moovoo|(ムーブー)

半歩未来のライフスタイル

MooVoo

半歩未来のライフスタイル

ビーツのヘッドホンのおすすめ8選!特徴と人気の秘密とは?

中間睦月
2018-10-23
  • LINE友だち追加


ビーツ(Beats)のヘッドホンの特徴

ビーツ(Beats)はヒップホップ界で最も成功を収め、影響力のある一人であるドクター.ドレやエミネム、U2やレディ・ガガが所属するレコード会社の社長のジミー・アイオヴィンが2006年に設立した会社です。音楽を知り尽くしたジミーが最高の音質を追及して監修し完成させたヘッドホンですからその音質は間違いありません。

ビーツ(Beats)は2014年にアップルが買収したことでも有名になりましたが、アップルが買収したブランドをそのままの名前で販売することは非常に珍しく、その事実からもいかにビーツ(Beats)が輝かしいブランドであるか、ということがわかるでしょう。もちろんアップルショップで購入することもできます。

重低音重視の音質

ビーツ(Beats)のヘッドホンの特徴は重低音の音質を重要視しているところです。そのため、ドンドン、と腹に来る迫力は相当なものです。

かといって高音域がスポイルされているわけではなく、高音域から低音域まで澱みなくスカッと抜けるクリアな音質で音楽を楽しむことができます。クラブミュージックやテクノポップなどの電子音楽にもしっかりと対応しているのでプロでも自信をもって使うことができるクオリティです。

ファッションツールとして秀逸

ビーツ(Beats)のヘッドホンはアメリカのブランドですが、レディ・ガガなど人気のアーティストと共同開発するといったプロモーションの巧みさから本国では圧倒的な人気があります。著名人にもビーツ(Beats)の愛用者は非常に多く、サッカーブラジル代表のネイマール選手もビーツ(Beats)のヘッドホンを愛用しています。

ヘッドホンの耳あての部分にハッキリと「b」と記載されたデザインは一目でビーツ(Beats)のヘッドホンである、ということがわかるので、音楽を聴いていない時でもしっかりとアピールすることができます。首にかけているだけでかっこいいヘッドホンといえばビーツ(Beats)が圧倒的でといえるでしょう。

ブルートゥース(Bluetooth)を利用したワイヤレスにも対応

音質を考えるとおすすめは有線モデルですが、お手軽に使いたい、という人向けにブルートゥース(Bluetooth)を利用したワイヤレスモデルのラインナップもあります。「Solo3 Wireless」はビーツ(Beats)自慢の音質はそのままに、お洒落なデザインと豊富なカラーバリエーションが人気のモデルです。

最長40時間のバッテリー駆動時間はワイヤレスヘッドホンとしては相当長い方ですが、万が一バッテリーがなくなってしまったときでもたった5分の充電で3時間の連続再生が可能です。これはいざという時に大変嬉しい機能でしょう。

スマートフォンのハンズフリー機能やSiriの起動にも対応しており使い勝手も抜群です。これだけの便利さがありながら、ビーツ(Beats)studio3ワイヤレスではピュアアダプディブノイズキャンセリング機能を搭載。

外のノイズを遮断するだけでなく、感知して打ち消してくれる他、音源に合わせて最適な音量調節を行ってくれるのです。折り畳んで小さくすることもできるので携帯性にも優れています。

ビーツ(Beats)のヘッドホンのおすすめ

Beats(ビーツ) by Dr.Dre ML992PA/A 有線ヘッドホン

ビーツのヘッドホンの画像

2014年にApple社の傘下になったビーツ(Beats)のML992PA/A は、密閉型かつダイナミック型のヘッドホンとなっているので、iPhoneへ接続して音楽鑑賞や動画鑑賞を行う際に適しています。密閉型のヘッドホンならば、外部の音を遮断して流れてくるサウンドに集中することが可能ですが、同時に外部への音漏れを防ぐ効果があるので、電車内で使用する際に周囲に迷惑を掛けにくくなります。密閉型のヘッドホンがおすすめな理由として、外部の音を気にせずに聴きたい音楽に集中出来るだけでなく、構造的に重低音を出しやすいという特徴があるからです。ビーツ(Beats)が得意とする重低音を迫力あるものとしているのは、独自に培ってきた技術とApple社の傘下に入ったことで、iPhoneとの相性を考えてテストされるようになったことも影響しています。

ビーツ(Beats)のML992PA/A は、ダイナミック型のヘッドホンですから、振動板を振動させるときには磁界の中でボイスコイルに電気を流して音楽信号を伝え、ボイスコイル自体が直接振動板を振動させる方式です。一般的なダイナミックスピーカーと同じ構造で作られているためにシンプルな構造となっています。ダイナミック型のヘッドホンがおすすめな理由として、電気信号という形で音声信号を伝えていない状態では、ボイスコイル自体に力が加わっていないために振動板は動いていません。常時振動板を支える部分を構造的に柔らかく作っても歪みが発生しづらいために、音声も歪みが少なく広い再生周波数帯域を確保出来る方式です。

また、ビーツ(Beats)のML992PA/A はケーブル接続をしていて電池を不要としているので、電池切れを起こす心配が無くフレームはステンレス製で頑丈に作られています。ノイズアイソレーションに対応しているので、物理的に外部の音を遮断する効果を持ち合わせています。イヤーカップに肉厚なタイプを採用していて、ノイズの原因となる外部の音が内部の振動板へ伝わらないようにカップ自体が独立した構造になっているわけです。電池を使わずにノイズを遮断出来ることから、聴きたい音楽を常に静かな環境で聞くことが出来ます。

Beats(ビーツ) by Dr.Dre Mixr 密閉型オンイヤーヘッドホン ホワイト

ビーツのヘッドホンの画像

Beats by Dr.Dre Mixrは、ビーツ(Beats)の高品質なサウンドはそのままに、よりコンパクトで持ち運びやすく、ボディの軽量化も実現したオンイヤー型のヘッドホンです。

ヘッドバンドの設計が柔軟で調節可能なもののため、コンパクトに折りたたみ、付属の専用ポーチに収納することにより、持ち運びも容易にしています。そのコンパクトさから、長時間のDJでも邪魔にならず、ストレスなく使用することができます。

また、パフォーマンスを想定し、ハウジングは耐久性に優れた頑丈な設計となっています。270度回転式のイヤーカップを採用しているので、スムーズで精度の高いモニタリングを実現し、DJやライブ・パフォーマーそはじめ、エンジニア、さらにはリスナーにもおすすめです。

グラミー賞を受賞したDJでありプロデューサーのデヴィッド・ゲッタが開発の監修をおこなっており、ノイズの多いシーンでボリュームを上げても深い低音を再生することができます。

さらに、独自のデュアルポートを搭載することによって、ヘッドフォンケーブルを左または右のイヤーカップに差し込むと自動的にモードが出力に切り替わり、複数のヘッドフォンをデイジーチェーンで接続できる高度なパフォーマンスを実現しています。

このほか、 3-button micケーブルによって、手元でトラックの操作や音量調整が可能となっており、DJパフォーマンスに最適なカール・ケーブルも付属しているので、用途に応じてケーブルを交換することも可能です。

多くのヘッドホンでは大音量に耐えられるだけの頑丈さが求められるため、サイズは大きく重量もあるものが多くなっていますが、ビーツ(Beats)Beats by Dr.Dre Mixrは、DJ用とは思えないほどの軽量コンパクトなボディを実現している一方で、他のDJ用のヘッドホンにも劣らない大音量に対応しています。

音質もビーツ(Beats)ならではのパワフルで粒立ちのよい出音で、モニターしやすく、低音が過剰な印象もありません。むしろ、どちらかといえば大音量のDJブース内でおすすめのチューニングで、まさに「DJがDJの為に作ったDJ用ヘッドフォン」というコンセプトにぴったりのヘッドフォンといえるでしょう。

Beats(ビーツ) by Dr.Dre Solo2 密閉型オンイヤーヘッドホン

ビーツのヘッドホンの画像

ビーツ(Beats)というメーカーのBeats by Dr.Dre Solo2の最新モデルは2015年に発売されたモノになります。なのでBeats by Dr.Dre Solo2のヘッドホンを持っている人は多いです。2015年に発売されたヘッドホンなので持っている人も多いですが、どうしてビーツ(Beats)のヘッドホン、Beats by Dr.Dre Solo2が未だに人気なのかというと、ヘッドホンで何でもできてしまうからです。

一般的なヘッドホンは“音を聴くもの““音を楽しむもの“ですが、ビーツ(Beats)が販売しているBeats by Dr.Dre Solo2のヘッドホンはRemoteTaikTMケーブルを使うことで聴いている音の変更と、音量の調節、かかってきた電話に出るのも、外部デバイスを操作せずに全てBeats by Dr.Dre Solo2でできてしまいます。

ですがここで注意が必要で、使用している外部デバイスによって使える機能が異なってくる場合があります。こうした素晴らしい機能が搭載されていることからビーツ(Beats)のBeats by Dr.Dre Solo2のヘッドホンが今でも人気なのです。

音の変更と音量の調節、かかってきた電話に出ることができるので、家事や仕事といった何かをしながら音楽をよく聴いている方や、音声をパソコンに文字化して打ち込んだりすることが多い方にはかなりおすすめのヘッドホンになります。

Beats by Dr.Dre Solo2の重さは205gと軽量なので頭に付けていても重さは感じづらく、ヘッドホンの高さも198㎜と一般的なヘッドホンに比べてサイズも少し小さいためバック等に入れていてもかさばりづらい大きさです。

そのため、よく持ち歩く方にはとても重宝するヘッドホンになること間違いなしです。ちなみに、Beats by Dr.Dre Solo2の見た目は流れるようなカーブが特徴的なので一般的なヘッドホンに比べてかなりスタイリッシュでお洒落な見た目をしているので音を聴かないときは首にかけておくだけでもお洒落なヘッドホンです。

また、見た目が良いだけではなく音漏れを最小限に抑えているという見た目も性能も完璧なヘッドホンなので今使用しているヘッドホンに不満がある方やどんなヘッドホンを買ったらいいのか悩んでいる方、音重視な方、見た目重視な方など、全ての方におすすめできるのがビーツ(Beats)のBeats by Dr.Dre Solo2というヘッドホンになります。

Beats(ビーツ) by Dr.Dre Studio V2 密閉型ヘッドホン

ビーツのヘッドホンの画像

Beats by Dr.Dre Studio V2は世界的に知られるヘッドホンのシリーズ「ビーツ(Beats)」の製品です。同シリーズはアメリカで活動しているラッパー兼プロデューサーであるDr.Dreとヒップホップ系のアーティストを抱えるインタースコープレコードが手を組み開発されてきました。2008年に設立されてから爆発的なヒットを生み、現在まで順調に展開してきた形です。なおBeats by Dr.Dre Studio V2は2013年9月に発売された製品ですが性能も品質も高いものに仕上がっています。

Dr.Dreはラッパーでもありますが、特にプロデューサーとして活躍してきた人物です。ヒップホップの黎明期から業界に関わっており「N.W.A」や「スヌープ・ドッグ」に「2パック」それから「ナズ」や「エミネム」とも親交があります。そんな長年ヒップホップの世界に関わってきた人物がビーツの製作を始めたきっかけや経緯には様々な事柄が関わっています。まずiPodの台頭によりCDからデジタルミュージックに人々の関心が移っていること、大きなスピーカーではなくポータブルなヘッドホンが好まれているということなど、現代ならではの事情が影響していたのです。プロデューサーとして現在の音楽業界を俯瞰したときにDr.Dreが見出したものがヘッドホンなのでした。

ビーツ(Beats)のBeats by Dr.Dre Studio V2は重低音が強調されています。それこそ最初は「50セント」の「In Da Club」をサンプルとして開発していたぐらいなので、特にヒップホップを聞くことに向いているヘッドホンといえるでしょう。ビーツ(Beats)という名前の通り、ビートに目を向けた製品なのです。ビーツ(Beats)には特徴的な機能としてANC(アクティブノイズコントロール)というものが搭載されています。これはノイズと逆の位相の音を衝突させて静かな環境を作り出すというもので、音楽をよりクリアに聞くために役立つはずです。

Beats by Dr.Dre Studio V2はヒップホップのプロデューサーがヒップホップをサンプルに研究開発されたヘッドホンなので、やはりヒップホップを聴く場合におすすめです。また、重低音が強調されているジャンルの音楽の愛好家にもおすすめできます。ヒップホップ業界にその身を捧げ続けてきたDr.Dreの拘りが詰まった1つの作品ともいえるヘッドホンです。

Beats(ビーツ) Dr.Dre ワイヤレスオンイヤーヘッドホン Beats Solo3 Wireless

ビーツのヘッドホンの画像

Beats Solo3 Wirelessは、40時間のバッテリー寿命や、5分の充電で3時間使用可能なFast Fuel(急速充電機能)を備えたオンイヤー型のヘッドホンです。この稼働時間はビーツ(Beats)のワイヤレスイヤホン・ヘッドホンの中でも屈指の電池持ちとなっていて、毎日の通勤・通学にもおすすめです。

万が一バッテリーがの残量がなくなってしまっても、付属のイヤホンケーブルによって有線で使用することも可能となっています。また、Class 1 Bluetoothを採用しているので、iOSだけでなく、Androidを搭載したデバイスともペアリングすることができます。

イヤーカップは回転するクッションを備えているので、フィット感も簡単に調整することが可能です。

さらに、W1チップを搭載していることから、iOSデバイスであればワンステップでBluetooth接続することができ、iCloudに登録されているデバイス間であればシームレスな切り替えを実現しています。このため、Bluetooth接続特有の音の遅延も、極わずかに抑えられています。

ヘッドホンの左耳側には、オンイヤーコントロールボタンが備えられており、ボリューム調整のほか、音楽の再生・停止・曲送り・Siri起動といった操作を行うことができ、通話も可能です。

このように、Beats Solo3 WirelessはApple製品との親和性が高いので、Appleユーザーには最適のヘッドホンといえるでしょう。

音質はやや低音が強いもののバランスが取れていて、音楽はもちろん、リスニングやゲームにもおすすめです。

デザインは、Solo2から継承されたビーツ(Beats)と Appleによる無駄のない、シンプルで美しいフォルムで、ビーツ(Beats)のブランドシンボルでもある本体の「b」マークが高級感を演出しています。

本体は折りたたむことができ、付属の専用キャリングケースに収納すれば、バッグに入れてもかさばらずに持ち運べます。iPhoneにあわせたカラーバリエーションが展開されているので、iPhoneとの一体感を演出することもでき、ファッションアイテムとしても一役買ってくれることでしょう。

Beats(ビーツ) by Dr.Dre ワイヤレスヘッドホン Studio Wireless MHAJ2PA/A

ビーツのヘッドホンの画像

Beats Studio Wirelessとして発売されているMHAJ2PAは、密閉型オーバーイヤーヘッドホンのワイヤレス版となっていて、Bluetoothのv4.0以上に対応しています。内蔵バッテリーによりワイヤレス再生時であっても連続12時間再生を実現しているのでスタミナ重視の人におすすめのヘッドホンです。付属のケーブルを接続すれば連続20時間再生に対応し、通常の有線接続のヘッドホンとしても使用出来ます。状況に合わせて有線と無線を自由に選択出来て、充電はUSBケーブルにて行う仕組みです。

ビーツ(Beats)が独自に開発したデジタルシグナルプロセッサとして、Beats Acoustic Engineが搭載されています。ワイヤレス再生時にも高音質を保つよう設計されているので、有線接続と遜色ない高音質再生が実現出来ているのは、ビーツ(Beats)ならではです。本体重量を260gに抑えているので、長時間ヘッドホンをしていても頭や首に負担が掛かりにくくなっています。人間工学に基づくシングル・フローティング・ピヴォット機構を採用していて、個人ごとに異なる頭のサイズや形に対してフィット性を高めています。また、デザイン性にもこだわっていて、全てのネジが隠しネジとして外から見えないほどの洗練さです。

ビーツ(Beats)が誇るアダプティヴ・ノイズ・キャンセレーションを搭載しているので、状況に合わせてノイズキャンセリングモードを切り替え出来ます。音楽再生時には周囲の状況に合わせたノイズキャンセリング制御が行われるので、周囲の騒音が激しい場所であってもいつもの心地良い音楽を聴けるわけです。ケーブル接続時だけでなくワイヤレス時にも電源をオンにするとノイズキャンセリング制御を行えるので、音楽を再生していない状況でヘッドホンをすれば周囲の音を遮断して静寂に包まれます。電車やバスに乗車している際に、Beats Studio Wirelessを装着して電源を入れるだけでノイズキャンセリングが行われます。周囲の騒音に悩まされずに集中したい時には、Beats Studio Wirelessのノイズキャンセリング機能をフル活用することがおすすめです。

Beats by Dr.Dre ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン Studio3 Wireless

ビーツのヘッドホンの画像

Beats Studio3 Wirelessはヘッドホンの中でも、ミドルスペックです。ただ、同性能のヘッドホンと比較するとかなりの出来栄えでありiPhoneとの相性が素晴らしいです。もし、iPhoneを使っている方には是非おすすめしたいヘッドホンです。

ビーツ(Beats)のヘッドホンの特徴である低音が響きが個性的なヘッドホンです。そもそも、ビーツ(Beats)はDJのドクタードレーという方がプロデュースしたものもあり、そういう派手な音楽を好む人が購入する傾向があるようです。

逆に高音については、尖った感じの音程になっており、好みが分かれるタイプの音です。ビーツ(Beats)のヘッドホンに合った曲は、ヒップホップ、ロック、クラブミュージックなどきらびやかな派手な音楽がおすすめです。

Beats Studio3 Wirelessはビーツ(Beats)のヘッドホンのなかでも、非常にクリアに音が聞こえることで有名です。というのも、Beats Studio3 Wirelessは、ピュアアダプティブノイズキャンセリングが搭載されており、邪魔なノイズを消して美しい音を聞くことができます。

さらに、リアルタイムオーディオキャリブレーションにより、音楽によってヘッドホンが自動調整を行い、最適化をしてくれます。自分好みの音楽のチューニングをしたい方は向いていませんが、ヘッドホンの仕様についてそこまでこだわりが無い方には非常におすすめしたい機能です。

さらに、ヘッドホンには、AppleのW1チップを搭載されています。これにより、Appleデバイスで設定することでシーンに合わせた音の調節であったり、音量の切り替えなど同期して操作することができます。ヘッドホンはワイヤレスタイプとなっており、外出しての使用が非常に便利です。

口コミで特に、良い機能だと言われているのが、音楽の早送りや巻き戻しができる点です。他のヘッドホンには搭載されていないちょっとした機能であり痒い所に手が届く嬉しい機能です。デザイン性についても、シンプルで外出する際にも目立たないカジュアルなデザインです。

Beats by Dr.Dre ヘッドホン Pro MH6Q2PA/A

ビーツのヘッドホンの画像

ビーツ(Beats)のMH6Q2PAは、レコーディングやミキシングを行うプロのDJ向けに開発されたヘッドホンです。サウンドエンジニアやプロのミュージシャンにおすすめ出来る製品ですが、本格的な音にこだわるユーザーやDTMを極めたいと考えている利用者にも支持されています。

アップル社の傘下に入って以降はiPhoneやiPad製品との親和性が高まっていて、付属のケーブルの中にはRemoteTalkケーブルがあるので、通話と音楽をコントロールすることも可能です。普段遣いのヘッドホンとは異なるプロ仕様のために、フレームにも産業用アルミを採用していて高耐久性をもたせている点もビーツ(Beats)ならではのこだわりです。

ビーツ(Beats)MH6Q2PAのイヤーカップには、左右共にジャック接続口が存在していて一方をにケーブルを接続すると他方のイヤーカップ側が出力端子に切り替えるという特殊な構造をしています。例えば、左のジャック接続口に音源からケーブルを繋ぐと、ヘッドホン内では音楽が流れる状態ですが、右のジャック接続口へ別のヘッドホンからケーブルを繋げば今聴いている音を共有可能です。

一般的なヘッドホンには音源共有機能は付いていないので、MH6Q2PAがプロDJ向け仕様であることは良く分かるでしょう。付属の接続ケーブルには、カールコード部分が付いていて少し離れて機材調整をする際にもカールコードが伸びて外れません。

また、コード自体にジャック接続口と繋いだ後に抜けないよう締める部分が付いているので、音楽に夢中になってコードが抜けてしまう事態を防げるちょっとした点もおすすめポイントです。

外で使う時にはリモートコントローラー付きのコードを使い、ミキサーと繋いで観賞する際にはカールコード付きケーブルを繋ぐといった使い分けが出来ます。イヤーパッドには、快適性と遮音性を兼ね備えたフラシ天を採用していて取り外して水洗いも可能というメンテナンス性の良さです。

プロ向けの仕様となっているので、各種楽器の音はクリアになるようドライバーが調整されていて、中高音域に伸びを感じることが出来ます。低音域については、重厚感があるまま深く響き渡る感覚を得られるので、ビーツ(Beats)ならではの音域の広さとバランスを体感可能です。

関連記事

最後まで記事を読んで頂いてありがとうございました!ここからはこの記事と併せて読みたい関連記事をご紹介します。

他のメーカーのヘッドホン紹介もチェック

他社のヘッドホンとも比較できるように、各メーカーのヘッドホンの特徴とおすすめを他の記事でもまとめています。ビーツともう一つ候補として考えているメーカー製品があるという方は参考になるかと思います。


  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでmoovooをフォロー!