〈2023年〉サウンドバーおすすめ20選 安くて良い品や高機能商品

Moovoo編集部
2023-01-24

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がMoovooに還元されることがあります。

映画やゲームの音質を高めてくれるサウンドバー。進化したサラウンド技術により、高い臨場感と迫力のあるサウンドを楽しめるモデルが続々と登場しています。

この記事ではサウンドバーの特徴や選び方、さらにはECサイトなどで人気の商品を紹介します。ぜひお気に入りを見つける参考にしてください。


おすすめ・人気商品をまずは一覧で

※上下左右にスクロールできます

外観

商品名

特長

サイズ

重さ

サブウーファー

サラウンドシステム

機能性

接続方式

4Kパススルー

壁掛け

Amazonで見る

ヤマハ SR-C20A

横幅60cmのコンパクトボディ

高さ6.4×幅60×奥行9.4cm

1.8kg

5.1ch

Dolby Digital・PCM・MPEG-2 AAC

Bluetooth・HDMI

記載未確認

Amazonで見る

SONY HT-X8500

DTS:Xによる音に包まれるような体験

約高さ6.4×幅89×奥行9.6cm

約3.1kg

2.1ch

Dolby Digital・Dolby Digital plusなど

Bluetooth・HDMI・光デジタル

Amazonで見る

DENON DHT-S217

Dolby TrueHDに対応したタイプ

高さ6.7×幅89×奥行12cm

3.6kg

7.1ch

Dolby Atmos・Dolby TrueHDなど

Bluetooth・HDMI・光デジタル

Amazonで見る

SONY HT-G700

ワイヤレス接続対応のサブウーファーは置き場所が自由自在

高さ6.4×幅98.0×奥行き10.8cm

14kg(総重量)

○(高さ38.7×幅19.2×奥行き40.6cm)

3.1ch

Dolby Atmos・DTS:X(R)対応

HDMI(ARC対応)・Bluetooth

対応

Amazonで見る

DENON DHT-S517

高品質な音を立体音響で

高さ6×幅105×奥行9.5cm

2.5kg(サウンドバーのみ)

3.1.2ch

Dolby Atmos・Dolby TrueHDなど

Bluetooth・HDMI・光デジタル・アナログAUX

Amazonで見る

SONOS Sonos Beam(Gen2) BEAM2JP1BLK

シンプルなデザインで高機能

高さ6.9×幅65.1×奥行10cm

2.8kg

追加可能

記載未確認

Dolby Atmos・Dolby Digital・Dolby TrueHDなど

HDMI・Wi-Fi

記載未確認

Amazonで見る

BOSE Smart Soundbar 300

AIアシスタントに対応、声だけでらくらく操作

高さ5.6×幅69.5×奥行10.3cm

3.2kg

記載未確認

記載未確認

記載未確認

Bluetooth・HDMI・光デジタル・Wi-Fi

記載未確認

Amazonで見る

SONY HT-S100F

SONY独自のデジタルアンプで原音を忠実に再現

約高さ6.4×幅90×奥行8.8cm

約2.4kg

記載未確認

2.0ch

Dolby Digital・Dolby Dual monoなど

Bluetooth・HDMI・光デジタル・USB

記載未確認

Amazonで見る

BOSE BOSE SOUNDBAR 700

繊細な音から大迫力のサウンドまで再現するAmazon Alexa搭載モデル

高さ5.72×幅97.8×奥行き10.8cm

4.76kg

記載未確認

記載未確認

Amazon Alexa搭載・Dolby Digital・DTS

光デジタル・HDMI(ARC対応)・Wi-Fi・Bluetooth

記載未確認

Amazonで見る

JBL JBLSB190BLKJN

Dolby Atmos対応の2.1chモデル

高さ6.2×幅90×奥行6.7cm(サウンドバーのみ)

1.9kg(サウンドバーのみ)

2.1ch

Dolby Atmos

Bluetooth・HDMI・USB

Amazonで見る

BOSE Smart Soundbar 900

部屋に応じて最適化する自動音場補正を搭載

高さ5.82×幅104.5×奥行10.7cm

5.75kg

記載未確認

記載未確認

Dolby Atmos・Dolby TrueHDなど

Bluetooth・HDMI・光デジタル・Wi-Fi

記載未確認

Amazonで見る

YAMAHA YAS-209

音声アシスト機能「Amazon Alexa」に対応し、品格を感じさせるデザインが魅力的なサブウーファーセット

高さ6.2×幅93.0×奥行き10.9cm

サウンドバー2.7kg・サブウーファー7.9kg

○(高さ42.0×幅19.1×奥行き40.6cm)

5.1ch

Amazon Alexa搭載・Dolby Digital・DTS Virtual:X対応

光デジタル・HDMI(ARC対応)・Wi-Fi・Bluetooth

Amazonで見る

SONY HT-A7000

4つの方法で立体的な音を表現

約高さ8×幅130×奥行14.2cm

約12kg

7.1.2ch

Dolby Digital・Dolby Digital plusなど

Bluetooth・HDMI・光デジタル・USBなど

楽天市場で見る

JBL JBL BAR 2.0 Noir(ノワール)

豊かな低音を楽しめるコンパクトモデル

高さ5.8×幅61.4×奥行9cm

1.61kg

-

2.0ch

Dolby Audio

Bluetooth・HDMI・光デジタル

記載未確認

Amazonで見る

BOSE TV Speaker

シンプルでコンパクトなサウンドバー、控えめなデザインでもサウンドで存在感を発揮

高さ5.6×幅59.4×奥行き10.2cm

2.0kg

記載未確認

記載未確認

記載未確認

光デジタル・HDMI(ARC対応)・Bluetooth

記載未確認

記載未確認

Amazonで見る

JBL BAR 5.0 MultiBeam

2つの技術のハイブリッドで立体的な音響を可能に

高さ5.8×幅70.9×奥行10.1cm

2.8kg

なし

5ch

Dolby Atmos・ Dolby TrueHDなど

Bluetooth・HDMI・Wi-Fi

Amazonで見る

Denon DHT-S216

DTS Virtual:Xに対応し音に包み込まれるサラウンドを体験できる

高さ6.6×幅89.0×奥行き12.0cm

3.5kg

記載未確認

2.1ch

Dolby Didital・DTS Virtual:X

光デジタル・HDMI(ARC対応)・Bluetooth

Amazonで見る

Panasonic SC-HTB200-K

コンパクトで控えめながら迫力あるサウンドが特徴

高さ5.1×幅45.0×奥行き13.5cm

2.1kg

記載未確認

2.1ch

Dolby Didital

光デジタル・HDMI(ARC対応)・Bluetooth

記載未確認

Amazonで見る

SONOS Sonos Arc ARCG1JP1BLK

11基のスピーカーで音の広がりを再現

高さ8.7×幅114.2×奥行11.6cm

6.25kg

追加可能

Dolby Digital、Dolby Digital Plusなど

Bluetooth・HDMI・Wi-Fi

Apple TV 4Kに対応

Amazonで見る

CREATIVE Stage Air

Bluetoothスピーカーとしても使用可能

約高さ7×幅41×奥行7.8cm

約917g

-

記載未確認

記載未確認

Bluetooth・USB・ステレオミニプラグ

記載未確認

記載未確認

サウンドバーが人気の理由

ホームシアターを楽しむイメージ

今や高精細な映像を大画面で見られる4Kテレビが普及し、ホームシアターのようにしてスポーツや映画、ドラマなどを思う存分楽しむことが手軽になってきています。

一方で、「テレビから出るサウンドが物足りない」といった声も。原因のひとつはテレビの薄型化。迫力あるサウンドを高音質で楽しむには、スピーカーの容積がある程度必要になるのです。

ただ、大きなスピーカーだと設置場所に悩む人も多いことでしょう。そこで、コンパクトで、しかも高音質を楽しめるサウンドバーが注目されています。

サウンドバーの特長、「ホームシアターシステム」との違い

サウンドバーの特長をひと言で表すなら、映画館のような音響システムを手軽に構築できるツールです。従来のホームシアターシステムと比べたメリットや特長を紹介します。

サウンドバーの特長①|コンパクトで場所をとらない

コンパクトなイメージ

従来のホームシアターシステムのように、360°から音が聞こえるサラウンドシステムを構築する場合、複数の機器が必要です。たとえば、5.1サラウンドシステムを構築する場合、AVアンプ・スピーカー5台・ウーファー1台を設置するためにスペースを確保する必要があります。

ところがサウンドバーは、アンプ内蔵のスピーカー単体(ワンボディタイプ)か、スピーカー+ウーファー(サブウーファーセット)のタイプが一般的なので、大きなスペースは必要ありません。

機器が少ない分、配線が少なくすむ点もポイントです。

サウンドバーの特長②|1台でバーチャルサラウンドシステムを構築

ホームシアターシステムのイメージ

Photo by iStock

音が前後左右から響いてくる5.1や7.1のサラウンドシステムを構築する場合、従来の方法では6台や8台のスピーカーを配置する必要があります。

一方、サウンドバーはデジタル信号を駆使することにより、1台のスピーカーで仮想的にサラウンドシステムを構築する画期的なアイテムです。

スピーカーを複数配置する従来のサラウンドシステムと比べると、サウンドバーの音響効果はやや劣るものの、音に包み込まれるような臨場感の高いサウンドを楽しむことができます。

サウンドバーの特長③|導入しやすさ

予算のイメージ

Photo by iStock

従来のホームシアターシステムで5.1サラウンドを実現する場合、標準的なモデルでも5万円以上かかります。さらにスピーカーの数が多い7.1サラウンドは、一般的なモデルでも10万円近くかかるため、大きな負担となります。

一方、サウンドバーは標準モデルで2〜4万円ほどなので、導入しやすい点が魅力です。

サウンドバーの選び方|求める機能や接続方式に注目

サウンドバーの選び方について詳しく見ていきましょう。注目すべき点は、「求める機能が搭載されているか」「接続方式は使いたいデバイスに対応しているか」の2点です。

タイプの違いに注目|ワンボディ・サブウーファーセット

デノン サウンドバー

すでに触れているとおり、サウンドバーは大きく分けて2種類あります。AVアンプを内蔵したスピーカー単体のワンボディタイプと、サブウーファーをセットにしたタイプです。

ワンボディタイプ:低コスト&省スペースで設置しやすい
導入コストを抑えたい人や、設置場所が限られる人は、ワンボディタイプがおすすめ。アンプが内蔵されたスリムなスピーカーによる、臨場感あるサウンドを楽しめます。

一般的にサウンドバーのサイズは、高さが約10cm、幅が50〜100cm程度。テレビの手前や、中には壁掛け対応もあり、コンパクトに設置可能です。

サブウーファーセット:重低音をプラスして臨場感をアップ
サブウーファーにより、重低音の響きがアップする一方で、近所やお隣に音が響きやすい点に注意が必要です。また、サブウーファーが大きめなので、設置できるスペースがあるか確認してから購入しましょう。

最新のサラウンド技術を楽しむ|Dolby AtmosとDTS:X

Dolby Atmos対応のイメージ

映画館などで普及している「Dolby Atmos」や、2015年に米国CES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)で発表され、世界中で普及が進んでいる「DTS:X」。どちらも「立体音響システム」と呼ばれる技術です。

Dolby AtmosやDTS:Xに対応したサウンドバーなら、前後左右の水平方向からの音の響きに加え、上から降り注ぐような音の響きまで表現が可能です。立体的な音響効果を得られるため、映像への没入感が高まります。

接続方式をチェック|テレビ・PC・ゲーム機・BDレコーダーなど

ゲームプレイのイメージ

Photo by iStock

サウンドバーはテレビやゲーム機、PCやブルーレイレコーダーなどと接続して使用します。接続方式を確認せずに購入してしまうと後悔することにもなりかねませんので、デバイスの接続方式を確認しておきましょう。

有線接続|「ARC対応」や「4Kパススルー対応」に注目

一般的なモデルはHDMIケーブルで接続が可能です。接続方法は以下の通りです。

HDMIケーブルを使用した接続方法
サウンドバーの能力を十分に発揮できるベストな接続方法はこちらです。

※「>>」=HDMIケーブル
【BDレコーダー】>>【サウンドバー】>>【テレビ】
【ゲーム機】>>【サウンドバー】>>【テレビ】

レコーダーやゲーム機などから出力された音声信号を、サウンドバーにダイレクトに伝送することで音質の劣化を防ぎます。

一方、テレビから出力された音声信号をサウンドバーに入力すると、テレビ側で圧縮した音声信号をサウンドバーから再生することになるため、最大限の音質を楽しむことが難しくなります。

ARC対応について
ARCとは、Audio Return Channel(オーディオ・リターン・チャンネル)の略。テレビとサウンドバー両方が対応している場合、HDMIケーブルで接続することにより、電源のオンオフや音量調整を1本のリモコンで同時に操作可能になります。

自宅のテレビが対応している場合、背面のHDMI端子に「ARC」と表記があります。

4Kパススルーについて
4Kパススルーとは、BDレコーダーなどから送られてくる4Kの映像信号を、サウンドバー経由でテレビに出力できる機能。未対応の場合、テレビ側で圧縮した音声信号をサウンドバーから再生するため、音質が低下しやすくなります。

自宅のテレビが4Kに対応、または将来的に4Kテレビを購入する予定があるなら、「4Kパススルー」に対応したサウンドバーを選びましょう。

ワイヤレス接続|BluetoothやWi-Fi対応ならスマホやPCと簡単接続

ワイヤレス接続に対応している場合、テレビやレコーダーだけでなく、スマホやPCとも手軽に接続可能。Bluetooth、またはWi-Fiによる接続に対応し、音質で比較するとWi-Fi接続が一般的に優れています。

ワイヤレス接続のイメージ

設置場所を決める|テレビの手前・壁掛け

テレビの手前に設置するイメージ

サウンドバーの設置場所は購入前に決めておきましょう。テレビの足元などが一般的ですが、壁掛けに対応したモデルもあります。

サウンドバーの高さは一般的に10cm程度で、テレビの足元に設置しても画面を邪魔しにくいものの、横幅はさまざまです。テレビボードのサイズやテレビとのバランスに注意しましょう。

サウンドバーの幅は、テレビと同等か、またはテレビの幅より小さいモデルを選ぶと安心です。

サウンドバー、人気メーカーの売れ筋商品

女性顔イラスト(検証コメント用)

Moovoo編集部

数あるサウンドバーの中でもECサイトなどで売れ行き好調な、人気メーカーの製品を紹介します。ぜひ参考にしてください。
PICK UP①
  • ヤマハ
  • SR-C20A

  • 税込み15,900円(Amazon)
  • 横幅60cmのコンパクトボディ

  • 横幅60cmと比較的コンパクトな商品で、壁掛けも可能。左右・中央・後方から音が鳴っているような感覚をもたらす「バーチャルサラウンド」を搭載。

    映画・音楽・TV・ゲームにあわせてチューニングされたサウンドモードを選択可能で、コンテンツに適した音を楽しめます。

サイズ:高さ6.4×幅60×奥行9.4cm
重さ:1.8kg
サブウーファー:○
サラウンドシステム:5.1ch
機能性:Dolby Digital・PCM・MPEG-2 AAC
接続方式:Bluetooth・HDMI
4Kパススルー:記載未確認
壁掛け:○
PICK UP②
  • SONY
  • HT-X8500

  • 税込み34,155円(Amazon)
  • DTS:Xによる音に包まれるような体験

  • ソニー独自のバーチャルサラウンド技術により、前後左右だけでなく高さまで体感できる立体音響を実現。

    「Dolby Atmos」や「DTS:X」にも対応し、臨場感の高いサウンドを楽しめます。

    音量を下げても音質のバランスを崩さない「サウンドオプティマイザー」を搭載し、集合住宅など大音量で視聴できない環境でも、高い音質を楽しめます。

サイズ:約高さ6.4×幅89×奥行9.6cm
重さ:約3.1kg
サブウーファー:○
サラウンドシステム:2.1ch
機能性:Dolby Digital・Dolby Digital plusなど
接続方式:Bluetooth・HDMI・光デジタル
4Kパススルー:○
壁掛け:○
PICK UP③
  • DENON
  • DHT-S217

  • 税込み26,436円(Amazon)
  • Dolby TrueHDに対応したタイプ

  • ブルーレイディスクなどにも採用されている「Dolby TrueHD」に対応。映像や音楽などのコンテンツを、高音質で楽しめるのが魅力。

    スリムな本体で、壁掛けにも対応しています。

サイズ:高さ6.7×幅89×奥行12cm
重さ:3.6kg
サブウーファー:○
サラウンドシステム:7.1ch
機能性:Dolby Atmos・Dolby TrueHDなど
接続方式:Bluetooth・HDMI・光デジタル
4Kパススルー:○
壁掛け:○
PICK UP④
  • SONY
  • HT-G700

  • 税込み65,367円(Amazon)
  • ワイヤレス接続対応のサブウーファー付き

  • 立体的で臨場感あるサウンドを楽しむためのサブウーファーをセット。

    サブウーファーとサウンドバーはワイヤレス接続に対応し、配線が不要です。

    サウンドバーに内蔵されたセンタースピーカーは、セリフや人の声をクリアに出力してくれます。

サイズ:高さ6.4×幅98.0×奥行き10.8cm
重さ:14kg(総重量)
サブウーファー:○(高さ38.7×幅19.2×奥行き40.6cm)
サラウンドシステム:3.1ch
機能性:Dolby Atmos・DTS:X(R)対応
接続方式:HDMI(ARC対応)・Bluetooth
4Kパススルー:対応
壁掛け:○
PICK UP⑤
  • DENON
  • DHT-S517

  • 税込み49,284円(Amazon)
  • 高品質な音を立体音響で

  • 7基のドライバーを搭載するサウンドバーと、ワイヤレスサブウーファーにより3.1.2chシステムを実現。

    メーカーによると、「上から音が降ってくるリアルな3Dサウンド」を体験できるとのこと。

    音源に収録された音を可能な限りストレートに再生する「Pureモード」も搭載しています。

サイズ:高さ6×幅105×奥行9.5cm
重さ:2.5kg(サウンドバーのみ)
サブウーファー:○
サラウンドシステム:3.1.2ch
機能性:Dolby Atmos・Dolby TrueHDなど
接続方式:Bluetooth・HDMI・光デジタル・アナログAUX
4Kパススルー:○
壁掛け:○
PICK UP⑥
  • SONOS
  • Sonos Beam(Gen2) BEAM2JP1BLK

  • 税込み58,909円(Amazon)
  • シンプルなデザインで高機能

  • Dolby Atmos対応で、立体感のある音響が特徴。

    人の声にあわせてサウンドチューニングされ、ささやき声もクリアに聞き取りやすいのが特長。

    専用アプリによるカスタマイズにも対応し、再生や一時停止などはサウンドバー上部に触れることで操作可能です。

    テレビリモコンとの同期も可能で、スムーズに操作できます。

サイズ:高さ6.9×幅65.1×奥行10cm
重さ:2.8kg
サブウーファー:追加可能
サラウンドシステム:記載未確認
機能性:Dolby Atmos・Dolby Digital・Dolby TrueHDなど
接続方式:HDMI・Wi-Fi
4Kパススルー:記載未確認
壁掛け:○
PICK UP⑦
  • BOSE
  • Smart Soundbar 300

  • 税込み55,000円(Amazon)
  • AIアシスタントに対応、声だけでらくらく操作

  • 4基のフルレンジドライバーと1基のツイーターを搭載。パワフルかつクリアで、ゆがみを抑えた低音を実現するQuietPortテクノロジーに対応しています。

    AIアシスタント機能により、音声操作に対応。アプリを操作しなくても、ラジオ、プレイリスト、音楽配信サービスに切り替えできます。

サイズ:高さ5.6×幅69.5×奥行10.3cm
重さ:3.2kg
サブウーファー:記載未確認
サラウンドシステム:記載未確認
機能性:記載未確認
接続方式:Bluetooth・HDMI・光デジタル・Wi-Fi
4Kパススルー:記載未確認
壁掛け:○
PICK UP⑧
  • SONY
  • HT-S100F

  • 税込み10,980円(Amazon)
  • SONY独自のデジタルアンプで原音を忠実に再現

  • SONY独自のデジタルアンプ「S-Master」を搭載。本体内での音質劣化を抑えて高品質な音の再生を可能にしています。

    前方のスピーカーでも仮想のサラウンド音場を再現できるため、臨場感あふれる立体的な音響を楽しめます。

    Bluetoothに対応し、スマートフォンやPCなどに保存された音楽をワイヤレスで再生可能です。

サイズ:約高さ6.4×幅90×奥行8.8cm
重さ:約2.4kg
サブウーファー:記載未確認
サラウンドシステム:2.0ch
機能性:Dolby Digital・Dolby Dual monoなど
接続方式:Bluetooth・HDMI・光デジタル・USB
4Kパススルー:記載未確認
壁掛け:○
PICK UP⑨
  • BOSE
  • BOSE SOUNDBAR 700

  • 税込み69,336円(楽天市場)
  • 繊細な音から大迫力のサウンドまで再現

  • Amazon Alexaを搭載し、話しかけるだけで天気予報の確認やスマートホームコントロール機能を使えます。

    高級感ある外観から出力されるサウンドは高品位。映画やドラマ、ゲームをより高い音質で楽しみたい人にぴったりです。

サイズ:高さ5.72×幅97.8×奥行き10.8cm
重さ:4.76kg
サブウーファー:記載未確認
サラウンドシステム:記載未確認
機能性:Amazon Alexa搭載・Dolby Digital・DTS
接続方式:光デジタル・HDMI(ARC対応)・Wi-Fi・Bluetooth
4Kパススルー:記載未確認
壁掛け:○
PICK UP⑩
  • JBL
  • JBLSB190BLKJN

  • 税込み22,000円(Amazon)
  • Dolby Atmos対応の2.1chモデル

  • 映画館でも使用される音声フォーマット「Dolby Atmos」に対応。

    前後左右のみで平面的な通常の音源と異なり、上下や高さ方向の音情報も再現して、立体的かつ没入感のある空間を作り上げます。

    ワイヤレス接続可能なサブウーファーをセット、迫力ある重低音も楽しめます。

サイズ:高さ6.2×幅90×奥行6.7cm(サウンドバーのみ)
重さ:1.9kg(サウンドバーのみ)
サブウーファー:○
サラウンドシステム:2.1ch
機能性:Dolby Atmos
接続方式:Bluetooth・HDMI・USB
4Kパススルー:○
壁掛け:○
PICK UP⑪
  • BOSE
  • Smart Soundbar 900

  • 税込み102,778円(Amazon)
  • 部屋に応じて最適化する自動音場補正を搭載

  • 9つのスピーカーだけでなく、2台のアップファイアリング(天井反射)ダイポールスピーカーも搭載。それにより広域をカバーし、スピーカーのないところからも音が聞こえてくるような感覚を再現します。

    Amazon AlexaとGoogleアシスタントに対応。音声で操作できます。

サイズ:高さ5.82×幅104.5×奥行10.7cm
重さ:5.75kg
サブウーファー:記載未確認
サラウンドシステム:記載未確認
機能性:Dolby Atmos・Dolby TrueHDなど
接続方式:Bluetooth・HDMI・光デジタル・Wi-Fi
4Kパススルー:記載未確認
壁掛け:○
PICK UP⑫
  • YAMAHA
  • YAS-209

  • 税込み33,500円(Amazon)
  • 品格を感じさせるデザインが魅力的

  • Amazon Alexaが利用できるWi-Fi接続対応モデル。

    音楽配信サービスと連携し、音声操作で好きな音楽を再生する機能はもちろん、アラームや交通情報、タイマー機能など生活に便利なサービスを利用できます。

    上質なサラウンドシステムや品格を感じさせるデザインも魅力的。映画視聴にぴったりです。

サイズ:高さ6.2×幅93.0×奥行き10.9cm
重さ:サウンドバー2.7kg・サブウーファー7.9kg
サブウーファー:○(高さ42.0×幅19.1×奥行き40.6cm)
サラウンドシステム:5.1ch
機能性:Amazon Alexa搭載・Dolby Digital・DTS Virtual:X対応
接続方式:光デジタル・HDMI(ARC対応)・Wi-Fi・Bluetooth
4Kパススルー:○
壁掛け:○
PICK UP⑬
  • SONY
  • HT-A7000

  • 税込み156,800円(Amazon)
  • 4つの方法で立体的な音を表現

  • ソニー独自の立体音響技術「360 Spatial Sound Mapping」を搭載。

    サブウーファーとサラウンドシステムを1本のバースピーカーに内蔵し、コンパクトながらパワフルな低音を実現しています。

    メーカーによれば、別売りのリアスピーカーとの組み合わせで「映画のワンシーンの中に自分がいるような圧倒的な臨場感」を楽しめるとうたっています。

サイズ:約高さ8×幅130×奥行14.2cm
重さ:約12kg
サブウーファー:○
サラウンドシステム:7.1.2ch
機能性:Dolby Digital・Dolby Digital plusなど
接続方式:Bluetooth・HDMI・光デジタル・USBなど
4Kパススルー:○
壁掛け:○
PICK UP⑭
JBL BAR 2.0 Noir(ノワール)
  • JBL
  • JBL BAR 2.0 Noir(ノワール)

  • 税込み16,800円(楽天市場)
  • 豊かな低音を楽しめるコンパクトモデル

  • 新開発の楕円形ドライバーユニットを搭載。

    音楽、映画、ニュースなど、さまざまなコンテンツを聞き取りやすいバランスで視聴できます。

    幅61.4cm、奥行9cmと比較的コンパクトで、テレビ前の限られたスペースでも設置しやすいサイズです。シンプルな見た目でインテリアになじみやすいデザイン。

サイズ:高さ5.8×幅61.4×奥行9cm
重さ:1.61kg
サブウーファー:-
サラウンドシステム:2.0ch
機能性:Dolby Audio
接続方式:Bluetooth・HDMI・光デジタル
4Kパススルー:記載未確認
壁掛け:○
PICK UP⑮
  • BOSE
  • TV Speaker

  • 税込み29,818円(Amazon)
  • 控えめなデザインでもサウンドで存在感を発揮

  • テレビのサウンドに臨場感やクリアさを求める人にぴったり。

    低音をしっかり響かせたいときに便利な「BASS」ボタンをリモコンに備えています。

    Bluetooth接続に対応し、スマホやPCとペアリングして好きな音楽を高音質で楽しめます。

サイズ:高さ5.6×幅59.4×奥行き10.2cm
重さ:2.0kg
サブウーファー:記載未確認
サラウンドシステム:記載未確認
機能性:記載未確認
接続方式:光デジタル・HDMI(ARC対応)・Bluetooth
4Kパススルー:記載未確認
壁掛け:記載未確認
PICK UP⑯
  • JBL
  • BAR 5.0 MultiBeam

  • 税込み25,000円(Amazon)
  • 2つの技術のハイブリッドで立体的な音響を可能に

  • 部屋全体の壁を利用して音を反射させるJBL独自の「MultiBeam テクノロジー」を搭載。

    仮想で高さ方向の空間を再現する「Dolby Atmos」にも対応しています。メーカーによれば、「最高の没入感」を楽しめるとうたっています。

    さらに、内部に4基搭載されたパッシブラジエーターにより、サブウーファーを追加しなくても強力な重低音を実現します。

サイズ:高さ5.8×幅70.9×奥行10.1cm
重さ:2.8kg
サブウーファー:なし
サラウンドシステム:5ch
機能性:Dolby Atmos・ Dolby TrueHDなど
接続方式:Bluetooth・HDMI・Wi-Fi
4Kパススルー:○
壁掛け:○
PICK UP⑰
  • Denon
  • DHT-S216

  • 税込み18,800円(Amazon)
  • 音に包み込まれるサラウンドを実現

  • スリムなデザインと、音に包み込まれるようなバーチャルサラウンドでDTS Virtual:Xに対応。

    注目は原音を忠実に再生する「Pureモード」。臨場感のあるサウンドを実現します。

サイズ:高さ6.6×幅89.0×奥行き12.0cm
重さ:3.5kg
サブウーファー:記載未確認
サラウンドシステム:2.1ch
機能性:Dolby Didital・DTS Virtual:X
接続方式:光デジタル・HDMI(ARC対応)・Bluetooth
4Kパススルー:○
壁掛け:○
PICK UP⑱
  • Panasonic
  • SC-HTB200-K

  • 税込み14,850円(Amazon)
  • 迫力あるサウンドを楽しみたい人に

  • 厚さ5cmほどのコンパクトなサウンドバー 。パナソニック製液晶テレビ「ビエラ」と組み合わせると、足元にスッキリ収まるサイズです。

    小型ながら80Wの出力を実現し、迫力のあるサウンドが魅力。Bluetoothにも対応し、スマホやPCの音源を再生することも可能です。

    使い勝手のよさとコンパクトさが特徴のモデルです。

サイズ:高さ5.1×幅45.0×奥行き13.5cm
重さ:2.1kg
サブウーファー:記載未確認
サラウンドシステム:2.1ch
機能性:Dolby Didital
接続方式:光デジタル・HDMI(ARC対応)・Bluetooth
4Kパススルー:○
壁掛け:記載未確認
PICK UP⑲
  • SONOS
  • Sonos Arc ARCG1JP1BLK

  • 税込み122,545円(Amazon)
  • 11基のスピーカーで音の広がりを再現

  • 11基の内蔵スピーカーが全方位にサウンドを放出し、メーカーによると「深みのあるサウンドを鮮明に再現している」とのこと。

    サウンドエンジニアによる細かい調整がされ、ささやき声やアクションシーンでのセリフも聞き取りやすいのが特長。

    壁や家具からの音の反響を測定し、音を微調整するTrueplayチューニングテクノロジー機能も搭載。音源に忠実な音が楽しめます。

サイズ:高さ8.7×幅114.2×奥行11.6cm
重さ:6.25kg
サブウーファー:○
サラウンドシステム:追加可能
機能性:Dolby Digital、Dolby Digital Plusなど
接続方式:Bluetooth・HDMI・Wi-Fi
4Kパススルー:Apple TV 4Kに対応
壁掛け:○
PICK UP⑳
  • CREATIVE
  • Stage Air

  • 税込み5,980円(Amazon)
  • Bluetoothスピーカーとしても使用可能

  • スマホやパソコンなどを接続して、Bluetoothスピーカーとしても使えます。

    低音域を増幅させるパッシブラジエーターを搭載し、サブウーファーがなくても迫力ある重低音を実現。

    幅41cmとコンパクトで、設置しやすさも魅力。USBポートから充電すれば、最大6時間のバッテリー駆動が可能で、しかも価格がリーズナブルです。

サイズ:約高さ7×幅41×奥行7.8cm
重さ:約917g
サブウーファー:-
サラウンドシステム:記載未確認
機能性:記載未確認
接続方式:Bluetooth・USB・ステレオミニプラグ
4Kパススルー:記載未確認
壁掛け:記載未確認
※上下左右にスクロールできます

外観

商品名

特長

サイズ

重さ

サブウーファー

サラウンドシステム

機能性

接続方式

4Kパススルー

壁掛け

Amazonで見る

ヤマハ SR-C20A

横幅60cmのコンパクトボディ

高さ6.4×幅60×奥行9.4cm

1.8kg

5.1ch

Dolby Digital・PCM・MPEG-2 AAC

Bluetooth・HDMI

記載未確認

Amazonで見る

SONY HT-X8500

DTS:Xによる音に包まれるような体験

約高さ6.4×幅89×奥行9.6cm

約3.1kg

2.1ch

Dolby Digital・Dolby Digital plusなど

Bluetooth・HDMI・光デジタル

Amazonで見る

DENON DHT-S217

Dolby TrueHDに対応したタイプ

高さ6.7×幅89×奥行12cm

3.6kg

7.1ch

Dolby Atmos・Dolby TrueHDなど

Bluetooth・HDMI・光デジタル

Amazonで見る

SONY HT-G700

ワイヤレス接続対応のサブウーファーは置き場所が自由自在

高さ6.4×幅98.0×奥行き10.8cm

14kg(総重量)

○(高さ38.7×幅19.2×奥行き40.6cm)

3.1ch

Dolby Atmos・DTS:X(R)対応

HDMI(ARC対応)・Bluetooth

対応

Amazonで見る

DENON DHT-S517

高品質な音を立体音響で

高さ6×幅105×奥行9.5cm

2.5kg(サウンドバーのみ)

3.1.2ch

Dolby Atmos・Dolby TrueHDなど

Bluetooth・HDMI・光デジタル・アナログAUX

Amazonで見る

SONOS Sonos Beam(Gen2) BEAM2JP1BLK

シンプルなデザインで高機能

高さ6.9×幅65.1×奥行10cm

2.8kg

追加可能

記載未確認

Dolby Atmos・Dolby Digital・Dolby TrueHDなど

HDMI・Wi-Fi

記載未確認

Amazonで見る

BOSE Smart Soundbar 300

AIアシスタントに対応、声だけでらくらく操作

高さ5.6×幅69.5×奥行10.3cm

3.2kg

記載未確認

記載未確認

記載未確認

Bluetooth・HDMI・光デジタル・Wi-Fi

記載未確認

Amazonで見る

SONY HT-S100F

SONY独自のデジタルアンプで原音を忠実に再現

約高さ6.4×幅90×奥行8.8cm

約2.4kg

記載未確認

2.0ch

Dolby Digital・Dolby Dual monoなど

Bluetooth・HDMI・光デジタル・USB

記載未確認

Amazonで見る

BOSE BOSE SOUNDBAR 700

繊細な音から大迫力のサウンドまで再現するAmazon Alexa搭載モデル

高さ5.72×幅97.8×奥行き10.8cm

4.76kg

記載未確認

記載未確認

Amazon Alexa搭載・Dolby Digital・DTS

光デジタル・HDMI(ARC対応)・Wi-Fi・Bluetooth

記載未確認

Amazonで見る

JBL JBLSB190BLKJN

Dolby Atmos対応の2.1chモデル

高さ6.2×幅90×奥行6.7cm(サウンドバーのみ)

1.9kg(サウンドバーのみ)

2.1ch

Dolby Atmos

Bluetooth・HDMI・USB

Amazonで見る

BOSE Smart Soundbar 900

部屋に応じて最適化する自動音場補正を搭載

高さ5.82×幅104.5×奥行10.7cm

5.75kg

記載未確認

記載未確認

Dolby Atmos・Dolby TrueHDなど

Bluetooth・HDMI・光デジタル・Wi-Fi

記載未確認

Amazonで見る

YAMAHA YAS-209

音声アシスト機能「Amazon Alexa」に対応し、品格を感じさせるデザインが魅力的なサブウーファーセット

高さ6.2×幅93.0×奥行き10.9cm

サウンドバー2.7kg・サブウーファー7.9kg

○(高さ42.0×幅19.1×奥行き40.6cm)

5.1ch

Amazon Alexa搭載・Dolby Digital・DTS Virtual:X対応

光デジタル・HDMI(ARC対応)・Wi-Fi・Bluetooth

Amazonで見る

SONY HT-A7000

4つの方法で立体的な音を表現

約高さ8×幅130×奥行14.2cm

約12kg

7.1.2ch

Dolby Digital・Dolby Digital plusなど

Bluetooth・HDMI・光デジタル・USBなど

楽天市場で見る

JBL JBL BAR 2.0 Noir(ノワール)

豊かな低音を楽しめるコンパクトモデル

高さ5.8×幅61.4×奥行9cm

1.61kg

-

2.0ch

Dolby Audio

Bluetooth・HDMI・光デジタル

記載未確認

Amazonで見る

BOSE TV Speaker

シンプルでコンパクトなサウンドバー、控えめなデザインでもサウンドで存在感を発揮

高さ5.6×幅59.4×奥行き10.2cm

2.0kg

記載未確認

記載未確認

記載未確認

光デジタル・HDMI(ARC対応)・Bluetooth

記載未確認

記載未確認

Amazonで見る

JBL BAR 5.0 MultiBeam

2つの技術のハイブリッドで立体的な音響を可能に

高さ5.8×幅70.9×奥行10.1cm

2.8kg

なし

5ch

Dolby Atmos・ Dolby TrueHDなど

Bluetooth・HDMI・Wi-Fi

Amazonで見る

Denon DHT-S216

DTS Virtual:Xに対応し音に包み込まれるサラウンドを体験できる

高さ6.6×幅89.0×奥行き12.0cm

3.5kg

記載未確認

2.1ch

Dolby Didital・DTS Virtual:X

光デジタル・HDMI(ARC対応)・Bluetooth

Amazonで見る

Panasonic SC-HTB200-K

コンパクトで控えめながら迫力あるサウンドが特徴

高さ5.1×幅45.0×奥行き13.5cm

2.1kg

記載未確認

2.1ch

Dolby Didital

光デジタル・HDMI(ARC対応)・Bluetooth

記載未確認

Amazonで見る

SONOS Sonos Arc ARCG1JP1BLK

11基のスピーカーで音の広がりを再現

高さ8.7×幅114.2×奥行11.6cm

6.25kg

追加可能

Dolby Digital、Dolby Digital Plusなど

Bluetooth・HDMI・Wi-Fi

Apple TV 4Kに対応

Amazonで見る

CREATIVE Stage Air

Bluetoothスピーカーとしても使用可能

約高さ7×幅41×奥行7.8cm

約917g

-

記載未確認

記載未確認

Bluetooth・USB・ステレオミニプラグ

記載未確認

記載未確認

人気サイトの売れ筋ランキングはこちら

こちらの記事もどうぞ

Moovoo
家電製品総合アドバイザーの有資格者をはじめとする、編集部メンバーで運営しています。専門家の知見や独自リサーチをもとに、家電やスマホ、パソコンなどの情報を発信しています。

HOME

>

家電

>

〈2023年〉サウンドバーおすすめ20選 安くて良い品や高機能商品


  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!