iPadで録音する方法と活用方法まとめ

Moovoo|(ムーブー)

[ムーブー]スマートな暮らし

検索

HOME

>

PC・スマホ

>

iPadで録音する方法と活用方法まとめ

iPadで録音する方法と活用方法まとめ

レトロ
2019-12-05

録音機能は様々なシーンで便利です。会議の議事録作成やセミナーレポートのようなビジネス用途だけでなく、カラオケの練習にも使えます。

録音というと以前はボイスレコーダーが主流でしたが、今では無料で使えるアプリがたくさんあります。

中でも、iPad(iPad Pro/Air/mini)には最初から録音機能が備わっています。

iPadで録音する方法

iPad(iPad Pro/Air/mini)に最初からインストールされているアプリの中に、ボイスメモがあります。ボイスメモを使えば、簡単に外部音声を録音できます。

iPadのボイスメモのアイコン写真

ボイスメモの使い方は2種類あります。

一つはアプリを立ち上げて録音ボタンをクリックする方法です。

下記の動画のように2クリックで録音ができます。

iPadのボイスメモアプリのGIF動画

この時、事前に設定を確認してボイスメモに位置情報を許可するか選びましょう。

オンにしておくと、ボイスメモを使った場所が音声ファイル名として保存されますが、1日に何度もオンオフするとデータを管理する上で邪魔になりがちなので、オフにしておくと良いでしょう。

iPadの設定から位置情報を変更する写真

もう一つのやり方は設定からボイスメモをコントロールセンターから直接録音機能を立ち上げる方法です。

下記のように、設定からコントロールセンターにボイスメモを追加します。

iPadのコントロールセンターにボイスメモを追加する写真

すると、コントロールセンターからボイスメモを起動できるようになります。

iPadのホーム画面のアイコンを減らして画面を整理したい場合におすすめです。

iPadのコントロールセンターからボイスメモを立ち上げる写真

録音データは自動的にiPad内に保存されますが、クラウドにアップロードする事で他のデバイスでも再生可能となります。

iPadのボイスメモのデータをアップロードする写真

バックアップを取ったりパソコンで編集したりする場合などは、Google ドライブなどを仲介すると良いでしょう。

内部音声を録音するには?

ボイスメモアプリはマイクが拾った音を全て録音してくれます。そのため内部音声だけの録音はできません。

iPadでゲームをしながらボイスメモアプリを起動すると、ゲームの音声を外部のマイクで拾うので音量を上げないと十分に録音できませんし、外部の雑音も一緒に録音されてしまいます。

また、いったん外に出た音を録音するので音質も一段下がってしまいます。

そこで、画面キャプチャ機能で映像ごと録画すれば内部音声だけをきれいに録音できます。

録画機能については下記の記事をご覧ください。

この際、動画ファイル(mp4)として保存されるので、ファイル変換アプリで音声ファイル(mp3)に変換しましょう。

ひと手間かかりますが、これで内部音声だけの録音が可能となります。必要に応じて活用して下さい。

ボイスメモの活用方法

ボイスメモの活用シーンは多いです。ビジネスや学習だけでなく、プライベートでも出番があります。

• 会議やセミナーの記録
• 商談の記録
• 授業の復習
• 英会話の学習
• 歌の練習
• 楽器の演奏
• 音楽学習
• 英会話の練習

特にセミナーに参加した後に、議事録の文字起こしをする際に非常に便利です。

外付けマイクなどを使わなくても、ある程度の音質が確保されているので、文字通りメモ代わりに録音できるほどカジュアルに使いこなせるのが特徴です。

おすすめの録音アプリ

音声を録音するには初期状態からインストールされているボイスメモだけでなく、様々な録音アプリが存在します。

中でもicレコーダーアプリと呼ばれるものはボイスメモ以上の機能性を持ったものが多いです。

icレコーダーのicとは「integrated circuit」の略称で集積回路を意味します。icチップに録音するので、カセットテープやCDを使わないレコーダーなのです。

スマホやガラケーの登場により、今ではicでない録音方法の方が珍しいくらいですが今でも呼び名は残っています。

そのため録音アプリをicレコーダーアプリと呼ぶのです。

icレコーダーアプリについては別途、特徴や使い方をまとめましたので、下記の記事をご覧ください。

さいごに

ボイスメモやicレコーダーアプリがあるからといって、昔ながらのボイスレコーダーが不要になるわけではありません。

iPadのボイスメモと違って、現在のボイスレコーダーは機能に特化しています。

録音アプリを起動させながら他のアプリを立ち上げて作業する事もできますが、作業音などが混じってしまうので単機能の方が高音質な録音ができます。

ボイスレコーダーには長時間録音やノイズカット、カレンダーや再生速度設定などアプリにはない様々な機能があるので、どちらか完全に代替できると考えるのではなく、ケースバイケースで使い分けが重要です。

iPadのボイスメモとボイスレコーダーの写真

下記におすすめのボイスレコーダー(icレコーダー)をまとめた記事もあるので、ぜひ参考にしてください。



  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!