口当たりで多くの人に好まれる。

飲みやすさと手に入りやすさでウイスキーの入門用としてよく名前が挙がるブラックニッカクリア。コスパが良いので冷凍庫ウイスキーのお試しにもおすすめ。

冷凍庫に入れる前のウイスキーを振る様子

まずは瓶ごと振ってみました。もちろんとろみなどはありません。

ウイスキーがグラスに注がれる様子

グラスに注いでみると、水や通常の清涼飲料水などと同じくらいの流動性を感じます。口をつけなくてもウイスキー独特のアルコールの香りがふわっと広がります。

冷凍庫へ入れたばかりのウイスキー

早速、ウイスキーを瓶ごと冷凍庫入れて経過をレポートしていきます!

冷凍庫に入れたウイスキー<3時間後>

冷凍庫に入れて3時間経ったウイスキー

うっすらと瓶の表面が白くなっているぐらいで、見た目の変化はほぼありません

冷凍庫に入れて3時間経ったウイスキーを注ぐ様子

グラスへ注いでみました。冷凍庫へ入れる前よりほんの少しウイスキーにとろみが出ているような気もします。

口を近づけると常温よりはウイスキーの香りが和らいだように思いますが、大きな変化は感じられません。

冷凍庫に入れて3時間経過したウイスキー
【見た目】 表面が少しだけ白くなっている
【注いだ感覚】 気持ち粘性がある感じ
【香り、味】 よく冷えたウイスキーといった風で、そこまでの変化は感じられない

冷凍庫に入れたウイスキー<8時間後>

冷凍庫に入れて8時間経ったウイスキー

先ほどより大分表面が白くなりました。手に持つと、瓶自体がかなり冷えています。

冷凍庫に入れて8時間経ったウイスキーを注ぐ様子

グラスへ注いでみました。トロトロした液体になっているのが注ぐ感覚でわかります!3時間だけ冷凍庫へ入れていたウイスキーとは全く違う様子ですね。

テイスティングしたところ、やはりとろりとした舌触りに変わっています。顕著に出始めたとろみと反比例するように、ウイスキー独特の香りは感じにくくなりました。アルコールの香りが主張しない分、お酒に強くない方でも飲みやすくなった感じですね。

冷凍庫に入れて8時間経過したウイスキー
【見た目】 表面全体が白くなっている
【注いだ感覚】 粘性があるのがはっきりとわかる
【香り、味】 アルコールの香りが主張してこない、飲み口にとろみを感じる

冷凍庫に入れたウイスキー<24時間後>

冷凍庫に入れて24時間経ったウイスキー

冷凍庫へウイスキーを入れて24時間経ちました。

冷凍庫に入れて24時間経ったウイスキー2

瓶のフタまで白く霜がついていて、中身まで凍っているのではないかと思うような見た目になりました。

冷凍庫に入れて24時間経ったウイスキーを振る様子

振ってみると、中身はきちんと液体のままであることがわかります。

冷凍庫に入れて24時間経ったウイスキーを注ぐ様子

グラスに注ぐと、トロトロのウイスキーになっていることがわかります。冷凍庫へ入れて8時間経過したときと比べると、多少粘度が増したぐらいでしょうか。

ウイスキーの風味についても劇的な変化はありませんが、一層アルコールの香りが和らいだような気がします。飲み口が柔らかいのでアルコール度数が高いお酒には感じられず、非常に飲みやすいです。

冷凍庫に入れて24時間経過したウイスキー
【見た目】 表面全体が白く、瓶のフタまで霜がかかっている
【注いだ感覚】 粘性があるのがはっきりとわかる(8時間経過した時より少し強くなった)
【香り、味】 アルコールの香りがほとんど主張してこない、飲み口にとろみを感じる、口当たりが柔らかい

冷凍庫に入れたウイスキー<48時間後>

冷凍庫に入れて48時間経ったウイスキー

冷凍庫へウイスキーを入れて48時間、丸二日経過しました。24時間経過したときと見た目の変化はあまり感じられませんね。

冷凍庫に入れて48時間経ったウイスキーを注ぐ様子

瓶を手に持つと痛いほどキンキンに冷えています。注いでみると、ウイスキーのとろみがさらに深くなったような気がします。

トロトロのウイスキーはリキュールが入ったスイーツのようなマイルドな香りで、舌触りもとてもなめらかで美味しいです。

冷凍庫に入れて48時間経ったウイスキーのアップ

テイスティングする際、ウイスキーの中に小さな塊を発見しました。まさかウイスキーが凍ってしまったのかとも思いましたが、自宅の冷凍庫内の環境を鑑みても、こんな風に一部だけ固形化することは考えにくい…

とすると、原因は、恐らくウイスキーにまぎれてしまった水滴でしょう。実験では何度も瓶を開け閉めしたり、グラスに注いだウイスキーを再び瓶に戻したりしていました。瓶やグラスの表面の水滴が中に入って凍ってしまった可能性が高いのではないかと思います。

冷凍庫に入れて48時間経過したウイスキー
【見た目】 表面全体が白く、24時間経過した時とあまり変わりはない
【注いだ感覚】 粘性があるのがはっきりとわかる(24時間経過した時よりさらに強くなった)
【香り、味】 非常にマイルドな香り、飲み口にとろみを感じ舌触りがなめらか、口当たりが柔らかい

ウイスキーを冷凍庫に入れるとどうなるか<結果>

ウイスキーを冷凍庫へ48時間入れて実験した結果はこちら!

ウイスキーを冷凍庫に入れるとどうなるか
【見た目】 表面全体が白く、霜がかかる。
【注いだ感覚】 トロトロとした液体で、粘性があるのがはっきりとわかる。
【香り、味】 アルコールの香りがマイルドになる。とろりとした飲み口で舌触りがなめらか。口当たりが柔らかく、飲みやすくなる。

結果としては、ウイスキーは冷凍庫へ入れても凍ることはなく、うわさ通り常温で飲むウイスキーとは違った風味を味わうことができました。

トロトロとしたウイスキーは香りも飲み口も柔らかく、今までウイスキーに苦手意識があった方にもぜひ試してもらいたい美味しさでした。

冷凍庫に入れたウイスキーで作るカクテルレシピ

冷凍庫に入れてトロトロになったウイスキー、ストレートで飲むのももちろん良いですが、せっかくならアレンジを楽しんでみてはいかがでしょうか。

<冷凍庫ウイスキー+氷>ロック

冷凍庫ウイスキーで作ったロック

ウイスキーの飲み方としても定番であるロック。冷凍庫でトロトロになったウイスキーに氷を加えると、通常のロックよりもマイルドな味わいになります。

また、ロックアイスではなくクラッシュアイスを使う飲み方もおすすめ。冷凍庫ウイスキーにクラッシュアイスを組み合わせれば、まるでシャーベットのように滑らかなウイスキーミストを味わうことができますよ。

<冷凍庫ウイスキー+ソーダ>ハイボール

居酒屋などでもすっかり定番化したハイボール。ハイボールとは、ウイスキーをソーダ(炭酸水)で割ったカクテルのことです。

常温のウイスキーで作るハイボールももちろん美味しいですが、冷凍庫で冷やしたウイスキーで作るハイボールが今SNSで話題になっています。

氷点下(フリージング)ハイボールとは?

氷点下ハイボールとは、冷凍庫に入れておいたウイスキー+ソーダで作るハイボールのこと。フリージングハイボール、フリーザーハイボールなどとも呼ばれ、「美味すぎる飲み物」と口コミで人気が広まりました。

こちらのように、プロもおすすめするほど美味しいということ。冷凍庫に入れたウイスキーは常温よりも冷えたソーダとよく馴染むため、喉ごしも良くなるのだとか。

氷点下(フリージング)ハイボールの作り方

冷凍庫ウイスキーで作った氷点下ハイボール
①冷えたグラスいっぱいに氷(あればロックアイス)を入れる
②冷凍庫で冷やしておいたウイスキーを注ぐ
③マドラーで混ぜる
④冷やしておいたソーダを注ぎ、マドラーで軽く馴染ませて完成!

氷点下ハイボールの作り方は、基本的に普通のハイボールと変わりません。ポイントは、グラスと炭酸水をよく冷やしておくことと、ソーダを注いだ後にかき混ぜすぎないこと。

ウイスキーとソーダの比率は1:3が基本ですが、お好みで調整してみてくださいね。

今回は、ウィルキンソンレモンの炭酸水を使用しました。実際にテイスティングしてみると、通常のハイボールよりも軽い口当たりで飲みやすく、評判通りの爽やかな喉ごし!夏の暑い時などはグイグイ飲めてしまいそうです。

お好みでグレープフルーツやすだち果汁などを加えてアレンジするのもおすすめですよ。

ウイスキーは冷凍庫で保存しても良いのか?

樽で保存されているウイスキー

ここまでウイスキーを冷凍庫へ入れて美味しく飲む方法をご紹介してきましたが、実は長期的に保存する方法として冷蔵庫や冷凍庫に入れるのはおすすめできません。

ウイスキー本来の香りや品質を保つ方法としてメーカーが推奨するのは、直射日光が当たらず温度・湿度が低く一定に保たれる「冷暗所」での保存です。

温度変化により香りや見た目、風味が変わることを考えると、ウイスキーを冷凍庫へ入れるのはあくまで飲み方・楽しみ方の一つと思っていただいた方が良いでしょう。

ウイスキーの正しい保存方法についてもっと詳しく知りたいという方は、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

まとめ

ウイスキーを冷凍庫に入れても「凍らない」「トロトロになる」といううわさを検証するべく、実践レポートをご紹介しました。

アルコール度数の高いウイスキーですが、冷凍することで常温より飲みやすいお酒になります。アルコールの香りに苦手意識があった方にもおすすめできる美味しさなので、ぜひこの記事を参考に冷凍庫ウイスキーに挑戦してみてくださいね。


※商品の価格は2019年12月時点のAmazonのものです
※冷凍庫ウイスキーの香りや味についてはあくまで筆者の感覚です
※今回のように中に水分が混ざることで氷ができてしまうと、瓶の破損につながる可能性もあります。お試しになる際は充分に注意して下さい

黒岩 ヨシコ
インテリアショップ&カフェバー店員経験を活かした多ジャンルライター。兼、フリーランスWebデザイナー。インテリア・食べ物・植物には凝り性。たくさんの動物と共に育った千葉の田舎民です。

  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!