HOME

>

フード

>

【最新版】おすすめの野菜ジュース9選!野菜汁100%から糖質オフまで

【最新版】おすすめの野菜ジュース9選!野菜汁100%から糖質オフまで

記助
2020-08-28
2020-08-28

野菜不足の人は野菜ジュースで栄養を補給する人も多いです。しかし、野菜ジュースは本当に健康に良い効果があるのか気になる方も多いでしょう。

また、野菜ジュースは飲みにくいイメージがあり抵抗がある人も少なくありません。最近は飲みやすい野菜ジュースも多くなっています。

ここからは野菜ジュースの効果やおすすめの野菜ジュースを紹介していきます。

野菜ジュースで健康になれる?

野菜ジュースを積極的に飲もうとしても、野菜ジュースを摂ることによって健康に対する効果が薄ければ、意味は少なくなってしまいます。実際に、野菜ジュースに健康的な効果を期待する多くの人が「効果はあるのか?」と疑問に思うことでしょう。

野菜ジュースで有名なカゴメ社の公式サイトによると、野菜ジュースにする工程で栄養は失われますが、最近は飲みやすい野菜ジュースも多く全てがなくなるわけではないと説明しています。

野菜を搾汁したり、加熱などの処理をしてジュースにすると、ビタミンCや食物繊維など減少する成分があります。しかし、加熱しても減少しにくい栄養素はたくさんあります。カルシウムやカリウムなどのミネラルや、野菜の色素であるカロテノイドなどです。これらの中には、リコピンやβ-カロテンのように、生の野菜から摂るよりも野菜ジュース等の加工品で摂る方が吸収率の良い栄養素もあるのです。

出典:カゴメ株式会社 > 野菜ジュースのホント! > 野菜ジュースに野菜と同じ栄養はあるの?

このように野菜ジュースを飲むことで、生の野菜を摂るよりも栄養価は下がる可能性がありますが、全く効果がないということはないようです。

野菜を直接摂取することが理想ですが、忙しい人であれば毎日決まった量を摂るのは難しいでしょう。そこで野菜ジュースを活用すれば、生野菜には届かなくてもある程度野菜不足を解消できます。

また、野菜ジュースにすることで吸収率が上がる栄養素もあります。例えば、トマトに含まれるリコピンやニンジンのβ-カロテンはジュースにした方が効率良く吸収できます。

このように野菜ジュースの健康に対する効果は低いわけではないので、野菜不足で生野菜が摂りにくい方は積極的に野菜ジュースを摂ると良いでしょう。

野菜ジュースのメリット

野菜ジュースにはメリットが多くあるため、これから野菜ジュースを積極的に摂ることを考えている人は、具体的なメリットを知っておくと良いでしょう。

ここからは野菜ジュースが持つメリットを紹介していきます。

手軽に野菜の栄養を摂れる

野菜ジュースの良いところは調理せずに手軽に野菜の栄養を摂れることです。賞味期限も生の野菜よりも長いため、まとめ買いをしてストックすることもできます。

一人暮らしをしている人で忙しくて料理をする時間がない場合でも、通販などである程度の野菜ジュースをストックしておけば購入する手間もかかりません。

価格が安い

近年では野菜の価格は高騰しており、厚生労働省が推奨する1日の野菜摂取量(350g)を生野菜で摂るのが難しくなっています。

同じ1日分の野菜(350g)を使った野菜ジュースは100円ほどで購入できるでしょう。実際に1日分の野菜を使ったからといって、同じ栄養分が摂れるとは限りません。

しかし、それでも同じだけの栄養を摂る場合でも価格は安いでしょう。実際に1リットル近くの野菜ジュースでも300円前後で購入できることが多いです。

野菜が苦手でも飲みやすいものがある

野菜ジュースはトマトやニンジン以外にも、パセリやセロリなどクセがある味の野菜も含まれているため、飲みにくさを感じる野菜ジュースもあります。

しかし、最近では砂糖や甘味料ではなく果物を多く使った種類が増えています。リンゴやオレンジなどを使った野菜ジュースであれば、自然由来の甘味が多く野菜の苦味を和らげるため飲みやすいでしょう。

野菜100%の野菜ジュースよりも栄養価が少なくなるものが多いですが、野菜が苦手な人でも美味しく飲むことができます。

野菜ジュースの選び方・注意点

野菜ジュースは種類が多くあるため、どのような商品を選べば良いか分かりにくいでしょう。また、野菜ジュースを選ぶときには意識すべき注意点もあります。

ここからは野菜ジュースの選び方や注意点を紹介していきます。

野菜汁・果汁100%かどうか

まず最初に確認したいことは、野菜汁・果汁だけが使われている野菜ジュースかどうかです。野菜汁100%の野菜ジュースであれば、裏面の栄養成分表示の原材料名には野菜の名前しか記載されていません。野菜・果物を組み合わせたジュースの場合も同様です。

しっかりと野菜や果物の栄養を摂取したい場合は、野菜汁・果汁100%かどうか確認することが大切です。

砂糖・食塩や甘味料が使われているか

野菜ジュースは苦くて飲みにくいことが多いため、砂糖や甘味料を使って飲みやすくしているものも多いです。

健康を意識するのであれば砂糖や食塩、人工甘味料の摂り過ぎは良くないとされています。そのため、砂糖・食塩や甘味料が使われていないものを選ぶのがおすすめです。

糖質が高い種類もある

野菜だけでなく果汁を使っている野菜ジュースであれば、果糖が多く含まれています。そのため砂糖不使用の場合でも意外にカロリーが高いこともあります。

清涼飲料水のようなジュースと比較すると、含まれている糖質の量は多くありませんが、日常的に野菜ジュースを摂取するのであれば意識することは大切です。

例えば、普段から糖質が多く含まれる野菜ジュースを摂取するときは、間食を控えて1日の総摂取カロリー量が増えないように調整することが大切です。

おすすめの野菜ジュース9選!

具体的にどのような野菜ジュースがあるのか、おすすめの野菜ジュースを紹介していきます。

おすすめ①
  • 伊藤園
  • 1日分の野菜 (紙パック) 200ml×24本

  • 税込み1,856円(77円/本)
  • 野菜ジュースの代表格!30種類以上の野菜をお手軽に摂れる!

  • ニンジンをメインにした野菜ジュースであり、30種類の野菜と5種類以上の果物を使っています。1日分の野菜をしっかり摂りたいと考えている方におすすめです。

厚生労働省の推奨する1日分の野菜350gを200mlの紙パックで飲めるため、携帯性に優れています。野菜100%の飲料であり、手軽に野菜の栄養を摂取できるでしょう。砂糖や食塩は使っていないため、野菜本来の味わいを楽しめます。

おすすめ②
  • カゴメ
  • 野菜生活100 ベリーサラダ 200ml×24本

  • 税込み2,009円(84円/本)
  • ビタミンAとポリフェノールが摂れる野菜ジュース!

  • 発売以後10回以上のリニューアルを繰り返しており、味や品質が洗練されています。安心しておいしい野菜ジュースを摂りたい方におすすめです。

野菜生活100 ベリーサラダは18種類の野菜と9種類の果物を使っており、食塩・砂糖・甘味料不使用なため、野菜と果物の本来の美味しさを味わえます。

1食分の野菜だけでなく、抗酸化作用があるビタミンAとポリフェノールも同時に摂れるためおすすめです。

おすすめ③
  • えひめ飲料 POM
  • 国産果実野菜ジュース200ml×24本

  • 税込み3,664円(153円/本)
  • 果実のおいしさを味わいたい方におすすめの野菜ジュース!

  • ニンジンを多く使っていますが、ニンジン特有の香りを抑えてマイルドな味わいであるためニンジンが苦手な方でも飲みやすいのが特徴です。

ミカンジュースで人気がある「POM」の野菜ジュースです。愛媛産のみかんだけでなく、青森産りんご・北海道産にんじんを使っています。

無香料・無着色だけでなく、野菜のおいしさを活かすため、りんごとみかんのストレート果汁を使っており、野菜が苦手な方でも飲みやすいです。

おすすめ④
  • デルモンテ(キッコーマン)
  • 野菜ジュース900G×12本

  • 税込み3,208円(267円/本)
  • 本格的なトマト由来の食塩無添加野菜ジュース!

  • 独自の製法により濃厚で果肉感があり、家庭で絞ったようなジュースです。最低限の味の調整で野菜本来の旨味を味わうことができます。

デルモンテの野菜ジュースは、野菜をそのまま絞ったような濃厚な果肉感が特徴であり、飲みごたえがあります。

21種類の野菜を使用しており、野菜の味わいを最大限引き出すためイタリア・シチリア島産の岩塩を使っているため味わい深いです。

おすすめ⑤
  • カゴメ
  • 野菜生活100 オリジナル720ml×15本

  • 税込み2,847円(190円/本)
  • 果物の美味しさを引き立て飲みやすい野菜ジュース!

  • ビタミンCとビタミンAといった野菜の栄養をしっかり摂ることができる野菜ジュースです。子どもから大人まで家族全員が美味しく手軽に野菜を補給できます。

カゴメの野菜生活のオリジナルで、21種類の野菜と3種類の果物を使っているため、使用している材料が多いのが特徴です。

食塩・砂糖・着色料・保存料は無添加であり、野菜本来の味わいを活かしてすっきりした飲み心地となっています。

おすすめ⑥
  • カゴメ
  • 野菜一日 これ一本 200ml×24本

  • 税込み2,009円(84円/本)
  • 濃厚な飲むサラダ!

  • 30品目もの野菜を350g分使用していて、名前の通りこの一本に凝縮されている濃厚な野菜ジュースです。野菜由来の食物繊維やリコピンを豊富に摂取できます。

トマト、にんじん、メキャベツ、ケール、小松菜、ピーマン、ビートなど、葉・果・茎・根の多彩な野菜が含まれているのも特徴。添加物を使っていないので、それぞれの野菜が持つ栄養素をそのまま摂ることができるのが特徴です。

おすすめ⑦
  • 伊藤園
  • ビタミン野菜 紙パック 200ml×24本

  • 税込み1,902円(79円/本)
  • ビタミン12種類の1日分が摂れる!

  • にんじんなどの21種類の野菜と、オレンジなど7種類の果実がミックスされています。オレンジ味のすっきりとした味わいで、12種類のビタミンが1日分摂れます。

ビタミンEなどのほか、ナイアシンやビオチンといった美容を助ける栄養素も含まれています。商品に書かれているQRコードを読むと、使われている野菜や果実の原産地名を確認できます。

おすすめ⑧
  • カゴメ
  • 野菜生活100 Smoothie グリーンスムージーMix 330ml×12本

  • 税込み1,956円(163円/本)
  • スムージータイプで小腹を満たせる!

  • 1日分の半分にあたる175gの野菜が含まれ、1日分のビタミンCや食物繊維が摂れます。小さなパックでキャップ付きのため、持ち歩きが便利で小まめに飲むことができます。

無添加のスムージーで、さわやかなキウイの味を楽しめます。スムージータイプなので腹持ちがよく、食欲があまりないときの朝食や、オフィスで少しお腹がすいたときに最適です。

おすすめ⑨
  • カゴメ
  • 野菜ジュース 糖質オフ 200ml×24本

  • 税込み1,919円(80円/本)
  • 糖質が気になる人に!

  • はくさい・セロリ・ほうれん草などの葉野菜を中心に配合することで、糖質量を3.6gまで抑えています。食塩・砂糖・保存料は無添加で、甘くない飲み口の野菜ジュースです。

15種類の野菜を使っていて、糖質を抑えながら野菜を摂ることができます。1本あたり21kcalと低カロリーで、ダイエット時にもおすすめの野菜ジュースです。

まとめ

野菜ジュースは飲みにくいと感じる人も多いですが、野菜が苦手な人でも果汁が混ざっているものであれば飲みやすいかもしれません。

野菜ジュースも種類によって内容に大きな違いがあるため、どのような特徴があるのか押さえて、自分に合った野菜ジュースを選びましょう。

おすすめの野菜ジュース比較
1日分の野菜 野菜生活100 ベリーサラダ POM 国産果実野菜ジュース デルモンテ 野菜生活100 オリジナル 野菜一日 これ一本 ビタミン野菜 野菜生活100 Smoothie 野菜ジュース 糖質オフ
容量 200ml×24本 200ml×24本 200ml×24本 900g×12本 720ml×15本 200ml×24本 200ml×24本 330ml×12本 200ml×24本
特徴 砂糖・食塩不使用 食塩・砂糖・甘味料不使用 食塩・砂糖・甘味料不使用 イタリア・シチリア島産の岩塩を使用 食塩・砂糖・着色料・保存料は無添加 砂糖・食塩・香料・保存料無添加 12種類のビタミン 砂糖・甘味料・増粘剤無添加 食塩・砂糖・保存料無添加
材料 にんじんを主体とした20種類の野菜と5種類の果実 18種類の野菜と9種類の果実を使用 果実(りんご、うんしゅうみかん)、にんじん 緑黄色野菜を中心に旬に収穫した21種類の野菜を使用 21種類の野菜と3種類のフルーツ 21種類の野菜と3種類のフルーツ 21種類の野菜と7種類の果実 16種類の野菜と5種類の果実 15種類の野菜
記助
大学時代、陸上競技部の副キャプテンを務め、スポーツクラブで働いた経験もあるのでフィットネス関連の話題が得意です。執筆歴は約6年でフィットネス以外にも、さまざまなジャンルにて執筆しています。今までの経験を活かして、価値ある情報を提供できたらと思います。自己ベストは5000m14分58秒、ベンチプレスは100kg。ライティング事業を手がける5リッチ合同会社の専業ライター。

  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!