Photo by iStock

〈2022年〉スピンバイク、おすすめ人気10選 使い方に合った選び方も

Moovoo編集部
2022-09-27

スピンバイクは、大きな負荷で高い消費カロリーが期待できる自転車型トレーニングマシン。フィットネスアプリzwift対応のエアロバイクならバーチャルサイクリングも楽しめます。スピンバイクの選び方とハイガーやアルインコ・fitboxなど人気メーカーのおすすめ商品を紹介します。


おすすめ・人気商品をまずは一覧で

※上下左右にスクロールできます

外観

商品名

特長

サイズ

本体重量

負荷調整

ホイール重量

耐荷重

適応身長

Amazonで見る

大広(DAIKOU) DK-SP726 家庭用スピンバイク

ベルト駆動の静かな乗り心地

幅52×奥行120×高さ113cm

37kg

無段階

13kg

100kg

150~180cm

楽天市場で見る

ハイガー産業 HAIGE 小型スピンバイク HG-YX-5006

初心者も使いやすいコンパクト設計

幅50×奥行80×高さ99~110cm

26kg

無段階

8kg

100kg

155~180cm

Amazonで見る

アルインコ(ALINCO) スピンバイク1518 BK1518

大きな負荷で長時間の運動ができる

幅53×奥行123×高さ121cm

約34kg

無段階

約13kg

120kg

150~180cm

Amazonで見る

ダイヤコジャパン DYACO スピンバイク SB702-3260

プロ仕様の準業務用マシン

幅78.5×奥行162×高さ119.5cm

64kg

無段階

22kg

136kg

155cm以上

Amazonで見る

ハイガー産業 HAIGA 静音スピンバイク HG-YX-5006S

ワンランク上のフィットネス体験

幅48×奥行115~118×高さ99~110.5cm

24kg

無段階

10kg

100kg

155~180cm

Amazonで見る

AINEXT FITBOX

スタイリッシュなデザインと機能性

幅43.6×奥行113×高さ116cm

33kg

8段階

記載未確認

100kg

145cm以上

Amazonで見る

ジョンソンヘルステックジャパン HORIZON フィットネスバイク GR7

ロードバイクの疾走感をリアルに再現

幅57×奥行150×高さ118cm

51kg

12段階

記載未確認

136kg

155cm以上

Amazonで見る

ステディジャパン STEADY スピンバイク ST128

滑らかで静かな非接触負荷方式

幅52×奥行110×高さ100cm

25kg

無段階

記載未確認

120kg

148~182cm

Amazonで見る

アルインコ(ALINCO) スピンバイク1621 BK1621

目的にあわせた負荷調節が可能

幅52×奥行116×高さ107cm

約31.5kg

無段階

約6kg

120kg

150~180cm

Amazonで見る

ライズクリエイション créer フィットネスバイク

家族みんなで使える日本仕様

幅50×奥行88×高さ103cm

24kg

無段階

記載未確認

120kg

155~185cm

スピンバイクの選び方

価格帯の幅が広く、形状や機能もさまざまなスピンバイク。何を基準に選んだらよいのか詳しく紹介します。

駆動方式で選ぶ

男性がスピンバイクに乗っている写真

Photo by iStock

スピンバイクの駆動方式には、チェーン式ベルト式の2種類があります。それぞれのメリットとデメリットを比較してみましょう。

【チェーン式】
 ▶メリット
 ・力が逃げないのでダイレクトに負荷がかかる
 ・効率よくトレーニングができる
 ▶デメリット
 ・金属音がする場合がある
 ・潤滑油を使った定期的なメンテナンスが必要

【ベルト式】
 ▶メリット
 ・静か
 ・メンテナンス不要で油を使わないため汚れにくい
 ▶デメリット
 ・ベルトが摩耗したら交換が必要
 ・チェーンに比べると高価格

こうした特性から、チェーン式は上級者や自転車競技者向け、ベルト式は初心者向けとして扱われることが多く見受けられます。

負荷方式で選ぶ

スピンバイクの画像

スピンバイクの負荷方式には、摩擦式マグネット式があります。摩擦式はバイクのホイールに直接フェルト生地や革を当てて負荷をかける方式です。マグネット式はホイールに磁石を近づけることで負荷を与えます。

それぞれのメリットとデメリットを比較してみましょう。

【摩擦式】
 ▶メリット
 ・無段階で細かい負荷調節ができる
 ・シンプルな作りで耐久性がある
 ・長く運動できる
 ▶デメリット
 ・摩擦音がする場合がある
 ・フェルトや革が摩耗したら交換が必要
 ・負荷や運動量が数値化できない

【マグネット式】
 ▶メリット
 ・静か
 ・運動強度や消費カロリーなど運動量が数値化できる
 ・摩擦による劣化がない
 ▶デメリット
 ・継続使用時間に制限がある
 ・負荷が放物線を描いて変化するので重さが安定しない場合がある
 ・摩擦式に比べると高価

ホイールの重量で選ぶ

ホイールの重量のイメージ画像

Photo by iStock

スピンバイクのホイール重量は製品によって大きな差があります。軽いものだと10kg以下、重いものは20kgを超える場合も。ホイールが重くなるほどペダルを漕ぐときの負荷が高くなります。

初心者は10kg未満。筋力に自信がある人は13kg以上を選ぶのがおすすめです。

一般的に、ホイールが重くなるにつれてスピンバイクの価格も上がるので、バランスを見て選びましょう。

ペダルで選ぶ

ペダルのイメージ画像

Photo by iStock

多くのスピンバイクのペダルには、ビンディングペダルが使われています。

ビンディングペダルはロードバイクやマウンテンバイクに採用されているペダルで、靴の底にクリートという装着部がついた専用のビンディングシューズと固定できます。ペダル側はギザギザしていたりデコボコしていたりするので素足では漕げません。

ロードバイクに乗っている人や本格的なトレーニングをしたい人はビンディングペダルがおすすめですが、裸足で気軽にワークアウトしたい人フラットペダルのスピンバイクを選びましょう。また、任意のペダルに交換できる製品もあります。

スピンバイク、人気メーカーの売れ筋商品

女性顔イラスト(検証コメント用)

Moovoo編集部

数あるスピンバイクの中でもECサイトなどで売れ行き好調な、人気メーカーの製品を紹介します。ぜひ参考にしてください。

摩擦負荷方式のスピンバイク5選

PICK UP①
  • 大広(DAIKOU)
  • DK-SP726 家庭用スピンバイク

  • 税込み33,880円(Amazon)
  • ベルト駆動の静かな乗り心地

  • ベルト駆動のため静音性が高く、使用時の騒音値はエアコンと同レベルの約50dBです。液晶パネルで速度と距離のほか、時間・消費カロリーをチェックできます。

    ホイール重量13kgで負荷の大きな本格トレーニングをしたい人はもとより、周囲への騒音に配慮したい人におすすめです。

サイズ:幅52×奥行120×高さ113cm
本体重量:37kg
負荷調整:無段階
ホイール重量:13kg
耐荷重:100kg
適応身長:150~180cm
PICK UP②
  • ハイガー産業
  • HAIGE 小型スピンバイク HG-YX-5006

  • 税込み26,800円(楽天市場)
  • 初心者も使いやすいコンパクト設計

  • 8kgの小型ホイールを搭載したエントリーモデル。これからスピンバイクでエクササイズをはじめたい初心者におすすめです。

    コンパクトサイズですが重量は26kgあるので、片方のペダルに体重をかけても大丈夫です。身長にあわせてサドルとハンドルの調節ができます。

サイズ:幅50×奥行80×高さ99~110cm
本体重量:26kg
負荷調整:無段階
ホイール重量:8kg
耐荷重:100kg
適応身長:155~180cm
PICK UP③
  • アルインコ(ALINCO)
  • スピンバイク1518 BK1518

  • 税込み26,990円(Amazon)
  • 大きな負荷で長時間の運動ができる

  • ホイール重量13kgの大きな負荷で、60分の連続使用が可能。踏み外しを防ぐバケットタイプのペダルで、安定したペダリングができます。

    お手頃な価格に加え、家庭用スピンバイクとして十分な機能を備えているので、コスパを重視する人にもおすすめです。

サイズ:幅53×奥行123×高さ121cm
本体重量:約34kg
負荷調整:無段階
ホイール重量:約13kg
耐荷重:120kg
適応身長:150~180cm
PICK UP④
  • ダイヤコジャパン
  • DYACO スピンバイク SB702-3260

  • 税込み123,345円(Amazon)
  • プロ仕様の準業務用マシン

  • パフォーマンスに優れたプロ仕様のスピンバイクです。22kgのフライホイールは安定感があり、高回転でも漕ぎやすいトゥークリップペダルを搭載しています。

    シートとハンドルは前後上下にスライド調節が可能です。ポジションを変えれば日頃のエクササイズからハードなスプリントまで幅広く対応できます。

サイズ:幅78.5×奥行162×高さ119.5cm
本体重量:64kg
負荷調整:無段階
ホイール重量:22kg
耐荷重:136kg
適応身長:155cm以上
PICK UP⑤
  • ハイガー産業
  • HAIGA 静音スピンバイク HG-YX-5006S

  • 税込み30,600円(Amazon)
  • ワンランク上のフィットネス体験

  • ホイールカバー付きで静音性が高く、汗の付着によるホイールの腐食や巻き込みを防止します。心拍を計測できるグリップセンサーを装備しています。

    スマホやタブレット用のトレーがあるので、動画や音楽を楽しみながら運動できます。インテリアになじむ洗練されたデザインもポイントです。

サイズ:幅48×奥行115~118×高さ99~110.5cm
本体重量:24kg
負荷調整:無段階
ホイール重量:10kg
耐荷重:100kg
適応身長:155~180cm

マグネット負荷方式のスピンバイク5選

PICK UP⑥
  • AINEXT
  • FITBOX

  • 税込み54,800円(Amazon)
  • スタイリッシュなデザインと機能性

  • インテリアのようなおしゃれなボディと静音性に優れたマシンです。マンションでも周囲への騒音を気にせず運動できます。

    時間や距離・カロリーはもちろん、トレーニング管理に便利な心拍数を測定するセンサーを搭載。裸足で漕げるビギナーズペダルが付属しています。

サイズ:幅43.6×奥行113×高さ116cm
本体重量:33kg
負荷調整:8段階
ホイール重量:記載未確認
耐荷重:100kg
適応身長:145cm以上
PICK U⑦
  • ジョンソンヘルステックジャパン
  • HORIZON フィットネスバイク GR7

  • 税込み198,000円(Amazon)
  • ロードバイクの疾走感をリアルに再現

  • V字フレームを採用することで、本物のロードバイクに乗っているような自然なペダリングです。ハンドル・シートともに前後上下に調節できます。

    Bluetooth機能でZWIFTやfitDisplayのフィットネスアプリと連動できるので、自宅でバーチャルサイクリングを楽しめます。

サイズ:幅57×奥行150×高さ118cm
本体重量:51kg
負荷調整:12段階
ホイール重量:記載未確認
耐荷重:136kg
適応身長:155cm以上
PICK UP⑧
  • ステディジャパン
  • STEADY スピンバイク ST128

  • 税込み29,800円(Amazon)
  • 滑らかで静かな非接触負荷方式

  • バランスの取れた負荷がかけられる独自開発の非接触airホイールを採用。使用中の騒音は30dB台と静かに運動できます。

    直感的に操作できる液晶モニターを搭載し、心拍数の計測ができるので質の高いトレーニングが可能。2種類のペダルが付属しています。

サイズ:幅52×奥行110×高さ100cm
本体重量:25kg
負荷調整:無段階
ホイール重量:記載未確認
耐荷重:120kg
適応身長:148~182cm
PICK UP⑨
  • アルインコ(ALINCO)
  • スピンバイク1621 BK1621

  • 税込み49,800円(Amazon)
  • 目的にあわせた負荷調節が可能

  • ダイヤルを回すだけで細かな負荷調節ができ、幅広いトレーニングに対応可能。前傾姿勢がとりやすいロングハンドルは、握る位置でフォームを変えられます。

    ホイールカバー付きなので、安全性だけでなく静音性にも優れています。スマホやタブレットを置けるトレーが付属しています。

サイズ:幅52×奥行116×高さ107cm
本体重量:約31.5kg
負荷調整:無段階
ホイール重量:約6kg
耐荷重:120kg
適応身長:150~180cm
PICK UP⑩
  • ライズクリエイション
  • créer フィットネスバイク

  • 税込み19,800円(Amazon)
  • 家族みんなで使える日本仕様

  • 日本人の体格や生活環境にあわせた車体サイズとサドル・ペダルを採用。ハンドルとサドルの位置も細かく調節できるので、家族みんなで使用できます。

    心拍数や消費カロリーがモニターできるので、モチベーションもアップします。リーズナブルな価格で組み立ても簡単です。

サイズ:幅50×奥行88×高さ103cm
本体重量:24kg
負荷調整:無段階
ホイール重量:記載未確認
耐荷重:120kg
適応身長:155~185cm
※上下左右にスクロールできます

外観

商品名

特長

サイズ

本体重量

負荷調整

ホイール重量

耐荷重

適応身長

Amazonで見る

大広(DAIKOU) DK-SP726 家庭用スピンバイク

ベルト駆動の静かな乗り心地

幅52×奥行120×高さ113cm

37kg

無段階

13kg

100kg

150~180cm

楽天市場で見る

ハイガー産業 HAIGE 小型スピンバイク HG-YX-5006

初心者も使いやすいコンパクト設計

幅50×奥行80×高さ99~110cm

26kg

無段階

8kg

100kg

155~180cm

Amazonで見る

アルインコ(ALINCO) スピンバイク1518 BK1518

大きな負荷で長時間の運動ができる

幅53×奥行123×高さ121cm

約34kg

無段階

約13kg

120kg

150~180cm

Amazonで見る

ダイヤコジャパン DYACO スピンバイク SB702-3260

プロ仕様の準業務用マシン

幅78.5×奥行162×高さ119.5cm

64kg

無段階

22kg

136kg

155cm以上

Amazonで見る

ハイガー産業 HAIGA 静音スピンバイク HG-YX-5006S

ワンランク上のフィットネス体験

幅48×奥行115~118×高さ99~110.5cm

24kg

無段階

10kg

100kg

155~180cm

Amazonで見る

AINEXT FITBOX

スタイリッシュなデザインと機能性

幅43.6×奥行113×高さ116cm

33kg

8段階

記載未確認

100kg

145cm以上

Amazonで見る

ジョンソンヘルステックジャパン HORIZON フィットネスバイク GR7

ロードバイクの疾走感をリアルに再現

幅57×奥行150×高さ118cm

51kg

12段階

記載未確認

136kg

155cm以上

Amazonで見る

ステディジャパン STEADY スピンバイク ST128

滑らかで静かな非接触負荷方式

幅52×奥行110×高さ100cm

25kg

無段階

記載未確認

120kg

148~182cm

Amazonで見る

アルインコ(ALINCO) スピンバイク1621 BK1621

目的にあわせた負荷調節が可能

幅52×奥行116×高さ107cm

約31.5kg

無段階

約6kg

120kg

150~180cm

Amazonで見る

ライズクリエイション créer フィットネスバイク

家族みんなで使える日本仕様

幅50×奥行88×高さ103cm

24kg

無段階

記載未確認

120kg

155~185cm

人気サイトの売れ筋ランキングはこちら

こちらの記事もどうぞ

Moovoo
家電製品総合アドバイザーの有資格者をはじめとする、編集部メンバーで運営しています。専門家の知見や独自リサーチをもとに、家電やスマホ、パソコンなどの情報を発信しています。

HOME

>

グッズ

>

〈2022年〉スピンバイク、おすすめ人気10選 使い方に合った選び方も


  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!