肩掛けスピーカーおすすめ10選!手軽に臨場感のある音を楽しもう

Moovoo|(ムーブー)

[ムーブー]スマートな暮らし

検索

HOME

>

グッズ

>

肩掛けスピーカーおすすめ10選!手軽に臨場感のある音を楽しもう

肩掛けスピーカーおすすめ10選!手軽に臨場感のある音を楽しもう

moovoo編集部
2019-02-26

小型でも迫力のある音を楽しめる壁掛けスピーカーが人気急上昇中

アウトドアでも高音質を楽しめるのが魅力

手軽に臨場感のある音声を楽しめるとして注目を集めているのが肩掛けスピーカーです。ウエアラブルスピーカーと呼ばれる「身につける」ジャンルのスピーカーで、U字型の本体を肩に掛けて使用します。周囲に音は聞こえてしまいますが、耳をふさがないのでヘッドホンが苦手な人におすすめです。低音に合わせて振動する製品もあり、小音量でもサウンドルームで聴くような音を体感できるのが魅力です。

肩掛けスピーカーを選ぶときのチェックポイント

ひと口に肩掛けスピーカーといってもモデルによって細かな違いがあります。ユーザーによって肩掛けスピーカーに求める要素は変わってくるので、肩掛けスピーカーでチェックしておきたい仕様について解説します。

音楽プレイヤーとの接続方法、付加機能など、見るべきポイントはいろいろありますが、購入を検討するときに最低限チェックしておきたい要素を覚えておきましょう。

形状や重量など装着感に関わる部分をチェックする

身につけて使用する機器だけに、装着感の良し悪しはとても重要なポイントです。いくら自分好みの音を出してくれるスピーカーだったとしても、長時間使っていられないような装着感では肩掛けスピーカーとしての役割りを果たしません。

肩掛けスピーカー各モデルの重量はだいたい200から400グラムの範囲です。長時間の使用では100グラムの違いでも感じる負担が変わってくるので、欲しい機能との兼ね合いでなるべく軽いモデルを選ぶようにしましょう。

形状については商品画像を見ただけでは判断できません。自分に合っているか知るには、実際にお店で身につけて判断するのが確実です。

音楽プレイヤーの接続方法で選ぶ

肩掛けスピーカーを音楽プレイヤーに接続する方法としては、有線方式と無線方式の2種類があります。

・有線方式
オーディオケーブルで接続する方式です。ケーブルを邪魔に感じることがあるかもしれませんが、Bluetooth接続で目立つ音声の遅れがないので、映画の視聴やゲームプレイを快適に行うことができます。リビングやデスクでじっくりと音声を楽しみたい人に向いた方式だといえるでしょう。

・無線方式
無線方式の多くはBluetooth接続を採用しています。ケーブルレスで快適に使える利点がありますが、Bluetoothの特性として遅延が発生するので、映画やゲームなど映像と音声のずれが気になるようなものには不向きです。音楽鑑賞をメインとする人に向いた方式だといえるでしょう。

音の再生以外に備わっている機能で選ぶ

どのような機能が備わっているかをチェックしておくことで、さらに肩掛けスピーカーを便利に使うことができます。たとえば、マイク内蔵でスマートフォンとBluetooth接続できる機種は、自動車を運転しながらハンズフリー通話できるので、音楽鑑賞以外にも幅広く活用できます。

急速充電に対応した機種ならバッテリーが少ないときもサッと充電してすぐに使い始められて便利です。

また、Bluetooth接続の機種なら送信機がセットになっているかも確認するとよいでしょう。送信機があればBluetooth接続に対応していないテレビや音楽プレイヤーからも音声を飛ばすことができます。

音質重視から機能充実のモデルまで!好みで選べる肩掛けスピーカーおすすめ10選

肩掛けスピーカーはコンパクトでありながら、ヘッドホンよりも開放的に使える音響機器として選ぶ人が増えています。

ここでは初心者からこだわり派まで、さまざまなユーザーに満足していただけるであろう、おすすめの10製品をご紹介します。

小型製品ジャンルで良質の音を求めるならやっぱりボーズ!Bose「SoundWear Companion speaker」

小型スピーカーで高音質を求めていくと、たどり着くのはBOSE製品になります。それは肩掛けスピーカーでも例外ではありません。これまでのスピーカー開発で培ったウェーブガイドテクノロジーをこの製品にも採用しています。

11インチものサイズがあるウェーブガイドが2つ搭載されていることで、一般の肩掛けスピーカーとは一線を画す芳醇なサウンドを体感することができます。ネックバンド部分には形状固定ワイヤーが組み込まれており、自在に調整してどのような体型でもフィットさせることができます。

どなたでも快適に良い音を楽しめる機種ということでイチオシの商品です。

バスブーストでJBL独特の高音質を楽しめる!JBL「SOUNDGEAR BTA」

ボーズと並ぶスピーカーメーカーの雄、JBLの肩掛けスピーカーも外すことができない名機です。SOUNDGEAR BTAは同社の肩掛けスピーカーシリーズの中でもフラグシップ的な存在です。

バスブーストを搭載し、JBL独特の上質なリアルサウンドを楽しむことができます。音響機器との接続はBluetoothを介して行いますが、AptX Low Latencyに対応していることで低遅延を実現しています。Bluetooth接続の悩みであった音ズレを抑えていることも注目ポイントです。

スマートフォンやタブレットとも接続でき、本機から電話の発信・受信が可能です。ハンズフリーの通話を行うことができます。

独自の無線方式で映像関連の視聴も音ズレなし!ソニー「ウェアラブルネックスピーカーSRS-WS1」

ソニー製オーディオの音響特性には根強いファンがいますが、そのような人も納得できる肩掛けスピーカーが本機です。小型サイズでも迫力のある高音質を再生できる、専用スピーカーユニットを搭載しています。

低音と連動するバイブレーション機能も内蔵されているため、リアルな音響効果を体感することができます。無線接続ですがBluetoothではなく、独自のワイヤレス技術を採用しています。Bluetoothに起こりがちな音の遅延がなく、ストレスフリーでテレビやゲームを楽しむことができます。

映画やゲームを主目的にしているなら、ぜひ検討していただきたい製品です。

軽量で長時間使えてアウトドア利用にもおすすめ!シャープ「AQUOSサウンドパートナーAN-SS1」

本体重量約88グラムという驚きの軽さが特徴です。実際に使用した感覚も、本機が肩に乗っていることを忘れてしまうほどです。音響機器との接続はBluetoothで行います。ハンズフリー通話ができるだけでなく、GoogleアシスタントやiPhoneのSiriも使えるので、スマートフォンとの相性は抜群だといえるでしょう。

急速充電も可能で、2.5時間充電すれば約14時間使用できるスタミナも嬉しいポイントです。本機の場合、軽さと引き換えになってしまったのかもしれませんが、音質の弱さが気になります。本機の特性として、腰を据えて音楽を聴くというよりも、ジョギングのお供のような「ながら」利用に実力を発揮する機種だといえるでしょう。

映像鑑賞でも遅延が気にならないスマートな肩掛けスピーカー!JVC「NAGARAKU SP-A10BT」

軽さと高音質を両立したスマートな肩掛けスピーカーです。88グラムの軽さで肩への負担が少なく、3時間ほど充電すれば約20時間も連続使用ができるロングライフ設計です。

NAGARAKU(ながらく)という商品名のとおり、サイクリングやジョギングしながら楽に使えるので、アクティブな人におすすめです。

オーディオ機器で定評のあるJVC製品だけに、音質の点でもしっかりした味付けがされており、上に向いたメインスピーカーと低音を増強するパッシブラジエーターがクリアなサウンドを奏でます。Bluetooth接続ですが、apt-Xコーデック対応なので遅延が少ないことも魅力です。

テレビ番組の視聴に特化したユニークなスピーカー!ツインバード「ワイヤレス耳元スピーカーAV-J343W」

肩掛けスピーカーにはこのような製品もあるということで紹介したいのが本機です。音質にはこだわらず、耳元で音を鳴らしたいという目的に特化しています。普通のテレビ番組を見るときに最適です。テレビのボリュームを大きくしなくても離れた場所から快適に番組を楽しめます。

スイッチ類も大きく作られており、日本語で機能名も書かれているので、機械が苦手という人でも安心して使うことができます。最近音が聞きづらくなったというシニア層や、家事をしながらテレビを「ながら見」したい人に手頃な製品です。

本機は無線接続方式になっており、本体付属の送信機をテレビに繋ぐだけなのも、Bluetoothのペアリング作業が苦手という人には嬉しいポイントです。

アウトドアのお供にピッタリな防水対応付き!ブルーニン「ネックバンドスピーカーBN 929」

リーズナブルな価格で手に入るので、傷が付くのも気にせずアクティブに使えるのが本機です。

肩掛けスピーカーでは珍しいIPX4の防水規格に対応しているので、少しくらいの雨や汗で濡れても安心です。ジョギングなど、アウトドア活動のお供として活躍すること間違いなしです。左右に2つずつ計4つのスピーカーが備わっており、サラウンド再生ができることが特徴です。

音響機器とはBluetoothで接続します。本機に付いているコントロールボタンで音楽プレイヤーの操作ができるのはとても便利です。ボディ表面のハニカム模様など、デザインがかなり個性的なので人によって好みが分かれるかもしれません。

イヤホンも使えるユニークな2in1製品!SEOBIOG「Bluetoothイヤホン&スピーカーHX208」

肩掛けスピーカーは小音量で使えるとはいっても、周囲に音が聞こえてしまうことに抵抗を感じる人もいるでしょう。そんな人におすすめするのが本機です。

本機は肩掛けスピーカーにイヤホンが付いている2in1の製品。1人の時は肩掛けスピーカーで迫力の音声を楽しみ、周りに音を聴かれたくないときにはイヤホンで静かに聴くという使い分けが可能です。

900mAhも容量があるバッテリーを搭載しており、1回の充電でイヤホンモードなら30時間という長時間の使用ができます。Bluetoothで接続を行いますが、音の遅延が少ないことも注目したいポイントです。

サラウンドと振動機能で臨場感バツグン!LG「TONE Studio HBS-W120」

日本では未発表のためアマゾンなどの通販でしか購入できませんが、注目すべきポイントの多い肩掛けヘッドホンです。

Real 3D Surround Soundという機能を搭載し、迫力のある音場を作りだします。立体的に前後左右から音が聞こえてくるだけでなく、低音に合わせて振動する機能もついているので、映画鑑賞やゲームプレイで大きな効果を実感することができます。

イヤホンも内蔵された2in1モデルなので、周囲への音漏れが気になる場合でも安心して使用できます。1つの音響機器に2台まで本機を接続できるので、ペアで楽しめるというのもポイントです。

大型ボディから生み出される迫力の音声に圧倒される!日本アンテナ「アイネネックスピーカーSPB01」

本機は太めで、ガッシリとした見た目がインパクトバツグンです。重そうな印象を受けますが、実は約199グラムと軽量です。

再生周波数は50~20000Hzとワイドレンジになっており、音域が広いぶん繊細な音もしっかりと聴き取ることができます。大柄なボディならではの性能といえるでしょう。

NFCに対応しているので、おサイフケータイのような機能があるスマートフォンと簡単に繋いで音楽を楽しめるのも便利です。ただし連続使用は約5時間と、バッテリー持ちが弱い印象があります。リビングやデスクでじっくりと音楽を聴きたい人におすすめの肩掛けスピーカーです。

肩掛けスピーカーは今後さまざまな製品の登場が期待される注目のジャンル

タブレットと繋げば動画も迫力充分に変わる

肩掛けスピーカーはヘッドホンと違って耳に優しく、小音量でも迫力のあるサウンドが楽しめる魅力的な製品です。現在は一部のオーディオメーカーだけが生産している状態ですが、人気商品となっているために今後は多数のメーカーからユニークな製品が登場してくるでしょう。ぜひこの記事の商品選びのポイントを参考にして、お気に入りの1台を手にしてください。



  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!