【専門家監修】ジム向きシューズ、おすすめ8選 選び方を詳しく解説

Moovoo編集部、廣瀬裕大
2021-04-19

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がMoovooに還元されることがあります。

スポーツジムで運動をする際、使いやすいジム向きのシューズを持っていると便利です。この記事では、ジム用シューズの選び方を専門家の監修のもと解説します。人気商品も紹介しますので、ぜひ参考にしてください。


監修者

提供:fis大阪

  • fis大阪・専属パーソナルトレーナー
  • 廣瀬裕大(ひろせ・ゆうた)

  • スポーツ系専門学校の講師経験も

  • JATI-ATI(日本トレーニング指導者協会認定トレーニング指導者)、健康運動実践指導者、食アスリート協会認定。前職は整体師。ナショナルトレーニングセンターにて大学のアスリートや部活動をしている学生たちの怪我のリハビリやトレーニング指導を行う。スポーツ系専門学校の講師経験あり。

fis大阪は、大阪府で9店舗を展開するパーソナルトレーニングジムです。カウンセリングやパーソナルトレーニングを行う専任トレーナーはみなトレーナー資格の保持者。今回はそのなかから、廣瀬裕大さんに記事を監修していただきました。

おすすめ・人気商品をまずは一覧で

※上下左右にスクロールできます

外観

商品名

特長

サイズ展開

タイプ

メイン素材

留め具の種類

推奨種目

Amazonで見る

アシックス PATORIOT 12

ラン&ウォーク中心のメニューに

24.5~30cm(メンズ)、22.5~26cm(レディース)

ランニングシューズ

合成繊維(アッパー)、合成樹脂(インナーソール)、ゴム(ソール)

レースアップ

トレッドミル、マシントレーニング、スタジオレッスン

Amazonで見る

NIKE(ナイキ) メトコン 7

ウエイトトレーニングに適した安定感

24.5~30cm(メンズ)、22.5~25.5cm(レディース)

トレーニングシューズ

合成皮革(アッパー)、ゴム(ソール)

レースアップ

マシントレーニング、フリーウエイト

Amazonで見る

ミズノ(Mizuno) ウエーブダイバースLG3

激しい動きに対応したダンス用シューズ

22~27.5cm(ユニセックス)

フィットネスシューズ

合成繊維・人工皮革(アッパー)、合成底(ソール)

レースアップ

エアロビクス、ダンスエクササイズ

Amazonで見る

Vibram(ビブラム) FiveFingers KSO EVO

素足感覚で履ける5本指シューズ

約24.5~30.5cm(メンズ)、約22.5~25.5cm(レディース)

5本指シューズ

ポリエステル(アッパー)、EVA(インナーソール)、ゴム(ソール)

レースアップ

ウエイトトレーニング、スタジオレッスン

Amazonで見る

adidas(アディダス) パワーパーフェクト3

ウエイトリフティングに特化

22~30cm(ユニセックス)

リフティングシューズ

合成繊維(アッパー)、ゴム(ソール)

レースアップ、面ファスナー

フリーウエイト

Amazonで見る

アシックス MATCONTROL 2

デッドリフト向けシューズ

24~30.5cm(メンズ)

レスリングシューズ

合成繊維・人工皮革(アッパー)、ゴム(ソール)

レースアップ

ウエイトトレーニング

Amazonで見る

ミズノ(MIZUNO) TC-11

パフォーマンス向上を追求

23.0~29.0cm(ユニセックス)

トレーニングシューズ

合成繊維(アッパー)、ゴム(ソール)

レースアップ

マシントレーニング、ウエイトトレーニング

Amazonで見る

丸五(MARUGO) スポーツジョグAIR

トレーニング用に進化した地下足袋

22.5~28cm(ユニセックス)

足袋型スニーカー

ポリエステル(アッパー)、ゴム(ソール)

レースアップ

トレッドミル、マシントレーニング、スタジオレッスン

トレーニング向きのシューズの条件

トレーニングシューズの画像

Photo by iStock

ジムで履くシューズは、動きやすいものであれば特に指定はありません。しかし、トレーニングに向いている靴と、向いていない靴があります。

まず、トレーニングに不向きな靴が、サンダルをはじめ革靴やブーツ、ソールの厚い靴です。トレーニングのパフォーマンスが上がらないどころか、ケガにつながる可能性があるので使用は避けましょう。

ジムシューズは、トレーニングシューズフィットネスシューズと呼ばれることもあり、最適なパフォーマンスを発揮できるように開発されているのが特徴です。

ランニングシューズは、トレッドミルを使ったジョギングやウォーキングに適していますが、靴底が柔らかすぎて踏ん張りがきかないため、ウエイトトレーニングには向きません。

マシンやダンベルを使うウエイトトレーニング、トレッドミルを使う有酸素トレーニング、エアロビクスやダンスといったスタジオレッスンなど、トレーニング内容に応じてシューズを選ぶことが大切です。

ジムシューズの選び方

ジムシューズにはトレーニングに適したタイプがあります。ジムシューズの選び方を見てみましょう。

筋トレメインならトレーニングシューズ

トレーニングシューズ

ウエイトトレーニングは、体の安定感が重要になるため水平で硬く薄いソール、かつグリップ力が高いトレーニングシューズが理想です。

軽量で動きやすいことも重要ですが、高重量を扱う場合は丈夫な素材を使ったシューズが安心です。

フットサルやレスリング用のシューズのほか、足袋タイプの作業靴を愛用している方が多く、上級者には踵が高いウエイトリフティング用シューズを使用している方もいます。

fis大阪の専属パーソナルトレーナー・廣瀬さんは以下のようにコメントしています。

ウエイトトレーニングをする際、クッション性が高いシューズはまっすぐに地面を押すことができず、フォームが安定しないためおすすめではありません。

トレーニング用シューズは靴底が平らで形が安定しているゴム製の硬いグリップ力の強いもので、踵がしっかりとホールドされるもの(ヒールカップが硬いもの)がおすすめです。

有酸素運動がメインならランニングシューズ

ランニングシューズ

ジョギングやウォーキングといったトレッドミルの有酸素トレーニングがメインなら、軽量かつクッション性が高いランニングシューズがおすすめです。

高重量を扱うフリーウエイト種目には不向きですが、マシントレーニングやフィットネスでの使用に対応したマルチユースなランニングシューズもあるので、目的にあわせて選びましょう。

スタジオレッスンがメインならフィットネスシューズ

フィットネスシューズ

エアロビクスやダンスエクササイズといったスタジオレッスンを利用する場合は、フィットネスシューズがおすすめです。

フィットネスシューズは激しい動きから足首を守るハイカットが多く、軽量で動きやすく滑りにくいことが特徴です。

fis大阪の廣瀬さんによると、ジムシューズ選びのポイントはトレーニング内容にあったものを選ぶことが大切とコメントされています。

ジム用シューズを選ぶ時はデザイン性やお気に入りのブランドから選ぶのもジムに通うモチベーションになり良いですが、用途にあったものを選ぶようにしましょう。

例えばジョギングシューズは走る、歩くのような前進する動きには強いので有酸素運動をメインで行う場合は適していますが、横へのステップやジャンプするような動きには弱いためこのシューズでスタジオレッスンをメインで行う場合は靴や足を痛める原因となってしまいます。また軽量に作られているため生地が薄く、足の指や足裏に力が伝わりやすいウエイトトレーニングにも重心が安定しにくいため適していません。

運動初心者の方や色々な運動をしてみたい方は万能タイプのシューズをまずは選んでみてください。

【編集部PICK UP】ジム用シューズ、人気メーカーの売れ筋商品

女性顔イラスト(検証コメント用)

Moovoo編集部

数あるジム用シューズの中でもECサイトなどで売れ行き好調な、人気メーカーの製品を紹介します。ぜひ参考にしてください。
PICK UP➀
  • アシックス
  • PATORIOT 12

  • 税込み2,610円~
  • ラン&ウォーク中心のメニューに

  • 有酸素運動をはじめ、マシントレーニングやスタジオレッスンでも使用できるマルチユースなランニングシューズです。

    衝撃吸収性に優れたミッドソールを採用し、長時間のスロージョギングでも足裏の疲れを軽減します。

サイズ展開:24.5~30cm(メンズ)、22.5~26cm(レディース)
タイプ:ランニングシューズ
メイン素材:合成繊維(アッパー)、合成樹脂(インナーソール)、ゴム(ソール)
留め具の種類:レースアップ
推奨種目:トレッドミル、マシントレーニング、スタジオレッスン
PICK UP②
  • NIKE(ナイキ)
  • メトコン 7

  • 税込み18,700円~
  • ウエイトトレーニングに適した安定感

  • フラットな幅広ヒールに内蔵されたプレートが負荷を分散し、高重量のウエイトトレーニングでも安定感があります。

    アウトソールには適度なクッション性と反発力があり、HIITなどのインターバルトレーニングにもぴったりです。

サイズ展開:24.5~30cm(メンズ)、22.5~25.5cm(レディース)
タイプ:トレーニングシューズ
メイン素材:合成皮革(アッパー)、ゴム(ソール)
留め具の種類:レースアップ
推奨種目:マシントレーニング、フリーウエイト
PICK UP③
  • ミズノ(Mizuno)
  • ウエーブダイバースLG3

  • 税込み9,531円〜
  • 激しい動きに対応したダンス用シューズ

  • 軽量で動きやすく、激しいステップでも足首を守るハイカットデザインが特徴。ダンスやエアロビクスといったスタジオレッスンにおすすめです。

    足指の動きを妨げない溝のあるアウトソールで、高い屈曲性と安定性をサポート。シューズ内の蒸れを軽減する通気システムで快適な履き心地をキープします。

サイズ展開:22~27.5cm(ユニセックス)
タイプ:フィットネスシューズ
メイン素材:合成繊維・人工皮革(アッパー)、合成底(ソール)
留め具の種類:レースアップ
推奨種目:エアロビクス、ダンスエクササイズ
PICK UP④
  • Vibram(ビブラム)
  • FiveFingers KSO EVO

  • 税込み14,080円〜
  • 素足感覚で履ける5本指シューズ

  • グリップ力と柔軟性に優れた3mmの薄型アウトソールと、足指を自由に動かせる五本指デザインは、地面を捉えやすく素足に近い感覚です。

    軽量で蒸れが少ない快適な履き心地のため、ジムでのトレーニングはもとより、普段使いやルームシューズにもおすすめです。

サイズ展開:約24.5~30.5cm(メンズ)、約22.5~25.5cm(レディース)
タイプ:5本指シューズ
メイン素材:ポリエステル(アッパー)、EVA(インナーソール)、ゴム(ソール)
留め具の種類:レースアップ
推奨種目:ウエイトトレーニング、スタジオレッスン
PICK UP➄
  • adidas(アディダス)
  • パワーパーフェクト3

  • 税込み9,234円~
  • ウエイトリフティングに特化

  • 踵が高いためスクワットやウエイトリフティングの姿勢をキープしやすく、トレーニング上級者のワークアウトに向いています。

    面ファスナーでフィット感を調節できるため、シューズ内で足がズレずに安定した動作が可能です。

サイズ展開:22~30cm(ユニセックス)
タイプ:リフティングシューズ
メイン素材:合成繊維(アッパー)、ゴム(ソール)
留め具の種類:レースアップ、面ファスナー
推奨種目:フリーウエイト
PICK UP⑥
  • アシックス
  • MATCONTROL 2

  • 税込み5,751円~
  • デッドリフト向けシューズ

  • 親指内側を巻き上げた構造の薄いアウターソールは、グリップ力が高くさまざまな方向への踏ん張りがきく設計です。

    パワーリフティングの選手にも愛用者が多いレスリングシューズは、高重量のデッドリフトにぴったりです。

サイズ展開:24~30.5cm(メンズ)
タイプ:レスリングシューズ
メイン素材:合成繊維・人工皮革(アッパー)、ゴム(ソール)
留め具の種類:レースアップ
推奨種目:ウエイトトレーニング
PICK UP➆
  • ミズノ(MIZUNO)
  • TC-11

  • 税込み13,770円
  • パフォーマンス向上を追求

  • 耐久性の高いPU素材を採用したミッドソール上面に、アウトソールからの情報が伝わりやすい凸凹をつけ、足裏の感度を高めたトレーニングシューズです。

    格子状スリットが入ったフラット形状のアウトソールはどの方向にも曲がりやすく、より素足感覚に近い履き心地を実現しています。

サイズ展開:23.0~29.0cm(ユニセックス)
タイプ:トレーニングシューズ
メイン素材:合成繊維(アッパー)、ゴム(ソール)
留め具の種類:レースアップ
推奨種目:マシントレーニング、ウエイトトレーニング
PICK UP⑧
  • 丸五(MARUGO)
  • スポーツジョグAIR

  • 税込み5,357円~
  • トレーニング用に進化した地下足袋

  • 地下足袋のもつ優れたグリップ力はそのままに、ミッドソールに衝撃を吸収するエアークッションを内蔵しています。

    足指が使えて踏ん張りがきくので、ジョギングやトレーニングにぴったり。軽量で高いフィット感もあり、快適な履き心地です。

サイズ展開:22.5~28cm(ユニセックス)
タイプ:足袋型スニーカー
メイン素材:ポリエステル(アッパー)、ゴム(ソール)
留め具の種類:レースアップ
推奨種目:トレッドミル、マシントレーニング、スタジオレッスン
※上下左右にスクロールできます

外観

商品名

特長

サイズ展開

タイプ

メイン素材

留め具の種類

推奨種目

Amazonで見る

アシックス PATORIOT 12

ラン&ウォーク中心のメニューに

24.5~30cm(メンズ)、22.5~26cm(レディース)

ランニングシューズ

合成繊維(アッパー)、合成樹脂(インナーソール)、ゴム(ソール)

レースアップ

トレッドミル、マシントレーニング、スタジオレッスン

Amazonで見る

NIKE(ナイキ) メトコン 7

ウエイトトレーニングに適した安定感

24.5~30cm(メンズ)、22.5~25.5cm(レディース)

トレーニングシューズ

合成皮革(アッパー)、ゴム(ソール)

レースアップ

マシントレーニング、フリーウエイト

Amazonで見る

ミズノ(Mizuno) ウエーブダイバースLG3

激しい動きに対応したダンス用シューズ

22~27.5cm(ユニセックス)

フィットネスシューズ

合成繊維・人工皮革(アッパー)、合成底(ソール)

レースアップ

エアロビクス、ダンスエクササイズ

Amazonで見る

Vibram(ビブラム) FiveFingers KSO EVO

素足感覚で履ける5本指シューズ

約24.5~30.5cm(メンズ)、約22.5~25.5cm(レディース)

5本指シューズ

ポリエステル(アッパー)、EVA(インナーソール)、ゴム(ソール)

レースアップ

ウエイトトレーニング、スタジオレッスン

Amazonで見る

adidas(アディダス) パワーパーフェクト3

ウエイトリフティングに特化

22~30cm(ユニセックス)

リフティングシューズ

合成繊維(アッパー)、ゴム(ソール)

レースアップ、面ファスナー

フリーウエイト

Amazonで見る

アシックス MATCONTROL 2

デッドリフト向けシューズ

24~30.5cm(メンズ)

レスリングシューズ

合成繊維・人工皮革(アッパー)、ゴム(ソール)

レースアップ

ウエイトトレーニング

Amazonで見る

ミズノ(MIZUNO) TC-11

パフォーマンス向上を追求

23.0~29.0cm(ユニセックス)

トレーニングシューズ

合成繊維(アッパー)、ゴム(ソール)

レースアップ

マシントレーニング、ウエイトトレーニング

Amazonで見る

丸五(MARUGO) スポーツジョグAIR

トレーニング用に進化した地下足袋

22.5~28cm(ユニセックス)

足袋型スニーカー

ポリエステル(アッパー)、ゴム(ソール)

レースアップ

トレッドミル、マシントレーニング、スタジオレッスン

人気サイトの売れ筋ランキングはこちら

こちらの記事もどうぞ

HOME

>

グッズ

>

【専門家監修】ジム向きシューズ、おすすめ8選 選び方を詳しく解説


  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!