味わいが変わる!ウィスキーグラスの選び方とおすすめ8選

Moovoo|(ムーブー)

[ムーブー]スマートな暮らし

検索

HOME

>

グッズ

>

味わいが変わる!ウィスキーグラスの選び方とおすすめ8選

味わいが変わる!ウィスキーグラスの選び方とおすすめ8選

黒岩ヨシコ
2019-06-13

ウィスキーをグラスで飲むメリット

グラスに注がれるウィスキー

ウィスキーはグラスの形状によってその風味ががらりと変化します。ウィスキーの美しい琥珀色と芳醇な香りをより堪能するなら、ウィスキーグラスにこだわりましょう。

より美味しくおしゃれにウィスキーを愉しむために、選び方のポイントとシーンに合わせたおすすめウィスキーグラスをご紹介します!

ウィスキーグラスの種類と特徴

ウィスキーグラスは大きく4種類あり、どんなシーンで使う目的で作られたのかによってそれぞれに特徴があります。

用途に合ったウィスキーグラスの種類を知ることが重要です。


※イラスト:黒岩ヨシコ

1 ストレート(テイスティング)グラス

ストレート(テイスティング)グラス図解

ウィスキーを語るのに欠かせないのがストレートグラス。味や香りを確かめるテイスティング用として使われるものはテイスティンググラスと言われます。

テイスティンググラスは香りを閉じ込めるような形状をしていて、体温を伝えないようにステムが付いているものが主流。ウィスキー本来の味を愉しむため、基本となるウィスキーグラスです。

2 ロックグラス

ロックグラス図解

ウィスキーグラスといえばロックグラスを思い浮かべるという方は多いかもしれません。その名の通りオン・ザ・ロックスで飲むために作られました。

口が広く、ストレートな円柱型やコロンとした丸型などバリエーションが豊富でつい集めたくなってしまうウィスキーグラスです。

3 ショットグラス

ショットグラス図解

度数の高いウィスキーや、テキーラなどを一気に飲み干すために作られたのがショットグラス。バーで使われるイメージが強く、自宅でショットをたしなむという方は相当なウィスキー好きだと思われます。

ワンショット(約30mlぐらい、お店によって異なる)が入るぐらいの小さいウィスキーグラスです。

4 タンブラーグラス

タンブラーグラス図解

ウィスキーだけでなく、一般的な飲み物に広く使われているタンブラーグラス。

シンプルな形ですが容量は様々で、ウィスキーグラスとしてはハイボール用やチェイサー用として使われることが多いです。

ウィスキーグラスの容量と用途比較

ウィスキーグラスまとめ

ウィスキーグラスの各部の名称と役割

テイスティンググラスの部位

ウィスキーグラス選びをするなら、グラスの種類と一緒に各部の呼び名と役割もさらっと学んでおきましょう。

①リム
ウィスキーグラスの口に当たるフチ部分のこと。リムの形と薄さによってウィスキーの口当たりが決まると言っても過言ではないほど重要。

②ボウル
ウィスキーグラスの胴体、ふくらみのある部分のこと。ウィスキーの香りを閉じ込める役割があり、ふくらみの大きさによってのどごしや香りの立ちのぼり方が変化します。

③ステム
ウィスキーグラスの脚にあたる部分のこと。長さは様々で、手に持った時にウィスキーに体温が伝わりにくくする役目があります。

④ベース
ウィスキーグラスを支える台座部分のこと。プロがテイスティングする際には基本的にベースを持って行います。


※イラスト:黒岩ヨシコ

ウィスキーグラスの選び方ポイント

ここまででウィスキーグラスの基本を抑えたところですが、ウィスキーグラスは各メーカーから様々な種類・デザインが発売されています。

自分に合ったウィスキーグラスを選ぶためのチェックポイントがこちら!

薄さ

上から見たロックグラス

ウィスキーグラスの薄さは、ウィスキーの味わいに大きく関わります。

単純に、リムの部分が薄ければ薄いほどウィスキーの口当たりは良くなります。ウィスキーがフラットな状態で口の中に広がるため、舌全体で旨味や味の変化を感じることができるためです。

ウィスキーの飲み方にもよりますが、初めてのウィスキーグラスを選ぶなら薄めのものが良いでしょう。

リムの形

ウイスキーボトルとテイスティンググラス

薄さと同様に、リムの形もウィスキーの味と深く関係するポイントです。

口径が狭くてすぼんでいるウィスキーグラスはアルコールを感じにくく、じっくりと香りを愉しむことができます。反対に広いと、ウィスキーの味やアルコールをダイレクトに感じることができるでしょう。

口径が広くても反り返っているウィスキーグラスの場合は、その角度のおかげでウィスキーを舌全体へ運んでくれるため少しソフトな味わいになります。

デザイン

ミントが入ったウィスキーオンザロックス

せっかくウィスキーグラスを買うなら、デザインにはこだわりたいですよね。

単純な装飾の美しさやおしゃれさももちろんですが、使い続けるなら持った時に手になじむサイズ感や重量感も重要です。

また、ボウル部分に適度なふくらみがあるデザインのウィスキーグラスは香りを滞留させてくれる役割も。

ウィスキーの飲み方別、おすすめウィスキーグラスの種類

ウィスキーボトルと色々なウィスキーグラス

色々な飲み方ができるというのもウィスキーの醍醐味ですが、飲み方によって適したウィスキーグラスの種類も変わります。

ウィスキーの飲み方と、おすすめのウィスキーグラスの種類もチェックしておきましょう!

ストレート

ウィスキー本来の美味しさを最も味わうことができるのがストレート。タンブラーグラスにチェイサーを用意して、ショットグラスストレートグラスを使いましょう。

オン・ザ・ロックス

日本人になじみがあるのがオン・ザ・ロックス。大きな氷をロックグラスへ入れて、ウィスキーを適量、マドラーで一かきすれば完成です。

ハーフロックの場合は、ウィスキーはストレートではなく水と1:1で割って作ります。

水割り

お好みの割合で作るのが楽しい水割りは、タンブラーグラスや大きめのロックグラスがおすすめ。

ウィスキーグラスに氷を入れ、ウィスキーを注いだ後にしっかりかき混ぜて冷やすのがポイントですよ。しっかり冷えたら氷と水を足してできあがり。

トワイスアップ

トワイスアップは、ストレートのウィスキーと同僚の常温水を注いで飲むスタイル。

ストレートグラスを使って、ウィスキーの豊潤な香りを味わいましょう。

お湯割り(ホットウィスキー)

お湯を入れたウィスキーグラスにウィスキーを少量注ぎ、さらにお湯を注いで、お好みでシナモンスティックやハーブなどをトッピング。

お湯割りで飲む場合には耐熱性のウィスキーグラスを使用しましょう。

おすすめウィスキーグラス<日常使い>

いまや100均でも手に入るウィスキーグラスですが、少しこだわって日常使いとして3,000円以内におさまるおすすめ商品を厳選しました。

リーズナブルとはいえ、デザイン・品質ともに評価が高いウィスキーグラスです。

グレンケアン ブレンダーズモルトグラス ウイスキーテイスティンググラス 190cc

□ブランド グレンケアン
□容量 190cc
□価格 ¥ 1,380 (2019年5月現在)
□種類 ストレート(テイスティング)グラス


国際規格のグレンケアンのブレンダーズモルトグラスは、プロも広く使用している認知度の高いウィスキーグラス。

テイスティンググラス入門用としてはぴったりです。

アデリア ロックグラス 345ml サージュ オールド11

□ブランド アデリア
□容量 345ml
□価格 ¥ 475(2019年5月現在)
□種類 ロックグラス


丸いフォルムがおしゃれなアデリアロックグラスは、グッドデザイン賞を受賞しています。

丸い氷をポンと入れオン・ザ・ロックスにするのにちょうど良い大きさで、日常使いにしたいおすすめウィスキーグラスです。

サントリーウイスキー 知多 ×ウイスキーに合うポッキーグラス付オリジナルセット

□ブランド サントリー
□容量 350ml
□価格 ¥ 2,980(2019年5月現在)
□種類 タンブラーグラス


「山崎」や「白州」で知られるサントリーのウィスキー「知多」と、ポッキーのグラス付きのコラボ商品。すっきりとした味わいの知多と、ウィスキーに合うオリジナルポッキー、ロゴ入りタンブラーグラスがセットになっています。

スコッチ・ウィスキーやニッカ・ウィスキーからもよくウィスキーとグラスのセットが販売されていますが、こちらはサントリーならではのユニークな一品ですね。

BODUM ボダム PAVINA ダブルウォールグラス 250ml

□ブランド ボダム
□容量 250ml
□価格 ¥ 2,951(2019年5月現在)
□種類 ロックグラス


デンマークのキッチンウェア販売店・ボダムのダブルウォールグラスは、おしゃれな見た目はもちろんその機能性からウィスキーにもおすすめしたいグラス。

水滴がつかないのでスマートだし、電子レンジOKで断熱構造なのでお湯割りにもぴったりですよ。

Bormioli Rocco (ボルミオリ・ロッコ) ダブリノ ショットグラス 57ml 6個セット

□ブランド ボルミオリ・ロッコ
□容量 57ml
□価格 ¥ 1,387(2019年5月現在)
□種類 ショットグラス


イタリアのボルミオリ・ロッコが作るウィスキーグラスは、業務用としても広く使われています。

緩やかにカーブしたデザインがおしゃれなショットグラスは安定性があり、6個のグラスセットでリーズナブル。

おすすめウィスキーグラス<プレゼント用>

おしゃれで高級なブランドウィスキーグラスは、特別なプレゼントにおすすめしたい一品揃いです。

Baccarat バカラ ヴィータ タンブラー 2019

□ブランド バカラ
□容量 記載なし
□価格 ¥ 9,800(2019年5月現在)
□種類 ロックグラス


言わずと知れたフランスの高級ブランド・バカラのウィスキーグラスは、繊細なカットの美しさが際立つデザイン。

商品によっては名入れも対応しています。世界に一つだけのオリジナルウィスキーグラスのプレゼントなんていかがでしょうか。

カガミクリスタル 校倉 オンザロック

□ブランド カガミクリスタル
□容量 275cc
□価格 ¥ 8,100 (2019年5月現在)
□種類 ロックグラス


宮内庁御用達の日本の高級ブランド・カガミクリスタルのウィスキーグラスはどれも上級品。印象が良いので目上の方やお世話になった方への贈り物にも最適です。

こちらは校倉(あぜくら)と呼ばれる建築様式がモチーフになったおしゃれなロックグラス。

Wired Beans(ワイヤードビーンズ) 生涯を添い遂げるグラス タンブラー うす吹き ブラックマット

□ブランド ワイヤードビーンズ
□容量 360ml
□価格 ¥ 5,724(2019年5月現在)
□種類 タンブラーグラス


日本の職人による手作業で作られたワイヤードビーンズのグラスの中でも有名な、破損理由を問わず永久保証が付いた「生涯を添い遂げるグラス」シリーズ。

こちらは珍しいうす吹きのブラックガラス製のタンブラータイプ。プレゼントすればウィスキー以外にもハイボールやビールなど、多用途に楽しんでもらえそうですね。

ウィスキーのおしゃれな愉しみ方

最後に、ウィスキーをより愉しむべく、ウィスキーグラスに関する豆知識をご紹介します。

ウィスキーグラスの正しい持ち方

ウィスキーグラスを手に持つ女性

ステムがあるグラスを持つ場合には、ウィスキーが注がれたボウルには触れずにステムの部分を持ちましょう。

その他のウィスキーグラスの持ち方については基本的に自由ですが、グラスの側面に掌をベタッとつけて握るようにして飲むのはあまりスマートではありません。

ロックグラスの場合には、「人差し指と掌はグラスに付けず、3~4本の指で軽く転がしながら持つ姿がかっこいい」なんて言われているのだとか。ぜひ試してみて下さいね!

テイスティングのやり方

テイスティンググラスを手に持つ男性

テイスティングは初めて飲むウィスキーの風味を正しくチェックするためのもの。人によって細かい手順は異なりますが、基本的なやり方は決まっています。

1 シングル(30ml)をテイスティンググラスに注ぐ
2 グラスのステムを取り、ベースに持ち替える
3 スワリングする
4 白い壁を背景にしてウィスキーの「色」を見る
5 グラスを傾けながらウィスキーの「香り」を嗅ぐ
6 ウィスキーを10秒以上口に含み、ストレートの「味」を感じる
7 水を加え、味や香りの「変化」を愉しむ


※スワリング…ウィスキーグラスをくるくると回してウィスキーに空気を含ませること

ウィスキーグラスのお手入れ方法

ピカピカのウィスキーグラス

ウィスキーグラスを洗う際には、できれば香りの付いた洗剤は避けて柔らかいグラス用のスポンジを使用しましょう。

水垢の付着を防ぐためにも、洗った後はマイクロファイバー系のクロスでしっかり拭いてあげるのもポイント。保管の際も傷がつかないように、重ねて収納することは避けましょう。

ウィスキーはちょっとしたことで香りや味が変化してしまうデリケートな嗜好品。ウィスキーグラスのお手入れにも気を遣ってあげて下さいね。

まとめ

ウィスキーを堪能するため、ウィスキーグラスの選び方やおすすめ商品をご紹介しました。

アルコールの中でも特に飲み方のスタイルがたくさんあって、奥深い愉しさに夢中になる方が多いウィスキー。ぜひこの記事を参考に、相棒になるようなウィスキーグラスを見つけて下さいね。



  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!