〈2024年〉部屋干しに便利な突っ張り棒、おすすめアイテム10選 レビューも紹介

Moovoo編集部,黒岩 ヨシコ
公開: 2024-02-10

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がMoovooに還元されることがあります。

facebook xPost lineLINE copyCopy

洗濯物を部屋干しにする際に、あると便利な突っ張り棒。使い方にあわせて、サイズや耐荷重に注意して選ぶ必要があります。

そこでこの記事では、突っ張り棒の使い方やおすすめ商品、あると便利なアイテムなどを紹介します。

ニトリの人気商品「強力つっぱりポール」を実際に使ったレビューも参考にしてみてください。

※商品レビューは2021年4月に行いました。記事後半の編集部ピックアップ商品は最新の情報をもとに選んでいます。

突っ張り棒のメリット

突っ張り棒を使って洗濯を干している和室

収納や小物の整理にも活躍する突っ張り棒は、多くの家庭にある定番アイテムです。部屋干しのために、ラックやスタンドタイプの物干しがあるものの、設置するための床スペースが必要になります。

一方で、突っ張り棒なら、部屋の隅や天井近くのデッドスペースが使えるので、一人暮らしのワンルームでも使いやすいといえます。

部屋干しに使える突っ張り棒を選ぶポイント

部屋干しに使う突っ張り棒を選ぶときにチェックしておきたいポイントをご紹介します。

① 縦・横、どの方向に突っ張るか

部屋干しに使える突っ張り棒は、大きく分けると横に突っ張るタイプ縦に突っ張るタイプの2種類があります。

横タイプは、左右の壁の間に取り付けます。比較的値段が安めで、手軽さが人気です。インテリアや家電の邪魔になりにくい高い位置で部屋干しできます。

注意点は、正しく使用しないとズレてきて落ちる危険性があることです。

縦タイプは、天井と床の間に取り付けます。1本のポールでコートハンガーのように使うタイプと、2本の支柱があり物干し竿がついたタイプがあります。

メリットは、安定感です。荷重がかかる縦方向に突っ張っているため、たっぷり部屋干ししても倒れにくさがポイントです。デメリットとしては、たくさん洗濯物を干すとかさばる点です。

② 耐荷重とサイズ

大量に部屋干ししてある部屋

続いてチェックしたいのが、耐荷重サイズです。

突っ張り棒のサイズは特性上、長さ●●cm~△△cmと表記されています。小型のものから最長4m以上のかなり大型の商品まで発売されているので、必ず部屋干しに使いたい場所の長さ・高さを計ってから適したものを選びましょう。

例えば、長さが3mぴったりの場所に部屋干しするのなら、最長3mの商品を取り付けることはできません。少なくとも、突っ張らせるための数cm分の余幅を考えてサイズを選ぶのがポイントです。

横タイプの場合、最短時より最長にしたときは耐荷重がかなり小さくなるので注意が必要です。

■耐荷重参考値
取付幅170cm時:耐荷重(約)15kgまで
取付幅280cm時:耐荷重(約)8kgまで

出典:強力つっぱりポール(170-280SPN)通販 | ニトリネット【公式】

例としてニトリの商品の場合、最短15kg/最長8kgと2倍近くの差があります。

せっかく部屋干ししても少しの洗濯物ですぐ落ちるのでは意味がありません。

部屋干し用の突っ張り棒を購入する前は、設置場所の長さと商品のサイズ伸縮させた場合の耐荷重をしっかり確認しましょう。

③ 見た目や素材

浴室に干してある洗濯物

部屋干しに使える突っ張り棒には横タイプと縦タイプのほか、バネ式ジャッキ式といった見た目や固定方法に違いがあります。

100均などで販売している小さめの商品はバネ式で、大型の商品は突っ張る力が強いジャッキ式の場合が多いです。バネ式は見た目がスッキリしているので、ちょっとした場所に数枚の洗濯物を部屋干しする程度におすすめします。

しかし量が多い部屋干しに使うのなら見た目はゴツくなりますが、耐荷重が大きくて頑丈なジャッキ式の方が便利です。

部屋干しアイテムとして販売されているものは主にスチールやステンレス素材ですが、ABS樹脂で白や黒に塗装されているものもあります。中にはブラウンの木目風のおしゃれなデザインも発売されているので、インテリアにあわせて選んでください。

浴室や洗面所での部屋干しや、屋外兼用で使用したい場合には、錆びにくいステンレス製のものを選ぶのがおすすめです。

【検証】ニトリの強力突っ張り棒で部屋干しすると、どのくらい干せるのか?

ここからは、ニトリの人気商品を使い、取り付け方や実際にどのくらいの量の洗濯物が部屋干しできるのかをレビューしていきます!

※レビューは2021年4月に行いました

ニトリの強力つっぱりポール170~280cmタイプ

■部屋干しに使用した商品

ニトリ 強力つっぱりポール
サイズ:約170cm~280×4×7.2cm(パイプ径約30mm)
耐荷重:約15kg(幅170cm時)~約8kg(幅280cm時)
価格:税込み999円

※こちらの170~280cmタイプは店頭販売のみです

ニトリの強力つっぱりポール170~280cmタイプのパッケージ

ジャッキ式の突っ張り棒で、最長の280cmまで伸ばしても約8kgの耐荷重がある強力タイプ。部屋干しに使えるパワーと1,000円以下という安い価格で、まさに「お値段以上」と評判が良い人気商品です。

今回は、こちらを6畳の部屋に取り付けて、部屋干しに使用します。

PICK UP①
ニトリ 強力つっぱりポール110cm~190cmの画像
  • ニトリ
  • 強力つっぱりポール 110-190SPN 8542073

  • 税込み1,190円(Yahoo!)
  • コスパに優れた強力ポール

  • サイズ:幅190×奥行4×高さ7.2cm
    重量:約860g
    耐荷重:約20kg~15kg
    固定方法:ジャッキ式
    素材:スチール、ABS樹脂

部屋干しはもちろん、クローゼットの整理や収納にも活躍する強力つっぱりポール。こちらはレビューで使用したものより一回り小さいサイズです。

強力つっぱりポールを取り付けてみた

ニトリの強力つっぱりポール170~280cmタイプの取り付け方法

早速、商品パッケージの裏に記載してある取り付け方法を見ながら設置していきます。

つっぱりポールの固定ねじをゆるめている様子

①長さ固定ねじをゆるめ、中のパイプが引き出せるようにする

つっぱりポールのグリップを回してゆるめている様子

②グリップが動くかどうか確認し、スタート線が見えるところまで回す

つっぱりポールの取り付け準備ができた様子

こちらの状態になったら準備OKです。

つっぱりポールを取り付け場所に設置して固定ねじを締めている様子

③設置場所いっぱいになるまでパイプを引き伸ばし、長さ固定ねじを締めて固定する

設置場所=部屋干ししたい場所なので、高い位置であることが多いかと思います。今回も天井近くに取り付けたかったため、正直、重たいポールを支えながら固定ねじを締める作業がけっこう大変でした。

脚立などがあれば女性一人でもできなくはないですが、力に自身が無い方は二人以上で作業することをおすすめします。

つっぱりポールのグリップを締めている様子

④グリップを「つっぱり」の方向に1~3回ほど回して仮固定する

少し回すだけですぐに固定されるので、ポールを支えていた手を放しても大丈夫です。

つっぱりポールを仮固定した様子

⑤取り付け位置やキャップの向きを調整する

この時点ではまだ動かすことができるので、一度離れて見てみて、もしポールが斜めになっていたら調整します。また、両端についているキャップの長い方が下向きになっているかどうかも確認しておきましょう。

ポールが水平じゃなかったり、キャップの向きが下になっていないまま固定してしまうと、部屋干しの時に落ちたりズレたりしてしまう恐れがあります。

つっぱりポールを固定している様子

⑥グリップをチェックラインまで回してしっかりと固定する

調整が済んだら、さらにグリップを回してしっかり固定しましょう。この時、キャップも一緒に回ってしまわないように注意してください。

また、チェックラインと呼ばれる青い線についてはグリップがない側(作業している方と反対側の端)についているため、一人で作業しているとこれが見えないことがあります。

つっぱりポールを固定した後のグリップの様子

今回はチェックラインの方が全く見えなかったので、グリップ側にある「ストップ」と書かれた青の太ラインを目安にしっかりと固定されるまで回しました。

つっぱりポールを設置した壁と天井

⑦取り付け完了!

固定した後に、試しに片手でぐっぐっと押して荷重を与えてみましたが、びくともしない感じでした。確かに、この安定感ならたっぷり部屋干しをしても落ちる心配はなさそうです。

突っ張り棒で部屋干しできた洗濯量

つっぱりポールに部屋干しした洗濯物1

■部屋干しした洗濯物

Tシャツ 2枚
長袖カットソー 1枚
インナーシャツ 2枚
厚手のスウェット 2枚
スウェットワンピース 1枚
薄手の綿パンツ 1枚
フェイスタオル 1枚
バスタオル 1枚

正確な総量は不明ですが、全部でこのぐらいの洗濯量を一度に部屋干しすることができました。

目安として、一般的には1日1人あたりの洗濯量は1.5kg程度だといわれています。つまり強力つっぱりポールの最長耐荷重8kgがどのくらいの洗濯量かというと、1人なら約5日分・家族なら5人家族分程度の洗濯物を部屋干しできる計算ですね。

つっぱりポールに部屋干しした洗濯物2

実は今回も耐荷重的にはまだ余裕がありそうだったのですが、どちらかというと部屋干しスペースの関係でここまでの量になったという感じです。

部屋干しは、特に洗濯物同士の間隔をしっかりあけて干してください。ギチギチに詰めて干すと、乾きにくいうえ嫌な臭いのもとになります。

ちなみに、部屋干しを早く乾かすコツがあります。その方法について以下の記事で紹介しているので、気になる方は参考にしてみてください。

〈編集部PICK UP〉部屋干し用の突っ張り棒、人気メーカーの売れ筋商品

女性顔イラスト(検証コメント用)

Moovoo編集部

数ある部屋干し向きの突っ張り棒の中でもECサイトなどで売れ行き好調な、人気メーカーの商品を紹介します。

【部屋干し向き】突っ張り棒7選

PICK UP②
  • アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
  • 強力伸縮棒 H-NPJ-280

  • 税込み1,257円(Yahoo!)
  • 設置をサポートするアダプター付き

  • 重たい洗濯物をしっかり支えるジャッキ式の突っ張り棒です。

    取り付け位置を仮止めできるアダプターが付属しているので、一人でも簡単に設置できます。

    耐久性に優れたL字型の圧着部を採用。取り付け時の長さによって耐荷重が変わるものの、170cmで約30kgまで対応します。

サイズ:約幅170~280×奥行7×高さ9.5cm
重量:約1.355kg
耐荷重:8~30kg
固定方法:ジャッキ式
素材:塩化ビニル被覆スチール
PICK UP③
  • 平安伸銅工業
  • 突ぱりパワフルポール 大 RTB-110

  • 税込み1,100円(楽天市場)
  • デザイン性と耐久性を両立

  • マットブラックを基調にした落ち着いたデザインで、インテリアになじみます。幅110~190cmの場所に設置可能です。

    バネ内蔵で仮止めできるため、設置しやすいのも魅力。耐久性が高いジャッキ式で、最大45kgまで支えます。

    たくさん洗濯物を干したいファミリーにもおすすめです。

サイズ:幅110〜190×奥行4×高さ7cm
重量:910g
耐荷重:15〜45kg
固定方法:ジャッキ式
素材:鉄・エポキシ樹脂粉体塗装
PICK UP④
  • アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
  • 浴室用ステンレス超強力伸縮棒 YSP-190

  • 税込み2,743円(Amazon)
  • サビやカビに強いステンレス製

  • ステンレスパイプでサビにくい、浴室で洗濯物を干すときに役立つアイテムです。壁に接するキャップには抗菌剤を配合し、カビの発生を抑えます。

    パイプの直径は約2.96cmあり、耐荷重は最大約55kgです。浴室以外の場所にも取り付けられます。

    壁面は十分な強度があり、垂直・平行を保てる場所に設置してください。

サイズ:約幅100~190×奥行10×高さ10cm
重量:約1kg
耐荷重:23~55kg
固定方法:ジャッキ式
素材:ステンレス鋼板、ABS樹脂
PICK UP⑤
  • 平安伸銅工業
  • 突ぱり簡単極太ポール M OGP-110

  • 税込み1,780円(Amazon)
  • 設置しやすくズレにくい二重バネ構造

  • 簡単取り付けとズレ落ちにくさを両立する、二重バネ構造の圧着部を採用。キャップ寸法は、安定感のある7×11cmです。

    設置したい場所にワンタッチで仮止めでき、スムーズに取り付けられます。

    耐久性に優れた直径3.4cmのパイプで、最大65kgの耐荷重も魅力。洗濯物をたっぷり干せます。

サイズ:幅110〜180×奥行7×高さ11cm
重量:1.2kg
耐荷重:25~65kg
固定方法:ジャッキ式
素材:鉄・エポキシ樹脂粉体塗装
PICK UP⑥
  • レック(LEC)
  • 自由自在つっぱり棒 W-383

  • 税込み1,245円(Amazon)
  • 簡単につけはずしできるアイテム

  • 独自の瞬間ストッパーを採用し、ワンタッチでつけはずしが可能。洗濯物の重みが壁を押す力になるため、掛けた分だけつっぱる仕組みです。

    洗濯物を干し終わったらサッと取りはずせるので、廊下や階段入口などのスペースを活用して部屋干しできます。

    雨の日や花粉シーズンにも重宝します。

サイズ:幅65~90×奥行4×高さ6cm
重量:334g
耐荷重:10kg
固定方法:瞬間ストッパー
素材:鋼管・樹脂被膜
PICK UP⑦
  • ‎天馬(Tenma)
  • ポーリッシュ 突っ張り式物干し室内用ロング PS-35

  • 税込み6,687円(Amazon)
  • 物干し竿を引っ掛けて使う2本セット

  • 縦タイプの突っ張り棒2本セットです。凹みのある竿受けがあり、物干し竿をかけたときにグラつきにくく安定感があります。

    竿受けの高さは、洗濯物の大きさや設置場所にあわせて自由に調節可能です。

    竿ホルダー付きのため、物干し竿を収納できて使わないとき邪魔になりません。

サイズ:約幅5×奥行46×高さ201〜300cm
重量:約3.1kg
耐荷重:約20kg
固定方法:ジャッキ式
素材:ステンレス、ステンレス巻きスチール
PICK UP⑧
  • 山善(YAMAZEN)
  • 突っ張りポールハンガーラック ダブル WJ-775R

  • 税込み8,587円(Amazon)
  • 重たい物も干せる実力派

  • レイアウトにあわせて、幅と高さを調節可能です。耐荷重は60kgあるため、布団を干すときにも活躍します。

    ワンタッチ固定装置を搭載し、取り付けも楽々。スプリング圧縮式でぴたっと固定します。

    ゴム製の滑り止めが付いているので、安定感があるのもポイントです。

サイズ:幅91.5~160×奥行10×高さ190~260cm
重量:3.8kg
耐荷重:60kg
固定方法:スプリング圧縮式
素材:スチール(PVCコート)など
※上下左右にスクロールできます

外観

商品名

特長

サイズ

重量

耐荷重

固定方法

素材

楽天市場で見る

ニトリ 強力つっぱりポール 110-190SPN 8542073

コスパに優れた強力ポール

幅190×奥行4×高さ7.2cm

約860g

約20kg~15kg

ジャッキ式

スチール、ABS樹脂

Amazonで見る

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 強力伸縮棒 H-NPJ-280

設置をサポートするアダプター付き

約幅170~280×奥行7×高さ9.5cm

約1.355kg

8~30kg

ジャッキ式

塩化ビニル被覆スチール

Amazonで見る

平安伸銅工業 突ぱりパワフルポール 大 RTB-110

デザイン性と耐久性を両立

幅110〜190×奥行4×高さ7cm

910g

15〜45kg

ジャッキ式

鉄・エポキシ樹脂粉体塗装

Amazonで見る

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 浴室用ステンレス超強力伸縮棒 YSP-190

サビやカビに強いステンレス製

約幅100~190×奥行10×高さ10cm

約1kg

23~55kg

ジャッキ式

ステンレス鋼板、ABS樹脂

Amazonで見る

平安伸銅工業 突ぱり簡単極太ポール M OGP-110

設置しやすくズレにくい二重バネ構造

幅110〜180×奥行7×高さ11cm

1.2kg

25~65kg

ジャッキ式

鉄・エポキシ樹脂粉体塗装

Amazonで見る

レック(LEC) 自由自在つっぱり棒 W-383

簡単につけはずしできるアイテム

幅65~90×奥行4×高さ6cm

334g

10kg

瞬間ストッパー

鋼管・樹脂被膜

Amazonで見る

天馬(Tenma) ポーリッシュ 突っ張り式物干し室内用ロング PS-35

物干し竿を引っ掛けて使う2本セット

約幅5×奥行46×高さ201〜300cm

約3.1kg

約20kg

ジャッキ式

ステンレス、ステンレス巻きスチール

Amazonで見る

山善(YAMAZEN) 突っ張りポールハンガーラック ダブル WJ-775R

重たい物も干せる実力派

幅91.5~160×奥行10×高さ190~260cm

3.8kg

60kg

スプリング圧縮式

スチール(PVCコート)など

人気サイトの売れ筋ランキングはこちら

部屋干しで突っ張り棒を落ちないようにするコツはある?

部屋干しに突っ張り棒を使う時、一番の悩みとして挙げられるのが「落ちる」というもの。前の見出しでは落ちにくいとされる強力タイプをご紹介しましたが、さらに落ちないようにするためのコツをまとめました。

① 正しい方法で設置する

部屋干しの時に落ちないようにするには、まず正しい方法で設置することが一番重要です!

突っ張り式DIYユニットの『ラブリコ』などを扱う平安伸銅工業さんでは、正しい取り付け方を動画で公開しているので参考にしてみてください。

<バネ式の場合>

① パイプを回して長さを伸ばす
② 設置したい箇所より数cm長めにしておく
③ 伸ばした方の端を壁に当て、力を入れて押し縮めながら水平になるように設置する

<ジャッキ式の場合>

① グリップがスタート位置にあることを確認する
② 長さ固定ネジをゆるめ、設置したい箇所にあてる
③ 両端が設置場所ピッタリの長さになるまで伸ばす
④ 長さ固定ネジを穴が開くまでしっかりと締める
⑤ グリップを1~3周回して仮固定する
⑥ 両端のキャップの長い方が下向きになっていることを確認する
⑦ さらにグリップを回してしっかりとつっぱるように設置する

② 耐荷重を守って洗濯物をバランスよくかける

正しい方法で取り付けた後は、正しく使うことも大切です。前述したように、横タイプの耐荷重は伸縮させた長さによって変わるので、それに応じた耐荷重を守るようにしてください。

また、部屋干しする際は洗濯物をバランスよくかけるのも落ちにくくするポイントです。

耐荷重以内の重さであっても、片側に重さが集中してしまうとそこに負荷がかかって突っ張り棒がズレてきてしまう可能性があります。

特にスウェットやデニムなどは水を含むとかなり重たくなるので要注意!部屋干しの際にできるだけ早く乾かすためにも、軽くて乾きやすいもの重くて乾きにくいものを交互にバランスよくかけるのがおすすめです。

【番外編】突っ張り棒の関連グッズ

①や②の方法を試しても、どうしても落ちてきてしまう時には、専用のグッズを使用するのも手です。

PICK UP⑨
  • 小久保工業所
  • つっぱり補助板 強力粘着 2組入 KM-336

  • 税込み552円(Amazon)
  • 強力粘着で突っ張り棒を固定

  • 突っ張り棒と壁の接地面に貼り付けて、落下やズレを防ぎます。

    凸凹のある壁には使用できないため、プリント合板や模様がないタイルのような平たい場所に向いています。

    取り付けるときに便利な位置あわせライン付きです。直径20mm以下の突っ張り棒とあわせて使いましょう。

サイズ:約3×3×0.7cm
重量:2g
素材:ABS樹脂、アクリルフォーム
取り付け方法:貼り付け
対応直径:20mm以下
PICK UP⑩
  • 若井産業(Wakaisangyo)
  • つっぱり棒強化隊 斜めホルダー

  • 税込み1,080円(Amazon)
  • 斜めに突っ張り棒を設置

  • コーナースペースに突っ張り棒を設置したいときに役立つお助けグッズです。部屋の角のデッドスペースを活用できます。

    直径20~30mmの突っ張り棒に対応。突っ張り棒の角度は、設置場所にあわせて35~55度に設定可能です。

    ピンを壁に挿せばいいので、簡単に取り付けられるのもポイントです。

サイズ:3×1.5×3cm
重量:40g
素材:ABS樹脂、ポリスチレン、ステンレス
取り付け方法:ピン
対応直径:20~30mm

こちらの記事もどうぞ

ライター/Webデザイナー
黒岩 ヨシコ
インテリアショップ&カフェバー店員経験を活かした多ジャンルライター。兼、フリーランスWebデザイナー。インテリア・食べ物・植物には凝り性。たくさんの動物と共に育った千葉の田舎民です。

  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    XでMoovooをフォロー!