Event

テレビもゲームも睡眠も。新しい暮らしを実現する「コアラ」は家具ブランドへ

Sponsored by Koala Sleep Japan

疲れたカラダを癒やすには食事もお風呂も大事です。そして睡眠もめちゃくちゃ大事です。しっかりと、ぐっすりと眠ることが明日への活力となるのですから、寝具もいいものを選び抜きたいもの。

寝心地力の高さで、日本の睡眠を大きく改善してくれたのが、オーストラリア生まれの「コアラマットレス」です。

2020年10月20日に新商品発表会が行われ、ブランド名もシンプルに「コアラ」へと一新。これからは寝具づくりのノウハウを活かした家具ブランドとして、日本の住環境を改善していくそうです。

ワインが倒れない衝撃吸収力のマットレス

もともと「コアラ」のマットレスは、いくら足踏みをしても、飛び跳ねても、上に置いたワイングラスが倒れないほどの衝撃吸収力を持っています。

頭、背中、腰、足など、人間のカラダはその場所によって重さも形も違います。コアラのマットレスは快適さとカラダのサポート力に優れており、各部を適切に支えつつ重さを分散してくれるから、疲れがとれやすいマットレスに仕上がっているのです。また一緒に寝ているパートナーや子供が寝返りをうったり、先に起き出したとしても振動が伝わりにくいから、気持ちいい睡眠が続けられるのです。

そんなハイクオリティなマットレスを作り続けてきたコアラが、新しいソファベッド「コアラソファ」を発表しました。

たった4秒でベッドに変わるソファベッドが登場

一見すると普通の三人がけソファのように見えますが、実はたったの4秒でベッドにチェンジする優れモノなのです。体験会ではタレントの紗綾さんにコアラソファを満喫してもらいました。

トランスフォームのやり方はとてもカンタン。背もたれ部分のシートクッションを引っ張って手前側に倒すだけ。女性の方でも無理なくベッドにすることができます。戻すときは倒れているシートクッションを持ち上げて、座面から折りたたむようにするのがコツです。

コアラマットレスの驚くべき衝撃吸収能力は、このソファーベッドにも受け継がれています。高く放り投げた生卵をマットレス部分がスムースにキャッチ! もちろん殻も割れていません。

肝心の、ソファとしての座り心地と、ベッドとしての寝心地はいかがでしょうか。試してみると、これが絶妙な硬さと柔らかさがあって、ココロの底からホッとするような心地よさがあります。

ソファ状態の背もたれ部は多少硬さをもたせたもので、深く寄りかかっても頼もしさを感じるもの。座面は奥の部分にしっかりとした層があり、ふかふかでありながらどっしりとした座り心地です。

またアームレストとなるサイドフレーム部は剛性が高く、背筋を伸ばしながら座って意識をシャキッとさせたいときにもピッタリ。

オプションのオットマンと組み合わせれば、カウチソファにもフォームチェンジ。よりリラックスしたポジションがとれます。

ベッドの状態にすると、優しさと芯の強さを同時に感じられる絶妙な柔らかさになります。

一般的なソファベッドはソファ状態の座面と、ベッド状態のマットレス部が同じ面となっているため、座るといいけど寝心地はちょっと..……と感じられるものがあります。しかしコアラのソファベッドは裏表の両方を効率よく使うことで、ソファベッド界で最高といえるほどの寝心地を実現しているのでしょう。

テレビもゲームも睡眠も!

またソファベッドの発表会には歌手の倖田來未さんが来場し、すでにこのソファベッドを使っており、子供がとても気に入って、リビングに置いたソファベッドで寝たいといっていました。テレビを見るときもラク、子供と一緒にゲームをするときもラクだ、とも。

考えてみたら、このソファベッドは日本のリビングを改革する家具になるかもしれません。信頼できる衝撃吸収能力があるマットレスを、使いたいときだけ数秒でリビングに展開できるってことは、子供と遊ぶときのプレイエリアとしても最高ではないでしょうか。振動が伝わりにくいのだから、マンションであっても周囲に音を響かせにくいという効果も期待できます。

ソファ、ベッド、そして遊び場。実は1つで3つ美味しい家具だといえます。

事実、このソファベッドは、日本の住環境や日本人ユーザーの好みを研究してデザインされた製品だそうです。コアラの本社があるオーストラリアと違って、日本はマンションなど集合住宅に住む方が多く、コンパクトな間取りも多いため、より生活空間を広くとるための家具が作れないか、という思いから生まれたそうです。

そして寝具メーカーとしての印象が強かったコアラが、新たに家具メーカーとして再出発する最初のチャレンジアイテムともなるそうです。

・ ・ ・

コアラが提唱していた120日間のお試し期間はそのまま。価格は90,000円、オットマンが25,000円です。高価な製品だし、寝具ともなるため、カラダとの相性チェックは欠かせません。しかもソファベッドとなると、リビング家具の王様といえる存在。自宅に置いてみて、使ってみて、本当に満足ができたら使い続けてね。というメーカーの自信も感じられます。

サステナビリティを強く意識するコアラだからこそそのソファベッドにはヴィーガンな素材を用いており、さらに売上の一部はオーストラリアのテリクロオウム及び生息環境の保護に役立てられるそうです。

使う人にやさしく、地球にもやさしいコアラのソファベッド。ぜひ一度、体験してみてはいかがでしょうか。

コアラソファ

Koala Sleep Japan

RECOMMEND

PAGE TOP