HOME

>

グッズ

>

【2021年最新】安いヘッドホン、おすすめ25選!おしゃれ・高音質な人気モデル

【2021年最新】安いヘッドホン、おすすめ25選!おしゃれ・高音質な人気モデル

藤井広大、Ponche
2021-02-21
2021-02-21

ヘッドホンを初めて購入するといっても、最初から高額なものを購入するには少々勇気がいりますよね。今回はヘッドホンをこれから購入する際に役立つ情報と、安いヘッドホンの選び方をご紹介します。1万円以内で購入できるおすすめ品も必見です!

ヘッドホンは安いものから高価なものまで幅広い

ヘッドホンをつける女性の写真

ヘッドホンは、家電製品の中でも価格帯に大きな開きがあります。よりよいものを突き詰めると30万円以上、高額商品では100万円以上のヘッドホンもあるほど幅広いラインアップです。

しかし選び方の知識がない状態で、高額なヘッドホンを購入するのは勇気がいりますよね。

初心者やコスパ重視向けの方は、1,000円台~10,000円までのヘッドホンがおすすめです。安いと言われる価格帯ですが、高額なヘッドホンを扱う有名メーカーのエントリーモデルも1,000円台からあります。

こうした安いエントリーモデルを使い、自分の好きな音域や音の傾向を探っていくことで、最終的に高額モデルを購入するときにも失敗を避けられます。

初心者におすすめの安いヘッドホンの選び方

それでは、初心者におすすめのヘッドホンの選び方をご紹介します。安いヘッドホンは、特に接続方法と形状選びが重要です。そのあと音域の好みや音質で選ぶのがおすすめです。

安定のアナログ?便利なワイヤレス?

イヤホンケーブルの写真

安いヘッドホンを選ぶのに、重要なのは接続方法です。昔から使われているタイプのアナログと、外出先への持ち運びにも便利なワイヤレスの主に2種類があります。

コード接続(アナログ接続)

イヤホンジャックに接続することで、ワイヤレスよりも安定した音を聞くことができます。モニターヘッドホンをスタジオで使ったり、DJをしたりする方にはコード式のアナログタイプがマストです。自宅でのテレワーク専用にという方も、音が途切れづらいコードタイプをおすすめします。

Bluetoothまたはワイヤレス接続

外出先へ気軽に持ち運べるワイヤレス接続は、コードがないのでカバンに入れて持ち運びやすいです。パソコン・スマホ・タブレットといった、様々なデバイスで使うならBluetooth(ブルートゥース)搭載のものをおすすめします。

イヤホンジャックのスマホやタブレットに注意!

最近では、イヤホンジャックのないスマホも増えています。アナログでは専用のコネクターが別途必要になることも考えられるので、イヤホンジャックがあるかどうかの確認が必要です。

ワイヤレスでもAUX接続できるヘッドホンは便利!

ワイヤレスヘッドホンでもAUX接続でケーブルにつなげられるモデルもあります。アナログヘッドホンのように安定した音質で使え、電池切れの心配もありません。どちらのメリットも活かしたい方におすすめです。

自宅では開放型、外出先なら密閉型!形状をチェック

ヘッドホンと女性の写真

ヘッドホンは、主にオーバーヘッド型・耳掛け型・インナーイヤー型の3種類に分かれ、さらにオーバーヘッド型には折りたためるタイプがあったり、インナーイヤー型はインナー型の装着タイプとカナル型の装着タイプがあったりします。

① オーバーヘッド型

ヘッドバンドに大きなハウジング(カップ)が付いている、一般的なヘッドホンです。耳を覆わずに開放感のある開放型(オープンエア型)と、ハウジングが耳を覆うタイプの密閉型(クローズド型)の2種類があります。

音の出方はそれぞれ好みがありますが、開放型は音が漏れます。そのため外出先でも使う方は、密閉型がおすすめです。

オーバーヘッド型には折りたためるタイプもあり、外出先でメインに使う場合におすすめです。耳に乗せるタイプと密閉型のようなタイプの2種類から、好みにあわせて選べます。

② 耳掛け型

耳に掛けるタイプのヘッドホンで携帯性に優れています。音量を上げると音漏れがしやすいので、屋外での軽いスポーツやランニングにおすすめです。

③ インナーイヤー型

インナーイヤーのヘッドホンは、一般的にイヤホンと言わるタイプです。インナー型の装着タイプと、最近主流になりつつあるカナル型の装着タイプの2種類があります。

カナル型はインナーイヤー型よりも耳に深く挿入して使うため、外の音が聞こえにくくて音漏れが少ないのが特徴です。

ちなみに、オーバーヘッド型の装着タイプがバリエーション豊富なため、かっこいい・かわいいデザインのものが多く揃います。特に安いヘッドホンでは、スタンダードなオーバーヘッド型が選びやすい傾向です。

自分にあった音の傾向は?好みの音域や音質で選ぶ

ヘッドホンとマイクのイメージ画像

安いヘッドホンはハイレゾ対応・サラウンド対応したものが現状少ないです。ヘッドホンは音質で選ぶというよりも、好きな音楽ジャンルの音域で選ぶことになります。

ドンシャリ傾向

低音域・高音域には、ドンシャリ傾向。低音は「ドン」・高音は「シャリ」という、音に強い特徴を持っています。ドラムが使われる、ロックやパンクを聞くのにおすすめな音域ですが、重低音が多用されるヒップホップにも向いています。

かまぼこ傾向

中音域が強調される、かまぼこ傾向はボーカルやギターサウンドが聞きやすい音域です。ギターやボーカルが際立つ音楽を聞くのに向いています。人の声が聞きやすい傾向なので、テレワークでヘッドホンを使う方にもおすすめです。

フラット傾向

原音を再生するには、音域が平均的なフラット傾向がおすすめです。幅広い音域のピアノ音楽やクラシックを聞くのにも適しています。モニターヘッドホンは、特にフラット傾向のものを選ぶとよいでしょう。

もっと幅広い音域のハイレゾ対応ヘッドホンは、40000Hz(40KHz)にまで応していますが、安いヘッドホンで採用されているものは少ないです。Amazonには4,000円ほどからありますが、1万円~3万円台のものがほとんどになります。

サラウンド対応のヘッドホンは、5.1ch/7.1chのスピーカーのような臨場感のあるサウンドを求める方におすすめです。しかしハイレゾ同様に、安いヘッドホンに使われることは少ないです。1万円弱~と予算がある方は、サラウンド対応を選ぶと迫力のある音を楽しめます。

人気メーカーにも低価格モデル おすすめ26選

Sonyのヘッドホン写真

ソニー(Sony)・オーディオテクニカ・ビーツ(beats)など、ヘッドホンは人気のあるメーカーで選びたいですよね。「でも人気メーカーのものは高いんじゃないの?」と思いますが、実は2,000円弱〜エントリーモデルが展開されています。

アナログのヘッドホンなら、昔からDJやプロの間で人気の高いオーディオテクニカ・パイオニアのヘッドホンがおすすめです。

リトグリがMVで付けたことが話題になったソニーのヘッドホンは、オレンジやイエローといったカラフルなモデルもあり、カジュアルなファッションにあわせやすいです。悩みに悩んで最後には、「憧れの人が付けていたモデルやメーカーで選ぼう」ということも重要かもしれません。

おすすめ①
  • ソニー(SONY)
  • ステレオヘッドホン MDR-XD150

  • 税込み1,618円
  • 臨場感あふれる低音に魅了される、密閉ダイナミック型!

  • オーバーヘッド型の密閉ダイナミックタイプ。耳へダイレクトに低音が伝わる、臨場感あふれる音を再現したヘッドホンです。振動が心をゆさぶる、迫力ある音に魅了されます。

低音がダイレクトに伝わり、立体的で奥行きのあるサウンドが叶います。ドラムやベースを使った、バンド曲を聴くのにぴったりな商品です。耳の角度にあわせて作られた、直径40mmドライバーユニットを搭載。圧迫感がなく長時間使用しても疲れにくい構造です。

有線タイプで接続コードは2.0mと長めなので、離れた場所にあるテレビやオーディオと接続ができます。 重量は約160gと軽い点もおすすめポイント。カラーはブラックとホワイトの2色から選べます。

おすすめ②
  • ソニー(SONY)
  • ワイヤレスステレオヘッドセット WH-CH510

  • 税込み4,655円
  • フラットにしまえる!持ち運びに便利なコンパクトサイズ

  • イヤーカップ部がフラットにしまえるスイーベル機構を採用。コンパクトに収納できるため、バッグの中でかさばらず邪魔になりません。重さも約132gと軽量で持ち運ぶのに便利です。

ドライバーユニットは、30mmのダイナミック密閉型。クリアで力強い高音質が特長です。Bluetooth出力対応で、最大8台までの機器とペアリングができます。一度設定すれば2回目以降は簡単に接続可能な、ワイヤレスタイプのヘッドホンです。

4.5時間の充電で35時間の再生ができるため、外出先でも安心して使用できます。すぐに使いたいときは10分の充電で90分再生できるのもうれしいところ。カラーはブラック・ホワイト・ブルーの全3色から選べます。

おすすめ③
  • Vantop
  • VANKYO ヘッドホンCY750

  • 税込み4,749円
  • 2つのデバイスに同時接続可能なBluetoothヘッドホン

  • 2つのデバイスと同時に接続しても問題なく使用できるのが特長的。iPadで映画を観ているときにiPhoneから電話がかかってきても、自動的に一時停止して切り替えます。

低音から高音までをバランスよく再現する、Hi-Fi仕様のヘッドホンです。再現性が高く、音楽を聴いたり映像とリンクさせたりするのに適しています。VRで使用するとより一体感を味わえ、心が引き込まれます。

オーバーヘッドの密閉型タイプで、イヤーカップ部は90度回転するスイーベル機構を採用しています。ソフトなプロテイン生地が施され、長時間装着しても快適な作り。ノイズキャンセリング機能を搭載し、外部の雑音をシャットダウンします。接続は安定のBluetooth5.0に対応していますが、もしも充電が切れた場合には有線接続も可能です。

おすすめ④
  • JVC
  • ステレオヘッドホン HA-RZ710

  • 税込み3,018円
  • ソフトレザーのイヤーパッドとヘッドバンドで、快適な使い心地

  • 耳に当たる部分は心地よい肌触りの、ソフトレザーイヤーパッド仕様です。頭部をしっかり包み込む布製のヘッドバンド付きなので、長時間装着しても不快な気持ちになりません。

ヘッドホンの本体重量330gで、オーバーヘッド型の密閉ダイナミックタイプです。安定した振動幅のサウンドスタビライザーを搭載し、高音から低音までクリアに再現。ドライバーユニットの周辺には制振が設けられているため、ひずみを感じにくいのが特長です。

コードは片側1.2mと2.3mの延長コードが付属しているので、離れた場所にあるテレビやステレオと接続できます。価格もリーズナブルなため、初めてヘッドホンを購入する方にぴったりです。

おすすめ⑤
  • ハーマン・インターナショナル
  • ワイヤレス・オンイヤー型ヘッドホン JBL TUNE 500BT

  • 税込み3,223円
  • 折りたためるコンパクト&軽量設計!手軽に音楽が楽しめる

  • 内側へくるっと折りたためるタイプのヘッドホン。コンパクトサイズになるため、バッグへ収納して楽々持ち運べます。外出時にさっと装着できるスタイリッシュなデザインです。

JBLブランドの、TUNEシリーズ。155gと軽量で、装着中に疲れを感じにくい設計です。約2時間の充電で16時間程度、Bluetoothを使用したワイヤレス再生ができます。急いでいるときは、およそ15分充電すれば最大1時間再生可能。朝起きてからでも間にあう、急速充電機能付きです。

マルチポイント機能搭載で、2つのデバイスに同時接続できるのがおすすめポイントです。私用スマホで好きなコンテンツ、社用スマホで電話を受けるようにすれば、退屈な移動時間がリラックスタイムに。電話がかかってきてもイヤーカップにあるマルチファンクションボタンで、簡単に切り替えられます。マイクはハンズフリー通話に対応。カラーはブラックとホワイトの2色から選べます。

おすすめ⑥
  • MPOWJAPAN
  • ワイヤレスヘッドホン H7

  • 税込み2,999円
  • 音楽の再生・停止は、本体ボタンで簡単操作

  • さっと装着して手軽に使用可能なワイヤレスタイプです。音楽の再生と停止、ボリュームのアップ・ダウンは、本体に搭載したボタンで簡単に操作できます。

ソフトな低反発素材のイヤークッションを採用した、快適なつけ心地のヘッドホン。Bluetooth対応のワイヤレスタイプで、約3時間充電すれば音楽は最大連続でおよそ15時間可能です。通話も18時間程度できる、優れた性能を誇ります。

本体重量は300gで、イヤーカップ部は90°回転するため首へかけて携帯するのに便利な作りせす。毎日の通勤や通学で使用するときにちょうどいい製品と言えます。カラーはシンプルなブラック・ファッションの差し色にもなるブルー・スタイリッシュなグレーの3色展開をしています。

おすすめ⑦
  • ロジクール
  • Logicool G ゲーミング ヘッドセット G331

  • 税込み4,900円
  • ゲーム機やパソコン、モバイルデバイスに対応!

  • ゲーム機のほか、3.5mmコードを使用すればパソコンやモバイルデバイスのゲームも楽しめます。マルチに対応した、1つは持っておきたいアイテムです。

ドライバー口径が50mmあるゲーミングヘッドセットタイプ。大きな振動版はゲーム内すべての音がリアルに再現され、迫力に満ちた音響です。本体の重量は259gと、比較的軽量で長時間プレイする方に向いています。

跳ね上げ式のマイクも完備しているため、ボイスチャットにも適応しています。使用しないときは口元のマイクブームをさっと跳ね上げるだけで、ミュートへ切り替えが可能。音量ホイールは本体に搭載され、耳元で簡単に調節ができます。eスポーツをはじめるときに揃えたい、おすすめのアイテムです。

おすすめ⑧
  • ソニー(SONY)
  • ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドホン WH-CH710N

  • 税込み11,901円
  • マルチペアリング機能搭載!最大8台とペアリングOK

  • スマホやパソコン、テレビといったデバイスと最大8台までペアリングができます。1度Bluetooth接続をすれば、2回目からは自動接続されるので簡単です。

頭や耳の形に添ったバンドデザイン&オーバーイヤータイプの装着感抜群なアイテム。ぴったりフィットし、本体が223gで軽い着け心地なのもおすすめポイントです。雑音が多い環境でもノイズを打ち消しクリアな音楽が再生される、デジタルノイズキャンセリング機能も特長と言えます。

ヘッドホンの外側には音を拾うマイクが備わっています。電車に乗車中や街中を歩いているときに、アンビエントサウンドモードへ切り替えれば周囲の音も聞こえて安全です。10分充電すると、約60分再生ができるヘッドホン。カラーはブラック・ホワイト・ブルーの3色から選べ、どれも人気です。

おすすめ⑨
  • ソニー(SONY)
  • ステレオヘッドホン MDR-ZX110AP

  • 税込み1,970円
  • 外での使用に便利!簡単に折りたためるクイック収納

  • イヤーカップ部がすばやく折りたためる、クイック収納タイプのコンパクト設計。本体は120gと超軽量なので、外での使用に最適です。

マルチファンクションボタンとマイクを内蔵したリモコンをコードに備え、スマホでハンズフリー通話が可能です。ソニーのモバイルコミュニケーションXperiaなら、SmartKeyアプリをダウンロードしてリモコンの操作方法をカスタマイズできます。

コードは本体カラーとコーディネートされ、ホワイトは可憐な印象です。細部にまでこだわったからみにくい設計なので、急いでバッグに収納しても取り出すときはスマート。持ち歩くのに向いています。カラーはブラックとホワイトのベーシックな2色展開です。

おすすめ⑩
  • オーディオテクニカ(Audio-Technica)
  • エアーダイナミックヘッドホン ATH-AD500X

  • 税込み9,500円
  • ダイナミックな低域&クリアな中高域を再現

  • 53mmの大口径ドライバーユニットにより、ダイナミックな低域とクリアな中高域を再現したアイテム。広帯域再生で聴く曲を選びません。

アルミニウム製のハニカムパンチングケースが印象的なオーバーヘッド型のヘッドホンです。強度があり235gと軽量なうえ、余韻のある豊かなサウンドも再現。イヤーカップ部は3Dウイングサポート設計で、ずっと装着しても圧迫感のないつけ心地です。立体的に耳を包み込むため、音がダイレクトに伝わってくるのが特長です。

からみにくくてストレスフリーなコードを採用し、無造作に置いても大丈夫です。開放型のため、自宅で音楽に聴き入りたい方におすすめします。

おすすめ⑪
  • EKSA
  • オーバーイヤーヘッドホン E1

  • 税込み3,980円
  • 音声遅延を80ms以内に抑制!音の遅れが気にならない

  • テレビやパソコンとBluetooth接続してゲームや動画を楽しむときに、遅延を感じない設計です。生放送の視聴も快適に再生できます。

アームは長さ調節に加え、コンパクトに折りたためます。本体重量は200gのワイヤレスタイプです。2つのデバイスを同時に接続できるマルチペアリングのほか、付属のコードを利用すると有線接続も可能。Bluetoothに対応していないデバイスにも繋げられます。

約2時間の充電で連続再生が24時間の優れものです。すぐ使いたいときも10分の充電でおよそ2時間再生できます。低域から中高域までなめらかで自然な響きを再現するヘッドホン。siriボタンを長押しして重低音を際立たせれば、迫力満点の映画や動画鑑賞、心に響く音楽を聴くのに最適です。

おすすめ⑫
  • ハーマン・インターナショナル
  • AKG プロフェッショナルモニターヘッドホン K240 STUDIO-Y3

  • 税込み6,997円
  • TWO-LAYERダイヤフラム構造で高音質を実現

  • 2種類の素材を組み合わせたTWO-LAYERダイヤフラム構造により、音を正確に出力してゆがみを少なくすることを実現。鮮明かつ立体感のある高音質を堪能できます。

ブラック×ゴールドのデザインがインパクトのあるアイテムです。独自開発したXXLトランスデューサーを搭載し、的確に音を再現セミオープンエアー型で抜けのよいリアルサウンドが特長です。奥行きが豊かな低域とクリアな中高域を再現するため、プロが使用するスタジオヘッドホンとして人気があります。

本体重量230gの軽い設計です。自由自在に動くイヤーカップとしっかりしたつくりのイヤーパットで、つけ心地は快適。使用の際は中心部と外縁部で音の厚みが変わる、バリモーション・テクノロジー構造にも注目してください。

おすすめ⑬
  • アンカー・ジャパン(Anker Japan)
  • Soundcore Life Q10

  • 税込み3,999円
  • ハイレゾ対応!繊細でクリアなサウンドを体感できる

  • 40mmのドライバーユニットを採用し、なおかつAUXケーブルへ接続時はハイレゾに対応。幅広い音域がクリアに出力され、高解像度サウンドを楽しめます。

イヤーカップ上部のBassUpボタンをオンにすると低音をアップでき、迫力のあるサウンドが楽しめます。ロックやパンク系ドラムの音源をしっかり感じたい方に適しています。低電力バッテリー技術を採用し、最大60時間の連続再生が可能です。5分の充電で最大5時間も使用できます。

マイク内蔵のため、スマホにBluetooth接続中いきなり電話がかかってきてもハンズフリー通話が可能です。本体重量290gで、カラーはシンプルなブラック・かっこいいレッド・ポップなブルーの3色があります。

おすすめ⑭
  • オーディオテクニカ(Audio-Technica)
  • ワイヤレスヘッドホン ATH-SR30BT

  • 税込み11,000円
  • シンプルなデザインが好評!アラウンドイヤータイプ

  • 無駄を省いたシンプルなデザインの、オーバーヘッドタイプです。おしゃれでつけ心地抜群のヘッドホンは、ファッションの一部のような感覚で身につけられます。

コンパクトに折りたためて外出先で使用するのに便利です。重量は340gと軽量で、テレワークのときに長時間使用しても疲れにくくて仕事がはかどります。余分な低域成分を抑え、クリアな中高域を再現するアイソレーション設計です。

1日約2時間使用する場合なら、1か月充電しなくても最大70時間ワイヤレスを使用できます。マットな質感の、ブラック・ホワイト・ピンク・ブルーから選べるのもおすすめポイントです。

おすすめ⑮
  • OneOdio 
  • ワイヤレスDJヘッドホン FuSion A7

  • 税込み5,480円
  • 広帯域でフラット!存在感あるサウンドのDJヘッドホン

  • パワフルでガツンとくる低域と、ナチュラルでなめらかな中高域をバランスよく出力する特性があります。ゆがみが気にならず、音楽に集中できる製品です。

コードジャックが2か所あるため、一度に2つのデバイスへ接続が可能です。片方はスマホにつないで音楽を流し、もう片方はギター&アンプに接続すると両方の音がミックスして聴こえます。音源にあわせての楽器練習にぴったり。高性能で安定したBluetooth5.0伝送技術により、音声遅延も100ms以内に抑制します。

大容量バッテリーで約50時間の連続再生ができます。急いでいるときはわずか10分充電すれば、およそ2時間の通話も可能です。持ち運びやすい200gの軽量設計で、90°反転するイヤーカップがコンパクトに折りたためます。

おすすめ⑯
  • ソニー(SONY)
  • ステレオヘッドホン MDR-XB550AP

  • 税込み3,691円
  • ベース・ブースター採用で、圧倒的な量感の重低音を実現

  • ベース・ブースターを採用したことによって、ダイレクトに重低音を伝達します。ライブ会場にいるような、臨場感が得られるサウンドが特長です。

本体の重量は180gと超軽量&持ち運びに便利なスイーベル機構のヘッドホンです。スマホでのハンズフリー通話ができ、コード部分のリモコンで操作可能なタイプ。コードは細かい溝のある、からみにくいセレーションケーブルを使用しています。重低音が強調されるモデルなので、音楽をメインに聴く方におすすめです。

リモコン操作の設定が自由にカスタマイズできるSmartKeyアプリに対応しています。自分の使いやすい設定にすれば、操作がより簡単になります。カラーは、スタンダードなブラックとグレーのほか、鮮やかなブルー・レッド・グリーンの5色展開です。

おすすめ⑰
  • Beexcellent
  • ワイヤレスヘッドホン Q7

  • 税込み2,898円
  • 通学・通勤の電車でも安心!遮音性に優れたモデル

  • 密閉型でダイレクトに音が伝わりやすいヘッドホンです。遮音性に優れたモデルは、通学・通勤電車の中で音楽を聴くのに適しています。

肌になじみやすいオーバーイヤー型のカップを採用しています。密閉型でダイレクトに音が伝わりやすいうえ、柔軟性・通気性がある素材のため夏場の使用も快適です。フル充電で音楽を最大40時間連続再生できます。バッテリーが切れた場合でも、付属の3.5mmオーディオコードを使えば、スマホ・パソコン・ダブレットなどのデバイスに接続して使用可能です。

マイクは音声の伝送遅延が少なく、クリアに聞こえるのもおすすめポイント。ただし、Bluetoothへつないだワイヤレスモード時にしか使用できないのでご注意ください。

おすすめ⑱
  • ロジクール
  • USB COMPUTER HEADSET H390

  • 税込み3,980円
  • テレワークに最適!USB接続のパソコン用ヘッドセット

  • オーバーヘッド型でノイズキャンセリングマイク付きのヘッドセットです。USBでパソコンに接続するタイプなので、SkypeやZOOM会議で使用するのに重宝します。

調節式ヘッドバンドと厚めのイヤークッションで、長時間使用しても疲れにくいのが特長的です。オンライン通話中にミュートへの切り替えや音量調節が簡単な、インラインコントロールを搭載しています。マイクは周囲の雑音を軽減する、ノイズキャンセリング機能付きで快適に通話ができます。マイクを使用しないときはマイクブームを跳ね上げて収納できるため邪魔になりません。

コードの長さは2.33mあるので、イスから立ち上がっても十分余裕があります。本体重量は197gと比較的軽量です。

おすすめ⑲
  • オーディオテクニカ(Audio-Technica)
  • DJヘッドホン ATH-PRO5X

  • 税込み5,464円
  • 密閉ダイナミック型!DJプレイからリスニングまで網羅

  • 密閉ダイナミック型でグルーブ感のあるサウンドを出力します。プロのDJプレイ用に設計されていますが、通常のリスニングでも満足な高解像度のヘッドホンです。

遮音性が高いオーバーヘッドタイプ。40mmのドライバーユニットと1500mWの高耐入力設計は、プロのDJがプレイするのに最適です。耐久性に優れたイヤーパッドは、劣化したら交換ができます。

ハードな動きでも問題ない、ロック機構付きの着脱式コードを装備しています。コードはDJ用カールコードとポータブル用ストレートコードのタイプ別2種類を付属。用途にあわせて使用できるのもおすすめポイントです。カラーはブラックとホワイトの2色があります。

おすすめ⑳
  • ソニー(SONY)
  • 機能もデザイン性も高いおしゃれなアイテム

  • 税込み2,231円
  • 機能もデザイン性も高いおしゃれなアイテム

  • 折りたたんでコンパクトサイズになる約125gのヘッドホンです。カラーバリエーションは、定番色のブラックとホワイトのほか、グレー・ブルー・レッドから選べます。

リーズナブルながらもバランスのよい音質が魅力の製品です。低域から中域まで高音質を楽しめるため、聴く曲を選ばずマルチに活躍します。ソフトな質感で耳を包み込むイヤーパッドによって、サウンドが直接耳に届く設計です。

本体カラーとあわせたカラーコードは、摩擦を軽減してからみにくい設計なのでストレスなく使用できます。長さは約1.2mあり、自宅でテレビやオーディオを接続するのに困りません。おしゃれな見た目だけでなく、機能性にも優れています。

おすすめ㉑
  • オーディオテクニカ(Audio-Technica)
  • ワイヤレスヘッドホン ATH-WS330BT

  • 税込み6,573円
  • 独自設計のベースリードダクトを採用!聞き応えのある重低音やボーカルが魅力

  • ボーカルがより立体的に伝わる独自設計のベースリードダクト機構を採用しています。また、高性能ユニットダンパーにより、低音の増幅を実現したボリューム感のある音響を楽しめます。

折りたたんでコンパクトサイズになり、重量はわずか167g。薄型&軽量なのに安定した装着感が魅力です。SOLID BASSドライバーを搭載し、聴き応えのある重低音を体感できます。電源のオンとオフだけでなく、音楽の再生や一時停止、曲送り・曲戻し操作が本体で可能です。そのほかに、音量調節と電話対応も行なえます。

Bluetooth対応のワイヤレスタイプで手軽に使用できるのがおすすめポイントのひとつ。充電はわずか10分で、約4時間再生ができます。カラーは人気のブラック・おしゃれなブルー・シックなカーキの3色展開です。

おすすめ㉒
  • アンカー・ジャパン(Anker Japan)
  • Soundcore Life Q20

  • 税込み5,990円
  • アクティブノイズキャンセリング機能でノイズを除去

  • ヘッドホンに搭載されたマイクは、アクティブノイズキャンセリング機能が備わっています。周囲の雑音を自動で察知し、低周波ノイズを除去します。

重量は260g、耳にフィットする形状記憶のイヤーカップなので、長時間使用しても疲れにくい設計です。本体は折りたたんで、付属の専用ポーチへ収納して汚さずに持ち運べます。通常は最大60時間の音楽再生が可能です。アクティブノイズキャンセリングモードなら、最大40時間使用OK。すぐに使いたいときは5分の充電で、約4時間も音楽再生ができます。充電環境のない場所でも、戸惑いなく使える製品です。

鮮明で力強い低音を出力するため、バンドの楽曲を聴くのに適しています。カラーはシンプルでスタイリッシュな、ブラック・シルバー・ブルーの3色があります。

おすすめ㉓
  • ティアック
  • KOSS PORTAPRO

  • 税込み6,600円
  • 根強い人気!メーカーを代表するオープン型ヘッドホン

  • 1980年代に発売して以来、人気が衰えないメーカー代表のモデル。インパクトのあるおしゃれなデザイン性と優れた音質・機能性を兼ね備えた製品です。

数十年前に発売されたシリーズですが、現在スマホやタブレットに接続できる仕様へと新しく生まれ変わりました。一般的なヘッドホンとは一味違った斬新なデザインが目を引くため、ファッションアイテムとして取り入れるのもおすすめです。

ヘッドバンドは左右各3段階に調節できるcomfort Zone機構とマイク付きコントローラー搭載で、音楽再生・一時停止のほか通話対応や音量調節が手元で簡単に操作できます。本体は折りたたんで専用のハードケースにしまいましょう。

おすすめ㉔
  • Vantop
  • VANKYO ヘッドホン C740

  • 税込み6,999円
  • Hi-Fi高音質!音楽や映像をリアルサウンドで楽しめる

  • 低域から高域までを気持ちのよいバランスで再現するHi-Fi高音質。音楽や映画のサウンドをよりリアルに楽しめます。VRでも、ぜひ体感してください。

耳の角度にあわせて装着できる、90度回転するスイーベル機構のイヤーカップです。大口径40mmのオーディオドライバーユニットは、ワイヤレスでも高音質を実現しています。フル充電で最大30時間の連続使用が可能です。

特長は一度に2つのBluetoothデバイスへ接続でき、切り替えも簡単なところです。音楽再生なら最大15時間、通話なら最大18時間使用できます。周囲の雑音に邪魔されない、ノイズキャンセリング機能を搭載。集中して大好きな映画の世界に入り込めます。

おすすめ㉕
  • OneOdio
  • ノイズキャンセリングヘッドホン A10

  • 税込み7,680円
  • 充電スピード2倍UP!2時間のフル充電で最大40時間連続再生

  • MicroUSB端子からUSB-C端子へ改良したことにより、充電時間を短縮。最大40時間の連続再生が2時間の充電で可能になった、利用者にうれしい技術です。

洗練されたシンプルなデザインの密閉型ヘッドホン。Bluetooth接続で動画や生放送でも音の遅延を軽減する設計なのがおすすめポイントです。本体はノイズキャンセリング機能付きなため、雑音があっても耳に届きません。周囲の物音や話し声に邪魔されず、音楽や映画を鑑賞できます。

40mmの高精度なドライバーユニットを搭載しています。重低音も高音もリアルに再現し、その場にいるような感覚を楽しめます。イヤーカップは日本製の高品質なものを採用。保温性と通気性に優れているため、オールシーズン快適に使用できます。

まとめ

ヘッドホンの写真

今回は安いヘッドホンの選び方を紹介しました。大きく分けて、接続方法・形状・音域の3つで選ぶことになりますが、最後の決め手はなによりも「安い」ということが重要です。

いかに予算を抑えて、いかにいいヘッドホンを手に入れるかは、自分の選び方次第。安く手に入れたヘッドホンを装着し、音楽やテレワーク生活を充実したものにしていきましょう!

※価格はいずれもAmazonの2021年2月現在のものです。



  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!