ルームランナー、おすすめ売れ筋20選【自走式や静音タイプも】

moovoo編集部
2021-05-14

効果的なダイエット方法や、運動不足の解消法を探している方にはルームランナーがおすすめです。人の目を気にすることなく、天候にも左右されないので手軽に続けやすいのがメリット。

マンションでも静かに運動ができる安心モデルや、電源不要の自走式、コスパに優れた導入しやすいモデルなど、おすすめルームランナー20選をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。


ルームランナーとランニングマシンの違い

トレーニングする人

まず、ルームランナーとランニングマシンの違いについて解説します。

どちらも19世紀のイギリスで誕生したもので、「踏み車」を意味するTreadmill(トレッドミル)が正式な呼び方です。「ルームランナー」も「ランニングマシン」も和製英語なので、海外では通用しません。

「ルームランナー」という呼び方で日本で初めて発売されたのは1976年。当初は、体重計のような形をしていて、その場で足踏みをするタイプでした。

現在ではベルトを搭載することで、歩いたり走ったりできるタイプが主流となり、名称についてはルームランナーもランニングマシンも特に区別なく呼ばれています。

ルームランナーの選び方|静かなタイプや自走式にも注目

ルームランナーを利用する様子

家庭用のルームランナーは、速度や傾斜角度といった運動効果を調整できる機能や、使用時の音なども気にする必要があります。

また、トレーニングの目的なども購入前にはっきりしていた方が失敗しない選び方ができます。

ダイエット目的、運動不足解消、ハードなトレーニングで身体を鍛え上げたい、といった自分の思いに応えてくれる機能性を持ったルームランナーであれば、モチベーション維持にもつながります。

さらに、価格が予算に合うかどうかも重要です。全体重が乗り、しかもトレーニング時の加重でも能力が落ちず、安定して使用できるモデルとなると値段が上がります。逆に、求めるハードルを下げれば価格を抑えることも可能です。

では、どういったポイントに注意して選ぶべきか見ていきましょう。

運動不足解消やダイエット目的なら5万円以下のモデルも

ダイエット

運動不足解消を目的に購入するなら、人気メーカーの3〜4万円台のエントリーモデルでも性能に関しては十分な場合が多いです。

格安モデルなら2万円台のものもありますが、安さを求めて購入するのはリスクがあります。全身を乗せてトレーニングを行う器具なので「トレーニング機器の開発で定評のあるメーカー」や「耐荷重」に注意して選ぶことも重要です。

加えて、価格が安めのモデルでは、連続使用時間が30分程度と短い製品もあります。ただ、運動不足になりがちな在宅勤務の中で手軽に運動したい方や、手軽にできるダイエット機器を求める方なら30分でも短すぎることはないでしょう。

価格を抑えたい方や、自宅に手軽に導入できるシンプルなルームランナーを選びたい方は、電源不要の自走式がおすすめです。プログラム機能などはありませんが、音が静かなモデルも多く、自走式なので止まりたい時は足を止めるだけと簡単です。

筋トレ目的なら機能性に優れたモデルがおすすめ

ルームランナーで走る女性

1時間以上続けて走りたい、ハードにトレーニングしたい方は、10万円以上のモデルが選択肢に入ります。充実している点は最高速度と安定性、そして連続使用時間です。

低価格モデルでは最高速度が足りなかったり、勢いよく走るにはベルト幅が狭かったりします。また、継続して使用できる時間が30分など制限を設けているタイプも多く、身体を鍛えたい方には不便に感じることでしょう。

さらに高価格帯のルームランナーのメリットとしては、傾斜角度を電動で変えられるモデルがある点です。使い勝手が良く、便利だとトレーニングのモチベーションを高く維持できます。

また、速度を変更できるルームランナーでは、その日の調子に合わせて負荷を変えられます。本格的なトレーニングにも適しています。

本体とベルトのサイズを確認しよう

ルームランナーのサイズ

ルームランナーを選ぶ際に注意すべきはサイズです。

「自宅に設置したら、ショップで見た印象よりも大きかった」

そうした声もよく聞かれるので、自分の目で見た印象よりも、数値を頼りにしましょう。家のどこに置くのか、どれくらいの床面積が確保できるかを計測し、少し余裕をもって選ぶことが大切です。広さに余裕がないと、乗り降りや組み立てに苦労します。

折りたたみができて収納できるタイプにメリットを感じる方は、商品の折りたたんだ状態でのサイズと、お部屋の収納スペースも確認しておくようにしましょう。

注意点として、コンパクトすぎるルームランナーは運動時の快適性を損なう場合があります。特に、走行面のベルトの広さはトレーニングをするうえで重要です。横幅40cm、奥行きは歩幅+10cm以上を目安に選びましょう。歩幅は【身長×0.65】が目安です。

速度や連続使用時間をチェック

ランナー

速度機能も充実したトレーニングを行ううえで注目する必要があります。

速足程度のジョギング目的なら5~7㎞/h、ランニング目的になると6.4㎞/h以上のスピードが欲しいところ。運動に慣れてきたときに備え、速度に余裕のあるマシンがベターです。20㎞/h前後なら自転車より速いため、普段走り慣れている方でも満足感が得られます。

初心者の方が長く使えるルームランナーを選ぶ際は、トレーニングに慣れてきてからも使えるようなモデル選びをしましょう。

角度調節機能にも選び方のコツあり

斜面を歩く様子

角度調節機能付きのルームランナーは、負荷を変えられるので、単調になりがちなトレーニングに変化をつけることができます。長くトレーニングを続けるうえで重要な機能とも言えます。

低価格帯のモデルは手動で段階的に切り変える製品が主流ですが、高価格帯のルームランナーでは、電動で傾斜角度を0.5度単位で調整できるモデルもあります。角度が高くなるほどに負荷も大きくなるため、運動効果が高まり、筋トレに有効です。

おすすめの人気メーカー

ルームランナーが並んでいる様子

次にルームランナーで定評のある人気メーカーをご紹介します。

ALINCO

トレーニング機器やマッサージ機器を展開するアルインコ。ラインナップが非常に充実していて、ランニング・ジョギング・ウォーカー用も。2万円台の格安モデルから10万円を超える本格モデルまで、幅広いのが特徴です。

HORIZON

ホライズンは、世界的フィットネスマシンメーカーであるジョンソンヘルステックの家庭用ブランド。耐久性・安定性・操作性に優れています。ただしエントリーモデルでも10万円を超えるので、予算に余裕のある方向けです。

DAIKOU

ルームランナーとダイエットバイクが注目を集める、日本メーカーのダイコー。トップレベルの製造技術を誇りながら、5~6万円台のお手頃モデルが揃います。高級モデルを買う予算はないけれど、失敗もしたくない方にぴったりです。

Life Fitness

ライフフィットネスは、フィットネスジムや公共スポーツ施設で利用する、各種マシンを取り扱っています。家庭用も、施設向けと同レベルの機能とデザインのため価格は高めですが、品質の良さはお墨付きです。

Barwing

5万円台で購入できるルームランナーを取り揃えているバーウィング。購入しやすい価格と使いやすい大きさが人気です。低価格ながら電動で必要な機能を備えた製品もあり、運動不足を解消する目的にはおすすめです。

【5万円以内】おすすめルームランナー10選

それでは、おすすめのルームランナーを、5万円以内・5~10万円以内・10万円以上に分けてご紹介します。ECサイトで売れ筋・評判のよい20商品を厳選しましたので、目的と予算に応じて選んでください。まずは5万円以内の商品から。

【5万円以内】編集部が厳選!この3台

<筋トレに最適>
●バーウィングBW-SRM16
最高時速16km、ランニングするのに最適

Amazonで見る

<収納性を重視>
●ライシン ルームランナー T4000
キャスター部含め厚さ13cmに、収納に便利

Amazonで見る

<コスパ重視>
●BTM トレーニングマシン
3段階の傾斜角度、従来より安全性アップ

Amazonで見る
おすすめ①
  • バーウィング(BARWING)
  • ルームランナーMAX16㎞/h BW-SRM16

  • 税込み41,800円
  • 自転車の速さと同等の走りをしたい本格派向け

  • 最高時速16㎞/hの走りが可能な、BARWINGの上位モデルです。自転車が普通に走るのとほぼ変わらない、本格的なランニングが楽しめると人気を博しています。

しかも連続使用時間が99分なので、たっぷり汗がかけるほど。普段は6㎞/hウォーキングで運動不足解消に、休日は十分体を動かしてストレス発散はいかがでしょうか。傾斜は3段階調整が可能なため、より負荷をかけたトレーニングができます。

楽しく継続できるように、快適な機能も備えています。タブレットホルダーと音楽再生機能・ドリンクホルダー・20種類のプログラム。そして足腰にやさしいサスペンションや心拍数計測機能もあり、体への負担軽減や無理なく運動できるように配慮されています。

走行面のサイズは幅41cm・長さ120cmと、大股でも走りやすい広さです。モーター音は56~69㏈と静かな設計。エアコンや電話の呼び出し音と同レベルの大きさだとか。そのほか男性でも安心して使える、130㎏の耐荷重も魅力的です。

おすすめ②
  • BTM
  • トレーニングマシン 時速1~12km

  • 税込み29,800円
  • 全12種類の自動プログラムで、おまかせトレーニング!

  • 穏やかなお散歩モードと、負荷に変化をつけた体力アップモード。速度が頻回に変わる、10種類のハードトレーニングモードがあるルームランナーです。

トレーナーのいない自宅では、どんな走りが効果的なのか分からず悩みますよね。しかし全12種類のプログラムから、目的にあったモードをボタンで選ぶだけなら悩まず簡単。スポーツジムにいるのと同じ感覚で走れる、初心者におすすめの製品です。

体調にあわせて走りたいときは、速度1~12km/hまでの設定が可能です。プラス3・6・9㎞/hの速度ボタンで、調子が出てきたら走ったまま変速OK。自由で快適な走りを堪能できます。

耐荷重は100kg、走行面は36×110cmです。ドリンクホルダー・スマホホルダー・USB充電機能が付いているほか、音楽再生機能もあり飽きずにトレーニングを行えます。ここ太字

BTM トレーニングマシン 時速1~12km
<Moovooに寄せられた口コミ>
(上は投稿いただいた写真)

ルームランナーは初めての購入ですが、実際に使ってみまして相当な運動量になると実感しています。使用する際にはモード選択で時間設定、距離設定のどちらかを選択するか、元々組み込まれている自動プログラムを利用するのかを決めてスタートしますが、その操作は非常に分かりやすくシンプルです。

私の場合は距離設定を5キロにして、速度は7~8キロ、ウォーキングで早歩きをしている時と同じ感覚で使用しています。

約40分強のトレーニングですが、音楽を聴きながら使用している事で5キロという距離は意外にと短く感じます。コロナ禍に良い商品に巡り合えたと実感してます。
(50代男性 北海道在住 来たのシャンさん)
おすすめ③
  • ライシン(Lysin)
  • ルームランナー T4000

  • 税込み37,810円
  • 収納性抜群!薄型で場所いらずの人気製品

  • 本体の厚さ8cmの、薄型ルームランナー。キャスター部分を入れても最大13cmと、スマートで場所をとらない作りがうれしいポイントです。

ハンドル部分もフラットになるため、タンスの後ろのようなちょっとした隙間に収納できます。ハンドルを立てずに使えば、見た目がスッキリしてインテリアの邪魔にもなりません。ただしふらつきのある方は転倒する恐れがあるのでハンドルを立てて使いましょう。

スピードは1~12㎞/hまでと、軽いランニングまでを考えている方なら十分な性能です。耐荷重は100kgまでで、男女問わず家族全員で使えます。

モーター音は普通の会話と変わらない、60㏈の大きさです。集合住宅の方も足音が響かないウォーキングなら、気兼ねなく自宅で運動できます。本体の幅は58cm・長さ133cmで、走行ベルトは一回り小さい広さです。

おすすめ④
  • BTM
  • トレーニングマシン 時速1~12km 2020年新モデル

  • 税込み29,800円
  • 一層優れた機能で、コスパ◎の2020最新モデル

  • BTMの最新モデル、走行面の幅が4cm広くなり40cmになりました。初心者でも足を踏み外しにくく安全に走れます。3段階で変更できる傾斜も加わり、より負荷ある運動を行えます。

5層ベルトの中には防音ラバーがあり、静音性もアップしました。1~12㎞/hの速度と、3・6・9㎞/hのスピードチェンジ、12種類の自動プログラムはそのまま据え置きです。購入しやすい価格は据え置きで、コスパ最強のルームランナー。今まで10万円以上の高級モデルを使用していた方にも、おすすめしたい製品です。

機能・性能が優れた分、本体の大きさと重さも若干アップしました。しかしキャスター付きの折りたたみ式なので、女性でも運べます。スマホやタブレットを使って音楽や画像を楽しみながら、リフレッシュしてください。

おすすめ⑤
  • BTM
  • 電動ルームランナー 時速1~10km

  • 税込み23,800円
  • 傾斜を利用して60分走行!運動不足解消ににおすすめ

  • 速さ1~10㎞/hまで対応できる5°の傾斜が付いたルームランナー。ウォーキング・ジョギング・軽いランニングが目的の方にぴったりな製品です。60分連続使用ができて、運動不足解消になります。

走行面は幅35×長さ110cmなため、同メーカー品との比較ではコンパクト。しかし幅が狭いので、足を踏み外す危険性もあります。10㎞/hの最高速度で走る方は、両足が宙に浮いている瞬間バランスを崩さないようにしましょう。スピードを上げるときは体が慣れるまで、ハンドルを掴んで安全に走るのがおすすめです。

機能は12種類のダイエットプログラム・2つのスピーカー内蔵・USBメモリやAUXコードで可能な再生音楽モードも。60分の運動も、好きな音楽を聴きながらあっという間に終了です。音楽再生ボタンやスピードのアップダウンボタンは前面にあり、歩きながら操作できます。

おすすめ⑥
  • アルインコ(ALINCO)
  • ランニングマシン AFJ2019A

  • 税込み39,591円
  • 使いやすさを追及。音声ガイドや省エネ性も

  • 走行経過や速度変化を音声で知らせるガイダンス付きで、単調な走りにメリハリがつきます。また毎日10分間使用した場合の電気代が1ヶ月で約150円と省エネ性にも優れ、経済的にも継続しやすい製品です。

速さは10km/hで90分間の連続使用が可能です。走行面の幅は40cmとワイドな作りで、傾斜角度も3段階調整ができます。そして12種類のプログラムに加え、4・6・8㎞/hの速度調整ボタンもあり、走りやすさにも優れています。

ウォーキングや軽いランニングもこなせて、初心者から体力のある方まで幅広く対応できるので、家族みんなで使う場合にもおすすめです。

タブレットトレーやドリンクホルダーも備えているほか、床面を保護する衝撃軽減クッション付きで至れり尽くせり。速さ16km/hのモデルAFR1119Aも、価格50,414円でラインアップしています。

おすすめ⑦
  • アルインコ(ALINCO)
  • 自走式 ウォーカー EXW7019

  • 税込み14,444円
  • 自走式で安全!高齢者のフレイル予防にも

  • 電動式ではないため、自分で負荷を加えて速度を調整できます。高齢者の方も安全に使える、ウォーキングに特化したルームランナーです。

自分の足が蹴り上げた力で走行面を動かしますが、最大速度は8㎞/hも出てジョギングのような早歩きもOK。しかも電動式より下半身に負荷がかかるため、ゆっくりでも運動量があります。傾斜角度も8°あり、ゆるやかな坂道のような設計で筋力強化にも。

安全で自分のペースで歩けて運動量も◎。体力維持・歩行訓練・高齢者のフレイル予防に最適です。おじいちゃんやおばあちゃんの外出頻度が減ってきたと感じたら、ルームランナーを使うのはいかがでしょうか。天候に左右されず、歩行の機会が保てます。

走行面のサイズは幅27×奥行75cm、モーター不使用で電気代はかかりません。電池式のメーターには、運動時間・距離・消費カロリー・スピードが表示されるので、目標設定がしやすくやる気アップにも繋がります。

おすすめ⑧
  • MRG
  • 電動ルームランナー 10km/hモデル

  • 税込み19,800円
  • 明るいカラーと連続使用30分の、シェイプアップ向き製品

  • ピンク・ブルー・ネイビーと明るいカラーがラインアップしています。運動が苦手でマシンを見るとやる気が失せるという方も、かわいいルームランナーなら使いたくなるのではないでしょうか。

ハンドルと走行面にポップなカラーがあしらわれたルームランナー。見るからにかわいくて、テンションがあがります。連続使用時間は30分と短めですが、最高速度10㎞/h・傾斜角度5°のため、シェイプアップにはちょうどいい製品です。ECサイトの口コミでも、汗をかけて満足との声が見受けられます。

走行面の広さは、幅36×長さ98cmです。耐荷重は120kgあり、体格のいい方でも安心して使えます。1分毎に2㎞/hずつ速度がアップするお散歩モードや、30秒で1㎞/hずつ速度アップする体力強化モード。時速5㎞/hと8㎞/hを交互に繰り返すトレーニングモードを活用して、スリムな体型を目指しましょう。

おすすめ⑨
ルームランナーMAX16㎞/h BW-SRM16S
  • バーウィング(BARWING)
  • ルームランナーMAX16㎞/h BW-SRM16S

  • 税込み42,800円(楽天市場での価格)
  • 41.5×123cmのワイドな走行面!歩幅が大きい方に最適

  • 1歩の幅が大きい、自宅で思い切り走りたい!そんな方におすすめの機能・性能を備えたルームランナーです。速度は最大16㎞/hまでと、快適なランニングを楽しめます。

着地を気にしなくていいスーパーワイドな走行面と耐荷重130kgの頑強さが、快適なランニングを実現します。さらに連続使用時間が100分もあり、本格的なトレーニングを求めている方にぴったりです。

24種類のプログラムもあるので、三日坊主の方は毎日ひとつずつこなしてみましょう。全プログラムが終わるころには、休息日を含めて約1ヶ月継続できます。そのころには運動習慣が身に付き、爽快感を味わえるようになります。

バーウィングの2020年フルモデルチェンジの最新マシン。運動不足解消に加え、持久力アップ・リハビリ・筋力トレーニングと、多彩に活躍するルームランナーです。

おすすめ⑩
  • ユーテン(YouTen)
  • 電動ルームランナー 8km/h

  • 税込み20,100円
  • 電動仕様でこの価格!はじめてのルームランナーにぴったり

  • 0.1㎞/h単位で変更できる1~8㎞/hの速度と、3段階の傾斜設定ができるルームランナー。お手頃価格で満足感の高い製品だと人気を集めています。

連続使用時間も45分と、はじめて使う方にはちょうどいい長さ。疲れすぎずに充足感も味わえると、ECサイトの口コミで評判です。バラエティに富んだ自動プログラムも8種あり、内容も2つは散歩系で3つはウォーキング。残りの3つがトレーニング系と、初心者向け機能が多彩です。徐々にレベルを上げられ、体への負担も少ないといえます。

また2WAYハンドル設計で、ルームランナーに慣れない方でも使いやすいのが特長です。スピードにあわせてフロントとサイドを持ち替えれば、疲れにくく正しい姿勢も保ちやすくなります。

耐荷重は100kgのため、男女問わず使えます。走行面の幅は27cmで長さ80cmのため、ジョギングはマシンに慣れてから行うのがおすすめです。

【5~10万円】おすすめルームランナー5選

続いて5~10万円以内のルームランナーをご紹介します。初心者向けのシンプルなものから、本格的なモデルまでラインアップしています。

【5~10万円】編集部が厳選!この3台

<使い勝手・機能性重視>
●アルインコ AFR1016
自動プログラムで効率的にトレーニング

Amazonで見る

<スマートさを重視>
●Yumcute ウォーキングマシン
AIが自動化変速、まるで外を走っているかのよう

Amazonで見る

<デザイン性を重視>
●アルインコ AFR1519
薄型でクール、収納性も高い

Amazonで見る
おすすめ①
  • HOME WALKING
  • トレッドミル ウォーキングマシン

  • 税込み64,000円
  • 屋外と変わらぬ走り!自動加減速や運動トレンドを判断するAI搭載

  • 人工知能AIを搭載した、1~8㎞/hの運動ができる製品です。運動トレンドを基に減速を行うほか、足を踏む位置でスピード調整が可能。日々のルーティンや、操作いらずの自由な走りが叶います。

AI自動減速では、使う人にあわせて運動プログラムが作られたような感覚です。スピード調整は、前方が加速・中央が等速・後方は減速に。ランニングでは自然に大股になるので、前方へ足を着き加速。スピードが落ちて小股&後方になるウォーキングでは、減速していきます。パネルでの操作が必要なく、屋外で走っているような自由度の高いルームランナーです。

本体は耐久性に優れたアルミニウム合金99%構造。耐荷重120kgで、走行面の幅は46cm・長さ120cmの走りやすい広さです。そして59㏈の静かな作りも注目ポイント。免振吸音でシームレスなうえ、ヒザにもやさしい独自の振動防止装置を採用しています。集合住宅で階下への騒音が気になり、購入を迷っている方におすすめです。

足元にはBluetooth音響を搭載し、下から立体的なサラウンドを体感できます。スマホで好きな音楽を聴きながら毎日の運動を楽しんでください。重さ28kgで厚さ9.5cmと薄型のため、出し入れが簡単でソファーの下にもしまえます。

おすすめ②
  • ダイコー(DAIKOU)
  • ランニングマシン DK-240T

  • 税込み62,800円
  • 充実した機能が、快適なトレーニングをサポート

  • 0.8km/h〜16km/hまでの速度調節が可能。角度も0°のフラットと、2°・3°の3段階調節ができる、基本的なトレーニングに対応した製品です。

角度調整は手動式ですが、スピードは手元のハンドルに操作ボタンが付いています。前かがみにならず、走っているままの状態で変速OK。速度が上がっているときも、バランスを崩さず安心です。ハンドルには運動量や心拍数を測る脈拍センサーも搭載。耳たぶにクリップをつなぐタイプよりじゃまにならず、快適にランニングができます。

9パターンある速度変化プログラムも走りを単調にせず、抑揚ある楽しいトレーニングをサポートします。速度や距離に加え、消費カロリーがひと目で分かるモニター表示や簡易体脂肪側機能付きのため、目標をもって取り組めるルームランナーです。

40×120cmの走行面はクッション性をもたせることで、足腰への負荷軽減と気になる騒音対策を行っています。耐荷重は100kg、簡易スピーカーも搭載しています。

おすすめ③
  • アルインコ(ALINCO)
  • ランニングマシン AFR1016

  • 税込み76,500円
  • 目的別の自動プログラムで、目指すボディーに!

  • 自分で速度を選択するノーマルコースに加え、脂肪燃焼コース・体力増進コースのプログラムを搭載しています。シェイプアップや筋力強化といった目的別に運動できるルームランナーです。

速さ1㎞/h~16km/hで、歩行面の広さ40×120cm・耐荷重100kgのモデル。数あるアルインコ製品の中では、ランニングに特化したマシンです。1°・2°・3°の傾斜調節や連続60分の使用可能時間で、本格的なトレーニングに対応できます。最後はクールダウンボタンを使って、徐々に息を整えましょう。

機能面だけでなく、使い勝手にも工夫を凝らしています。ハンドルで変速やオン・オフができる手元スイッチ仕様。黒バックに白字の、視認性に優れているモニター。そして速度が変わるとき、事前に知らせる音声ガイドもありがたい機能です。

走行ベルトはクッションラバーの採用で、足への衝撃を軽減します。ハンドル部分はダンパー式で収納時の上げ下げは簡単ですが、アルインコ製品でも50kgと重いモデル。移動はひとりで無理せず、家族と一緒に行ってください。ルームランナーを使うときは、付属のフロア保護マットの活用がおすすめです。

おすすめ④
  • アルインコ(ALINCO)
  • NEWスタイルジョグ AFR1519

  • 税込み77,259円
  • 乗り降りしやすい、薄型フラットの人気モデル

  • 2019年度に、グッドデザイン賞を受賞した製品です。乗り降りが楽な高さ9cmの低床設計と、ハンドルを折りたたんでフラットになるシンプルなデザインが人気を集めています。

シンプルな作りで収納スペースをとらない点や、組み立て不要で使いはじめられるところも選ばれている理由です。二種類のキャスター付きで前後左右に動かせるので、移動も簡単に行えます。

速さは1㎞/h~12km/hまで調整ができ、メーカーではランニングマシンの部類。連続使用時間90分と、たっぷり汗をかきたい方におすすめです。ルームランナーに不慣れな方でも本格的に運動が行える、ノーマル・運動不足改善・脂肪燃焼・体力増進のプログラムを内蔵しています。目的にあわせたトレーニングが、届いたその日からが可能です。

走行面は幅45×長さ120cmのワイドサイズ。タブレットトレー付きで映像を見ながらトレーニングできます。ハンドルの前面にはグリップセンサーを搭載しているため「疲れたな」と思ったら、心拍数の測定も。体調管理に加え、効率的に脂肪を燃焼したいときにも心拍測定があれば便利です。

おすすめ⑤
  • リーボック(Reebok)
  • ラニングマシン iRun3.0

  • 税込み59,048円
  • コンパクトで折り畳み可能なデザイン

  • 有名メーカー・リーボックの、Amazon限定モデル。走行速度は1km/h~13km/hで、設定した目標心拍数に対して速度を自動調整できるHRCプログラムが便利。

高機能&高性能に加え、購入しやすい価格を実現したルームランナー。より本格的なトレーニングに対応できるスペックが満載です。最高速度は13km/hまでアップでき、運動部に所属する中高生男子でも満足のいくランニングを楽しめます。

12種類のプラグラムモードと、3種類のプログラム作成モードを組みあわせれば、自分に合ったプログラムでトレーニング可能

【10万円以上】おすすめルームランナー5選

【10万円以上】編集部が厳選!この3台

<速度を重視>
●ジョンソンヘルステック Horizonルームランナー 8.1T
時速20kmに対応、ジョギングから本格的なランニングにも最適

Amazonで見る

<使いやすさと機能性を重視>
●アルインコ AFR1319
音声ガイダンスで使いやすい、角度調整も電動

Amazonで見る

<ながらトレーニングを重視>
●ジョンソンヘルステック トレッドミル Citta TT5.0
デスクトレイの着脱可、ウォーキングしながらデスクワークも

Amazonで見る

最後に本格的なトレーニングが目的の方におすすめな、10万円以上のルームランナーをご紹介します。多機能でさまざまなトレーニングメニューを楽しめる商品もラインアップしています。

おすすめ①
  • ジョンソンヘルステック(Johnson Health Tech)
  • Horizonルームランナー Citta T82

  • 税込み108,900円
  • 機能性抜群!上級者も納得の走りが楽しめる

  • メーカー独自のモーターを採用し、速度や角度変化を瞬時に反映します。思い通りに反応するので、上級者もストレスフリー。スムーズで快適な走りを堪能できます。

世界中でフィットネス機器を販売する、ジョンソンヘルステックの家庭用ルームランナー。最高速度は15km/hあり、ランニングマシンとしても大活躍します。自転車と同等の速度に加え、最大10%までの角度傾斜調整も可能で、本格的なランニングでトレーニングしたい方におすすめです。

ランニング時は走行面が狭いと足の踏み外しが心配ですが、41.5×123cmの広々設計なのでトレーニングに専念できます。ベルトには衝撃緩和クッションの採用で、足への負担や音も軽減しています。

カロリーゴール・体重減量・足腰引き締め・健康1万歩プログラムがあり、はっきりした目的を持っている方にもおすすめの製品。BMI計算機能付きで肥満度をチェックしたり、モニター表示されるカロリー・距離・脈拍などを参考にしながら継続していきましょう。

おすすめ②
  • ジョンソンヘルステック(Johnson Health Tech)
  • Horizonルームランナー Citta TT5.0

  • 税込み160,600円
  • 空いた時間を有効活用。付属トレーで、ながら運動も!

  • ハンドルに脱着できる、デスクトレイが付属しています。89x54cmの大きさがあり、ノートPCやタブレット。手帳やA4資料も楽々置けるサイズです。

ただ黙々と走るのが苦手な方におすすめのモデルです。本を読んだり、PCで映画やドラマを見ながら運動できます。忙しい方なら、仕事やweb会議をしながらいい汗をかくことも。時間を限りなく有効に使えるルームランナーです。

走行面のバリアブルレスポンスクッションは、衝撃を抑えて足への負担を軽減します。広さは127×46cmあり、10%まで傾斜設定ができます。速度は0.8~16km/hと、ウォーキングもランニングも楽しめます。

5.5インチの大型モニター付きで、時間と距離のほか、速度・カロリー・心拍数の表示もOK。プログラムは8種類あり、マウンテンクライムや体重減量を目的とした内容も揃っています。そしてハンドル内に走行面がゆっくり畳まれていく設計で、縦型収納が可能です。大型でも省スペースにしまえます。

おすすめ③
  • 大広(DAIKO)
  • ランニングマシン DK-1246D

  • 税込み139,000円
  • 毎日継続したくなる、14パターンのプログラムを搭載!

  • 速度が自動的に変化する14パターンのプログラムを使って、有酸素運動を効率よく行えます。設立以来、健康でいられることをテーマに製品を生み出しているメーカーの商品です。

毎日継続して運動できるよう、無理のない範囲で心地よい汗をかけるルームランナーです。速度は1.0~14km/hの範囲、傾斜は15段階で自動変更できます。走行中にパターンが変わる自動プログラムと併用して、メリハリのある運動を実現してください。手動でウォーミングアップ・自動でランニングをこなせば、ワンパターンで徐々に運動から遠のいてしまうといったことも避けられます。

走行面サイズは46×120cm、衝撃クッションを採用した足腰にやさしい作りです。シンプルな操作パネルで使いやすく、折りたたんだときの厚さが31.5cmになる点もおすすめポイント。年齢を問わず、置く場所を選ばず使えます。

おすすめ④
  • ジョンソンヘルステック(Johnson Health Tech)
  • Horizonルームランナー 8.1T

  • 税込み236,800円
  • 自宅をフィットネスジムに!多機能に進化した人気モデル

  • 0.8〜20km/hに対応する幅広いスピード調節。そして0〜12°の傾斜自動調節もあり、初心者向けのジョギングから本格ランナーの高速ランニングまで対応します。

実際に約50ヶ国のフィットネスジムで販売実績のある、ジョンソンヘルステックの家庭用向けブランドHorizon製品。見た目も走りやすさもジム同等だと、愛用者から高評価を得ています。走行幅は50cm・長さ152cmの、家庭用では見られない驚きの広さに加え、最大4馬力のパワフルで静音性に優れたモーターが魅力です。ランナーの体重も148kgまで対応可能なため、多くの方がスムーズで快適な走りを実現できるでしょう。

ルームランナーとしてのスペックも向上していますが、ユニークな機能がトレーニングをより充実させます。目的にあわせた38段階プログラムや、ハンドルを握らず計測できるワイヤレス心拍計を搭載。特に心拍計は、体調にあわせて自動で速度と傾斜を変更する優れもの。「あと少し」という無理をなくし、自然に体への負担を軽減します。

そしてアプリ連動の運動管理システムViewFitで目的達成度の確認も。データをサーバーへ自動転送し、スマホやパソコンで管理ができます。もう1点最大の特長は、アジャスタブル・クッションを搭載していることです。フレーム横のスライダーを動かせば、体重・運動内容・好みによってクッションの固さ調整ができます。

おすすめ⑤
  • アルインコ(ALINCO)
  • ランニングマシン AFR1319

  • 税込み129,293円
  • 目的別のエクササイズモードで、運動効率アップ!

  • 脂肪燃焼の有酸素運動、アップダウンのインターバルといった、12種類のエクササイズモード機能を搭載したルームランナーです。その日の目的別にモードを選んで、運動効果を高めましょう。

シェイプアップ・疲労回復・ストレス発散のように、ルームランナーを使う目的は人それぞれです。また日々の中でも、体調や気分によって運動内容を使い分けることがありますよね。自動プログラムは、目的別に最適な運動を選びやすい機能です。

最高速度は16㎞/hまでの速度と、1~5°までの角度調節は自動で操作できます。体を動かしながらできるので、中断しなくて済むのがいいところ。ハンドルの手元ボタンでも操作でき、姿勢も変えずに行えます。

走行面は45×125cmの広さで、衝撃を軽減するクッションラバー仕様です。連続使用時間は90分、十分運動できる長さです。USBジャックとドリンクホルダーを備え、使い勝手も快適です。

マンションでは騒音にも気をつけて活用しよう

ルームランナーでの運動は、床の傷つき・モーター音・走るときの振動が気になります。そんな場合はルームランナーに特化した振動防止用のマットを併用するのがおすすめです。ご近所の迷惑にならないように気をつけて、楽しくトレーニングをしましょう!

最後にルームランナー専用フロアマットをご紹介します。賃貸住宅や、音が響きやすいアパートやマンション住まいの方は必見です。

おすすめ①
  • リオレス(RIORES)
  • ルームランナー専用フロアマット

  • 税込み2,180円
  • 滑らず安心!床の傷つき防止にも

  • 耐久性に優れた、厚さ0.5cmのPVC素材マットです。ルームランナーがズレずに、床の傷つき防止にもなります。カラーはブラック、サイズは63.5×150cmです。

おすすめ②
  • アルインコ(ALINCO)
  • エクササイズフロアマット EXP150

  • 税込み3,960円
  • マシンの音と振動が気になる方におすすめ!

  • 静音・衝撃吸収・床面保護のために使えるマットです。厚さ0.9cmのPVC素材で、滑り止めとしてもOK。サイズは90×150cmとワイドなため、大きめのルームランナーにも使えます。

自分にぴったりのルームランナーで、健康的な毎日を

ジムに並んだルームランナー

価格別にさまざまなルームランナーを紹介しました。製品ごとに走行面の広さや最高速度などに違いがあるので、目的・体力にあうものを選んでください。

Moovoo編集部では自宅での体力づくりや運動に役立つアイテムを、記事で紹介しています。ぜひご覧ください。

※商品価格は2021年5月現在のAmazonでのものです。

HOME

>

グッズ

>

ルームランナー、おすすめ売れ筋20選【自走式や静音タイプも】


  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!