Culture

ネッシーはいる! 子供時代の夢を叶えたネス湖ネッシー捜索の旅【動画ライター】

身体改造カルチャーの最先端を追い続けて20年以上、今回はネス湖を旅したことを報告する。

タトゥーやピアスを含む、身体改造のジャーナリストとして世界の最先端の現場をレポートしてきたが、子供時代はオカルト少年で、ネス湖にネッシーを探しに行こうとした過去があった。そのときは、バグパイプで知られる古い都エジンバラまで行ったが、ネス湖にはたどり着けずに無念の帰国をした。今回、やっと子供の頃からの夢が叶ったのだ。

ついに念願のネス湖に行った。ネッシーランドにて https://nessieland.co.uk

前田亮一名義で著した『70年代オカルト』(光文社新書)では、UFO、超能力、心霊、UMA、四次元、ムー大陸、ノストラダムスの大予言など、昭和を知る世代には懐かしい様々なオカルトを現代の視点で振り返っている。

タトゥー や身体改造を専門とする僕がオカルトの新書を執筆するきっかけは、2014年にひさびさに来日した元祖スプーン曲げの超能力者ユリ・ゲラーさんに密着取材をしたことだった。そのときには記念にゲラーさんが曲げたスプーンをもらったり、読心術で僕が頭の中でイメージした絵を紙に描いてもらった。

この連載動画の自撮りシーンの背景に使っているのは、ゲラーさんが読心術で描いてくれたものである。確かに頭の中でイメージしていたものをズバリと当てられてしまった。

今回は、イギリス北部スコットランドのネス湖からネッシー捜索の歴史を追った。果たしてネッシーはいるのか、そんな疑問に全人生をかけた多くの研究者たちの存在に驚かされるのだ。

そんなネッシー捜索の旅をネス湖の岸辺からお届けする。

  • 前田 亮一 (著)
  • 今を生き抜くための70年代オカルト (光文社新書)

  • 902円(税込)

ネス湖はびっくりするほど巨大で神秘的、観光名所アーカート城には水竜伝説が残る

ネス湖は全長が約37キロメートルもある英国最大の淡水湖で湖底は230メートルと深い。湖なのに波があって湖面が常にそよいでいる。そのことからネッシーは湖面の波の見間違いではないかとさえ言われる。

実際に行ってみると、ネス湖はびっくりするほど巨大で神秘的、そのことを体感できたことが貴重だった。

ネス湖の岸辺にあるアーカート城は、13世紀に建てられたもので観光名所だ。その場所で、6世紀には聖コロンバが水竜伝説を残しており、のちのネッシー捜索の動機付けのひとつとなった。

13世紀に建てられたアーカート城は観光名所、この地に残された水竜伝説がのちにネッシー捜索につながった。Urquhart Castle

ネッシー捜索の歴史を膨大な資料とともに振り返るビジターセンターを訪ねる

ネッシー捜索の歴史はビジターセンターに詳しく、1934年「外科医の写真」というネッシー写真がきっかけで世界的に有名になった。当時は多数の目撃証言があり、72年にロバート・ラインズ博士が水中カメラでネッシーと思われる姿を撮影した。

80年代にはソナーを使って、湖中の生物の大規模調査を行ったり、湖水分析からプランクトン量を調べ、巨大生物の生存を検証した。センターに集められた膨大な資料が設立者エイドリアン・シャインの成果だろう。

ネッシー研究家エイドリアン・シャインが設立したビジターセンターには、これまでのネッシー捜索についての膨大な資料が集められている。https://www.lochness.com

果たして、ネッシーはいるのか?

湖水分析からは巨大生物の生存は難しいと言われる。とはいえ、謎の生物はいるかもしれない。なぜなら、ネス湖がとてつもなく細長い巨大な湖であるのは、恐竜絶滅以前に移動した大陸同士のつなぎ目だから。そのことは、古代の生物が生息すると信じられてきた根拠になってきたし、確かにネス湖はガラパゴス諸島のような生物学上のタイムカプセルなのかもしれない。

南端部のフォート・オーガスタスは、ネス湖全体を見渡せる最高のビューポイントとして人気となっている。その絶景を楽しむだけでもネス湖まで来た喜びが込み上げる。確かに神秘的な魅力を持った唯一無比の超巨大な淡水湖である。Fort Augustus

それでも、1993年に「外科医の写真」がフェイクであったことが暴露されたことで、一般にイメージされるようなネッシーの存在は伝説になりつつある。それに追い討ちをかえるように、パンデミックによる観光客の激減はネス湖の観光業にとっては大きな痛手だろう。

それでもなお、その全盛期にネッシーを追った人たちの記録が残されていることは重要なことだ。

・ ・ ・



今回、ネス湖に行って強く感じるのは、オカルトの自由が大事ということだ。

だから、あなたがネッシーを信じるなら。

ネッシーはいるんだ!

CREDIT
Videographer / Writer / Cast :ケロッピー前田
Videographer / Support :のだ ゆうた

RECOMMEND

PAGE TOP