【家電王に聞いた】食洗機の選び方やメリット。最新のパナソニック「スリム食洗機」もレビュー

Moovoo編集部, 深田 陽介
2022-01-17

今回は、Moovooと家電王・中村剛さんの動画マガジン「くらしのラボ」との初のコラボ動画です。

食洗機は、洗濯機・ロボット掃除機と並んで近年の新三種の神器の1つ。でも、普及率はまだ○○%…。
食洗機を検討する方のために、メリット、メーカー、設置方法、また、”食器洗いって家族の誰がやってるの?”といったことを深掘りしました。
また、後半では、新発売したパナソニックの「スリム食洗機」を紹介。業界でも最薄な食洗機のこだわりのポイントをチェックしてください。

動画の目次
0:00 初コラボ・家電王登場
1:32 食洗機の特長
4:24 食洗機のメーカー・選び方・設置について
8:31 食器洗いは誰がやってる?
10:39 チャットのQAコーナー
12:29 パナソニック・スリム食洗機NP-TSK1
16:15 スリム食洗機・タンク式タイプNP-TSP1
17:14 次回はドラム式洗濯機


チャンネル登録はこちらから この動画良かったらぜひチャンネル登録をお願いします。

中村剛さんは東京電力エナジーパートナー株式会社に勤務されており、2002年に「TVチャンピオン」スーパー家電通選手権で優勝。現在は家電王として動画マガジン「くらしのラボ」を毎週配信されています。

食洗機の特長

食洗機の世帯の普及率はまだ30%程度。家電王の中村さんはもっと多くの人に食洗機を使ってほしいといいます。食洗機は便利なだけでなく、高い温度で食器を殺菌するという手洗いとは異なるメリットも持っています。

食洗機の普及率

食洗機の普及率を詳しくみてみると、戸建て・マンションで35.2%で賃貸で5.8%、全体で27.2%となっています。欧米では7割の普及率とのことで、日本ではまだまだ普及していない現状があります。

地域別の食洗機普及率

全国の食洗機普及率を見てみると、東西で差があることがわかります。これにはさまざまな理由がありますが、西日本で天候による水不足の影響が関わっているといいます。食洗機の使用は手洗いよりも水の使用量が少ないという特長があり、節水の目的で食洗機の購入が推奨されていたとのことです。

「食洗機」に関する検索ニーズ 

「食洗機」「食器洗い機」と一緒に検索されているキーワードをチェックしてみると、「食洗機 パナソニック」というワードが目立ちます。パナソニックは食洗機の種類が多いため、検索されやすいと考えられます。

AQUA(アクア)やシロカといったメーカーなどからも食洗機は発売されています。家電王・中村さんは、種類の多いパナソニックと加えて、こうしたさまざまなメーカーからどの製品が良いのかご自身の判断で決めることが大切だといいます。

食洗機の選び方のポイント

食洗機の選ぶ際には、まずは食器の量がしっかり入ることや設置スペースを考慮することが大切です。

食洗機は設置が面倒だと考える方も多いですが、水道を分岐させる、蛇口を増やすなど工事は簡単なものばかりです。

食洗機って洗えているの?

食洗機を20年以上使っている家電王・中村さんによれば、食洗機は手洗いより食器をキレイに洗えるとのこと。食洗機は水を流しながらではなく、循環させながら洗います。手洗いのように泡立てて使う洗剤ではなく、食洗機専用の洗剤が必要です。

家事分担について

夫婦の家事分担についてチェックしてみます。『食事の後片付けについて』の調査では、女性が洗い物をしている割合が高いことが読み取れます。食洗機は家事の分担を助けるのではないでしょうか。

新発売のパナソニック「スリム食洗機(NP-TSK1)」をチェック!

PICK UP!
  • パナソニック
  • スリム食洗機 NP-TSK1

  • 税込み71,280円

2021年秋にパナソニックから発売されたスリムな食洗機です。奥行きが約29cmで業界最薄※となっています。
(※2021年9月現在、国内卓上型食器洗い乾燥機において)

シンクと並行に設置できるため使いやすいのがポイントです。スリムなのに大容量で、4人家族分の食器が入ります。新機構「リフトアップオープンドア」を採用し、扉が真っ直ぐ上に開くので蛇口に当たりづらいのが便利です。

水を使う量が少なく済むのも大きな魅力。手洗いでは約51Lの水を使用しますが、この食洗機では約8Lと大幅に節水ができます。下から高圧水流を多角的に当てるので、高い洗浄力があります。

給水式のタイプは水栓と繋ぐことで設置できます。大きな工事ではないためご自身で設置することも可能ですが、難しそうと感じる方は業者に依頼するのもおすすめです。

スリム食洗機(タンク式タイプ) NP-TSP1

PICK UP!
  • パナソニック
  • スリム食洗機(タンク式タイプ) NP-TSP1

  • 税込み83,160円

次にタンク式食洗機をご紹介します。水を自身で注ぐことで使用できるタンク式ですが、後から給水方式に切り替えることも可能です。給水式もタンク式も溜め水を使うため、食器を洗う仕組みは変わりません。

まとめ

今回は家電王・中村剛さんと一緒に食洗機のメーカーや選び方、設置方法についてご紹介しました。
ぜひ今回ご紹介したポイントを参考に、食洗機の購入を検討してみてください!

次回は「ドラム式洗濯機」です!

Moovooリーダー
深田 陽介
Moovooの立ち上げ、bouncyの事業譲受を経て、Moovoo/bouncyの事業責任者。エンジニア出身、動画も配信もやります。スタートアップ・PC周り・ガジェット・西武ライオンズが好きです。

HOME

>

家電

>

【家電王に聞いた】食洗機の選び方やメリット。最新のパナソニック「スリム食洗機」もレビュー


  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!