HOME

>

グッズ

>

アイスコーヒーメーカーおすすめ10選!豆から作れるミル付きなど

アイスコーヒーメーカーおすすめ10選!豆から作れるミル付きなど

Tanaka
2020-06-29
2020-06-29

アイスコーヒーはキンキンに冷えているほうが美味しいですが、美味しさとのバランスをうまくとったアイスコーヒーメーカーを使えば、手軽に楽しむことができます。

アイスコーヒーメーカーの選び方や、おすすめについてまとめましたので、ご購入の際の参考にしてください。

アイスコーヒーメーカーの選び方

インスタントではなく、本格的なコーヒー豆や粉を使ってアイスコーヒーを作ることができるアイスコーヒーメーカーは、抽出方法や電動かどうかといった選び方のポイントがあります。

アイスコーヒーメーカーの抽出方法で選ぶ

アイスコーヒーメーカーの抽出方法は、主にドリップ式と水出し式があります。それぞれの特徴をまとめました。

抽出方法 メリット デメリット
ドリップ式 ホット同様にコーヒー豆の味わいを楽しむことができる 一度沸かしたお湯でドリップし、冷やさなければならないため、手間がかかる
水出し式 コーヒーの粉と水を入れておくだけで完成するので簡単 お湯を使わないため、あっさりとしたできあがりになる

ドリップ式アイスコーヒーメーカーの場合、電動式でお湯を沸かす手間を省くことはできますが、それでも氷をあらかじめ用意しておかなければなりません。

そこで、氷不要で冷却可能な水出しは、寝ている間に抽出できるので、氷を作って冷やすのが面倒という方におすすめです。

一方、手間がかかっても本格的なコーヒーの味を楽しみたい方は、ドリップ式がおすすめです。

アイスコーヒーメーカーの容量や形を確認

一度に飲む人数によって必要な容量が変わってくるため、最大でどのくらい作ることができるか確認しておきましょう。

また、ドリップ式の場合はキッチンなどに専用のスペースが必要ですし、水出し式でも冷蔵庫に保管しておくスペースが必要です。

アイスコーヒーメーカーのおすすめ:電動ドリップ式

それでは、まず電動でドリップ式のアイスコーヒーメーカーをご紹介します。

おすすめ①
  • THERMOS
  • アイスコーヒーメーカー ECI-661

  • 税込み7,836円
  • アイスコーヒー専用コーヒーメーカー

  • マイコンで蒸らし時間を制御し、美味しくドリップ。ドリップ完了後は、自動的に電源が切れる安心・省エネ設計。

カラーがおしゃれで目を引くデザインが人気です。ドリップ式でホットと同様に抽出してくれ、ポットに入れてある氷をすぐさま溶かして冷却される仕組みです。コクのあるアイスコーヒーを自宅で手軽に作りたいという人におすすめです。

おすすめ②
  • 象印
  • EC-XA30-BA

  • 税込み10,875円
  • コーヒー本来のコクと香りを引き出すダブル加熱 95℃抽出

  • ガラス容器(ジャグ)とバスケットが一体型。水タンクは外して水洗い可能なので衛生的。カルキをとってコーヒー本来の美味しさを引き出す浄水フィルター付き。

象印のホット&アイスコーヒーメーカーです。シンプルでお手入れしやすく、お湯の温度が高いのでコーヒーを美味しくいただけると好評です。容量はコンパクトな0.42Lで、フレッシュな状態でコーヒーを楽しみたい方におすすめです。

おすすめ③
  • タイガー
  • コーヒーメーカー ACE-S080

  • 税込み6,480円
  • じっくり蒸らして贅沢な味わい

  • 注ぐお湯の量と時間をマイコンで制御。風味、香りを逃さず省工ネ保温。また保冷効力も高く、アイスコ一ヒ一も冷たいままでキ一プ。

タイガーの真空ステンレスサーバーで保温、保冷を行うタイプのコーヒーメーカーです。タンクも取り外して洗うことができ、自動的に電源が切れるオートオフ機能が付いているので便利です。

おすすめ④
  • Melitta
  • ノア SKT54

  • 税込み6,336円
  • 使いやすさ抜群の大口経ステンレスポット

  • 真空二重構造で保温性のあるステンレスポットは、大きめの氷も入る大口径で、アイスコーヒーも楽しめる。開始時と終了時にアラームでお知らせし、自動的に電源が切れる。

メリタの真空ステンレスポット式コーヒーメーカーもアイスコーヒー対応です。一つ穴ドリッパーがベストな味と香りを引き立て、シンプルながら美味しいコーヒーが完成します。最大容量は0.7Lと、お客様が来ても安心なサイズです。

おすすめ⑤
  • siroca
  • 全自動コーヒーメーカー カフェばこ SC-A351

  • 税込み14,650円
  • ミル内蔵のコーヒーメーカー

  • ステンレスメッシュフィルターで豆の油分ごと抽出。蒸らし工程をプログラム化し、さらに美味しく。置き場所に困らないコンパクトサイズ。

シロカの全自動コーヒーメーカーは、アイスコーヒーにも対応していますし、タイマーがついているので、起きる時間にセットしておくとコーヒーができているというのがうれしいです。ミル付きなので、豆から挽いたコーヒーを楽しみたいという方におすすめです。

アイスコーヒーメーカーのおすすめ:水出し式

時間がかかっても美味しいアイスコーヒーを楽しみたい方、あっさりした味わいが好みの方は、水出し式がおすすめです。

おすすめ⑥
  • HARIO
  • ウォータードリッパー・クリア

  • 税込み21,000円
  • 一滴一滴が極上のコーヒーを生み出す

  • 抽出の滴下速度は金属コックで調節可能。インテリア性を重視したシンプルなデザイン。

耐熱ガラスのメーカーハリオでは、多くの水出しアイスコーヒーメーカーをリリースしていますが、こちらは本格的な味を追求する方におすすめです。使い方は、コーヒーの粉やフィルターをセットし、少し粉を濡らしてから上部のタンクに水を入れ、ドリップするだけです。

おすすめ⑦
  • HARIO
  • フィルターインコーヒーボトル

  • 税込み1,627円
  • ワインボトル型の水出しコーヒーボトル

  • コーヒー粉と水だけですっきり飲みやすい水出し珈琲が完成。水切れがよく、注ぎやすいシリコーン製の注ぎ口。

同じハリオでも、こちらは冷蔵庫に入れておけば8時間程度で抽出できるので、寝ている間に作っておくというのが可能ですし、冷やすための氷も不要です。シリコン製の栓を使っているため、横にしてもこぼれないというのは、場所を取らずに大変便利です。

おすすめ⑧
  • iwaki
  • ウォータードリップコーヒーサーバー

  • 税込み2,980円
  • 水とコーヒー粉をセットするだけ

  • 耐熱温度差は120度。注ぎやすい注ぎ口。ドリップポットのフタは取り外せば、ポットのフタになる。

グッドデザイン賞も獲得しているイワキのアイスコーヒーメーカーです。耐熱ガラスの性能が高いため、逆にアイスコーヒーを作った後、電子レンジで温めてホットとして楽しむことも可能です。

おすすめ⑨
  • Kalita
  • アイス&ホットST-1N

  • 税込み1,664円
  • 季節を問わず一年中大活躍のコーヒーメーカー

  • 冷却器をセットすればアイス用、外せばホット用。三つ穴ドリッパー。コーヒーをすばやく十分に冷やすサイフォンパイプ付きの冷却器。

カリタのアイスコーヒーメーカーは、熱いコーヒーを一気に冷やすサイフォンパイプ付き冷却器により、コーヒーのコクや香りを逃がさずに冷やすことができるのが特徴です。キッチンに出しておいても気にならないおしゃれなデザインです。

おすすめ⑩
  • bodum
  • BEAN SET アイスコーヒーメーカー

  • 税込み5,714円
  • フレンチプレスで淹れる水出しアイスコーヒー

  • 滑りにくく持ちやすいシリコンゴムハンドル。1.5Lの大容量。お湯の代わりにお水を入れ、冷蔵庫で一晩寝かし、翌日プランジャーを押し下げるだけで完成。

デンマークのキッチン用品メーカーボダムでは、フレンチプレスタイプのコーヒーメーカーを販売しています。フレンチプレスは豆の油分もしっかり抽出する方式なので、豊かな味わいを楽しむことができます。

まとめ

ホットコーヒーも豆の種類や焙煎方法、抽出方法などによって味わいが変わってきますが、アイスコーヒーも様々な作り方があるので、ぜひ自分好みの方法を見つけておうちカフェを楽しんでいただければ幸いです。


※価格は特に記載がない限り、2020年6月時点のAmazonの価格です。

パソコン教室講師/WEBライター
Tanaka
小学校教員、オンラインショップ経営を経て現在はWEBライターをしながらパソコン教室の講師もしています。パソコン教室ではワード、エクセルなどはもちろんのこと、ホームページやネットショップ構築について等からスマホ、タブレットの困りごとまで幅広く教えています。趣味は子供やペットの写真・動画撮影です。


  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!