おすすめインスタントコーヒー10選!好みの味を楽しもう

Moovoo|(ムーブー)

[ムーブー]スマートな暮らし

検索

HOME

>

フード

>

おすすめインスタントコーヒー10選!好みの味を楽しもう

おすすめインスタントコーヒー10選!好みの味を楽しもう

moovoo編集部
2018-12-20

いまやインスタントもレギュラーコーヒーに負けない美味しさになりました

手軽さが魅力のインスタントコーヒー

かつては風味の点で物足りないと言われていたインスタントコーヒーも、製造技術の向上でレギュラーコーヒーに負けない美味しさになりました。コーヒー豆や焙煎方法なども商品ごとに工夫をこらしており、個性的な味わいのものも増えています。いろいろ試してみて自分好みの味を見つけることもインスタントコーヒーの楽しみです。

インスタントコーヒーを楽しむために知っておきたいポイント

嗜好品の好みは人それぞれなので、一概にこれがいいと言えないのがインスタントコーヒーの難しいところです。まずは現在のインスタントコーヒーはどのようなものがあるか、基礎知識として知っておきたいことを解説していきます。

スプレードライとフリーズドライのどちらが美味しいか?

インスタントコーヒーの種類は、スプレードライ製法とフリーズドライ製法の2つが主流です。スプレードライはサラサラの粉、フリーズドライは粒状の粉になっているのが特徴です。

スプレードライは熱でコーヒーの水分を蒸発させる製法です。粉末タイプであることから水に溶けやすく、アイスコーヒーも手軽に楽しむことができます。大量生産できるので商品価格が手頃で経済的ですが、製法からくる焦げた風味を気にする人もいます。

フリーズドライは凍らせたコーヒーを真空状態の中で乾燥させる製法です。手間のかかる製法なのでスプレードライ商品よりも価格は高くなってしまいますが、コーヒー本来の風味を保つことができるので人気があります。水に溶けにくい性質があるので、基本的にはホットで楽しみます。

レギュラーコーヒー同様にさまざまな味の個性が存在します

コーヒーは苦味、酸味、甘み、コクという4つの要素が複雑に絡み合い、商品ごとに味の個性を生み出しています。かつてのインスタントコーヒーは画一的な味で無個性な印象があり、販売価格で選ぶような時代がありました。しかし、現在は製造技術の向上や各メーカーの努力で、レギュラーコーヒー同様に独自の個性を主張する商品が多数を占めるようになりました。

主軸となる商品は数種類のコーヒー豆を配合して個性を生み出す、いわゆる「ブレンドコーヒー」と呼ばれるものになります。各社が独自のノウハウでおすすめの味を生み出しているので、飲み比べてみると楽しいでしょう。また高価格帯の商品では単一の豆を使用したものもあり、より本格的な味を楽しめます。

デカフェも選べてどんな人でも楽しめるのがインスタントの魅力

デカフェとはカフェインレスコーヒーのことです。インスタントコーヒーにはカフェインレスの商品も存在し、健康へ気を使う人のニーズに応えられるのも強みだといえるでしょう。例えば、コーヒー党で過ごしてきたけれど、妊娠したので出産するまではカフェインを控えたいという女性には最適です。

レギュラーコーヒーにもカフェインレスはありますが、全商品の内のほんの一部で、好みの味を自由に選ぶことはできません。もちろんインスタントの方も全商品にカフェインレスが存在するわけではありませんが、各社とも主力商品にはカフェインレスを用意しています。メーカーごとに風味は異なるので、好みの味でカフェインレスを選べる自由度が高いといえるでしょう。

これは美味しい!おすすめインスタントコーヒー10選

美味しいと評判のインスタントコーヒーをセレクトしました。嗜好品の好みは人それぞれなので、一番美味しいインスタントコーヒーも人によって異なります。ここでは人気の高い商品を中心に、多くの人が満足できるコーヒーを紹介します。今飲んでいるコーヒーに満足していない人は、理想の商品を選ぶための参考にしてみてください。

ネスカフェゴールドブレンド(ネスレ)

「インスタントでコーヒーを味わいたいならコレ!」と手に取りたい商品。コーヒー愛飲家に親しまれている定番インスタントコーヒーは数あれど、不動の1位にふさわしい存在がネスレの「ネスカフェゴールドブレンド」です。インスタントコーヒーにありがちな独特の風味が少ないのが特徴。香り豊かでバランスの取れた苦味と酸味は、味にうるさいレギュラーコーヒー派も納得です。レギュラーからインスタントに変えてみようと思った時には「ゴールドブレンド」を選んでおけばほぼ間違いはないでしょう。

深煎りが好きなら「コク深め」、健康志向に人には「オーガニック」「カフェインレス」と、嗜好に合わせて4種類のラインナップが揃っている点も見逃せません。

ブレンディスティック カフェオレ(味の素AGF)

ブレンディのシリーズで一番のおすすめは「スティックカフェラテ」です。スティックタイプですぐに飲め、価格も手頃なのが嬉しいですね。ミルクの味わいがしっかり感じ取れるので、マイルド系のコーヒーを好む人からの評判がいい商品です。お湯だけでも充分美味しいのですが、ホットミルクで作ると美味しさが倍増します。

甘みが強いので疲れを感じているときに飲むと、とても気分が癒やされます。ブラックコーヒー派でも、たまに飲むとブラックにはない良さを感じることができます。

ネスカフェエクセラ(ネスレ)

メーカーのセールスポイント「淹れたての香りと味わい」がしっかりと感じられる商品。コーヒーの香りを楽しみたい人はきっと満足するでしょう。ネスカフェ商品の中では一番お手頃価格なので、毎日たくさんコーヒーを飲む人にとって経済的なのが嬉しいですね。味の傾向としては酸味が弱く、やや苦味よりです。クセのない味なので、ブラックからカフェオレまで、さまざまなアレンジで楽しむことができます。

フリーズドライではなく粉タイプなので、冷たい水や牛乳に溶けやすく、夏場はアイスコーヒーを簡単に作ることができて便利です。

マキシムブラックインボックス アソート(味の素AGF)

さまざまな味を楽しめるアソート商品。価格もリーズナブルなので、毎日コーヒーを飲む人におすすめです。コーヒー豆の種類ごとにスティック梱包されているので、いつでも新鮮な香りを楽しめるのが良いですね。コーヒー豆はキリマンジャロブレンド、コロンビアブレンド、ブラジルブレンド、モカブレンドの4種。これさえ買っておけば、その日の気分で違う味を楽しむことができます。

ブラックで飲むことを前提とした商品なので、香りを重視したアメリカンタイプの味わいになっています。

オーガニックフェアトレードカフェインレス(マウントハーゲン)

「体のためとわかっているけれど、カフェインレスは味が薄くて飲んだ気がしない!」というコーヒー党におすすめの商品。カフェインレスなのに、喫茶店で飲むレギュラーコーヒーのようなしっかりした味が楽しめると評判です。しかもオーガニックなので健康に関心が高い人には見逃せないコーヒーだといえるでしょう。

ドイツのメーカーが作っているインスタントコーヒーで、国内ではカルディや成城石井などで販売しています。フェアトレード商品なので、途上国の生産者を応援することもできる優しいコーヒーです。

ネスカフェ香味焙煎濃厚クンディナマルカブレンド(ネスレ)

コーヒー豆栽培から品質を管理して作られている特別なインスタントコーヒーが、ネスカフェの香味焙煎シリーズです。繊細な味に拘る日本人の舌に合わせて、世界一と名高いコーヒー抽出士の粕谷 哲氏の協力を得ている商品です。「挽き豆包み製法」により淹れたてコーヒーを再現。希少なコーヒー豆をインスタントで味わえます。

香味焙煎シリーズには「濃厚クンディナマルカブレンド」のほか、「円やかジャガーハニーブレンド」「鮮やかルウェンゾリブレンド」とラインナップされているので、ぜひ一度味わってみてください。

ネスカフェプレジデント(ネスレ)

ネスカフェの中でも最上位の製品とされているのが「プレジデント」です。その地位にふさわしく、味はインスタントコーヒーでトップクラスといえます。価格も味に比例してトップクラスなので、気軽に毎日味わうというよりも、特別な時間を過ごすときに飲んでほしいインスタントコーヒーですね。瓶入りで販売されているほか、ネスカフェバリスタ用の詰め替え製品もあります。

まだ販売はされていますが、製造終了となってしまったのが残念。現在店頭で販売されているものが最後で、将来手に入らなくなってしまいます。気になる人は早めに手に入れておきましょう。

ザ・ブレンド117(UCC)

喫茶店のコーヒーといえば頭に浮かぶのがUCCの名前ではないでしょうか。そのUCCから手軽に本格コーヒーを味わえるインスタント製品として発売されているのが「ザ・ブレンド117」です。500種類のブレンドからコーヒー鑑定士が選んだ味のひとつがNo.177で、商品名の由来にもなっています。

ブラジルやコロンビアをブレンドした、香り豊かで深いコクの味わいが特徴。ホットやアイス、カフェオレなど、さまざまな飲み方で味を楽しむことができます。姉妹品にはブラジルやエクアドルをブレンドした「114」があり、こちらは酸味を楽しめるタイプとなっています。

マキシムちょっと贅沢な珈琲店スペシャルブレンド(味の素AGF)

「コーヒー豆の中ではブラジルが好き」という人には「マキシムちょっと贅沢な珈琲店スペシャルブレンド」をおすすめします。程よい酸味と深いコクにきっと満足することでしょう。雑味がなくスッキリとした味わいなので、モーニングコーヒーや仕事中に一息入れたいときにも最適です。

レギュラーコーヒーのような良い香りも楽しめるので、開封したら香りが飛んでしまう前に早めに飲み切ってしまうのがポイントです。瓶入りは80グラムで飲み切りやすいサイズです。

マキシムインスタントコーヒー(味の素AGF)

「昔からマキシムといえばこれ」というくらい馴染み深い商品ではないでしょうか。AGF独自の「T2ACMI焙煎」でローストしたコーヒー豆の香りとコクが特徴になっています。マキシムの味の傾向として、他社製品よりも力強い味わいがあります。さっぱり系の味に物足りなさを感じる人は、ぜひマキシムインスタントコーヒーを試してみてください。

酸味が少し抑え気味になっているので、ホットだけではなく、アイスやカフェオレなどのアレンジにもとてもよく合います。80グラム瓶のほか、最大180グラムまで発売されている詰替え用もあってお得です。

インスタントもクオリティで選べる時代になりました

ますます美味しくなるインスタントコーヒー

おすすめのインスタントコーヒーから10製品をご紹介しました。昔はレギュラーコーヒーの代わりとして飲む性格が強かったインスタント商品ですが、いまでは数あるコーヒーのひとつとして味わえるクオリティー商品に成長しました。この記事を参考にしてご自分のお気に入りとなるインスタントコーヒーを探してみてください。


長友選手が実践する『脂質を活用する』秘訣とは(PR)


  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!