【プロ監修】圧力鍋おすすめ17選!初心者でも使える人気メーカー品を厳選

Moovoo編集部, さいとうあきこ
2021-11-02

圧力鍋は高温で調理ができるので、煮込み料理などを作る時間が短縮できます。そのほかに、ご飯を炊くことやスープを作ることにも使えて便利な調理器具ですが、使いこなすのが難しいイメージがありませんか?

この記事では、圧力鍋研究家として活躍する、さいとうあきこさんに監修していただき、圧力鍋について解説し、それぞれの料理にあった使い方や、簡単に使えるおすすめの商品も紹介します。


圧力鍋研究家
さいとうあきこ
圧力なべ協議会公認・圧力鍋研究家。圧力鍋の便利さ、楽しさ、正しい使い方を教える圧力鍋のお料理教室「うちごはんラボ(東京都目黒区)」を主宰。オンライン(動画)講座もあり、全国から受講生が集まっている。NHK「あさイチ」、NTV「所さんの目がテン!」、雑誌「通販生活」「CLIM」「レシピブログmagazine」など、メディアからの取材も多数。

圧力鍋とは?

コンロに置かれた圧力鍋

Photo by iStock

圧力鍋は鍋の本体とフタを密閉状態にして加熱し、水蒸気による圧力をかけることで鍋の中が100度を超える高温、高圧状態になり、調理時間を短縮できる仕組みです。

調理時間は圧力鍋の種類によって違いますが、通常の鍋での調理時間を1/2~1/4程度にまで短縮可能です。短時間でお肉は柔らかくホロホロに、お魚は骨まで丸ごと食べられるほど柔らかくなります。調理時間の短縮で、ガスや電気といった光熱費も大幅カット。時短とあわせて省エネ効果も期待できます。

圧力鍋の種類と選び方を紹介

圧力鍋の写真

便利な圧力鍋も購入時に選び方を誤ると、作りたい料理に合わないことや、家族が食べたい量を作れないといったことも。どのようなところを見て選んだらよいのか解説します。

選び方①|初心者はおもり式、こだわり派はスプリング式

圧力鍋は圧力調節の方式によって、おもり式とスプリング式に大きく分かれます。

加圧がわかりやすい「おもり式」

おもり式圧力鍋は、蒸気口におもりを乗せて加圧するタイプです。圧力がかかると蒸気でおもりが揺れて「シュー」や「シュ、シュ」と音が鳴るため、加圧されたことがわかりやすく、調理工程を把握するのに便利。特に圧力鍋を使ったことのない初心者の方におすすめです。

高圧・低圧用のおもりが付属している商品なら、圧力の切り替えができます。

さいとうあきこ

さいとうさんのアドバイス

圧力調整おもりは、乗せて振り子のように揺れるものと、蒸気の吹き出しを制限するタイプがあります。

振り子タイプのものは、おもりが揺れるときに「シュ、シュ」という音が鳴り、蒸気が吹き出すタイプは、圧力がかかると「シュー」と細く蒸気を吹き出します。火力調整をすれば大量の蒸気は発生せず、おもりはかすかに揺れる、もしくはおもりからかすかに蒸気が出る程度です。

どちらのタイプも、圧力がかかる(蒸気の音が出る)と、圧力が下がらない程度まで弱火にするので、大きな音が出るわけではありません。

切り替えができる「スプリング式」

スプリング式圧力鍋は、蒸気口にスプリングのピンが入っているタイプです。バルブを動かして切替するものと、スプリングの状態を目視して、圧力を判断するものがあります。固い食材を柔らかくしたいときには高圧、煮崩れしやすい食材には低圧と微調整できた方が良いという方におすすめです。また、蒸気や音が出にくい、静かな設計です。

デメリットは、フタの蒸気口に付いている圧力表示ピンの位置を見て加圧の状態を確認しなければいけないこと。圧力がかかったら圧力表示ピンが上りはじめ、調理に適した圧力レベルに達したらすぐに火力を弱める必要があるため、加圧調理中は目を離さないように注意しましょう。

また、スプリング式でもタイマー機能が付いているものだと、ロックピンが上がって火加減を変えるときに電子音で知らせてくれます。ずっと見ている必要がなく、おもり式のように使いやすくて便利です。

さいとうあきこ

さいとうさんのおすすめポイント

スプリング式の特徴は、一番に音が静かであること。次に、加圧後はごく弱火にできるので省エネであることです。

また、圧力調理のスタートと、加圧時間終了を音で教えてくれるタイマーがついている製品は、初心者にはわかりにくい「圧力がかかったタイミング」を音で教えてくれるので、とてもわかりやすいです。ただ、タイマーには電池が入っているため、製品を洗う時には取り外すなど注意が必要です。

電気圧力鍋ならほったらかし調理ができる

火力の調節が難しいと感じる方には電気圧力鍋という選択肢もあります。調理したい材料を入れてスイッチ一つで調理から保温までおまかせ。

コンロを使わず、火加減などを気にしなくてよいほったらかし調理ができるので、ほかの料理に時間を割くことはもちろん、キッチンを離れても大丈夫なのがポイントです。

選び方②|時短か保温か、鍋の素材で選ぶ

材料が入った圧力鍋

続いて圧力鍋によく使われる、3種類の素材の特長を紹介します。

時短料理には「アルミ製」

アルミは熱伝導性に優れ、加圧するまでの時間が短いのが特徴です。また、軽量のものが多く、収納・取り出しが楽で扱いやすい点が魅力。時短料理をメインに毎日使いたい方におすすめです。

アルミ製はIHクッキングヒーターで使えないと思われがちですが、IHに対応した圧力鍋もあります。

保温効果が高い「ステンレス製」

ステンレスはアルミより熱伝導性は低いのですが、冷めにくく保温性に優れているのが特徴です。

デメリットは、加圧開始までの時間が少々かかることや重いことがあげられます。

さいとうあきこ

さいとうさんのおすすめポイント

ステンレスのメリットは保温効果が高いので、余熱時間(火を止めた後、圧力が下がるまでの時間)が長いことです。酸に強いのもポイントです。

バランスタイプの「多層構造」

ステンレスとアルミを組み合わせた多重構造の圧力鍋は、熱伝導性と保温性の両方に優れています。

素材は、使う頻度や普段どのような料理に使いたいかを踏まえて選んでみてください。また、IHクッキングヒーターをお使いの家庭では、IH対応のものを選ぶようにしましょう。

さいとうあきこ

さいとうさんのおすすめポイント

鍋本体はステンレス1層で、底面のみ熱の広がりを考慮して3層になっているものが多いようです。
全面多層タイプの鍋は、熱伝導と保温性の両方を兼ね備えています。

選び方③|大きさは一人暮らしなら2.5L、ファミリーなら4L前後

さらに盛られたクリームシチュー

Photo by iStock

圧力鍋の容量を選ぶには、人数のほか、自分や家族が普段食べる量も考慮して選んでください。

一人暮らしの場合は2.5Lほどの大きさで十分ですが、数日分の料理をいっぺんに作り置きをするなら3L以上のものが便利です。2~4人家族なら3~5.5L程度が目安となります。

ただし、実際に調理できる量は、鍋の深さの2/3まで、豆類は1/3以下となっているため注意しましょう。

さいとうあきこ

さいとうさんのアドバイス

大きめの鍋を選んでしまった結果、持て余している方が多いようです。圧力鍋に関しては、大は小を兼ねません。4人家族までなら、3〜4L前後のものが日々の料理に使いやすいです。

カレーの量で表すと、2.5L→3皿分、3L→5皿分、5.5L→10皿分が目安です。

圧力鍋で、一度にたくさん作りたいご家庭なら、大き目サイズを。その日に食べ切れる分をこまめに作りたいご家庭なら、小回りのきく小さめサイズがおすすめです。ただし、作る分量が多くなればなるほど、調理全体にかかる時間が長くなるので注意が必要です。

選び方④|圧力値が高いほど短時間で中まで柔らかく

料理の仕上がりや加圧時間にこだわるなら、圧力値にも注目しましょう。圧力鍋は商品によって圧力値が異なるものの、日本では製品の安全性を認証するSG基準で、家庭用圧力鍋の使用最高圧力が150kPa以下と決められています。

商品によっては2.44気圧のように気圧単位で表記されているものも。どちらの表記でも
数値が高いほど高圧力です。圧力が高ければ高いほど鍋内の温度も高温になります。

火の通りが早い野菜の調理には低圧力、豚の角煮やいわしの煮つけなどの調理には高圧力での調理が向いているため、料理や素材で圧力値を使い分けられると便利です。
日本で販売されている圧力鍋には「PSCマーク」を、さらに電気圧力鍋には「PSEマーク」を付けるよう義務付けられています。

また、一般財団法人製品安全協会の安全基準に適合していることを示す「SGマーク」が付いている製品もあるため、選ぶ際に確認してください。有効期限内であれば、製品の欠陥による事故が起きたときに賠償する制度が含まれています。

さいとうあきこ

さいとうさんのアドバイス

世界と比べてみると、日本の基準が圧力値としては一番高く、現在販売されている最高値は2.44気圧の製品です。

圧力の切り替えができる製品の場合は、料理に合わせて圧力値を選ぶことができます。

監修者 さいとう あきこさんが選ぶ、おすすめの圧力鍋3選

さいとうさんのおすすめ①
  • アサヒ軽金属工業
  • ゼロ活力なべM

  • 税込み27,800円
さいとうあきこ

さいとうさんのおすすめポイント

日々の料理に使いやすいサイズで、炊飯からおかずづくり、プリンなどのスイーツを作るのにも重宝します。浅型なので、プリンカップなども並べやすく、出し入れしやすいのがいいですね。

また、圧力値が非常に高いので(世界最高レベル146kPa)驚くほど時短調理ができる上、魚は骨を感じないくらい柔らかく、塊肉も短時間で余分な脂を落としつつ柔らかく調理できます。玄米はもっちりした食感に炊き上がります。

圧力調整おもりが赤(高圧)と白(低圧)の2つあり、料理に合わせてつけるおもりを変えて圧力調整ができます。本体30年保証で、長く使えます。
さいとうさんのおすすめ②
  • ワンダーシェフ
  • 魔法のクイック料理

  • 税込み10,226円
さいとうあきこ

さいとうさんのおすすめポイント

圧力鍋の専門メーカー、ワンダーシェフの人気シリーズ「魔法のクイック料理」がリニューアルして、超高圧(140kPa)と高圧(80kPa)の圧力切り替えが可能になりました(旧製品は140kPaのみ)。

しかも、調圧おもりを回すだけで切り替えができるので、簡単です。圧力切り替えにより、作りたい料理に合わせて、圧力を選べます。付属のレシピ集が充実していて、それぞれのレシピに「超高圧」「高圧」両方の加圧時間が記載されているのでとてもわかりやすいです。
さいとうさんのおすすめ③
  • フィスラー
  • ビタビットプレミアム

  • 税込み52,800円
さいとうあきこ

さいとうさんのおすすめポイント

ドイツの有名ブランド、フィスラーの圧力鍋は、少しお値段は高いのですが、持っていることを自慢したくなるような一台です。

ふたの開閉や圧力の切替方法、圧力状態の見え方など、使いやすいシンプルなデザインです。スプリング式の圧力鍋なので、圧力調理時の音がとっても静か。圧力鍋の蒸気音が気になる方におすすめです。

圧力切り替えはダイヤルを回してセットするだけ、あとは3色に別れた圧力表示を見ながら、火力を調整してください。圧力調理だけでなくダイヤルを「スチーム」に合わせれば、圧力をかけない蒸し料理も手軽に楽しめます。本体10年保証付きで安心です。

編集部おすすめ人気の圧力鍋8選

ここからは編集部が選んだ初心者の方におすすめの圧力鍋を紹介します。安全性に優れたものや、評価が高い人気メーカーの商品をラインアップしました。購入を検討している方は参考にしてください。

圧力鍋おすすめ①
  • グループセブ ジャパン ティファール(T-fal)
  • クリプソ ミニット デュオ P4704231

  • 税込み12,027円
  • 圧力鍋と普通の鍋モードを簡単切替!使い方が広がる2in1

  • 2つの調理モードを搭載した圧力鍋です。ガス・IHといったすべての熱源に対応した商品。セレクターで簡単に鍋モードへ切り替えられます。

普通の鍋としても圧力鍋としても使えて、調理時間を最大1/3にまで短縮できます。熱伝導に優れたアルミ製で扱いやすく、時短調理に最適です。

リニューアルされて、底面のステンレスディスクの幅が30%広くなり、熱伝導がさらによくなりました。独自のチタンコーティングを施しているため、炒め物やとろみのある料理でもこびりつきません。正確にセッティングできていない場合や加圧中にはフタが開かない、安全ロックピンを搭載しています。

フタは取っ手が付いていて、片手でハンドルを上げ下げするだけの簡単開閉です。構造もシンプルなので洗いやすく、面倒な部品の取り外しはありません。圧力鍋に対して重たい・フタがはめにくいというイメージを持っている方におすすめ。レシピブック付きで、初心者でも挑戦しやすい、18レシピを掲載しています。

圧力鍋おすすめ②
  • パール金属
  • クイックエコ3層底切り替え式圧力鍋 H-5040

  • 税込み3,900円
  • 便利なIH対応!手間がかかる料理にぴったりの圧力鍋

  • ガス火やIH、シーズヒーターといったすべての熱源に対応。アルミをステンレス鋼で挟んだ3層式で、こげつきにくく保温性に優れています。

低圧・高圧の2段階切り替え式で、食材や調理に合わせて使用できます。低圧は60kPaで、魚や野菜のような煮崩れしやすい食材に最適です。高圧は100kPaと、ブロック肉といった火の通りづらい調理もお手のもの。主要なレシピはなんでも作れ、仕事や育児で忙しいときの時短料理におすすめです。

本体重量は約2kgと軽く、高さ20cmのすぐに取り出せるコンパクトサイズ。スライド式のフタを採用し、軽量なので簡単に開閉できます。慣れない圧力鍋での調理に心強いレシピブック付きです。容量3.5Lで、一人暮らしの方から家族まで幅広く活用できます。

圧力鍋おすすめ③
  • パール金属
  • ステンレス製圧力切替式片手圧力鍋 H-5434

  • 税込み3,855円
  • 保温性に優れたステンレス鋼採用!取っ手付きで簡単操作

  • ステンレス鋼の単層式で、軽さを追求した使い勝手抜群の圧力鍋です。2.5Lサイズだと、わずか1.74kg。料理したいときにすぐ取り出せる手軽さで、毎日の食卓をサポートします。

100kPaの高圧なら、豚の角煮といった時間がかかる料理も素早くできあがります。魚や野菜のような煮崩れしやすい食材は、60kPaの低圧に切替可能です。圧力鍋を使えば、普通のお鍋で調理するより時短になり、光熱費の節約にもつながります。ガス・電気代がかさみがちな煮込み料理も、時短でおいしく作れて経済的です。

圧力調理はもちろん、炊飯もできて米が約4合炊けるサイズです。ガス火に加えすべての熱源に対応し、IHも使用できる優れもの。2.5L・3.5L・4.5L・5.5Lの豊富なバリエーションから、用途に合わせて最適なサイズを選べます。圧力切り替えができてこの金額は魅力的です。

圧力鍋おすすめ④
  • アイリスオーヤマ
  • 圧力鍋 KAR

  • 税込み4,379円
  • スライド式で開閉簡単!初心者にも安心なセーフティ機能付き

  • 圧力が下がらないとフタが開かないといった、3つのセーフティー機能を搭載。開閉ボタンを押してスライドするだけで、簡単にフタの取り外しができます。

持ち手の反対側にハンドルが付いていて、料理がたくさん入った重たい鍋も両手で運びやすいデザインです。鍋の底は、保温性に優れたステンレスでアルミを包みこんだ3層構造。早く圧力がかかるのはもちろん、余熱を使って効率よく調理できます。手頃な価格で使い勝手もよいため、とりあえず圧力鍋を使ってみたいという方におすすめ。

圧力切替は、持ち手レバーを回すだけの簡単操作です。料理に合わせて低圧・高圧を切り替えられ、素材の旨みを閉じ込められます。ガス火のほかIHにも対応する、便利な圧力鍋です。

圧力鍋おすすめ⑤
  • グループセブ ジャパン ティファール(T-fal)
  • クリプソ ミニット パーフェクト

  • 税込み16,036円
  • 調理時間を最大1/3まで短縮!早くておいしいエコな圧力鍋

  • 素材の栄養や旨みを充分に活かしながら、最大約1/3まで調理時間を短縮し光熱費の節約にも。家計に役立つ商品です。

従来品より30%の軽量化を実現し、4.5Lタイプでは2.25kgの重さです。フタに取っ手が付いているので、片手で簡単に開閉OK。軽くて扱いやすい圧力鍋を探している方におすすめです。2~4人用の4.5Lと4~6人用の6Lから最適なサイズを選べます。鍋底はアルミとステンレスを採用し、熱伝導率と保温性に優れた機能をもつ圧力鍋です。

タイマー機能が付いていて、ピンが上がり蒸気が出始めると音が鳴ります。その時点からカウントダウンが始まり、完了すると再び音が鳴る仕組みです。キッチンタイマーが不要で、待っている間もほかの作業がはかどります。毎日使いたくなる持ち運びやすさと洗いやすさも魅力です。

ティファール クリプソ ミニット パーフェクトの写真

口コミに投稿いただいた写真

<Moovooに寄せられた口コミ>

初めての圧力鍋だったので使いこなせるか、しばらくしたらしまい込んでしまうのではないかと心配でしたが、簡単な仕組みでとても使いやすく今では週に1度は調理で使用しています。ドイツの硬くて食べにくい牛肉や豚肉も15分ほどの圧力時間であっという間に柔らかくなるので時短になり本当に重宝しています。

約4年使用していますが、タイマーなどを外し本体は食洗機で洗っていますが一度も故障もなく使えています。サイズが深くて大きすぎるかな?と思いましたが、結果このサイズで5人家族でちょうど良かったです。

(30代女性 ドイツ在住 hmb1984さん)
圧力鍋おすすめ⑥
  • パール金属
  • 軽量単層NEO 片手圧力鍋 HB-1734

  • 税込み4,112円
  • ステンレス鋼で保温性抜群!80kPaの高速時短調理

  • 長時間保温できるステンレス鋼採用。80kPaの圧力で、時間がかかるような料理も素早くできあがります。

3.0Lタイプだと重量1.7kgと、すぐに取り出せる軽さ。米が約4合炊けて、一人暮らしや少人数の調理に向いています。同シリーズで7合炊き4.5Lのタイプもあるので、用途に合わせて最適なサイズを選びましょう。豚の角煮やサンマの梅煮といった、圧力鍋ならではのレシピブック付きです。

余分な蒸気を排出して、鍋内の圧力を一定に保つ調整おもりを採用。圧力がかかっている間はロックピンが上がり、初心者でも把握しやすい仕様です。すべての熱源に対応し、IHクッキングヒーターでも使えます。

圧力鍋おすすめ⑦
  • パール金属
  • プレミアムクイックエコ 3層底切り替え式圧力鍋 HB-3294

  • 税込み4,980円
  • 2段階圧力切替式!ひと目でわかる表示おもり採用

  • 調理する食材に合わせて、高圧100kPa・低圧60kPaの2段階に切り替えられます。大型のおもりにラインが表示され、内部の圧力有無を確認できるため便利です。

3層構造の鍋底は、熱伝導のよいアルミを保温性に優れたステンレス鋼で挟んでいます。こげつきにくく、使用後の手入れも簡単です。圧力鍋=高価なイメージをくつがえし、手頃な値段で初心者や2台目に向いています。

ガス火はもちろん、200VのIHやハロゲンヒーターといったすべての熱源に対応。アパートやマンション暮らしでも、使う場所を選びません。容量は3.5Lで、米が約5合炊ける最適なサイズです。

圧力鍋おすすめ⑧
  • ワンダーシェフ
  • プロミドル NMDA

  • 税込み19,381円
  • プロ仕様の両手圧力鍋!全面三層構造で時短調理

  • 8Lと10Lの2タイプがあり、どちらも業務用のミドルサイズです。大容量なのに、8Lでも重量わずか3.19kg。アルミをステンレスで挟み、熱伝導に優れています。

三層構造で厚底なため、より早く熱を均一化して、こげつきを防止します。収納時も取っ手が邪魔にならない、両手タイプの圧力鍋です。ECサイトの口コミでは、「軽くて使いやすい」「短時間でお肉がトロトロになる」と高評価を集めています。

200VのIHクッキングヒーターに対応していて、ガス火が使えない老人ホームの厨房でも使用可能です。大豆の最大煮量は約5.5カップ(約800g)で、炊飯量は約1升!業務用として使うのはもちろん、限られた時間で行う調理にもおすすめです。調理時間は約1/3まで短縮でき、光熱費は約1/4になります。

編集部おすすめ人気の電気圧力鍋6選

電気圧力鍋おすすめ①
  • アイリスオーヤマ
  • 電気圧力鍋 KPC-MA2

  • 税込み12,490円
  • 30~100℃の温度調整!卓上でも使える便利な2Wayタイプ

  • ヨーグルトのような発酵食品やローストビーフといった低温調理まで、幅広く対応します。鍋モードにしてフタを取り外せば、卓上で鍋料理やチーズフォンデュを楽しむことも可能です。

操作しやすいので、時短調理に最適です。本体のフルドット液晶から表示されるQRコードを読み取れば、スマホやタブレットで簡単にレシピの確認も。料理初心者でも扱いやすい、おもり式の圧力鍋です。ECサイトの口コミでは、加圧のときシューッという音が静かでよいと好評を得ています。

同シリーズPC-MAのハイスペックモデルで、2.2Lで自動メニュー65種のKPC-MA2と、4.0Lで自動メニュー80種のKPC-MA4があります。調理する容量や家族の人数に合わせて、最適なサイズを選びましょう。圧力鍋に調理を任せているあいだ、子供のお世話をしたり自分の好きなことをしたり、時間を有効活用できます。

電気圧力鍋 KPC-MA2の写真

口コミに投稿いただいた写真

<Moovooに寄せられた口コミ>

軽いので女性でも一人で持つことができます。圧力鍋が調理をしている間の隙間時間に、他のことをして時間を有効活用することができ便利です。容量に合わせてサイズを選ぶことも可能です。

私が購入した時にはレシピブックが付いていました。レシピブックは様々な料理のレシピが掲載されており、レパートリーに困りません。

煮込み料理や蒸し料理、お菓子まで幅広い料理を作ることができます。時短で本格的な料理を作りたいという方に是非おすすめしたい商品です。

(20代女性 兵庫県在住 チョコさん)
電気圧力鍋おすすめ②
  • オークローンマーケティング
  • クッキングプロ 電気圧力鍋 CKP-AM03

  • 税込み16,170円
  • スロー調理もできる!煮込み料理をさらにおいしく

  • 圧力調理のほか、炊飯や無水調理など計8通りの調理機能を搭載。時間をかけて加熱するスロー調理機能は、パサつきやすいお肉をしっとり仕上げます。

炊飯は約6分、おでんは約15分の加圧で完成します。食事時間に合わせて調理が完了するタイマー機能も搭載。ボタンを押せば、ほったらかしでほかの用事を済ませることができ、時短家事の心強い味方です。

本体容量は3.2Lで、一人暮らしの作り置きや、夫婦でご飯を楽しむのにちょうどいいサイズです。100品以上掲載された付属レシピ本を見れば、レパートリーも広がります。計量カップやしゃもじ、つゆ受けと圧力鍋調理にあったらうれしいアイテムもセットに。届いたその日からスムーズに使用できます。

電気圧力鍋おすすめ③
  • アイリスオーヤマ
  • 電気圧力鍋 KPC-EMA3

  • 税込み9,980円
  • 予約調理対応!いつでも出来たての料理を食卓に

  • 予約・保温は12時間まで対応可能です。食材を入れてボタンを押すだけで、好きな時間に出来立ての料理が食べられます。調理にかかる時間を大幅に短縮できる、電気圧力鍋です。

カレー・豚の角煮・ケーキといった12種類の自動メニューを搭載しています。ボタンひとつで簡単に作れるので、料理の幅を広げたい方におすすめです。30~100℃の範囲から、5℃単位で温度調整が可能な圧力鍋。ローストビーフや鶏ハムといった、低温調理もおいしくできます

調理容量は約2Lで、ご飯なら3合炊ける使いやすいサイズです。家族で食べる時間がバラバラでも、保温機能が付いているため炊き立ての状態をキープできます。圧力調理はもちろん、無水・発酵といった6つの機能を一台でこなす優れものです。

電気圧力鍋おすすめ④
  • グループセブ ジャパン ティファール(T-fal)
  • クックフォーミー エクスプレス CY8511JP

  • 税込み25,980円
  • 150レシピ内蔵!おまかせ調理で素早く完成

  • 本体に150のレシピが内蔵され、料理本がなくても腕が上がります。加圧時間が15分以内の時短レシピを含む多彩なメニューから選べ、ナビ通りに材料を入れたら、ボタンを押して待つだけで完成です。

クックフォーミーのレシピは、ガッツリ系からおしゃれな洋風料理まで豊富なメニューがそろいます。電気圧力鍋でありながら炒めることもできるのがうれしいポイント。ほかにも煮込む・蒸すといった工程を一台でこなします。料理時間の手間を省きたい方に最適です。

普通の鍋と比べて、最大1/3まで時間短縮が可能です。ご飯は10合まで炊ける、大容量の6Lサイズ。お料理は、電気圧力鍋に任せておけば出来上がるので、その間にもう一品作ったり、片付けやテーブルの準備などに充てられます。

電気圧力鍋おすすめ⑤
  • パナソニック
  • 電気圧力鍋 SR-MP300

  • 税込み22,400円
  • 予約調理&保温機能付き!キッチンになじむコンパクトサイズ

  • カレーや肉じゃがといった自動調理メニューの一部は3〜12時間後の予約ができて、いつでも温かい料理を楽しめます。保温は24時間を超えると自動的に切れる仕様です。約30cm四方サイズのため、置き場所には困りません。

3.0Lサイズで、カレーなら4〜5人分作れる容量です。鍋の内面はフッ素加工が施されてこげつきにくく、使用後の手入れも簡単。おかずを1品足したいときに、調理負担がぐんと減ります。付属のレシピブックは、豚の角煮からデザートのプリンまで豊富な品ぞろえです。ECサイトの口コミでは、「サンマが骨まで柔らかなくなった」「パワーがすごい」といった高評価が目立ちます。

白菜と豚バラのミルフィーユ豆乳煮込みのようなレシピも、素材本来の旨みを引き出す無水調理が可能です。さらに7つある自動調理メニューのなかに、シーフードトマトスープやミネストローネといったヘルシースープコースを採用。食材の栄養を逃さずに、食材のうまみが詰まったスープ料理が作れます。

パナソニック 電気圧力鍋 SR-MP300の写真

口コミに投稿いただいた写真

<Moovooに寄せられた口コミ>

何を作っても美味しいです。鳥の手羽元、スペアリブなど、普通の鍋で煮込むと硬くなりがちなものも、しっかり柔らかく美味しく仕上がります。材料を切って、調味料と一緒に電気圧力鍋に入れるだけで、ものすごく美味しいものが出来上がります。

火を使わないので、材料を入れてボタンを押したあとは自由に過ごせるというのもメリットですね。レシピbookも付随していて、煮物だけでなくプリンなど、幅広い調理ができることがわかります。上蓋のパッキンに匂いがつきやすいように感じますが、許容範囲内です。
電気圧力鍋おすすめ⑥
  • コレールブランズ(Corelle Brands)
  • インスタントポット DUO Mini

  • 税込み11,005円
  • 一台で7役のマルチクッカー!低・中・高の3段階温度調節

  • 圧力調理・煮込む・炒めるといった7つの調理法を一台でこなします。お肉に焼き目をつけたり、仕上げに煮詰めたりできる優れもの。直火料理に負けない出来栄えです。

焼き&炒め調理ができるので、飴色玉ねぎで味に深みを出したい・旨みを閉じ込めたい、という方におすすめの電気圧力鍋です。ほかの鍋を出す必要がなく、一台で調理が完結します。

7つある調理法のほか、ディスプレイに10種の自動調理プログラムを搭載。調理方法を記憶するメモリー機能も内蔵しているため、よく食卓に上がる家族の好きなメニューも楽々作れます。30cm四方に収まるサイズで容量は約2.8Lです。圧力は3段階から選べて、時短調理ができます。普通に作ると時間のかかるような料理を素早く作りたい方はもちろん、煮込み料理から蒸し料理、ヨーグルトまでマルチに活躍する一台を探している方におすすめです。

人気サイトの売れ筋ランキングはこちら

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングの人気売れ筋ランキングはこちらからご覧ください。

圧力鍋で作れる簡単レシピを紹介

カレーの写真

圧力鍋で作る代表的なレシピをご紹介します。

圧力鍋にはこの量を超えて具材や水を入れないで、という最大調理量が決まっています。豆類や麺類は容量の1/3以下、普通の料理も2/3以下で調理しましょう。

※使用する圧力鍋によって加圧時間は異なります。メーカーの説明書に従って加圧時間を調節してください。安全のため、分量も圧力鍋の調理可能な容量にあわせてください。

約半分の時間でおいしい「ごはん」

圧力鍋はごはんを炊くのに便利です。蒸らしの工程を入れても炊飯器の早炊き機能よりも早く、約半分の時間で炊くことができます。

【材料(3合分)】
・白米3合
・水540cc
【手順】
① 白米を水で洗い圧力鍋に入れる(無洗米の場合は不要)
② 水を入れて30分間浸す
③ 加圧する(高圧・低圧はそれぞれ試して、お好みの炊き加減に調整しましょう)
④ 10分蒸らして完成
さいとうあきこ

さいとうさんのアドバイス

圧力が下がったことを確認してからフタを開けましょう。残圧があれば、残圧を抜いてからフタを開けます。

フタを開けた後は全体をほぐして余分な蒸気をのがしてください。

時短で「カレー」ができる

煮込みの定番料理といえばカレーですね。普通に作ると約1時間かかりますが、圧力鍋を使えば約30分で調理できます。

【材料(4~5人分)】
・市販のカレールー
・牛肉・豚肉・鶏肉などお好みの肉類300g(一口大に切る)
・人参・じゃがいもなどお好みの野菜(一口大に切る)
・サラダ油大さじ2
・水 1〜2カップ
【手順】
① 圧力鍋にサラダ油入れて熱し、お肉を炒める
② お肉の色が変わってきたら野菜を加え、全体に油がまわったら水を加えて加圧する
③ 加圧終了の合図で火を止め圧が抜けるのを待つ
④ ルーを入れて溶かして完成
さいとうあきこ

さいとうさんのおすすめポイント

素材から水分が出ることもあり、水を少なくすることで調理にかかる時間(特に余熱時間)を短縮できます。

また、圧力調理は水分の蒸発が少ないため、ルーの箱に記載の分量の水を入れると、シャバシャバになります。少なめの水分で加圧調理して、足りない分はルーを入れる時に加えるのがおすすめです。

約10分で出汁の味もしっかり!「おでん」

寒い時期の定番料理といえばおでんです。大根やじゃがいもは数時間煮込まないと、出汁が染み込みません。圧力鍋なら煮込みの工程が約10分と、大幅に短縮されます。

【材料(4人分)】
・大根 2/1本(3cmの輪切り)
・こんにゃく、牛すじ、タコ、ゆで卵など好みの具材
・おでんのだし汁1,200ml
さいとうあきこ

さいとうさんのアドバイス

さつまあげやちくわなどの練り物、餅巾着は、加圧すると熱で膨張し、蒸気の通り道をふさいでしまう危険性があります。加圧調理後に入れて温める程度にしましょう。
【手順】
① 圧力鍋にだし汁と練り物以外の具材を入れる
② 加圧して、加圧終了後火をとめ、自然に圧力が抜けるのを待ち、練り物や餅巾着を加えて温めたら完成。
そのほかの料理も基本的には具材や水を入れて、加圧して蒸らせば完成します。メーカーの製品ページではさまざまなレシピが紹介されているので、ぜひチェックしてみてください。

その他の料理も、基本的には具材や水を入れて、加圧して蒸らすという手順で完成します。メーカーの製品ページでは、様々なレシピが紹介されているので是非チェックしてみてください。

料理のレパートリーが広がる圧力鍋

豚の角煮

おすすめの圧力鍋を紹介しました。圧力鍋は毎日の料理から本格的な料理までを手早く作れる、便利なキッチンアイテムです。材料を入れて、加圧して、蒸らす、簡単な手順で普段なら火加減がむずかしく時間のかかる煮込み料理などが作れます。自分に合った圧力鍋を手に入れて、今まで時間がなくてできなかった料理にチャレンジしてみるのはいかがでしょうか。

※価格はいずれも2021年1月時点のものです。

HOME

>

フード

>

【プロ監修】圧力鍋おすすめ17選!初心者でも使える人気メーカー品を厳選


  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!