HOME

>

フード

>

【2020年】ウイスキー、人気のおすすめ19選 各国の特徴や飲み方も紹介!

【2020年】ウイスキー、人気のおすすめ19選 各国の特徴や飲み方も紹介!

ママグロースハッカーズ makiko
2020-06-22
2020-06-22

ウイスキーは味わいや風味が様々で、安いものから高級なものまで価格幅も大きいため、どれを買うのか迷いますよね。この記事ではジャパニーズウイスキーをはじめ、世界各国の美味しいウイスキーをご紹介。評判の良いウイスキーを厳選して解説します。

美味しい飲み方も紹介しますので、ぜひご自宅で美味しいウイスキーとともに贅沢なひとときをお過ごしください!

ウイスキーの産地と特徴

ウイスキーは世界各国で作られており、一般的に日本、スコットランド、アイルランド、アメリカ、カナダが5大ウイスキーの産地として知られています。近年は世界的なウイスキーブームが起こっており、台湾で生産されたウイスキーが国際的な大会で優勝するなど、5大ウイスキーとされる産地以外でも本格的なウイスキーが製造され注目されています。

ジャパニーズウイスキー(日本)

「ジャパニーズウイスキー」は、2014年9月からNHKで放送された連続テレビ小説「マッサン」の影響もあり、若い人たちにも注目されるようになりました。サントリー、ニッカウヰスキー、キリンなどが有名銘柄を取り扱っています。

サントリーには山崎蒸留所(大阪府)と、白州蒸留所(山梨県)があり、事前予約をすれば見学も可能です。ニッカウヰスキーには余市蒸留所(北海道)と、宮城峡蒸留所(宮城県)があり、余市蒸留所はマッサンのモデルとなったニッカウヰスキーの創業者・竹鶴政孝が、ウイスキーを作り始めた場所として知られています。キリンにはキリンディスティラリー富士御殿場蒸溜所(静岡県)があります。

スコッチウイスキー(スコットランド)

NHKの連続テレビ小説「マッサン」で玉山鉄二が演じる亀山政春が留学していたのがスコットランドです。
スコットランド・スペイサイドには多くの蒸留所が存在し、中でもウイスキーの最高峰として知られる「ザ・マッカラン」は日本でも人気のあるブランドです。アナザースカイというTV番組でビビる大木さんがザ・マッカラン蒸留所を訪れ、スタジオにいる今田耕司さんへ「マッカラン テラ」というウイスキーをお土産として購入したことでも注目されました。中条あやみさんと一緒に美味しそうに飲む姿がとても印象的なシーンでした。マッカラン蒸留所では、ボトルに名入れをするサービスもあるそうです。

アイリッシュウイスキー(アイルランド)

古い歴史があるウイスキーの産地です。アイリッシュウイスキーには、ミドルトン蒸留所で約200年に渡り伝統的な「シングルポットスチル」で作られる独自製法のウイスキーが存在し、芳香な香りがウイスキーファンを魅了しています。
アイリッシュウイスキーを使ったカクテルは、ホットコーヒーに生クリームを浮かべた「アイリッシュコーヒー」が有名です。

アメリカンウイスキー(アメリカ)

ケンタッキー州で作られる「バーボンウイスキー」や、テネシー州で作られる「テネシーウイスキー」などが有名です。

日本では、モデルのローラが広告に出演している「ジムビーム」や、コンビニでも手に入る「メーカーズマーク」などがバーボンウイスキーとして知られています。

テネシーウイスキーは「ジャックダニエル」が有名で、2002年に公開された映画「セント・オブ・ウーマン/夢の香り」でアカデミー主演男優賞を受賞したアル・パチーノがオン・ザ・ロックで飲んでいたことなどから、カッコいいイメージが定着しています。

カナディアンウイスキー(カナダ)

「カナディアンクラブ(C.C.)」は、カナディアンウイスキーを代表するブランドとして有名です。日本ではあまり知られていないイメージがありますが、サントリーが取り扱っています。また、「クラウンローヤル」「カナディアンミスト」などのブランドも知名度が高いカナディアンウイスキーです。
カナディアンウイスキーは比較的飲みやすく安価で手に入るものが多いため、初心者にも挑戦しやすいウイスキーの産地と言えます。

自宅でできる、ウイスキーの美味しい飲み方

ウイスキーをバーなどで飲む場合と、自宅で飲む場合に、同じように作ったつもりでも味が違うような気がすることはありませんか?

筆者はバーに行くとき、ひとりの時はなるべくカウンターに座り、バーテンダーさんの作り方を見たり、話しかけてくださるときは自宅で作るときのポイントを聞いたりします。

ちょっとしたコツが味の違いに大きく影響することもありますので、時々バーで飲んでみるのもおすすめです。

ウイスキー本来の味を楽しめるストレート

ウイスキーを常温で飲む方法で、グラスは香りが逃げないようにリム(口が当たる部分)が少し狭くなったデザインの「テイスティンググラス」と呼ばれるものを使うのが一般的です。
高価なウイスキーを飲む際は特に、テイスティンググラスを使って飲むと、香りと味のバランスをより楽しみながら飲むことができます。

ストレートは最もウイスキーの味や香りを感じやすい飲み方のひとつですが、ウイスキーの度数は40度前後と大変高いため、チェイサー(水)を準備して、交互に飲むようにしましょう。体内に入ったアルコールを薄めるだけでなく、口内をリセットして、またウイスキーの味を感じやすくする効果もあります。

ウイスキーと同量の水を入れて飲む「トワイスアップ」もおすすめです。ウイスキーによっては、トワイスアップの方がより美味しく感じる場合があります。筆者はウイスキーが好きなものの、強いアルコールは苦手なので、トワイスアップやハイボールで飲むことが多いです。

氷を入れて楽しむオン・ザ・ロック

ウイスキー本来の味や香りを楽しむためにはストレートがおすすめですが、氷を入れて飲むと口当たりが良く、飲みやすくなります。ただ、ストレートに比べて香りを感じにくい印象がありますので、ストレートとオン・ザ・ロックを同じウイスキーでどちらも試して美味しい飲み方を見つけるのがおすすめです。

グラスはロックグラスを使います。手のサイズになじみやすい、お気に入りのグラスを用意しておくと、楽しみも倍増します。

氷を入れる飲み方は、ストレートのウイスキーを注ぐ「オン・ザ・ロック」、ウイスキーと同量の水を入れる「ハーフロック」、クラッシュドアイスを入れた「オン・ザ・ロック」にレモンピールを入れる「ミスト」などがあります。

初心者でも飲みやすい、ハイボールや水割り

ハイボールは、ウイスキーを炭酸で割った飲み物のことです。最近は、居酒屋やカジュアルなバーでも見かけるようになりました。ハイボールは焼酎割り(酎ハイ)の意味で使われることもあるため、お店で注文する際は、ベースのお酒の銘柄を確認しましょう。

自宅で飲む際はグラスをよく冷やしてから作るとスッキリと飲むことができ、よりリフレッシュできます。自宅で作る場合は好みの濃さで作ることができますので、自分好みにカスタマイズしてみましょう。お好みでレモンやライムを絞ると、また違った味わいを楽しむことができます。

立ち上る豊かな香りを楽しめるホットウイスキー

立ち上る香りがたまらない、ホットウイスキーもおすすめです。特に、キャンプなどで氷が手に入りにくい場合などに重宝する飲み方です。

予めお湯を入れるなどして温めておいた耐熱グラスに、ウイスキーを1/3ほど注ぎ、お湯を加えます。ウイスキーの量は、慣れてきたら好みに応じて変えてみてください。
身体が温まるため、ナイトキャップにもおすすめです。

ウイスキーを使ったカクテル

ウイスキーは様々なカクテルにも使われており、中でも有名なのはウイスキーを3倍の量のアマレットで割る「ゴッドファーザー」というカクテルではないでしょうか。
我が家では、バーでも良く見かける「ディサローノ アマレット」を使っています。ディサローノ アマレットはアルコール度数28度なので、アルコール度数の高いカクテルです。

ディサローノ アマレットはガラスのボトルに重厚感があり、ウイスキーと並べてもかっこいいですよ!限定ボトルなども販売されていますので、チェックしてみてください。杏仁の香りがする甘いリキュールなので、単品でジンジャエールで割ってライムを落として飲むのもおすすめです。


ここからは産地ごとに、人気のウイスキーを紹介します。
下記の表に今回ご紹介するウイスキーを、特徴やレビューもあわせてまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

ジャパニーズウイスキーのおすすめ

ジャパニーズウイスキーは人気で品薄のため価格が高騰しているものの、日本人の口に合う繊細でまろやかな風味が魅力です。ここでは、特に人気のあるジャパニーズウイスキーの銘柄をご紹介します。

おすすめ①
  • サントリー
  • 山崎

  • 税込み9,529円
  • 華やかな香りで海外でも人気

  • 世界で知られるジャパニーズウイスキーの代表格「山崎」のノンヴィンテージウイスキーで、海外でも人気が高いです。

私の海外在住の友人にもファンが多いウイスキーです。
昔に比べて品薄状態が続いており、酒屋でも手に入りにくい場合があり、価格も高騰している印象があります。

ワイン樽熟成モルト原酒で作られたシングルモルトウイスキーは、日本人の好みに良く合う華やかな香りが特徴です。

山崎
産地 日本・大阪府
アルコール度数 43%
特徴 シングルモルトウイスキー
おすすめ②
  • サントリー
  • 響 JAPANESE HARMONY

  • 税込み8,900円
  • 世界に認められた繊細な調合

  • 日本人の繊細な感覚により調合されたオリジナルのブレンドは、琥珀色の美しい色合いで華やかな香りが特徴です。

響シリーズは人気で品薄のため、非常に手に入りにくくなっているジャパニーズウイスキーのひとつです。筆者が行くホテルのバーでも、響のエイジングシリーズは在庫がないことがあります。

「響 JAPANESE HARMONY」は響の最もベーシックなノンエイジウイスキーですが、2016年の「サンフランシスコ・ワールド・スピリッツ・コンペティション」のアザーウイスキーカテゴリーで最優秀金賞を受賞しており、世界でも品質が認められたブレンデッドウイスキーです。見かけたら、是非飲んでみてください。

響 JAPANESE HARMONY
産地 日本
アルコール度数 43%
特徴 ブレンデッドウイスキー
おすすめ③
  • アサヒビール
  • 竹鶴ピュアモルト

  • 税込み6,800円
  • 複雑で香り高いブレンドが魅力

  • ニッカウヰスキーのウイスキーブランドで、余市蒸留所や宮城峡蒸溜所で作られたシングルモルトをヴァッティングすることでニッカウヰスキーならではの複雑で香り高いブレンデッドウイスキーを実現しています。

「竹鶴ピュアモルト」はノンエイジウイスキーで、竹鶴の中でも最もベーシックなウイスキーです。NHKの連続テレビ小説「マッサン」でモデルとなった、創業者・竹鶴政孝氏の名前を冠するウイスキーなので、ドラマファンには一度飲んでいただきたいウイスキーです。

竹鶴ピュアモルト
産地 日本
アルコール度数 43%
特徴 ピュアモルトウイスキー
おすすめ④
  • サントリー
  • 知多

  • 爽やかで飲みやすい

  • 佐藤健さんが広告に出演している爽やかな印象そのままの、スッキリとして飲みやすいシングルグレーンウイスキーです。

サントリーから2015年に発売されたウィスキーで、日本だけでなく海外の高級レストランでも人気があります。

おすすめの飲み方はハイボール。サントリーのホームページでは金柑を入れたハイボールや、柚子ピールが香るお湯割などおすすめの飲み方が紹介されています。

知多
産地 日本
アルコール度数 43%
特徴 シングルグレーンウイスキー
おすすめ⑤
  • サントリー
  • 白州

  • 白州の森で育まれる綺麗な水で作られたスッキリとしてキレの良いスモーキーな味わいは、ウイスキー好きを唸らせる味わいです。

山梨県の白州蒸留所で作られるシングルモルトウイスキー「白州」。

白州も実は、手に入りにくいウイスキーのひとつ。ネット上では価格が高騰している場合があるため、酒屋などで見かけたら「買い」です。

こちらのノンエイジ以外に、18年、25年ものもあり、希少価値が高く高級ウイスキーとして知られています。

白州
産地 山梨県
アルコール度数 43%
特徴 シングルモルトウイスキー
おすすめ⑥
  • アサヒビール
  • 余市

  • 税込み6,067円
  • 幅広い世代に愛される力強い味わい

  • 余市蒸留所ならではの力強さやスモーキーなピートの味わいは、ウイスキー初心者から上級者まで幅広い世代に愛されています。

ニッカウヰスキーの創業者、竹鶴政孝が最初にウイスキー作りを始めた「北海道余市」で作られている、シングルモルトウイスキー「余市」。

余市もマッサンや近年のハイボール人気で価格が高騰していますので、もし酒屋さんなどで定価(税別4,200円)で見かけた場合は、そちらで買った方がお得です。

余市
産地 日本・北海道
アルコール度数 45%
特徴 シングルモルトウイスキー

アイリッシュウイスキーのおすすめ

居酒屋やカジュアルなバーでも見かける人気の銘柄から、伝統のシングルポットスチル製法で作られた高価なものまで、人気のアイリッシュウイスキーをご紹介します。

おすすめ⑦
  • ペルノリカール
  • ジェムソン スタンダード

  • 税込み1869円
  • まろやかな味わいで初心者にもおすすめ

  • 「ジェムソン スタンダード」の特徴は、ピートを使っていないためスモーキーな香りがなく、3年以上熟成しているためまろやかで優しい味わいが特徴です。

有名なアイリッシュウイスキーのブランドです。「ジェムソン スタンダード」はその名の通り、シリーズの中で最もスタンダードなウイスキーです。居酒屋やバーで見かけたことがある人も多いのではないでしょうか?

非常に飲みやすいため、ウイスキーが得意ではない人も美味しく飲めるはずです。ジェムソンのウェブサイトでは、ジンジャエールで割ってライムを絞ってそのままグラスに落とす飲み方をおすすめしています。

ジェムソン スタンダード
産地 アイルランド
アルコール度数 40%
特徴 ブレンデッドウイスキー
おすすめ⑧
  • サントリー
  • カネマラ

  • 税込み3,168円
  • バランスの良い香りが魅力

  • アイリッシュウイスキーの中では珍しく、ピートを使っているため、適度にスモーキーな香りが漂う贅沢なシングルモルトウイスキーです。

4年熟成、6年熟成、8年熟成の原酒をヴァッティングし、フレッシュさと熟成されたフルーティーな香りのバランスが素晴らしいハーモニーを生み出しています。

カマネラには12年のヴィンテージもあり、より深い味わい・香ばしさを味わいたい方には、こちらもおすすめです。

カマネラ
産地 アイルランド
アルコール度数 40%
特徴 アイリッシュウイスキーには珍しいピートを使ったスモーキーな香り
おすすめ⑨
  • ペルノリカール
  • レッドブレスト 12年

  • 税込み5,148円
  • 甘くてフルーティーな香り

  • 伝統のシングルポットスチル製法で作られており、甘くフルーティーの香りは、バーボンウイスキーに近い味わいを感じます。ウイスキー独特のスモーキーな香りがないため、スコッチウイスキーが苦手な方や、バーボンウイスキーが好きな方におすすめです。

アイリッシュウイスキーの有名ブランド「レッドブレスト」の12年です。他に、15年、21年があります。

アイリッシュウイスキーならではの飲み方は、アイリッシュコーヒーです。コーヒーと生クリームの組み合わせが、甘い香りのウイスキーとよく合いますので、是非お試しください。

レッドブレスト 12年
産地 アイルランド
アルコール度数 40%
特徴 伝統のシングルポットスチル製法

スコッチウイスキーのおすすめ

「ウイスキーと言えばスコッチウイスキー」という人も多い、ウイスキーを語る上で欠かすことので産地のウイスキーです。1,000円以下で買えるものから高級銘柄まで集めましたので、是非、お気に入りの1本を見つけてみてください!

おすすめ⑩
  • キリンビール
  • ホワイトホース ファインオールド

  • 税込み1,073円
  • 口当たりがよく飲みやすい味わい

  • 1,000円以下で買えるウイスキーで優秀なのが、スコッチウイスキー「ホワイトホース ファインオールド」です。日本では、オダギリジョーさんが広告に登場しています。

スコッチウイスキー好きには、1箇所の蒸留所で作られた大麦麦芽のウイスキーのみを使ったシングルモルトを好む傾向にありますが、こちらのブレンデッドウイスキーは、ウイスキーをブレンドすることで飲みやすくしているため、口当たりが良く飲みやすい味に整えられています。

一般的にウイスキーを嗜むのは価格がネックになることが多いのですが、ホワイトホース ファインオールドはコストパフォーマンスが高いので、日常の晩酌としておすすめです。

ホワイトホース ファインオールド
産地 イギリス・スコットランド
アルコール度数 40%
特徴 ブレンデッドウイスキー
おすすめ⑪
  • サントリー
  • バランタイン ファイネスト

  • 税込み1,122円
  • クセがなく飲みやすい

  • 40種類ものウイスキーをブレンドし、黄金色の優雅な色合いと、良い意味でクセがなく飲みやすいウイスキーなので人気があり、スーパーやコンビニなど様々な場所で見かけます。

イギリスのブレンデッドウイスキーとして有名なブランドが「バランタイン」です。「Whisky Bible Award 2017」でWinnerを受賞しており、そのブレンディングの技術は折り紙つきです。

同じバランタインシリーズのヴィンテージウイスキー「バランタイン12年」は、より味に深みがありウイスキーの香りを楽しめるので、是非、風味の違いをお試しください。

バランタイン ファイネスト
産地 イギリス・スコットランド
アルコール度数 40%
特徴 ブレンデッドウイスキー
おすすめ⑫
  • ジョニーウォーカー
  • ブラックラベル 12年

  • 税込み3,089円
  • ウイスキー好きをも唸らせる逸品

  • 29種類ものシングルモルトをブレンドした、ブレンデッドウイスキーです。

ジョニーウォーカーにしかない、スモーキーでフルーティーな味わいは、ウイスキー好きをも唸らせる逸品で、ウイスキー初心者だけでなく、ウイスキー上級者にもファンが多いのが特徴です。しっかりした味わいのウイスキーなので、ハイボールにして飲んでもしっかり風味を感じられます。

ジョニーウォーカー ブラックラベル 12年
産地 イギリス・スコットランド
アルコール度数 40%
特徴 ブレンデッドウイスキー
おすすめ⑬
  • マッカラン
  • ザ マッカラン 12年

  • 税込み7,111円
  • 価格と味のベストバランス

  • 英国スコットランドのスペイサイドにある「ザ・マッカラン蒸留所」で作られたシングルモルトのウイスキーです。

シェリー樽でで12年間熟成させており、数あるザ・マッカランのウイスキーの中でも価格と味のバランスが良いのが「ザ・マッカラン12年」。スコッチウイスキー特有のスモーキーな香りが少なく甘みがあるため、飲みやすいのが特徴です。

ギフトボックスに入っていますので、ウイスキー好きな方へのプレゼントとしても人気があります。

ザ・マッカラン12年
産地 イギリス・スコットランド
アルコール度数 40%
特徴 シングルモルトウイスキー

アメリカンウイスキーのおすすめ

バーボンウイスキーやテネシーウイスキーなどを中心に、人気のアメリカンウイスキーを紹介します。価格が安いものも多く流通していますので、初心者にも気軽に挑戦しやすい銘柄が多いのが特徴です。

おすすめ⑭
  • メーカーズマーク
  • バーボンウイスキー

  • 税込み2,494円
  • 甘味があって飲みやすい

  • ケンタッキー州で作られるバーボンウイスキーはライ麦で作られることが多いですが、冬小麦で作ることで、まろやかな味わいを作り出しているのが「メーカーズマーク」です。

筆者は個人的にメーカーズマークが好きなのですが、スコッチウイスキーと比べるとスモーキーな香りがなく、甘みがあって飲みやすいのが特徴です。ウイスキーを初めて飲む方や、ウイスキーが苦手と感じている方に、一度試していただきたいバーボンウイスキーです。コンビニでも手に入るため、気軽に自宅で楽しむことができます。

メーカーズマーク
産地 アメリカ合衆国・ケンタッキー州
アルコール度数 45%
特徴 ケンタッキー州で作られるバーボンウイスキー
おすすめ⑮
  • ジャックダニエル
  • ブラック(オールドNo.7)

  • 実は女性ファンも多い定番

  • テネシーウイスキーを代表するウイスキーのひとつ。迫力のあるブラックのボトルは存在感がありカッコいいイメージがありますが、実は女性にもファンが多いのが特徴。

サトウカエデの木炭を使ってろ過する「チャコール・メローイング」が独特の香ばしさやコクを出しています。

甘党な方には、ジャックダニエルに蜂蜜を加えたリキュール「ジャック ダニエル テネシーハニー」もおすすめです。アイスクリームにかけて食べると甘く香るウイスキーの香りがとても美味しいので、大人のデザートとして是非お試しください。

ジャック ダニエル ブラック(オールドNo.7)
産地 アメリカ合衆国・テネシー州
アルコール度数 40%
特徴 テネシー州で作られるテネシーウイスキー
おすすめ⑯
  • ジムビーム
  • バーボンウイスキー ジムビーム

  • 税込み1,281円
  • 気軽な自宅飲みにもおすすめ

  • 4年熟成したオーク樽の香りと、バーボンならではの甘い香りが飲みやすく、居酒屋のハイボールのベースとしても見かけるようになりました。

モデルのローラが広告に出演している、日本で人気のバーボンウイスキーが「ジムビーム」です。

価格が安いので、気軽な自宅飲みにもおすすめです。個人的に、レモンをたっぷり入れてハイボールにするとスッキリとして飲みやすいと感じます。

ジムビーム
産地 アメリカ合衆国・ケンタッキー州
アルコール度数 40%
特徴 ケンタッキー州で作られるバーボンウイスキー

カナディアンウイスキーのおすすめ

カナディアンウイスキーの中でも、特に知名度の高い人気のウイスキー3選をご紹介します。
ライトでバランスの良い口当たりに魅了される人も多いので、気になる方は是非お試しください。

おすすめ⑰
  • クラウン ローヤル
  • クラウン ローヤル

  • 税込み2,240円
  • 高級感のあるボトルと重厚感のあるクラウンのイラストが上品な、カナディアンウイスキーです。

クラウン ローヤルはブレンデッドウイスキーで、モルトとグレーンをバランス良く調合しています。お値段が安い割に、高級感のある芳香な香りやスッキリとして穏やかな味わいが評判で、ウイスキー初心者にもおすすめです。

この後に紹介するカナディアンクラブと好みが別れるところも面白いので、是非飲み比べてみてください。

クラウン ローヤル
産地 カナダ
アルコール度数 40%
特徴 ブレンデッドウイスキー
おすすめ⑱
  • カナディアンクラブ
  • カナディアンウイスキーの代表格

  • カナディアンウイスキーの中で最も知られているウイスキーブランドのひとつ。「インターナショナル・スピリッツ・チャレンジ2016」において金賞を受賞し、注目されました。

ライトな口当たりでクセが少ないため、飲みやすいウイスキーです。他には、よりフルーティーで芳香な香りが楽しめる「カナディアンクラブ ブラックラベル」や、熟成した「カナディアンクラブ クラシック12年」「カナディアンクラブ 20年」などがあります。

カナディアンクラブ
産地 カナダ
アルコール度数 40%
特徴 ブレンデッドウイスキー
おすすめ⑲
  • カナディアンミスト
  • カナディアンミスト

  • 税込み1,360円
  • アサヒビールが2016年から日本での発売を開始したカナディアンウイスキーです。

軽やかなウイスキーを探している人にはぴったりなウイスキーですが、ウイスキーの独特の重厚な味わいを求める方には物足りないかもしれません。カナディアンミスト蒸溜所でホワイトオーク樽を使って熟成したウイスキーはさっぱりとしてクセが少ないため、ハイボールやカクテルなどに良く合います。

カナディアンミスト
産地 カナダ
アルコール度数 40%
特徴 ブレンデッドウイスキー

商品情報まとめ

ウイスキーの比較表
  種類 産地 アルコール度数 特徴 Amazonレビューの星の数 価格
山崎 ジャパニーズウイスキー 日本・大阪府 43% シングルモルトウイスキー 3.8 税込み8,550円
響 JAPANESE HARMONY ジャパニーズウイスキー 日本 43% ブレンデッドウイスキー 4.2 税込み8,680円
竹鶴ピュアモルト ジャパニーズウイスキー 日本 43% ピュアモルトウイスキー 4.2 税込み4,840円
知多 ジャパニーズウイスキー 日本 43% グレーンウイスキー 4.2 税込み5,100円
白州 ジャパニーズウイスキー 日本・山梨県 43% シングルモルトウイスキー 3.9 税込み6,531円
余市 ジャパニーズウイスキー 日本・北海道 45% シングルモルトウイスキー 3.8 税込み5,980円
ジェムソン スタンダード アイリッシュウイスキー アイルランド 40% ブレンデッドウイスキー 4.2 税込み1,836円
カマネラ アイリッシュウイスキー アイルランド 40% シングルモルトウイスキー 4.4 税込み3,757円
レッドブレスト 12年 アイリッシュウイスキー アイルランド 40% シングルポットスチル製法 4.7 税込み5,980円
ホワイトホース ファインオールド スコッチウイスキー イギリス・スコットランド 40% ブレンデッドウイスキー 4.3 税込み960円
バランタイン ファイネスト スコッチウイスキー イギリス・スコットランド 40% ブレンデッドウイスキー 4.1 税込み1,168円
ジョニーウォーカー ブラックラベル 12年 スコッチウイスキー イギリス・スコットランド 40% ブレンデッドウイスキー 4.4 税込み2,259円
ザ・マッカラン12年 スコッチウイスキー イギリス・スコットランド 40% シングルモルトウイスキー 4.4 税込み6,629円
メーカーズマーク バーボンウイスキー アメリカ・ケンタッキー州 45% 冬小麦を使用したバーボンウイスキー 4.5 税込み2,419円
ジャック ダニエル ブラック(オールドNo.7) テネシーウイスキー アメリカ合衆国・テネシー州 40% 「ジャック ダニエル テネシーハニー」もおすすめ 4.1 税込み2,207円
ジムビーム バーボンウイスキー アメリカ・ケンタッキー州 40% まろやかなオーク樽の香り 4 税込み1,133円
クラウン ローヤル カナディアンウイスキー カナダ 40% ブレンデッドウイスキー 3.8 税込み2,089円
カナディアンクラブ カナディアンウイスキー カナダ 40% ブレンデッドウイスキー 3.7 税込み1,168円
カナディアンミスト カナディアンウイスキー カナダ 40% ブレンデッドウイスキー 3.8 税込み1,330円

ジャパニーズウイスキーはとても美味しいのですが、一部価格が高騰しているものがあるのがネック。そんな時は、海外のウイスキーにも目を向けてみましょう。

筆者の個人的なおすすすめは、マッカラン12年です。シェリー樽で熟成されたまろやかで香ばしい香りはウイスキー初心者から上級者まで、広く愛されるウイスキーで、ストレートやオン・ザ・ロック、ハイボールなど、どんな飲み方をしても美味しいですよ!

※価格はいずれも2020年6月時点のものです。


  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!