ウイスキー水割りのおすすめのおいしい作り方。ダイエットにも効果あり!

Moovoo|(ムーブー)

[ムーブー]スマートな暮らし

検索

HOME

>

フード

>

ウイスキー水割りのおすすめのおいしい作り方。ダイエットにも効果あり!

ウイスキー水割りのおすすめのおいしい作り方。ダイエットにも効果あり!

松下 コウヘイ
2019-06-13

ウイスキーの飲み方といえば、ハイボールを想像される方が多いかもしれません。
ハイボールはCMも多く流れていて知名度も高いのですが、ウイスキーは水割りにしても飲みやすくて美味しいと評判になっています。

今回は、ウイスキーの水割りの種類やおいしい作り方やおつまみ、ダイエットの効果についてご紹介します。

ウイスキーの水割りの種類

ウイスキーの水割りには、実は2種類の飲み方があります。

水割り

ウイスキーの水割りの一般的な作り方

グラスに氷を入れて、ウイスキー・水の順に注いで混ぜる飲み方。
居酒屋やダイニングバーなどで提供されるのもこの飲み方で、広く認知されています。

トワイスアップ

トワイスアップの作り方

グラスにウイスキーを入れて、ウイスキーと同量の常温の水を入れる飲み方。

常温の水を加えることで、ウイスキーの本来の香りを強く感じられることができます。
バーテンダーがテイスティングの時に用いる飲み方で、この飲み方でオーダーすると通だと思われます。

英語では、”twice up”と書きます。twiceは2倍という意味があり、ウイスキーと同量の水を入れる理由についてもわかっていただけるかと思います。

ウイスキーの水割りのおいしい作り方

それでは、ウイスキーの水割りのおいしい作り方をご紹介します。
実際に作っている様子を動画でも撮影しました。
水割りを作る際のポイントもお伝えします。

ウイスキーの水割りの美味しい作り方

ウイスキーと水の最適な配分

ウイスキーと水をどんな割合でおいしい水割りができるのかわからないという方も多いのではないでしょうか?

ウイスキーの量を1とすると、水の量は2~2.5で割るのが最適な配分です。

お酒が弱めな方や、ウイスキーをあまり飲んだことのない方は水の量を2.5に。
お酒が強めな方や、ウイスキーの本来の味を楽しみたい方は水の量を2にすることをおすすめします。

グラスの容量は好きな大きさでOK!

グラスの容量は特に気にしないで問題ないです。
持ちやすくて、自分の飲みたい量が入れられるお気に入りのグラスを選びましょう。

水割りにおすすめのウイスキーの銘柄

①角

これぞ、ジャパニーズウイスキーの定番!
口当たりもまろやかで、クセも強くありません。
水割りにしても、ウイスキーの独特な香りや味はしっかりと楽しむことができますので、ウイスキー初心者にもおすすめの一品です。

サントリー ウイスキー 角瓶 [日本 700ml]
サントリー
¥1,382

②メーカーズマーク

アメリカ産のバーボンウイスキーです。
ハチミツのような甘い香りがするのが特徴で、味も小麦やコーンを原料としていてマイルドな味わいです。
また、ボトルのキャップに使われている赤い蝋燭もオシャレです。
この赤い蝋燭は、1本1本ハンドメイドで作られており、世界に1本しかないという特別感も感じることができます。

バーボンウイスキー
メーカーズマーク
[ウイスキー アメリカ合衆国 700ml]
¥2,506

③グレンフィデック12年

世界初のシングルモルトウイスキーです。

シングルモルトとは、単一の蒸溜所で大麦麦芽のみを原料として作ったウイスキーです。
単一の蒸溜所で作るウイスキーは個性やクセが色濃く出てきます。

販売開始された1963年から現在までグレンファイデックが愛されているのは、それだけ根強いファンが多いからこそでしょう。
グレンフィデック12年は、ハチミツのような甘さで、後からほのかな苦みを感じます。
水割りにすると、喉を流れるような飲み心地。
そして、ウイスキーを飲んだ時に口の中に漂うフローラルな香りを楽しむことができます。

シングルモルト ウイスキー
グレンフィディック12年 [イギリス 700ml]
¥3,289

必ずミネラルウォーターを使おう

水割りを作る際に、水道水を使うのはNGです。
水道水は不純物が入っていているため、ウイスキーのコクや香りを阻害してしまいます。
そして、おいしい水割りを作るために大事なことは、ウイスキーと水の温度を統一させておくことです。
もしも温度が違うと、ウイスキー・水がうまく混ざり合わず、味にばらつきが出てくるので注意しましょう。

ウイスキーの水割りにおすすめのミネラルウォーター

ミネラルウォーターには、軟水と硬水の2種類があります。

カルシウムやマグネシウムが豊富に含まれているのが硬水です。
硬水を使った方が良いようにも見えますが、軟水と比べてほのかな苦みがあったり飲みすぎると胃腸に負担をかけて下痢になる可能性もあります。
また、日本の水のほとんどが軟水で馴染みがありますので、軟水のミネラルウォーターを使うのが良いかと思います。

そして、ウイスキーの水割りを作るのにサントリー南アルプスの天然水です。

山梨県の南アルプスの山々から生み出された天然水です。
サントリーのウイスキー蒸留所”白州”と同じ水源の水で、すっきりとした清涼感のある味わいになっています。
ウイスキーを割った時も、まろやかで飲みやすくなります。

サントリー 天然水 南アルプス 1L×12本
¥1,702(¥142/本)

レモンを入れてみるのもあり!

ウイスキーは、レモンとの相性が良いです。

レモンの柑橘系の香りと酸味が、ウイスキーの香りともマッチします。
居酒屋でハイボールを頼んだ時にも、最初からカットレモンが入っているのをご覧になったこともあるかと思います。

ただ、自分で水割りを作る時に、カットレモンを面倒だと思う方もいらっしゃるかもしれません。
そんな時にはレモン果汁を使うと、とても便利です。
レモンを切る・絞るの手間も不要ですし、お好みに合わせて果汁の量を調整しやすいです。

ウイスキーの水割りにおすすめのおつまみ

①ドライフルーツ

果物の甘みや旨みがギュッと凝縮されているドライフルーツ。
ウイスキーは柑橘系の香りや味とマッチしますので、ドライフルーツと一緒に楽しむとウイスキーの味もさらに引き立ちます。

②ナッツ

ウイスキーに合うおつまみの代表格のナッツ。
木の実の香ばしい香りがするナッツは、ウイスキーの熟成に使う樽の木の香りと似た香りがします。
香りが良い・美味しい・栄養価が高いという素晴らしい点を揃えたおつまみです。
ナッツは、有塩・無塩のものがありますが、健康面やウイスキー本来の味を楽しむという点で無塩のものを召し上がることをおすすめします。

③スモークサーモン

ウイスキーは燻製の食べ物との相性も非常に良いです。
スモークサーモンはスモーキーな香りとサーモンの持つ適度な塩味が相まって、お酒がどんどん進みます。
スモーキーな香りのするウイスキーと合わせると、より一層美味しさを感じられるかと思います。

カロリー低めで実はダイエットにも効果的?

ウイスキーは、ダイエット中に飲むお酒としても有効です。

お酒は、蒸留酒と醸造酒の2つに分かれます。
醸造酒の代表格は、ビール・日本酒です。
米を元にして発酵させたものをそのまま瓶詰めしているので、当然糖質も高いです。

蒸留酒の代表格はウイスキー・焼酎です。
蒸留酒は発酵したお酒を蒸留させて、アルコールと香味成分のみを抜き出します。
その過程で糖質が完全に0となるのです。
糖質は多く摂りすぎると体に吸収されて脂肪に変わりますが、糖質が0だと太るリスクを1つ減らせるので、ダイエットにも効果がありますね。

とはいえ、飲みすぎは体に良くありませんので適量を飲むようにしましょう。

まとめ

今回は、ウイスキーの水割りのおいしい作り方や、おすすめの銘柄・おつまみなどについてご紹介しました。

ウイスキーの水割りは、ウイスキー本来の香りやコクを楽しむものですが、アルコール度数も下がって飲みやすくなります。
ウイスキーの銘柄は、この記事でご紹介したもの以外にも豊富にあります。

おつまみなども組み合わせて味わいを楽しむようになると、より一層ウイスキーの虜になることでしょう。
糖質が0なので、ダイエット中の場合でもお酒を楽しむことができるのも良いですね。
ただし、飲みすぎは体に良くありませんので、糖質が0だからといって、飲むすぎは禁物です。
適度に飲んで、ウイスキーを楽しみましょう!


  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!