HOME

>

PC・スマホ

>

ノートパソコンおすすめ10選【目的で変わるノートパソコン選び】

ノートパソコンおすすめ10選【目的で変わるノートパソコン選び】

拝島祐子
2020-03-04
2021-03-19

目的によって変わるノートパソコンの選び方

ノートパソコンのキーボード

画面の広さや重量、演算能力と画面の描画能力、外部機器との接続方式や端子の数。ノートパソコンを選ぶときに気になる項目はまだまだたくさんあります。目的に合ったモデルを探すにも、何がどの程度のスペックならよいのか、考えるほどにわからなくなりそうです。

そこで、目的に応じてこれだけは抑えておきたい、ノートパソコン選びのポイントを紹介します。また合わせておすすめのモデルも紹介します。

目的別ノートパソコン選びのポイント

ノートパソコンを購入しようと決めたなら、思い描いている使用シーンがあるはず。そして、シーンごとにノートパソコンに求められる特徴は変化します。どのような特徴に気をつけて選ぶべきかを目的別にまとめてみましょう。

携帯性を重視したノートパソコン選び(1)

出張時や外出先で活躍するノートパソコンで抑えておきたいポイントを紹介します。重要なポイントは、大きさと重さ、バッテリー稼働時間、処理性能の3点です。ひとつひとつ解説していきましょう。

大きさ、重さは気軽に持ち歩けるかどうかを決める重要なポイント。少し重いけど何とかいけそう、という妥協の仕方をすると段々と面倒になり使わなくなる可能性もあります。持ち運びを重視する場合は、1kg未満の重さでA4サイズ(210 × 297mm)程度が理想的です。重量は軽いほどよいのですが、サイズが小さすぎるとキーボード入力が難しくなります。

携帯性を重視したノートパソコン選び(2)

バッテリー稼働時間は10時間以上が目安。大型バッテリーは本体重量に影響するので、バランスを考えることも大切です。スマホ充電用にモバイルバッテリーを使用している方も多いと思います。モバイルバッテリーで充電可能なUSB Power Delivery(USB PD)に対応したモデルだといざという時にも安心です。

最後のポイントは処理性能。安価なノートパソコンだとCeleronやAtomなどのCPUを使用したモデルもありますが、長く活用するならインテルの第8世代Coreプロセッサ以降がおすすめ。メモリは8GB以上が目安です。

ビジネス用途やメインマシンとして使用するノートパソコン選び(1)

職場内での持ち運びはあっても、外で持ち歩くことはほとんどない。決まった場所で利用するノートパソコン選びのポイントを紹介します。重視したいポイントは、快適な使い心地、処理能力の高さ、拡張性、そしてMicrosoft Officeの有無です。

Microsoft Officeは、表計算やワープロソフトのデファクトスタンダードといえる製品です。ビジネスでは、取引先も使用していることが多く、あらかじめインストールされた製品が便利です。無料や格安のOfficeソフトもいろいろあり、Microsoft Officeと互換性があるものも多いのですが、必ずしも大丈夫とは言い切れません。メインマシンではMicrosoft Officeを使用すべきでしょう。

メインとして使用するノートパソコンには、連続使用時にも疲れにくい使用感が大切です。目が疲れにくい非光沢液晶で画面サイズが大きなモデルがおすすめです。キーボードは好みもありますが、幅が小さすぎず楽に打てるものを選びましょう。

ビジネス用途やメインマシンとして使用するノートパソコン選び(2)

処理能力の要となるCPUは、第8世代Coreプロセッサ以降、可能ならば第10世代Coreプロセッサも選択肢に入れたいところです。メモリやストレージもやや余裕を持って選ぶと長く快適に使えます。具体的に8GBから16GBのメモリ、512GB以上のストレージがおすすめです。

ただ高い性能を求めると、当然ですが価格もあがります。移動の少ないメインマシンなら外部ディスプレイや外付けストレージを活用することで、ノートパソコン本体の価格を下げることができます。そのためには拡張性もチェックしておきましょう。複数のUSB端子、HDMI、microSDカード、無線LANやBluetooth5.0は必須です。特にUSBはUSB Type-Cも備えたモデルを選びましょう。

動画編集やゲームなど処理能力重視のノートパソコン選び

動画編集やゲームなど高負荷作業に用いるノートパソコンは、高性能CPUに加えてGPUを搭載していることが必須です。またメモリも16GB以上のものを選びましょう。

ディスプレイの質も重視したいポイントです。ただノートパソコンだと大きくても15〜17インチ程度になります。快適なクリエイト環境、ゲーム環境には外付けディスプレイが欲しくなる可能性もあります。出力ポートの有無もチェックしておきましょう。

オンラインFPSなど一瞬の判断が求められるゲームでは、遅延が少ない有線LANポートを備えた製品が有利です。また、エキサイトしても大丈夫なようにキーボードの耐久性をアピールしている製品もおすすめです。

おすすめノートパソコン10選

選び方であげた携帯向け、メインマシン(ビジネス用途)、動画編集やゲームの3つの用途に合わせておすすめのノートパソコンを紹介します。それぞれ3モデル、4モデル、3モデルの紹介です。(価格は全て税込み、Amazonでの2019年12月現在のものです)

おすすめ①
  • VAIO
  • VAIO SX14(VJS14190311B)

  • 214,270円
  • 14インチ大型ワイド液晶搭載の軽量ノート

  • コンパクトなボディに14インチワイド画面のフルHD液晶を搭載したノートパソコン。それでいて999gの軽量ボディが魅力の製品。インテルCore i5-8265Uの採用など基本スペックも充実しています。

ほぼA4サイズのコンパクトボディに14インチワイド画面のフルHD液晶を搭載した軽量ノートパソコンが「VAIO VAIO SX14(VJS14190311B)」です。ディスプレイのベゼル(枠)を超スリム化することで、同サイズでの大型液晶搭載を実現。さらに本体重量も新カーボン素材の採用で999gとなっています。

インテルCore i5-8265Uプロセッサに8GBメモリ、ストレージ容量は256GB、バッテリー稼働時間は約10.6時間と基本性能も充実。USB-PDにも対応しています。

おすすめ②
  • dynabook
  • dynabook S6

  • 150,300円
  • IGZO液晶搭載の高耐久ノートパソコン

  • IGZO液晶技術による高輝度、高精細の13.3インチディスプレイを搭載したノートパソコン。MIL規格によるテストをクリアした耐久ボディも安心感があります。

シャープが開発したIGZO液晶ディスプレイを採用したノートパソコンが「dynabook dynabook S6」です。IGZO液晶の特徴は、高精細で臨場感の高い美しい表示を低電力で実現していること。それによって13.3インチ高輝度、広視野角のディスプレイながら約9.5時間のバッテリー稼働時間を実現しました。30分の高速充電で4時間のバッテリー稼働も可能。重さは1,119Kg、アメリカ国防省制定のMIL規格をクリアした耐久性の高いボディも安心感があります。

CPUはインテルCore i5-8250Uプロセッサ、メモリ容量は8GB(2つのメモリスロットに4GBを搭載)、256GBのSSDをストレージに採用しています。

おすすめ③
  • Dell
  • Inspiron 13 7391

  • 151,199円
  • 付属のタッチペンでタブレットとしても使える2in1ノート

  • タッチペンが付属。ディスプレイの向きを変えてタブレットのようにも使える2in1ノートパソコンです。スマートフォンとの連携もスムーズで外出先での利用も容易な点も見逃せません。

本体に格納可能なタッチペンが付属した2in1ノートパソコンが「Dell Inspiron 13 7391」です。液晶ディスプレイの向きをいろいろと変えることができ、タブレットのように使ったり、自分の反対向きにして簡易プレゼンテーションに使ったりすることもできます。

Dell Mobile Connectでスマートフォンと連携させることで、スマートフォン経由でネットアクセスも可能。通話やテキスト送信、クラウド活用などをスムーズに行うことができます。

インテルCore i7-10510Uプロセッサに16GBメモリ、512GBストレージと性能もパワフル。それでいて1Kgほどの軽量の頼もしいモバイルノートパソコンです。

おすすめ④
  • パナソニック
  • レッツノート(CF-SV8FDSQR)

  • 207,980円
  • 豊富な外部接続ポートを持つノートパソコン

  • 持ち運びにも便利なコンパクト設計。2種類のディスプレイポート、4つのUSBポート、有線LANポートなど外部接続の充実度が特徴。外部機器と連携することで、より便利に使えるノートパソコンです。

「パナソニック レッツノート(CF-SV8FDSQR)」は、ビジネス用途やメインマシンにおすすめのモデルです。本体重量1,009gでA4サイズよりもややコンパクトなボディは携帯用としても優秀なスペック。それでもメイン用としてすすめる理由は、豊富な拡張性を備えているからです。

外部ディスプレイ接続にはアナログRGBミニD-sub 15ピンとHDMIの2種を備えており、さまざまなディスプレイとの接続が可能。本体ディスプレイが12.1インチと小さめなので、2種類のディスプレイポートは重宝することでしょう。

USB PDにも対応したUSB3.1 Type-Cポートひとつと3つのUSB3.0 Type-Aポートを搭載しており、スマホの充電や外付けHDDなど多くの用途に活用できます。

顔認証と指紋認証の双方に対応しているので、手軽にセキュリティを向上させることもできます。

おすすめ⑤
  • dynabook
  • dynabook GZ83(PGZ83JL-NEB)

  • 175,780円
  • 赤外線顔認証を装備の高性能ノートパソコン

  • 紛失や盗難の可能性もあるノートパソコンではセキュリティにも配慮したいもの。本機に搭載の赤外線顔認証は従来のWEBカメラによるものより高い認識率を実現しました。基本スペックも高い軽量ノートパソコンです。

「dynabook GZ83(PGZ83JL-NEB)」は赤外線顔認証に対応した、セキュリティを重視したい方におすすめのノートパソコンです。可視光センサーと赤外線センサーをひとつにまとめたセンサーにより、通常のWEBカメラによる認証よりも高い認識率でなりすましも防ぐことができます。

約859gの軽量マシンながら、第8世代インテル Core i7プロセッサ、512GBのSSD、16GBのメモリ搭載と基本スペックも充実。IGZO技術を採用した13.3インチの高輝度高精細のワイド液晶を搭載しています。

おすすめ⑥
  • NEC
  • LAVIE Home Mobile HM750/PA

  • 148,980円
  • 長時間の作業でも快適なキーボードと広い画面

  • 本体重量は1.5kgとやや重めですが、それを感じさせないスリムなノートパソコン。14型ワイド液晶とじゅうぶんなピッチを確保した傾斜つきキーボードが快適な作業環境を提供してくれます。

19.4mmのスリム設計ボディにより、1.5kgの本体重量を意識させない。「NEC LAVIE Home Mobile HM750/PA」は、そのような印象を抱かせてくれるスマートなノートパソコンです。

メインマシンとして使用するなら、長時間でもできるだけ疲れにくい仕様を選びたいところ。本製品は14型ワイドのフルHDスーパーシャインビュー液晶を搭載。鮮やかな色表現が可能です。写り込みをおさえる低反射処理をおこなっているので、長時間作業でも利用できます。

リフトアップヒンジによって適度な傾斜がついたキーボードは、19.4mmの幅広ピッチ設計。快適な作業環境を提供してくれます。

おすすめ⑦
  • LG
  • gram(15Z990-GA55J)

  • 139,798円
  • 15.6インチの大画面搭載のAmazon限定モデル

  • 15.6インチの大画面を搭載。それでいて1,099gの軽量設計。Amazon限定モデルで価格がおさえられている点も魅力。メモリとSSDは購入後の増設も可能です。

15.6インチという大型ディスプレイを搭載しながら、1,099gの軽量設計と約24時間のバッテリー駆動時間を実現したのが「LG gram(15Z990-GA55J)」です。またAmazon限定モデルで販売ルートが限定されているので価格も低くおさえられている点も魅力のひとつです。

インテルCore i5-8265Uプロセッサ、8GBメモリ、256GBのストレージを搭載。メモリとストレージの増設スロットがひとつずつ空けてあるので、購入後のグレードアップも可能です。

おすすめ⑧
  • MSI
  • ALPHA 15(A3DDK-006JP)

  • 139,800円
  • 動きの速いゲームにも対応するリフレッシュレート120Hz液晶搭載

  • AMDのRyzen 7プロセッサとRadeon RX 5500Mを搭載したゲーミングノートパソコン。リフレッシュレート120Hzの15.6インチ液晶で快適なプレイを提供してくれます。

美麗なグラフィックを高速に描画する必要のあるゲーム用途では、それを可能にするGPUと反応のよいディスプレイが必須。「MSI ALPHA 15(A3DDK-006JP)」はそんなニーズを購入しやすい価格で実現したゲーミングPCです。

GPUにAMD製のRadeon RX 5500M 4GB GDDR6、CPUも同じくAMDのRyzen7 3750Hを搭載。AMD Freesync テクノロジーによる120Hzの高リフレッシュレートに対応した15.6インチ液晶画面で迫力のあるプレイが楽しめます。

有線LANにも対応し、通信の遅延にシビアなゲームでも快適にプレイできます。

おすすめ⑨
  • MSI
  • PRESTIGE PS63 MODEN(PS63-8RDS-095JP)

  • 149,936円
  • 好奇心や創造性を刺激するクリエイター向けノートパソコン

  • Core i7とGeForce GTX 1050が高負荷作業も高速に処理してくれるクリエイトノートパソコン。広々とした15.6インチ液晶も作業の没入感を高めてくれます。

動画や画像編集、ビデオエンコードなど高負荷の作業に対応したクリエイティブ用途向けのノートパソコンが「MSI PRESTIGE PS63 MODEN(PS63-8RDS-095JP)」です。

処理速度のかなめとなるCPUとGPUに、インテルCore i7-8565UとNVIDIA GeForce GTX 1050を採用。16GBメモリと512GBのSSDを搭載しています。メモリはMSI公式サポート店で32GBまで増設可能です。

15.6インチノングレアのフルHD液晶は、狭額縁デザインによる極細ベゼルの効果で実サイズ以上に広々とした印象。快適な作業環境を提供してくれます。

おすすめ⑩
  • マウスコンピューター
  • G-Tuneゲーミングノートパソコン(NG-N-F271SIZH)

  • 274,425円
  • FPSがより楽しめる240Hz対応液晶搭載のゲーミングノート

  • 240Hzのリフレッシュレートを実現するために、Core i7-9750HとRTX 2070を搭載。15.6インチのフルHD液晶で迫力あるゲームが楽しめます。

一瞬の隙を争うFPSでは、パソコン性能が勝敗を分けることも。プレイヤーの集中をより高めてくれるゲーミングノートパソコンが「マウスコンピューター G-Tuneゲーミングノートパソコン(NG-N-F271SIZH)」です。

15.6インチのフルHD液晶に美しい画像を遅れなく描画するために、Core i7-9750HとRTX 2070を搭載。240Hzのリフレッシュレートで滑らかな描画を行います。高速性を高めるためにNVMeに対応した512GBのSSDを採用しています。

ノートパソコンとしては価格も高めになりますが、それだけのパフォーマンスを実感できるモデルです。

カスタマイズに優れたメーカー直販製品も検討してみよう

ノートパソコンで仕事をする男性

ここで紹介したノートパソコンは、シリーズ内でいくつかのバリエーションはあっても基本的に決まったスペックで販売されているものです。用途によっては、既製品では見つけにくいこともあるでしょう。メーカーのなかには、直販サイトでカスタマイズ注文に応えてくれるところもあります。そのような製品を検討することで、より自分にあったノートパソコンに出会うことができるかもしれません。



  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!