Culture

なんということでしょう!廃材で作られた環境に優しい住居「Ashen Cabin」

 アメリカ、ニューヨーク州の北西部、イサカという街にあるコーネル大学。この大学の建築スタジオ「HANNAH」は「Ashen Cabin」というある実験的なプロジェクトを行った。それは、「廃材を活用した住居建築」である。

持続可能性を考えた建築

 「Ashen Cabin」において、外装のパネルに廃材が活用されている。使用された廃材は、アオナガタマムシに喰われて使い物にならなくなった木材だ。こういった廃材は形がいびつになってしまっているため、粉砕されるか燃料として使われる。

 その結果、大気中に大量のCO₂を排出し、地球温暖化の原因につながっていたという。「Ashen Cabin」はこういった捨てられている資源を有効活用できないか、という考えから進められたプロジェクトである。

高精度な建築技術

 虫食い木材は、その多くが湾曲して形がバラバラであるため使い物にならない。そこで、高精度な3Dスキャンおよび3Dプリントとロボット技術を活用。3Dスキャンによって、各木材の独特の湾曲にあったパネルをデザイン。そして、その緻密なカッティングをロボットアームが実現している。

 また、建物の脚部分や床面、煙突などはコンクリート製で、3Dプリント技術が活用されている。形がいびつな木材部分に合わせるように各パーツを3Dプリントで成形。その結果、無駄を省いた建築になっている。

 デジタル技術を活用して資源の無駄を省く取り組み、建築以外の分野でもまだまだ活かせそうですです。この考え方がもっと広がれば、持続可能な社会の実現にもう一歩近づけるかも?

Ashen Cabin

HANNAH Office

CREDIT
Videographer/Writer/Curator :Tatsuhiro Toshima
SNS :にしまり

RECOMMEND

PAGE TOP