HOME

>

グッズ

>

【おしゃれでかわいい酒器】おすすめ18選!よりお酒を楽しむ方法とは

【おしゃれでかわいい酒器】おすすめ18選!よりお酒を楽しむ方法とは

nagiy
2020-09-01
2020-09-01

お酒をいただく際に必要となる酒器。お酒を主役だと考えるならば、脇役だと思いがちですが実はお酒をより美味しくいただくために大切なアイテムでもあります。

酒器の素材や形状によって、お酒の口当たりやまろやかさが変わることも!そんな意外に重要な役割を持つ酒器とは、どのように選んでいけばよいのでしょうか?宅飲みの楽しさを底上げするためにも、今回は酒器にスポットを当ててみていきます。

番外編として収納方法にも触れていくので、しっかりチェックしてみてくださいね。

酒器にこだわるということ

蛇の目おちょこの写真

日々の忙しさを癒すために、晩酌が何よりの楽しみだ!なんて方も多いのではないでしょうか?ビールや缶チューハイなどはそのままいただいても美味しいものですが、とりわけ、日本酒をいただく際に必要になってくるのが「酒器」です。

かわいい見た目の物からおしゃれなもの、時代を感じさせるような渋い酒器までたくさんありますよね。見た目やインテリアとしても注目されている酒器ですが、やはり一番にこだわってほしいのはお酒の味わいを引き立てる点

香りの立ち方や日本酒の種類によって、酒器の選び方を変えればより美味しくいただくことも可能です。もちろん、瓶から徳利、片口に入れ替える工程。そしておちょこに注ぐゆっくりとした時間も、お酒を味わう演出になってくれるでしょう。

忙しい日々を送っているからこそ、お酒の周辺アイテムにもこだわる。そんな余裕がより癒しの時間を引き立ててくれるでしょう。

日本酒を美味しくいただこう!酒器の選び方

たくさんのおちょこの写真

では実際のところ、どんなポイントに気をつけながら酒器を選べばよいのでしょうか?基本を押さえて、自身の好みに合った酒器を見つけていきましょう。

日本酒の種類によって器を選ぶ

酒器にこだわることはもちろん素敵なことですが、そもそも酒器はお酒を入れる器です。したがって選ぶ際の一番のポイントは、自身が飲む日本酒に合った酒器なのかどうかが重要

日本酒は大別して4種類に分けられます。それぞれの特徴を踏まえて酒器を選んでいきましょう。

日本酒の種類別おすすめ酒器

<リスト>
●醇酒:味わい深くコクがある日本酒

おすすめ酒器:熱燗にも適している日本酒に合わせる酒器は、どっしりとした昔ながらの和風の酒器がおすすめ。焼き物系だと尚良し!

<リスト>
●爽酒:クリアな味わいですっきりと飲める日本酒

おすすめ酒器:喉越しもよい日本酒を合わせるので、温度が変わらないうちに飲み干せる小さ目でつるりとした感触の酒器がおすすめ。

<リスト>
●薫酒:味わいよりも香りに特徴がある日本酒

おすすめ酒器:香りをより楽しむために口径が広い酒器がおすすめ。下にいくほどすぼまってるようなラッパ型と覚えておきましょう。

<リスト>
●熟酒:深い味わいと日本酒とは思えない香りが特徴的な日本酒

おすすめ酒器:香りや味わいはもちろん、よく熟成された熟酒はとろりとした色味も魅力的。したがって、小さめで模様が入っていないガラスの酒器がおすすめです。

繊細な味の変化に気付ける「容量」

日本酒は世界でも珍しい、温度の変化そのものを楽しめる面白いお酒。したがって温度が大きく変化しないうちに飲み干すこともポイントになります。なので、自身の飲むペースやお酒の強さを鑑みて、酒器の容量を調節しましょう。

どっしりとした旨みに気づける?「形状」

上記でも触れましたが、お酒の香りの立ち具合や旨みの濃さによって形状をチョイスしましょう。香りを楽しみたいのなら口径は広めに、滋味深い味わいを楽しむなら、酒器の真ん中が広く口径はすぼまっているようなタイプが良いです。

是非ともこだわってほしい「素材」

熱燗や冷酒の口当たりを大きく変えるのが、酒器の素材です。薄く作られたガラス素材は口当たりが滑らかで、お酒の味を楽しむ邪魔をしません。

反対に陶器のような厚みがあるタイプは、熱燗をいただく際などよりほっこりとした旨みや安心感を覚えさせるもの。そして酒器の中でも「錫」を用いたものは、お酒の味わいをよりまろやかに整えてくれると言われています。

デザインにも直接的に関係してくるので、酒器を選ぶ際には何の素材からできているのか?といった点にも気を配ってみてくださいね。

プレゼントにも最適?酒器おすすめブランド3選

では早速、おすすめの酒器そのものを見ていきましょう。まずは、手ごろな大きさやデザインの多様さからプレゼントとしても人気な、酒器ブランドから紹介していきます。

おすすめ①
  • 津軽びいどろ
  • ねぶた流し

  • 税込み1,043円
  • 酒器ブランドの有名どころ!自然や和文化のイメージも

酒器ブランドで有名なところは?と聞かれた際に、最も多くの方が名前を挙げるブランドです。元は漁で使われていた浮き球を生産していた工場ですが、現在は職人たちが長年培ってきた技術を惜しむことなくつぎ込んだ、こだわりの酒器を販売しています。

おすすめ②
  • 能作
  • 錫器 ぐい呑

  • 税込み3,500円
  • 伝統と歴史を守りながら新しいことにチャレンジ

錫製の酒器を、と考えたときに一番に挙げられるブランドである能作。元は仏具店として創業したブランドですが、顧客の声に真摯に答え続け、酒器の制作も長く続けられています。錫に入れていた水は腐らないとも言われ、日本酒をいただく器としても一級品だといえるでしょう。

おすすめ③
おさけとり 酒器セット
  • リサラーソン
  • おさけとり 酒器セット

  • 税込み8,800円(楽天)
  • 独特なデザインが光るリサ・ラーソンと波佐見焼のコラボ

長崎県で作られている波佐見焼は、ぬめるような白さを持つ白磁の焼き物。リサ・ラーソンとのコラボを長年望み続け、ようやく出来上がった酒器セットです。繊細でありながらどこかあたたかい雰囲気を持つ、特別な酒器セットを手元においてはいかがでしょうか。

涼やかな見た目「ガラスの酒器」おすすめ3選

ここからは、酒器を素材別で見ていきましょう。まずは繊細な美しさ、取り扱いが楽ちんなところも魅力な「ガラス素材」から紹介していきます。

おすすめ④
  • 東洋佐々木ガラス
  • 招福杯 富士見松竹梅 杯3種揃え

  • 税込み2,477円
  • ハンドメイドならではの優しい風合い

富士山と縁起物3種をモチーフとした、贈り物にもピッタリなおちょこグラス。それぞれ富士山と松、竹、梅が底面にデザインされており、お酒を飲んでいる最中に目でも楽しめるおちょこですね。縁部分にはリングがついていないので、滑らかな口当たりも◎

おすすめ⑤
  • 廣田硝子
  • はなほのか 手籠付き酒器三点揃い

  • 税込み3,655円
  • 桜を思わせるような柔らかな色合いが素敵

底面から縁に向かってぼかしから透明なグラデーションを持つ、優しい風合いの酒器セット。徳利におちょこだけではなく、手籠もついているのでちょっと贅沢な雰囲気も味わえますね。宅飲みでゆっくりと飲む日はもちろん、おもてなしにもピッタリです。

おすすめ⑥
  • カガミクリスタル
  • 江戸切子 酒器揃 七宝に星紋

  • 税込み38,500円
  • 日本が古くから誇る技が光る美しい酒器セット

一つ一つ丁寧な手作業だからこその技が光る、江戸切子の酒器セットです。採用されているモチーフは七宝に星。七宝は輪を広げていく模様であることから、どこまでも広がり繋がっていく可能性を思わせる吉祥紋としても有名です。

滑らかな味わいに「陶器、磁器の酒器」おすすめ6選

続いては日本酒の酒器と聞いてだれもが思い浮かべるであろう、陶器、磁器の酒器について見ていきましょう。昔ながらのあたたかみを感じさせるものから、スタイリッシュなものまで幅広く選べますよ。

おすすめ⑦
  • 有田焼やきもの市場
  • いぶし銀 半酒器セット(木箱入)

  • 税込み12,870円
  • マットな質感がスタイリッシュな印象

有田焼で作られている半酒器セット。有田焼といえば細やかな絵付けでも有名ですが、こちらはごくシンプルな作りがかっこよく感じますね。少し小さめにもみえる片口ですが、容量は270mlと晩酌にはちょうど良い容量となっています。

おすすめ⑧
  • 感器工房
  • 日本酒 呑みくらべ 杯セット

  • 税込み5,500円
  • 宅飲み用はもちろんプレゼントとしても

商品名の通り、日本酒を飲み比べる際に便利な純米酒、吟醸酒、本醸造酒要のおちょこがセットになっています。木箱の上に並べて置ける点も、ちょっとしたオブジェのようでかわいいですね。気になる日本酒のミニ瓶と一緒に、楽しい晩酌ができるのではないでしょうか。

おすすめ⑨
  • 絵器彩陶
  • 蛇の目 利き猪口 2勺半(5個組)

  • 税込み850円
  • 唎酒用として使われていたおちょこ、杜氏さん気分で

古くから酒蔵でできたお酒の色やにごりを見るために使われていた「蛇の目おちょこ」。昨今ではイベントなどの唎酒でも使われていますね。厚手の陶磁器なので扱いも楽ちんな上に、お酒の色合いもよく見えてより楽しい晩酌の時間を過ごせますよ。

おすすめ⑩
  • 薬師窯
  • 染錦天狗うたげ盃セット

  • 税込み2,090円
  • お座敷遊びを自宅で楽しめる盃セット

高知県で古くから用いられている、お座敷遊び「可杯(べくはい)」で使われる盃です。左下に移っているサイコロを転がし、出た面に書かれている盃にお酒を注いで飲み干す、という遊びです。天狗の面が出た場合、鼻の先までお酒が注げるようになっているので弱い人にはちょっと大変かもしれません。

おすすめ⑪
  • エールネット
  • 備前吹 保温器付き酒器

  • 税込み5,170円
  • 最後の一滴までアツアツのお燗を楽しめる

岐阜県は土岐市・多治見市・瑞浪市・可児市で作られている美濃焼の酒器セット。2重になった器のおかげでお燗した日本酒がいつまでも熱々に保てますよ!ちなみに電子レンジ対応商品なので、どこまでも楽チンできますね。

おすすめ⑫
  • 西海陶器
  • 平盃 鶴柄

  • 税込み2,068円
  • 滑らかさを鮮やかさに和の文化を感じる

晴れの文様である鶴をモチーフにしたかわいいおちょこ。口径が広く浅型となっているので、薫酒をいただく際にピッタリなアイテムです。波佐見焼特有のつるんとした地肌、口当たりの滑らかさについつい愛用したくなってしまいますよ。

柔らかな触り心地「木製の酒器」おすすめ3選

こちらでは日常使いの酒器ではなかなか珍しい、木製の酒器を見ていきましょう。日本酒好きなら一つは持っていたいアイテムから、変わり種まで紹介していきます。

おすすめ⑬
  • 華正工房
  • うるしけんこう盃 銀河 (色:溜)

  • 税込み4,400円
  • まるで陶器のようにも見える丁寧な仕上げが特徴

木粉と樹脂で形成された素地に、丁寧に漆を塗り上げて作られた「うるしけんこう」と呼ばれるおちょこ。漆器職人さんが一つ一つ作り上げた技が光る、大切に使いたい逸品ですね。特徴は内側底面に施された銀河のようなきらめき。お酒の味わいだけではなく目でも楽しめる酒器です。

おすすめ⑭
  • ウメザワ
  • ひのき一合枡

  • 税込み548円
  • そのまま用いるのはもちろん「モッキリ」にも

日本酒を嗜んでいるうちに、一つは欲しくなってしまう「枡」。天然のひのきを用いて作られているので、非常に香り高い酒器だともいえるでしょう。一合枡(180ml)と小さ目の升なので、酒器としてはもちろんインテリアにも使えますよ。

おすすめ⑮
  • WASARA
  • 猪口 50個入り

  • 税込み2,980円
  • 素朴さが逆におしゃれに食卓を彩る

木製の酒器ではなく木を原料としたちょっと珍しい「紙製」のおちょこです。環境に優しいだけではなく、しっかりと作られているので意外なほどの頑丈さにもびっくりするでしょう。50個入りなので、ちょっとしたパーティや集まりにも便利です。

お酒の味わいをまろやかに「錫の酒器」おすすめ3選

最後はお酒の味わいを一段も二段も高めてくれる「錫素材」の酒器を見ていきましょう。お酒の味わいをまろやかにしてくれるといわれる素材、その実力を体験してみてくださいね。

おすすめ⑯
  • 能作
  • ぐい呑み2個セット

  • 税込み7,370円
  • 本錫100%使用でより美味しい日本酒をいただく

きらびやかでありながら、どこか落ち着いた色合いを誇る錫製のぐい呑み。不純物を吸収する性質があることから、古来から水やお酒をいただく際の一級品として扱われてきました。こちらは2個セットとなっているので、自宅での使用はもちろん贈り物にも最適ですよ。

おすすめ⑰
  • 大阪錫器
  • 酒器セット 初瀬

  • 税込み18,490円
  • シンプルだからこそ、実用性の高さも魅力

錫で作られた、ちろりとぐい呑みの酒器セット。鈍く光を放つ錫製の酒器は、どっしりとした安定感から抜群の存在感を誇ってくれるでしょう。冷酒を入れて2人で日本酒を美味しくいただく…なんて時間も楽しめそうですね。

おすすめ⑱
  • 能作
  • ふたえ

  • 税込み9,350円
  • 2つを重ねることもできるので、収納面でも優秀

微妙に形が異なる2つの酒器セット。口がすぼまった方に片方をかぶせられるので、重ねて収納することができて便利です。カップルや夫婦で使うのも良いですが、いただく日本酒に合わせて使い分ける方法もおすすめです。

錫は手で形を変えられるくらい柔らかい金属なので、使用上の注意はしっかりと確認してくださいね。

小さくてカラフルな酒器、どう収納すべき?

色とりどりのおちょこの写真

小さくて様々な種類があるからこそ、いろいろと揃えてみたくなる人も多いのではないでしょうか?そんな時に困ってしまうのが収納面。ここでは酒器の収納方法について少し見ていきましょう。

酒器棚を使って見せる収納に

自慢の酒器がたくさん揃っている、おちょこやぐい呑みが好きで同じ酒器ばかり集めている。こんな方におすすめしたいのは、棚などにセンス良く並べる「見せる収納」です!

昨今、特にキッチン周りでは棚や吊るす収納など見せる収納のメリットをよく聞きますよね。小さくこまごまとしたものが多い酒器も、見せる収納がぴったりとあてはまるアイテムなんです。

市販されている専用の棚を購入するのもアリですが、持っている酒器に合わせて棚をDIYしてみるのも素敵ですね。こだわっている方は別途オーダーメイドもありです!

ちなみに飾り棚があるのなら、そこに配置してみても素敵ですよ。

酒器を収納する際の注意点

特に焼き物の中でも「釉薬」を使用していないものは、表面のざらついている部分に湿気が残ることがあります。したがって普段使いしていない酒器は、利用した後しっかりと乾燥させて収納しましょう。

湿気や水けが残ったままで長期間保存してしまうと、カビや臭いが発生する原因になってしまいます。

また酒器の素材によっては、洗剤そのものが利用不可、洗剤はOKだけどクレンザーは不可など扱いそのものに違いがあります。初めて使用する際には、お手入れ方法もしっかりとチェックしてくださいね。

まとめ

今回は日本酒そのものではなく、日本酒をいただく際に必須となる「酒器」について紹介してきました。

よく目にするオーソドックスな酒器から、工夫を施された珍しいもの。思わず「高い…!」とびっくりするようなものまで、様々な酒器がありましたね。

最初にも触れましたが、酒器は見た目だけではなくお酒を美味しくいただくためにもこだわりたいアイテム。是非とも自身の好みの日本酒に合わせて、お気に入りの酒器を見つけてくださいね。

※価格はいずれも2020年8月時点。特に記載がない場合はAmazonの価格です。



  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!