Technology

SF映画で見た! 自分の代わりに作業をするデジタルクローン「P.A.I.」

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がbouncyに還元されることがあります。

「P.A.I.(パーソナル人工知能)」は個人の意思をデジタルクローン化し、本人の代わりにメッセージなどのデジタル作業を行うことを目指すAI技術。日本のオルツが開発している。

学習していくAIの自分

自分自身の意思をデジタル化した「P.A.I.」はFacebookやTwitterなどのSNSと連携。実在する人間のテキスト、写真や音声などさまざまなライフログデータによる価値観を反映し個人のAIモデルを作成する。喋る内容だけでなく表情や声質、仕草まで再現予定とのこと。

デジタルクローンの自分はネットワーク世界で24時間365日活動。自分の代わりにメッセージに自動で返信したり、ドキュメントファイルを送ってくれる。
クローン同士でのコミュニケーションも可能で、多くのユーザーとの関連性からもデータを蓄積し学習していく。自分らしい判断をする、自分らしいAIになっていくという。

将来的にはカスタマーサポート、自分専用のオンライン教師、もうこの世にいない人のクローンと話せる日も来るかもしれない。

・ ・ ・

AIの自分が、自分を助けてくれる日も近い?

デジタルクローンP.A.I.

株式会社オルツ

RECOMMEND

PAGE TOP