HOME

>

グッズ

>

【2020年】BOSE新作ワイヤレスイヤホンと現行モデルを徹底比較!

【2020年】BOSE新作ワイヤレスイヤホンと現行モデルを徹底比較!

Sayah
2020-04-15
2020-04-15

プロアマ問わず、世界中の音楽好きから愛されている音響機器メーカー「BOSE(ボーズ)」。そんなBOSEから完全ワイヤレスイヤホンの新作が発売されることが、2019年8月末に発表されました。

新モデルは2機種で、いずれも2020年に発売予定。本稿では、完全ワイヤレスイヤホンの現行モデル「BOSE SoundSport Free wireless headphones(ボーズ・サウンドスポーツフリーワイヤレスヘッドフォン」を実際に使用しながら、新モデルと現行モデルを比較していきたいと思います。

※本稿はBoseの公式サイトで部分的に公開されている情報や、多媒体のレビュー記事等を参照しています。

アメリカ生まれのブランド「BOSE」

SoundSport Free wireless headphones本体とBOSEの箱

BOSE(ボーズ)は、アメリカのマサチューセッツ州にある、スピーカーを主とした総合音響機器メーカー・ブランドです。

BOSEの音響機器は、抜群のサウンドクオリティを備えており、特に大音量で聴きたい方やズッシリとしたパワフルな重低音が好きな方などに絶大な支持を得ています。

新作ワイヤレスイヤホン発売

BOSE SoundSport Free wireless headphones本体(3色)

BOSE提供

完全ワイヤレスイヤホン(左右完全分離型イヤホン)といえば、米津玄師さんのCMでおなじみのSony「WF-SP900」やJBL「TUNE 120 TWS」など、近年各社から発売されています。

BOSEでも、2017年11月に完全ワイヤレスイヤホン「BOSE SoundSport Free wireless headphones」が発売されており、2年以上経った今でも、世界中で高い人気を博しています。

そしてなんと、2019年8月末に、BOSEから新作の完全ワイヤレスイヤホンを開発中であることが発表されました。

発表された新作は「Earbuds 500」と「Noise Cancelling Earbuds 700」の2機種で、現行モデル「SoundSport Free」の後継モデルとなります。

ここでは、そんな新モデル2機種に搭載されている機能やスペックについて、解説していきます。

「BOSE Earbuds 500」とは

BOSE Earbuds 500本体

新作モデルの一つである「BOSE Earbuds 500」。

公式サイトには

サウンド性能、快適性、安定性に定評あるボーズのSOUNDSPORT FREEを、より小さく、よりスタイリッシュに進化。直感的なタッチコントロールでGoogleアシスタントやAmazon Alexaにアクセスできるなど、生活をもっと便利にするために必要なさまざまな新機能が搭載されています。

出典:新しいタイプのヘッドホン|BOSE公式サイト

と書かれています。

25mm x 32mm x 30mmで、重さが18gの「BOSE SoundSport Free wireless headphones」をより小型化したモデルとのことなので、相当コンパクトであることが予想されます。

また、今回からAIアシスタントにアクセスできる新機能が搭載されているとのことで、より便利で快適に音楽を楽しむことができそうです。

「Noise Cancelling Earbuds 700」とは

BOSE Noise Cancelling Earbuds 700本体

もう一つの新作で、ノイズキャンセリング機能搭載の「Noise Cancelling Earbuds 700」。

公式サイトでは

驚くほど高性能なノイズキャンセリング機能を搭載し、新しいカテゴリーを定義する真のワイヤレスインイヤーヘッドホン。ボーズの最もパワフルなオーバーイヤーヘッドホンと同等のノイズキャンセリングを実現します。また、他の新型ヘッドホンと同様、直感的なタッチコントロールや音声アシスタントの選択、ポータブルケースを使った自動充電など、モバイル化が進む現代に欠かせない数々の機能が搭載されます。

出典:新しいタイプのヘッドホン|BOSE公式サイト

と書かれており、こちらも直感的なタッチコントロールや音声アシスタントの選択、ポータブルケースを使用した自動充電など、様々な新機能が搭載されているとのことです。

発売日はいつ?

リリースされるのは2020年予定となっていますが、まだ明確な発売日は発表されていません。以前は「BOSE Earbuds 500」のみ、2019年後半を予定されていたものの、2020年3月の現時点でも公開されていないため、おそらくもう少し先になりそうです。

しかし、BOSEの公式サイトには「いずれの製品も1年以内に発売予定」と書かれているため、おそらく2020年の8月末頃までには発売されるのではないかと思われます(2020年3月時点)。

機能と性能がグレードアップ

ここでは現時点で発表されている新機能についてご紹介します(2020年3月時点)。

BOSEの公式サイトよると「BOSE Earbuds 500」には、

・直感的なタッチコントロール
・GoogleアシスタントやAmazon Alexによる音声コマンド
・ポータブルケースで自動充電

などの機能が搭載されると発表されています。

「BOSE Noise Cancelling Earbuds 700」には、「BOSE Earbuds 500」の機能に加え、より高性能なノイズキャンセリング機能が搭載されているとのことです。

そして、気になるのは、何といっても去年実装されたBOSEの新機能「BOSE AR」。この機能は、スマートフォンとペアリングすることで、周辺に関する情報を音声で説明してくれるという、画期的な機能です。

発表当時は両方のモデルにBOSE AR搭載という記載があったのですが、現在は日本の公式サイトでもアメリカの公式サイトでも、その表記は見られません(2020年3月時点)。

公式サイトでは

革新的な新しい方法で、デジタルワールドと現実世界の融合を実現する「BOSE AR」*プラットフォームの開発も進行中です。

*BOSE ARの対応状況や機能は国・地域によって異なります。その他の製品機能およびリリース日は変更される場合があります。

出典:新しいタイプのヘッドホン|BOSE公式サイト

とも記載されているため、日本で発売されるモデルにもBOSE ARが搭載されているのかは、現時点では明らかとなっていません。

「BOSE Earbuds 500」の最新情報

3色のBOSE Earbuds 500本体と充電ケース

また、実際に「BOSE Earbuds 500」のハンズオンを体験したという、米テクノロジー系メディア「CNET」のレビュアーDavid Carnoyさんが、BOSE Earbuds 500に関する情報を、自身の記事と動画に載せています。

タイトルから「BOSE Earbuds 500は、待つ価値があるAirPods殺しのイヤホンだ」と語るDavidさん。

ここでは、Davidさんが実際に使用してみて感じた感想や、DavidさんがBOSEの担当者に聞いた最新情報について、ご紹介します。

気になるポイント①付け心地

BOSE Earbuds 500を試着している写真

気になる付け心地ですが、Davidさんが「BOSE Earbuds 500」を試着してみたところ、耳にぴったりフィットし、形はかなり洗練されているとのこと。

完全ワイヤレスイヤホンを購入した際に心配なのが、落下による故障や紛失ですが、装着感がしっかりしているというのは安心ですね。

しかし、こちらのハンズオン製品はまだプロトタイプ段階のため、BOSEの担当者が言うには「まだ最終仕上げではないため、今後さらに変わる可能性がある」とのことです。

気になるポイント②カラーとデザイン

BOSE Earbuds 500本体

Davidさんによると、デザインはまさにスポーツに適した見た目をしているとのこと。

3色のBOSE Earbuds 500充電ケース

また、Davidさんは「BOSE Earbuds 500」のカラー展開についても言及しており、「BOSE Earbuds 500」の色は黒、青、オフホワイトの3種類だそうです。

気になるポイント③通話中のスピーカー再生

BOSE Earbuds 500本体と充電ケース

現行モデル「BOSE SoundSport Free wireless headphones」では、通話をする際にモノラルオーディオに切り替わってしまうため、右側からしか音声が聞こえませんでした。この件においては、ネット上でも不便を感じる人が多く、改善を願う声が上がっていました。

しかし、DavidさんがBOSE担当者に確認したところ、「BOSE Earbuds 500」では通話中ステレオオーディオが使用できるとの返事が返ってきたそうです。

これに関しては、普段ワイヤレスイヤホンで電話をすることが多いという方には、とても嬉しいアップデートの一つと言えるでしょう。

気になるポイント④音質

BOSE Earbuds 500本体

「BOSE Earbuds 500」には、複数の異なるマイクが搭載されており、よりクリアな音質にグレードアップされているとのことです。

また、現在発売されている新作ワイヤレスヘッドホンの「BOSE Noise Cancelling Headphones 700」には、風の強い環境や騒がしい場所でも通話の声がクリアに聞こえる「新型アダプティブ4マイクシステム」が搭載されているため、同じシステムが採用される可能性が考えられます。

気になるポイント⑤防水機能

BOSE Earbuds 500本体

これに関しては定かではありませんが、おそらく耐水機能が搭載されているだろうとDavidさんは予測しています。

実際に現行モデル「BOSE SoundSport Free wireless headphones」でも、IPX4の防滴機能が搭載されているため、IPX4かそれ以上の防滴または防水機能が搭載されている可能性が高いです。

気になるポイント⑥充電器(バッテリー)

BOSE Earbuds 500の充電ケース

BOSE Earbuds 500の充電は、BOSE SoundSport Freeと同じく、充電器機能が付いたケースで行います。外出先などでUSB対応のデバイスに接続できない時でも、ケースでサクッと充電できるのは嬉しいですね。

Davidさんによると、2019年に発売されたヘッドフォン「BOSE Noise Cancelling Headphones 700」同様、USB-C typeにグレードアップされているため、今回もおそらく高速充電機能が搭載されていることが予想できます。

ケースに残量がなく充電されない時に、USBで充電するというもう一つの選択肢があるのも、メリットの一つではないでしょうか。

BOSE Earbuds の充電ケース

ケースのサイズも非常にコンパクトになっており、Davidさんいわく「ポケットに入れるのにちょうど良いサイズ」とのことです。

「BOSE sound sport free」と比較

BOSE Earbuds 500本体とBOSE SoundSport Free wireless headphones本体の比較写真

「SoundSport free」とは

おすすめ①
  • BOSE(ボーズ)
  • SoundSport Free wireless headphones

  • 税込み26,100円(メーカー小売希望価格)
  • 揺るぎないサウンド。ブレない自由。

  • BOSE初の完全ワイヤレス。独自の技術でクリアでパワフルなサウンドを実現。

BOSE初の完全ワイヤレスBluetoothイヤホン、BOSE SoundSport Free。

BOSE SoundSport Freeには、BOSE独自のデジタル信号処理や、音量に合わせて最適化するイコライザー機能が備わっており、音量に関係なくクリアでパワフルなサウンドを楽しむことができます。

また、フルワイヤレス仕様のBOSE SoundSport Freeは、StayHear + Sportというイヤーチップが付属しており、付け方も簡単で外れにくいのが特徴です。

たとえイヤホンを紛失したとしても、「BOSE Connect」という専用アプリに搭載されている、「Find My Buds」という機能を使用することで、スマートフォンを最後に接続した場所を確認することができるため、ワイヤレスイヤホンにありがちな紛失の心配もありません。

アプリBose Connectの写真

詳しい使い方や使用感、修理保証についてなどは、こちらの記事でレビューを書いたのでご覧ください。

「SoundSport Free」の評判

BOSE SoundSport Free wireless headphones本体と充電ケース

ここでは新作「BOSE Earbuds 500」の現行モデル、「BOSE SoundSport Free」の評判を見ていきたいと思います。

音質に関しては高評価のコメントが多く、特に低音を絶賛している人が多く見られました。

しかし、中にはこんな意見も。

低評価のコメントに関しては、接続や音漏れについて気になっている方が多いようです。BOSEのサウンドは低音が強いため、電車内などでは音量を小さめに設定すると良いでしょう。

また、完全ワイヤレスイヤホンということで、気になるのが遅延。ということで遅延についても調べてみました。

遅延に関しては、音楽を聴く分には問題ないという意見が多く見られました。ただ、YouTubeなどの動画再生やゲームに使用するには向かないという声も。

私が使用した分には、遅延を感じることはなく、非常にクリアなサウンドを楽しむことができました。

3機種の比較表

BOSE SoundSport Free wireless headphones本体

新作ワイヤレスイヤホン「BOSE Earbuds 500」と「BOSE Noise Cancelling Headphones 700」と現行モデル「BOSE SoundSport Free」のスペックを、現在公開されている情報を元に比較してみました。

名称 BOSE Earbuds 500 BOSE Noise Cancelling Headphones 700 BOSE SoundSport Free
発売日 未公開 (2020年に発売予定) 未公開 (2020年に発売予定) 43040
フルワイヤレス
ノイズキャンセリング × ×
3色 (ブラック、ブルー、 オフホワイト) (予定) 未公開 3色 (ブラック、ミッドナイトブルー、ブライトオレンジ)
サイズ 現行モデルより小型化 (予定) 現行モデルより小型化 (予定) 25mm W x 32mm H x 30mm D
重さ 現行モデルより軽量化 (予定) 現行モデルより軽量化 (予定) 18g / ペア
AIアシスタント対応 ×

まとめ

2017年に発売された完全ワイヤレスイヤホン「BOSE SoundSport Free wireless headphones」の後継モデル、「BOSE Earbuds 500」と「BOSE Noise Cancelling Earbuds 700」。

「BOSE SoundSport Free wireless headphones」のスペックもあなどれませんが、新モデルは本体もケースも小型・軽量化され、さらにAIアシスタント機能が搭載されるなど、より快適に音楽を楽しむことができそうです。

現時点でまだ発売日は公表されていませんが、2020年となった今、今後の発表に期待したいですね。

(価格はAmazon、2020年3月時点)


  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!