HOME

>

フード

>

【最新版】栄養満点なオートミールのおすすめ18選!おいしい食べ方と選び方

【最新版】栄養満点なオートミールのおすすめ18選!おいしい食べ方と選び方

レトロ
2021-03-05
2021-03-16

欧米では栄養豊富な朝食として定番のオートミール。日本でもコストコや業務スーパーといった店舗や、amazon・楽天など各ECサイトで販売しています。オートミールはタンパク質や食物繊維を豊富に含むため、ダイエットや筋トレをしている方に人気です。血糖値や便秘が気になる方、離乳食・介護食のようなやわらかい食事の調理にも向いています。しかし取り扱いメーカーから色々な種類が発売されていて、どれを選べばいいか迷いますよね。

今回はオートミールの選び方とおいしい食べ方、おすすめ商品をご紹介します。ぜひ参考にして、自分好みのオートミールを見つけてください。

オートミールは栄養満点

オートミールはオーツ麦(燕麦)を蒸して、挽き割りにしたりローラーで平たく伸ばしたりして調理しやすく加工したものです。精白していないため外皮が残っていて、カルシウムや鉄分のミネラルや、ビタミンB1・Eなどビタミンが豊富です。食物繊維は精白米の約20倍・植物性タンパク質も約2倍含まれています。

オートミールの食物繊維は水溶性・不溶性両方をバランスよく含んでいるので、血中コレステロールの排出を助けたり腸の働きを整えたりと、体によい作用をします。植物性タンパク質は、筋トレをしている方に最適。栄養バランスのよさから、離乳食・介護食としても理想的な食品です。

ダイエットにもおすすめ

オートミールは、血糖値の上昇度合を表すグリセミック指数のGI値が55と、食パンのGI値95・白米のGI値88に比べて低いのが特長です。食後の血糖上昇がパンや白米と比較して緩やかで、ダイエットに向いています。オートミールの中で比較をすると、GI値が低いのはロールドオーツです。インスタントオーツはGI値が79と高くなるため、ダイエット目的の方にはロールドオーツをおすすめします。

オートミールはグルテンフリー

日食ロールドオーツの背面にある栄養成分表示の写真

オーツ麦はタンパク質の一種であるグルテンを含まないため、グルテンフリーダイエットをしている方にもおすすめです。ただし、栽培や製造の過程で小麦が混じる可能性があるので、アレルギーを持っている方は必ずグルテンフリーと表示されているものを選んでください。

オートミールのおいしい食べ方

栄養満点なオートミールですが、そのまま食べるとあまりおいしいと感じないかもしれません。昔食べてみたけど味がまずくて挫折した方もいるではないでしょうか。

おいしくなる基本の食べ方をご紹介します。記事の後半ではいろいろなアレンジレシピもご紹介しているので、自分好みの食べ方を見つけてください。

基本の食べ方

オートミールを計量している写真

ポリッジ(ミルク粥)と呼ばれる、イングランドやスコットランドで親しまれている食べ方です。

材料
オートミール   30g
牛乳      200ml
塩     ひとつまみ

作り方
鍋にオートミールと半量の牛乳を入れ弱火で煮る。柔らかくなったら残りの牛乳を入れさらに煮る。器に盛り、好みではちみつやメープルシロップ、ナッツやフルーツをのせる。鍋を使うのが面倒な方は、材料を耐熱容器に入れてレンジで2分程度加熱する方法もあります。

オートミールの選び方

スーパーやECショップで売られているオートミールには様々な種類があるので、選ぶ際に見るべきポイントをご紹介します。

目的にあわせて種類を選ぶ

オートミールはオーツ麦の穀皮を取り除き熱処理しただけのホールオーツをはじめ、離乳食に使えるように薄く細かくしたベビーオーツまでたくさんの種類があります。主に次の3種が多く売られています。

食感を楽しみたいならロールドオーツ(オールドファッションオートミール)

脱穀した麦を蒸してローラーで薄く伸ばしローストしたもので、プチプチとした食感を楽しめます。しっかり噛んで満腹感も得られるので、ダイエット中の方にぴったりです。加熱をして食べるのがおすすめですが、牛乳やヨーグルトに一晩浸してオーバーナイトオーツにもできます。

調理がらくなのはクイックオーツ

ロールドオーツを細かくしたもので、生でも食べられます。加熱する場合は1分程ですぐにやわらかくなるため、調理時間を短縮したい方におすすめです。食材としても様々なものに使え、メニューの幅が広がります。歯ごたえはあまりないので、食感を楽しみたい方には向きません。

離乳食や介護職にも使えるインスタントオーツ

クイックオーツをさらに薄くしたものです。クリーミーなドロッとした食感で、火がとおりやすく消化性にも優れています。食感は苦手な方もいるかもしれませんが、離乳食や介護職には向いています。手間なくすぐに食べられるので、外出先でも重宝します。

味付きオートミールは忙しい朝や初心者におすすめ

スーパーでよく見かけるオートミールは味がついていないプレーンタイプですが、メープルシロップで甘味を加えたり、レーズンやスパイスを加えてある味付きのオートミールもあります。味付きは水や牛乳を加えればそのまま食べられるので、忙しい朝にぴったり。食べやすく、オートミール初心者にもおすすめです。

味付きはアレンジがしにくく、食材としては向きません。プレーンタイプに比べ糖分が多いので、ダイエット中の方にも不向きです。スイーツや料理に使う予定の方は、プレーンタイプを選びましょう。

素材にこだわりたい方はオーガニックを

残留農薬が気になる方や素材にこだわりたい方は、オーガニックがおすすめです。もちろん販売されているオートミールの残留農薬はすべて基準値以下ですが、有機栽培されたオーツ麦や食品添加物を一切使用していないオーガニックのオートミールなら、安心して離乳食にも使えます。

離乳食に使用する場合は、乳児用規格適用食品と表示されているものを選ぶとより安心です。

パッケージは保存のしやすさで選ぶ

オートミールは、高温多湿・直射日光を避け、冷暗所で保存するのが基本です。虫の侵入を防ぐため、開封後は密閉可能な容器での保存をおすすめします。缶入りやジッパータイプの袋に入ったオートミールなら、そのまま保存できて便利です。小分けになっているタイプなら、外出先にそのまま持って行けます。

栄養満点!オートミールのおすすめ18選!

おすすめのオートミールをご紹介します。好みの食感や調理時間、離乳食・介護食作りといったレシピにあわせて選んでください。

1918年、日本で初めてコーンフレークやオートミールを製造したのが日本食品製造株式会社です。今ではコーンフレークをはじめとする数多くのシリアルがありますが、実は現在でも100%国産製造しているのは日食だけです。

しかも、日本で唯一の有機JAS認定シリアル工場を所有しており、その品質は折り紙付きです。もっともスタンダードなオートミールだと言えるでしょう。


2つ目は引き続き日食の製品です。こちらの方が調理しやすく価格も安いので初めての人にはおすすめです。

おすすめ①
  • QuakerOats(クエーカー)
  • オールドファッションオートミール

  • 税込み1,188円
  • 毎日オートミール派にうれしい、1.2kgのストックサイズ

  • オートミールを毎日1回は食べる方にうれしい、大容量サイズです。味が付いていないプレーンタイプでパン・リゾット・クッキーと、さまざまなレシピに挑戦したくなります。

1.2kgの大容量サイズ、かつ5分煮込む下準備が必要です。はじめて買う方は「使い切れないかも」とハードルが上がるかもしれません。オートミールを食べ慣れている方に適しています。

袋より使いやすいボトル型は、保存容器に入れ替えなくてよいため便利です。ボトル中央にくびれがあり握りやすく、重さを感じさせません。粒はほどよい厚みがあり、お湯でもどしても歯ごたえが残るのが特徴。どろりとしたオートミールが苦手な方も、おいしく食べられます。

おすすめ②
  • アリサン
  • 有機 オートミール

  • 税込み1,263円
  • 麦の風味が感じられる有機タイプ、和食と相性バツグン

  • 有機栽培のオーツ麦を100%使用しています。大きな粒で麦の味が濃いと人気の高い商品です。お茶漬けや味噌汁といった和食にいれると、一層旨味を引き出せます。

オーガニック食品を扱うアリサンのオートミールは「粒が大きく厚みがある」との声が、ECサイトの口コミで見受けられます。味・伸縮性・お買い得の3点で、特に高い評価を得ています。味はついていないものの、大粒ならではの風味がたっぷり。形が崩れずプリプリとした歯ごたえで、食感のアクセントになります。

お湯でもどすシンプルな食べ方のほか、お茶漬けのような和風味のメニューに入れてもGood。有機オートミールの香ばしさが、味付けを引き立てます。クッキー作りのつなぎに使うときは、大粒でまとまりが悪いためあらかじめフードプロセッサーで砕きましょう。

おすすめ③
  • ALARA(アララ)
  • オーガニック ジャンボオーツ

  • 税込み円
  • お粥やお好み焼きに使うとふわふわの食感に!

  • ロールドオーツ寄りのカットサイズでやや大きめですが、お湯や温かい牛乳をかけて10分待つだけで食べられます。お湯でもどすと、ふわふわの口当たりです。

かみごたえがあるというより、ふわふわの食感です。牛乳を使ったポリッジだけでなく、だしの味を浸み込ませると、おいしいお粥作りにも一役かいます。ほかにも中華味や豆乳といった幅広いジャンルの味を楽しみましょう。

オートミールをそのまま食べるのが苦手なら、お好み焼きにするのもおすすめです。いわれなければ気付かないくらい、お好み焼きの味そのものに。ときおりプチプチとする食感も、クセになるほどおいしい仕上がりです。小麦粉をいれなくてもふわふわに作れるので、ダイエット食にもなります。

おすすめ④
  • ナチュラルキッチン
  • オーガニック・オートミール

  • 税込み389円
  • これぞうさ SNSだ話題の米化レシピにピッタリ!糖質制限の強い味方

  • お湯でもどすと粒に厚みがあり、まるでお米を食べているような感覚に。毎日おいしく食べられるため、白米の代わりにオートミールを食べる米化にピッタリです。

SNSでオートミールダイエットレシピを発信する、これぞうのキッチンでおなじみの米化調理に最適です。お湯でもどしたときのぷりぷりとしたもち麦のような食感に加え、腹持ちがよく満腹さが持続します。

肉厚のサイズですが、熱湯をかけるだけで準備OK。朝に食べる時間がないときは、スープジャーでもどせばランチには食べごろに。普段の食事をオートミールへスムーズに移行しやすいため、ダイエッターや糖質制限中の方がストレスをためずに実践できます。

おすすめ⑤
  • QuakerOats(クエーカー)
  • インスタントオートミール オリジナル

  • 税込み1,080円
  • 凝縮した穀物感を手軽に味わえるインスタントタイプ

  • ロールドオーツをさらに薄くしてカットしたインスタントタイプ。刻んであって食べやすいものの、クエーカーらしい濃い麦の味を堪能できます。

外側が硬めで好みが分かれるロールドオーツよりも食べやすいインスタントタイプ。独特な麦の強い風味が好きなのに、ロールドオーツが苦手で我慢している方におすすめです。粒感が少なく粘りがあり、子供やお年寄りも抵抗なく食べられます。

インスタントタイプは、調理時間が短いのもメリット。お湯やホットミルクをかけてすぐに食べられるほか、おにぎりやお好み焼きといった調理の材料としても使いやすい製法です。1kgとたっぷり容量があるので、フルーツを使ったスイーツやチーズ・ミートソースを使ったリゾットのようなレシピにもチャレンジして、好みの味をみつけてください。

おすすめ⑥
  • 日本食品製造
  • 日食オーガニック ピュアオートミール

  • 税込み376円
  • 離乳食のレパートリーが広がる!赤ちゃんにも安心のオートミール

  • 乳児にも安全な食品基準のオートミールです。やわらかい食感は、離乳食に使用OK。メニューに悩みがちな離乳食作りが楽になり、家事負担を減らせます。

厚生労働省が策定した食品中の放射性物質基準において、一般食品より低い基準値の乳児用規格適用食品です。粒は小さめですが、食物繊維やビタミンB1・鉄分が豊富。そのままでも食べられ、お湯でもどすと糊状になります。栄養価が高くお粥のようなやわらかい食感は赤ちゃんに最適。フルーツやヨーグルトを混ぜれば、おいしさのあまりパクパク食べてくれます。

300gと少量のため、割高でもいいから赤ちゃんが食べられるかどうか試したい方にちょうどよいサイズです。赤ちゃんの食が細いと悩む方は、試し買いで使う量を確認してから割安なセット販売品へ変更しましょう。

おすすめ⑦
  • QuakerOats(クエーカー)
  • インスタントオートミール レギュラー

  • 税込み648円
  • 王道オートミールをインスタントタイプで気軽に味わおう

  • メーカーのホットシリアルシリーズで人気の、インスタントタイプです。お湯をかけるだけで準備OK。ほどよい粒の大きさと粘りは、はじめてのオートミールに適しています。

インスタントタイプのため、お湯やホットミルクをかけるだけですぐに食べられます。または水をかけてレンジで1分。お湯でもどすのが面倒といった初心者の悩みが解消できるオートミールです。ほんのりと塩味がきいているため、和食・洋食を問わず味付け自在でレシピが無限大に広がります。

キッチンキャビネットの引き出しに収納しやすい、1食分ずつの個包装タイプです。持ち運びやすいので、場所を選ばず外出先でも楽しめます。ダイエット目的の場合も、1食分を計量する手間が省けて便利です。

おすすめ⑧
  • 日本食品製造
  • 日食プレミアム ピュアオートミール

  • 税込み389円
  • 日本人好みで食べやすい!はじめてのオートミールに

  • 日本人の食感にあわせて加工されたオートミール。和食になじんだ日本人が食べやすい、素朴な味わいです。習慣化のために味と食感を重要視したい方におすすめします。

オートミールになじみのない日本人が食べやすいように、薄くしてあります。ロールドオーツのザクザクとした食感とは対照的な、口当たりのよいやわらかさです。はじめて食べるときは味がないように感じますが、食べ慣れるにつれ旨味が増していきます。

熱湯でなくても、冷たい牛乳をかけるだけで食べられます。和風だしや醤油・味噌とも相性がよく、朝食なら雑炊やお茶漬けもおすすめです。お粥ようなトロトロの食感がもの足りなければ、ロールドオーツとあわせて2種類ストックする方法も。食感の変化を楽しめます。

おすすめ⑨
  • BJORG(ビオルグ)
  • 有機オートミール

  • 税込み1,469円
  • 有機オートミールが安い!手作りグラノーラにも

  • 500gで1,500円以下の価格に加えAmazonでは割安な定期販売があり、有機オートミールとしては安く購入できる点が魅力。毎日の主食のほか、多彩なメニューを気軽に楽しめます。

フランスの大手オーガニック食品販売会社、ビオルグのオートミールです。有機栽培としては比較的価格が安いため、主食からおやつまで幅広いレシピに取り入れられます。大人数家族でも遠慮せずにたっぷり使える500gサイズです。

穀物の香りや味はほとんどないため、食事からデザート系まで幅広くアレンジできます。高級オートミールではもったいないと思いがちな、手作りグラノーラといったぜいたくな使い方も。「市販のグラノーラは甘すぎる」「ドライフルーツを入れたくない」方も、好みの味を調節しながら作れます。

おすすめ⑩
  • 日本食品製造
  • 日食オーツ クイッククッキング

  • 税込み1,231円
  • 粒感があり歯ごたえ満点!白米からの置き換えがスムーズ

  • 毎日必ず食べていた米をオートミールへ変えたい方におすすめです。米のような粒感がある歯ごたえは、スムーズに切り替えできます。

粒に厚みがあり、お湯でもどしたあとも食感が残ります。やわらかいオートミールが苦手な方にピッタリです。防腐剤や着色料といった添加物を用していないので、安心して毎日の食事にとりいれられます。大手メーカー品のため入手しやすいのもうれしいポイント。安定して購入できるので、習慣化のハードルが下がります。

レトロなデザインがかわいいパッケージは、あえてキッチンに出しておきたいほどです。毎日の開け閉めに助かるジッパー付きの袋は、保存容器に詰め替える必要がなく便利に使えます。

おすすめ⑪
  • エルサンクジャポン
  • 有機オートミール

  • 税込み432円
  • 子どもがよろこぶザクザク食感クッキーに挑戦!

  • 一粒が小さく薄型のため、お菓子作りのつなぎにピッタリ。オートミールレシピで話題の、ザクザクとした食感のクッキーを作れます。

お菓子作りの材料に使えば、軽い食感の仕上がりになります。オートミールクッキーなら、栄養補給もかねたおやつとしても最適。市販のお菓子では栄養面が気になるママに、試してもらいたいレシピです。クッキーは小麦粉少量またはゼロで作れるため、カロリーをカットできるメリットもあります。ダイエット時のおやつにもピッタリです。

お湯でもどすとお粥のような粘りが出ますが、ほどよい粒感が生まれます。完了期であれば粒を残した状態でも問題ないため、赤ちゃんの離乳食におすすめです。何種類か味付けを変えて小分け保存しておくと、よりスピーディに離乳食の準備ができます。

おすすめ⑫
  • FLAHAVAN’s(フラーバン)
  • 挽割りオートミール

  • 税込み2,218円
  • 栄養価が高いスチールカットオーツタイプ

  • アイルランドでよく食べられる、スチールの刃で粗くカットしたオートミールです。蒸して圧延するロールドオーツよりも、食物繊維や鉄分をより多く含みます。

アイルランドのオートミール市場で54%のシェアを誇る、フラーバン社の商品です。スチールカットはオーツ麦を蒸さず挽き割りにしたもので、胚芽や外皮がそのまま残っています。砕いただけの加工は、ロールドオーツよりもGI値の低い点が特徴です。

加熱処理をしていないため、食べるときは30分以上煮込んでください。やわらかくなるまで時間がかかるので、前の晩に浸しておくのがおすすめです。スチールカットは米粒のような歯ごたえがあり、おにぎりやチャーハンをおいしく作れます。

おすすめ⑬
  • ムソー
  • 北海道産・オートミール

  • 税込み1,226円
  • 元気のないときに食べるお粥に!素朴な風味の北海道産

  • 北海道産オーツ麦100%のシリアル食品です。オーツ麦の自然な風味を活かして、インスタントタイプに加工。 食感はクリーミーでなめらかです。

大阪のマクロビオティック専門メーカーのオートミールです。北海道産のやさしい香りや素朴な味を活かすなら、シンプルなポリッジにするのがおすすめ。体調がすぐれないときは和風味のお粥にすれば、ホッとできるやさしい味に仕上がります。

前日にオーバーナイトオーツを作り忘れたときも、すぐに用意OK。3~5分電子レンジにかけるだけで、なめらかな口当たりになります。粒が小さいため、シェイカーで振りやすい粘度です。プロテイン・チアシード・キヌアを入れると、1杯で満足できるドリンクが完成します。

おすすめ⑭
  • ネイチャーズ パース
  • オーガニック ホットオートミール オリジナル

  • 税込み983円
  • ドライフルーツ入りのデザート系はダイエット食にも!

  • 原材料に砂糖は含まれないものの、食べると天然の甘さが舌の上に広がります。塩を使う料理系よりも、デザートとして食べる方が多いオートミールです。

ECサイトの口コミでも、お湯をかけるだけでも甘みが感じられるとの声が多い商品。ドライフルーツやヨーグルトと一緒にひと晩浸したオーバーナイトオートミールを作っておくと、砂糖を入れなくてもおいしく食べられます。全般的にカロリーが高いドライフルーツが好きな方も安心ですが、オートミールとの相性ピッタリなので食べすぎには注意しましょう。

50gずつの個包装は計量不要なため、摂取量のコントロールに便利です。粉砕してあり、冷たい牛乳をかけても食べられます。外出先で食事の準備がしやすいことも、うれしいポイントです。毎回ランチのたびに、ダイエットメニューを取り扱う店を探す手間が減ります。

おすすめ⑮
  • 日本食品製造
  • 日食ロールドオーツ

  • 税込み756円
  • 香りや歯ごたえがやみつきになる、北海道産ロールドオーツ

  • 日食にいくつかブランドがあるなかで、唯一北海道産オーツ麦を100%使用した商品です。パンのような香ばしさと、ほんのりとした甘みがあります。

北海道産100%のオートミールを存分に味わえます。明治時代に北海道で米よりも多く栽培されていたオーツ麦。輸入物と食べ比べするのはいかがでしょうか。

大正時代に日食創業者が欧米先のアメリカでオートミールを見て、帰国後すぐ日本初として販売された商品。その原点ともなる昭和8年のラベルを使用しています。食べ終わったあとも飾っておきたくなる、レトロでかわいいデザイン。缶の口が広くスプーンですくいやすいので、保存容器への詰め替えは不要です。

おすすめ⑯
  • QuakerOats(クエーカー)
  • インスタントオートミール レーズン&スパイス

  • 税込み756円
  • スパイシーさがクセになる!フレーバータイプ

  • レーズンと香辛料が入ったオートミール。たまにデザートを食べたいときや、スパイシーなものを食べて気分転換をしたいときにピッタリです。

シナモンクッキーのような、スパイス系のお菓子が好きな方におすすめです。オート麦のやさしい風味にレーズンと香辛料がアクセントになり、食欲をそそります。疲れたときに食べると元気になれるおいしさです。ふだんはロールドオーツを食べる方にうれしい個包装タイプ。湿気の心配なく保管できます。

カロリーは1袋43gあたり、約156kcal。ダイエット中の方にうれしい、1食当たり100kcal台です。牛乳で割ったときのカロリー総量が気になる方は、豆乳で食べれば少しカットできます。

おすすめ⑰
  • ライスアイランド
  • オーツ麦フレーク (クライン)

  • 税込み1,728円
  • 1g1円以下でコスパ抜群!お菓子作りにも大活躍

  • 2.5kgで2,000円以下と、リーズナブルに購入できます。一般的なオートミール1gあたり約1円を下回る安さが魅力的です。

大容量&価格が安いオートミールです。一般的なオートミールよりも小粒で薄いのが特徴。あらかじめ砕いてあり水分を吸収しやすいので、離乳食用にも使用可能です。フルーツを入れたペースト食やクッキーを作れば、よろこんで食べてくれます。

主食にするだけでなく、お好み焼きやパンケーキといった小麦粉を使うレシピの代用にもおしみなくたっぷり使えるサイズです。オートミールそのものにやさしい甘みがあり、好みで砂糖の量を加減することもOK。クッキーやスムージーを甘さ控えめに作れます。

おすすめ⑱
  • QuakerOats(クエーカー)
  • メープルブラウンシュガー

  • 税込み622円
  • デザート感覚で気軽に食べる!甘いオートミール

  • インスタントオーツに、メープルブラウンシュガー香料で味付けしたフレーバータイプです。甘いものがほしいとき、罪悪感なくデザート代わりに食べられます。

メープルシロップをたっぷりかけたホットケーキのような、なつかしい味です。仕事や勉強の合間にちょっと糖分がほしいとき、牛乳をかけるだけですぐに食べられます。ECサイトの口コミでは、一部「甘すぎる」との声もありますが、コーヒーとあわせると絶妙なバランスのおいしさです。

カロリーは1袋43gあたり約160kcalと、メーカーオリジナルの1.1倍ほど。さほど変わりないうえ、ほかのデザートよりも低めです。ダイエット中でふだんは甘いものをひかえている方も、罪悪感なく食べられます。

アレンジで更に美味しく

オートミールは味にくせがないので、和洋中様々なアレンジができます。だし汁で煮て醤油やネギなど好みの薬味を入れればお粥ができます。だし汁を鶏がらスープに変えれば中華粥、コンソメスープやコーンスープに変えればリゾットに。

朝、スープジャーにスープとオートミールを入れておけば、ダイエットにぴったりなヘルシーなランチが簡単にできます。また、お茶漬けの素を入れてお湯をかけたり、レトルトカレーと混ぜてレンジでチンするだけでも美味しくいただけるので、食事を作る元気がない時にも栄養満点なご飯が食べられます。

朝食にぴったりのレシピ

朝できるだけ時間をかけずに食事をとりたい方は、前日から牛乳や豆乳にオートミールを入れておくだけのオーバーナイトオーツがおすすめ。朝冷蔵庫から取り出したオーバーナイトオーツに、好みではちみつやナッツ・フルーツをトッピングしてめしあがれ。

時間のある時に作っておくと便利なのが、自家製グラノーラ。オートミールとナッツを混ぜてはちみつをからめ、180℃のオーブンで30分焼きます。10分ごとに混ぜるのを忘れないでくださいね。冷めたらドライフルーツを混ぜて出来上がり。そのまま食べても牛乳をかけても手軽に食べられます。

パンケーキやスイーツにも

オートミールはクッキーに混ぜると、ざくざくとした食感が楽しめます。ブレンダーやミルなどで細かく砕いたオートミールを小麦粉代わりに使ってパンケーキも作れます。ハンバーグのつなぎとしてパン粉の代わりにオートミールを入れたり、揚げ物の衣として使えば、食物繊維や栄養素がアップするので、育ち盛りのお子さんにぴったりですね。

オートミールのメーカーご紹介

クェーカー
アメリカで140年以上前に生まれたオートミールの世界No.1ブランド。様々な種類・味付けのオートミールが揃います。

日本食品製造合資会社(日食)
日本で初めてシリアルを作った会社で、日本人に合わせたオートミールを作っている。国内産のオーツ麦を使った製品も販売しています。

アリサン
埼玉県に拠点のある、アメリカ人のジャックと台湾出身のフェイが始めたオーガニック食材を扱う会社。人間だけでなく、社会や地球に優しい商品を扱っています。

まとめ

オートミールが健康食であるのは間違いありません。白米や菓子パンを食べるより栄養素の面で健康的な食事であるのは数値の上で明らかです。

しかし、美容健康のために頑張って食べようと手の込んだ料理を作るのは挫折の道です。木のボウルに鮮やかなベリーを散りばめたオシャレシピの事はひとまず脇に置いておきましょう。

オートミールは日常食なので、オーツ麦のお粥に過ぎないという意識をもって、朝食だけ手抜きをしようというくらいの気持ちが最も良いかと思います。

食事は習慣なので意識すればするほど疲れてしまい、継続できなくなります。まずは1パックだけ手に入れて気軽な気持ちで取り組んでみてはいかがでしょうか。

ガジェット集めに拘る多筆ライター
レトロ
総生産記事4000以上。業界歴8年目のマルチタスク系ライターにしてYouTuber。Apple好きでガジェット集めが趣味。記事を書いたり動画編集で一日中デスクに向かっているのでヘッドセットやモニター等の作業効率化や仕事部屋の快適化につながるガジェットはすぐ購入!愛車のビートルでキャンプやサウナにでかけるのも大好き。オタク気質なのでキャンプ道具集めにハマってます。Youtubeに動画をアップしているのでチャンネル登録よろしくお願いしますm__m


  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!