醤油さしの選び方とおすすめ10選を一挙に紹介!醤油さしで食卓を彩ろう

Moovoo|(ムーブー)

[ムーブー]スマートな暮らし

検索

HOME

>

グッズ

>

醤油さしの選び方とおすすめ10選を一挙に紹介!醤油さしで食卓を彩ろう

醤油さしの選び方とおすすめ10選を一挙に紹介!醤油さしで食卓を彩ろう

moovoo編集部
2019-08-19

お気に入りの醤油さしで食卓を彩ろう!

醤油のイメージ

醤油さしは食卓を彩る重要なアイテムです。おしゃれな醤油さしにすれば見た目も美しく、さらに機能性も備わっていれば、言うことはありません。プッシュボタンが付いたものから液だれしないものなど、商品によってアピールポイントはさまざまです。ただ種類が多いのが難点です。そのため、醤油さしが欲しいけど、何を選べば良いのかわからないという方も多いと思います。

そこで今回は、醤油さしの選び方からおすすめ10選まで一挙に紹介します。購入予定の方は、ぜひ参考にしてください。

醤油さしの選び方を紹介

ひと口に醤油さしと言っても、多種多様です。何を選べば良いのかわからない方も多いでしょう。見た目から素材、機能に至るまで、メーカーによって違います。使いやすさ重視なら機能性に優れたもの、食卓を彩りたいならデザイン重視、あなたに合った醤油さしをゲットするなら、まず選び方を知らなければいけません。

そこでこの項目では、醤油さしの選び方を紹介。悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

醤油さしのタイプで選ぶ

醤油さしと言っても種類はさまざま。注ぐタイプも違うので、おさらいしておきましょう。

・スタンダード

容器を傾けて醤油を注ぐタイプです。スタンダードなタイプで、デザインや素材はたくさんあります。ただ、注ぐ際に調整が難しいのがデメリットです。

・プッシュタイプ

容器に付いているボタンを押して醤油を注ぐタイプです。注ぐ量を調整できるので、減塩をしている方にもおすすめです。

・スプレータイプ

霧吹きのように醤油をかけるタイプです。1回で出る分が少量な上に、まんべんなくかけられるのが魅力です。減塩をしたい方、薄口が良い方はスプレータイプを使いましょう。

使われて売る素材で選ぶ

醤油さしは素材で選ぶのも大事です。種類によってはプラスチックやガラス、陶器などさまざま。落とした時に破損しにくいものを探しているなら、プラスチックがおすすめです。しっかり消毒するならガラスが最も適しています。

耐熱ガラスを使っている醤油さしなら、熱湯消毒が可能です。見た目重視の方は陶器が良いでしょう。伝統的な製法で作られた陶器の醤油さしは、古風があり食卓を彩ってくれます。さらに見た目も大きく変わるので、キッチンの雰囲気や使い心地などをイメージして、素材から醤油さしを選ぶことをおすすめします。

液だれの有無で選ぼう

醤油さしで困るのが液だれです。醤油を注いだ後、残った醤油がそのまま机に滴ってしまうことはよくあります。せっかくデザインなど気に入っている部分が多いのに、液だれ一つで不格好に見えます。それにわざわざ掃除するのも面倒ですよね。もしかしたらシミになってしまう可能性もあります。

メーカーによっては、液だれ防止機能が付いた醤油さしも販売しているので、液だれの有無にも注目してみるのもおすすめです。清潔で美しい食卓を目指しているなら、液だれをしない醤油さしを選びましょう。

醤油さしのおすすめ10選

選び方がわかったとしても、種類が多く選びきれませんよね。どうせ使うなら、一番良いものが欲しい方も多いでしょう。そこでこの項目では、醤油さしのおすすめ10選を一挙に紹介します。悩んでいる方、ここからあなたに合ったものを選びましょう!

人気商品「iwaki フタ付きしょうゆ差し (S)KT5031-BK」

醤油さしはいつまでも清潔に使いたいものです。そこでおすすめなのが「iwaki フタ付きしょうゆ差し (S)KT5031-BK」です。フタが付いているので、ホコリが中に入る心配はありません。さらに乾燥を抑えてくれる効果もあるので、醤油の風味を保ってくれます。少し高価な醤油など、風味重視のタイプに使える醤油さしです。

フォルムは緩やかにカーブを描いており、持った時のフィット感も特徴の1つです。加えて密栓度が高いのもポイントです。洗って使えるので、いつまでも清潔感を保てます。気になる方は、ぜひ詳細もチェックしてみてください。

シリコンタイプでキレが良い!「iwaki 密閉醤油差し 250ml KS522-SVN」

醤油のキレが悪いと、余分にかけ過ぎることもあります。そうなると、せっかくの料理がしょっぱくなってしまいます。そんなトラブルを避けるためには、注ぎ口のキレの良さは重要です。そこでおすすめするのが「iwaki 密閉醤油差し 250ml KS522-SVN」です。

シリコン製のノズルを使っているので、醤油のキレが良くなっています。さらに空気穴を備えているので、指で抑えながら出す量を細かく調整できるのもポイント。自分が欲しい量を調整できるので、かけ過ぎる心配はありません。

加えて、フタが付いているのも魅力の一つです。ホコリや虫が入るのを防ぎ、乾燥からも守ってくれます。風味を損ないづらいので、長い間美味しい醤油を味わえるでしょう。

液だれ防止「レック DLプッシュ式しょうゆ差し(S)」

醤油さしは液だれのしやすさが問題になることも多いです。液だれすることで机に跡が付いたり、掃除が面倒だったりと良いことはありません。そんな液だれを防止するなら、「レック DLプッシュ式しょうゆ差し(S)」がおすすめです。

この商品はノズル部分をクロスカット加工という特殊な方法を使って、仕上げています。これにより液だれにくく、ニオイも移らないようにしてくれます。さらに醤油は1滴から注ぐことが可能。商品の上部を長押しすることで、醤油が出続け、離すと止まるので、減塩もサポートできる優れものです。気になる方は、詳細も要チェックです。

デザイン重視「岩澤硝子 江戸前すり口醤油注ぎ 小 WA-416」

醤油さしは食卓を彩るアイテムの1つです。せっかく使うなら、デザイン性に優れたものを使いたいものです。そこでおすすめなのが、「岩澤硝子 江戸前すり口醤油注ぎ 小 WA-416」です。

この商品は、江戸硝子と呼ばれる伝統製法を用いて作られています。全て職人の手が加えられており、和風の美しいデザインが魅力です。形は非常にシンプルなので、使い勝手も良いのもポイント。さらに液だれがしないよう作られているので、食卓を汚すことなく、清潔に利用できるのもおすすめする理由です。気になる方は、こちらを検討してみてはいかがでしょうか。

桐箱入り「THE(ザ) THE 醤油差し」

高級感のある醤油さしが一つあるだけで、食卓は華やかになります。その分、値段は高くなりますが、食卓の華やかさにこだわるなら、ぜひ使いたいものです。そこでおすすめするのが「THE(ザ) THE 醤油差し」です。

この商品は、全てガラスで作られた高級感漂う一品です。特に透明度が高いと言われているクリスタルガラスを使っているため、クリアな見た目で、シンプルで洗練されたデザインなのも魅力の1つ。さらにフタと本体はすり加工によって、高い密閉性を維持しています。そのため、液だれする心配もなく、清潔に使える点もポイントです。

適量かけるなら!「Daiwa プッシュワンS」

醤油をかける際、調節が難しくつい多く出てしまい、せっかくの料理がしょっぱくなってしまった経験がある方も多いでしょう。醤油を適量かけられる商品が欲しいなら、「Daiwa プッシュワンS」はいかがでしょうか。

この商品は、ワンプッシュで醤油を適量かけられるのが特徴です。押し加減で出る量を調節できるので、かけ過ぎる心配はありません。そのため、減塩を考えている方にも嬉しい商品です。加えて、倒れてもこぼれにくく、食卓での使い勝手が良いところも、おすすめできる点です。

密閉性重視「iwaki 密閉醤油差し120ml」

醤油さしを倒してしまい、中身が漏れてしまうと処理が大変です。そのため、倒れても漏れない商品があると安心です。そこでおすすめなのが、「iwaki 密閉醤油差し120ml」です。

この商品の特徴は密閉性が高いことにあります。倒れても大丈夫なよう、密閉式のフタがしっかりと醤油を守り、さらにフタが付いていることで、ホコリや虫などの侵入も許しません。加えて耐熱ガラスなのも魅力の1つです。熱湯消毒ができるので、いつまでも清潔な状態を保てます。120mlタイプは、持ちやすく注ぎやすいため、おすすめです。

伝統的な形「白山陶器 G型しょうゆさし(大)」

醤油さしと言えば、伝統的なG型が良いという方もいるでしょう。その中でも優れているのが、「白山陶器 G型しょうゆさし(大)」です、日本の食卓の定番で、過去にはグッドデザイン賞にも選ばれたフォルムが魅力の醤油さしです。

白山陶器を基準にして、現代的に作り変えたデザインは今でも色あせない便利さとなっています。詰められている技術はさすがの一言で、食卓にもきっと馴染んでくれるでしょう。醤油さしを探している方、伝統的な形が良い方は、この商品がおすすめです。

塩分を抑えるなら!「セイエイ (seiei) ちょいかけスプレー」

醤油をかけたいが塩分は抑えたい。そんな時、まんべんなく必要最小限だけかけられる醤油さしがあると便利です。それに料理に馴染みやすいものが欲しいという方も多いでしょう。そこで使って欲しいのが、「セイエイ(seiei)ちょいかけスプレー」です。

この商品はスプレータイプとなっており、ワンプッシュで0.1cc噴射されます。スプレーなので、料理全体にまんべんなくかけることができる優れものです。全体に味を付けるために大量の醤油を注ぐ必要はないため、塩分を抑えたいときにも便利な商品です。気になる方は詳細もチェックしてみてください。

安定した使い心地「山崎実業 プッシュ式醤油差しタワー」

安定した使い心地を求めているなら、「山崎実業 プッシュ式醤油差しタワー」はいかがでしょう。

この商品は、まずワンプッシュで醤油がかけられるのが特徴です。上部を押すだけで、量を調節しながら醤油をかけられるので、塩分過多になる心配がありません。さらに注ぎ口はキレが良いので、無駄がないのもポイントです。

加えてこぼれにくい構造なので、たとえ倒しても、醤油が漏れてしまう心配はありません。安定した使い心地を実現した醤油さしです。その他、手入れの簡単さなども特徴です。気になる方は、この商品の詳細もチェックしてみてはいかがでしょう。

醤油さしで食卓を彩ろう!

醤油を注ぐイメージ

以上が醤油さしの選び方とおすすめ10選です。醤油さし一つで食卓の印象は変わります。素敵に演出したいなら、おしゃれな醤油さしをおすすめします。もちろん機能性重視でも良いものが見つかるでしょう。

種類が多くて選びきれない、良いものを使いたい、という方は、今回紹介したことを参考にしてください。そして気に入った醤油さしで、食卓を彩りましょう!



  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!