HOME

>

PC・スマホ

>

iPadの第6世代、型落ちでも買い? 第7世代との違いを解説

iPadの第6世代、型落ちでも買い? 第7世代との違いを解説

レトロ
2020-10-22
2020-11-28

Appleは毎年新製品をリリースしており、熱心なファンは常に最新モデルを待ち望んでいます。しかし現行モデルの違いはどこにあるのでしょうか?

第6世代と2020年時点の最新モデルである第7世代iPadを比較してみました。

Amazonセール速報

  • 任天堂
  • ニンテンドースイッチ ホリデーギフトセット

  • セール特価
  • ブラックフライデー開催中!大幅値下げに

  • スイッチ本体に人気ソフト「SUPER MARIO 3D」、マリオ柄のポーチがセットに。保護フィルムも付いて、買ったその日から家の中でも外でも遊べます。クリスマス限定のラッピングも魅力的。

第6世代iPadのスペック

まずは2018年版iPadのスペックを紹介します。

おすすめ①
  • Apple
  • iPad(第6世代)

  • 税込み48,928円(128GB)
  • 今日する事も明日したくなることもこなせるパワー!

  • 動画や音楽、イラスト作成、クリエイティブに使えるユニバーサルガジェット。豊富なアクセサリーで思い通りの使い方が出来ます。

上記の第6世代は2018年にリリースされましたが、2019年時点でも快適に使えます。

かなりハードな使用にも耐えますし、Retinaディスプレイの美麗さは閲覧用としてのみならず、プロの仕事道具としても十分です。

特筆すべきは価格です。32GB版と128GB版に大きな差がありません。選ぶのなら容量が多い方を選ぶと良いでしょう。

●ディスプレイサイズ:9.7インチ(2048x1536mm)
●外形:169.5×240mm
●厚さ:7.5mm
●重さ:469 g(wifi)478 g(Cellular)
●解像度:2048x1536px
●画素密度:264ppi
●パネル:Retinaディスプレイ、IPSテクノロジー搭載LEDバックライトMulti-Touchディスプレイ
●CPU:64ビットアーキテクチャ搭載A10 Fusionチップ
●コネクタ:Lightning
●色:シルバー、ゴールド、グレイ
●価格 32GB(wifi):41,580円
●価格 128GB(wifi):41,800円

第7世代iPadのスペック

次に2019年にリリースされた第7世代iPadのスペックを紹介します。

おすすめ②
  • Apple
  • iPad(第7世代)

  • 税込み38,270円(32GB)
  • アイデアと一緒にどこへでも!

  • 新たにSmart Keyboard対応でお絵かきやゲームだけでなくノートパソコンの代わりにもなるiPad。より拡張性が増して使いやすく。

2019年現在、店頭に並んでいるのはこちらの第7世代iPadです。
ディスプレイがやや大型化しており、重くなっているので第6世代を使い慣れた人からすると微妙な違いが感じられます。

ただし内部の仕様については大きな変更はありません。詳細は次のチャプターで比較解説します。

●ディスプレイサイズ:10.2インチ(2160x1620mm)
●外形:174.1×250.6mm
●厚さ:7.5mm
●重さ:483 g(wifi)493 g(Cellular)
●解像度:2160x1620px
●画素密度:264ppi
●パネル:Retinaディスプレイ、IPSテクノロジー搭載LEDバックライトMulti-Touchディスプレイ
●CPU:64ビットアーキテクチャ搭載A10 Fusionチップ
●コネクタ:Lightning、Smart Connector
●色:シルバー、ゴールド、スペースグレイ
●価格 32GB(wifi):38,270円
●価格 128GB(wifi):49,270円

第6世代と第7世代の比較

結論から言ってしまうと、オプションを無しにそのまま使うのであれば両モデルには大きな違いはありません。

強いて言うのなら第7世代iPadの方が安くてディスプレイが大きくて少しだけ重いという位に留まります。

第7世代iPadの解像度が上がっていますが、パネルの仕様も画素密度も一緒なのでディスプレイが少し大きくなっただけの違いに過ぎません。

タブレットの性能を決めるCPUやパネルなどは同一なので、第7世代は第6世代のスペックをそのままにサイズアップした廉価版というポジションだと言えるでしょう。

そのためイヤホンジャックや充電ケーブル含めて付属品、アクセサリ類もほぼ共通で出来る事もほとんど同じです。荒野行動のようなゲームやお絵かきも同じようにこなせます。

第6世代と第7世代スペック比較
第6世代iPad 第7世代iPad
ディスプレイサイズ 9.7インチ(2048x1536mm) 10.2インチ(2160x1620mm)
外形 169.5×240mm 174.1×250.6mm
厚さ 7.5mm 7.5mm
重さ 469 g(wifi)478 g(Cellular) 483 g(wifi)493 g(Cellular)
解像度 2048x1536px 2160x1620px
画素密度 264ppi 264ppi
パネル Retinaディスプレイ、IPSテクノロジー搭載LEDバックライトMulti-Touchディスプレイ Retinaディスプレイ、IPSテクノロジー搭載LEDバックライトMulti-Touchディスプレイ
CPU 64ビットアーキテクチャ搭載A10 Fusionチップ 64ビットアーキテクチャ搭載A10 Fusionチップ
コネクタ Lightning Lightning、Smart Connector
シルバー、ゴールド、グレイ シルバー、ゴールド、スペースグレイ
価格 32GB(wifi) 41,580円 38,270円
価格 128GB(wifi) 41,800円 49,270円

※価格は2019年10月21日時点のAmazonにて

しかし新機能が無いわけではありません。最大の違いはSmart Connectorの追加です。

第6世代では未対応でしたが、第7世代ではSmart Keyboardと接続できるようになりました。いちいちBluetoothで同期したり、有線でつなぐ必要がなくなりました

より簡単にキーボードと接続出来るようになったので、拡張性がアップし、ほとんどノートパソコンと同等の機能を備えていると言っても良いでしょう。

買うならどちらが良いか?

Apple製品の最新モデルは高性能で高いというイメージが強いですが、今回のiPadに関してはそのような事はありません。

第7世代の方が画面サイズが大きくて各種スペックはほぼ同等かそれ以上であるにもかかわらず32GBならば安く手に入ります。

Amazonでの販売価格の比較によると、32GB版は3,310円から4,410円の価格差があるので新しい方が10%近いからです。

なお128GB版の方は第7世代の方が7,470円高くなっており、約20%の値上げとなっています。

もちろん中古品と比べた場合は別ですが、32GB版の新品同士を比べるのなら第6世代iPadを選ぶ意味は全くないと言えます。

新品を買うのなら第7世代を選ぶべきですし、出来るだけ安く済ませたいのなら状態の良い中古の第6世代を選ぶと良いでしょう。

基本的なスペックは同等ですから、使用感に大きな違いはありません。

おすすめiPadはほかにも

iPadはmini、air、proといったラインナップがあり、それぞれ特徴があります。買い替えの候補としてご紹介します。

PICK UP
  • Apple
  • iPad mini Wi-Fi 64GB

  • 税込み50,370円
  • 外出時のお供に!

  • 外出時の使用が主な用途の方にはiPad miniがおすすめです。

iPad miniは約300gの軽量ボディと6,1mmの薄さが特徴のiPadです。軽くて薄いので、カバンやポケットにも入れやすく持ち運びに適しています。

また、Apple Pencilにも対応しているので他のiPadと同じように素早く書き込めるメモとしても活躍します。最大10時間持続するバッテリーと片手で持てるサイズ感で外出時の動画視聴や読書にもぴったりです。

iPad miniの税抜き価格
64GB Wi-Fiモデル ¥45,800
64GB Cellularモデル ¥60,800
256GB Wi-Fiモデル ¥62,800
256GB Cellularモデル ¥77,800
PICK UP
  • Apple
  • iPad Air (10.9インチ, Wi-Fi, 64GB) 第4世代

  • 税込み69,080円(Apple)
  • 大画面なのに軽量!

  • iPad Airは10.9インチの大画面ディスプレイが搭載されたiPadです。大きい画面での作業や動画を大画面で見たい方におすすめです。

A14 Bionicチップを搭載したハイパワーモデルで、仕事にも趣味にもしっかり使えるモデルです。大画面ながら500gを切る軽さなので持ち運びが多い方にもおすすめです。

Apple Pencil、Smart Keyboardどちらにも対応しているので、組み合わせることによってより機能的な使用も可能です。最新型の第4世代は豊富なカラー展開も魅力。第3世代は3色でしたが、第4世代はシルバー・スペースグレイ・ローズゴールド・グリーン・スカイブルーの5色から、自分に合った1台を選べます。

iPad Airの税抜き価格
64GB Wi-Fiモデル ¥62,800
64GB Cellularモデル ¥77,800
256GB Wi-Fiモデル ¥79,800
256GB Cellularモデル ¥94,800
PICK UP
  • Apple
  • iPad Pro (11インチ, Wi-Fi, 256GB)

  • 税込み105,380円
  • あらゆる機能を詰め込んだ最上級モデル

  • 先進的な技術を詰め込んだ最上級モデルです。さらに使いやすくなった第二世代Apple Pencilにも対応しています。

多くのノートパソコンより高速なA12Z Bionicを搭載しているので、クリエイティブな作業にも対応してくれます。超広角カメラ搭載で本格的な撮影も可能です。

また、4つのスピーカーを備えているので、タブレットPCでの映画体験とは思えないほどの音響を楽しめます。

iPad Proの税抜き価格
iPad Pro11インチ iPad Pro12.9インチ
128GB Wi-Fiモデル \84,800 \104,800
128GB Cellularモデル ¥101,800 \121,800
256GB Wi-Fiモデル ¥95,800 ¥115,800
256GB Cellularモデル ¥112,800 ¥132,800
512GB Wi-Fiモデル ¥117,800 ¥137,800
512GB Cellularモデル ¥134,800 ¥154,800
1TB Wi-Fiモデル ¥139,800 ¥159,800
1TB Cellularモデル ¥156,800 ¥176,800

最後に

買い替えをするのなら現在使っているモデルを下取りに出してみてはいかがでしょうか。

Apple StoreのApple Trade In(下取り)を利用すると、通常のiPadなら最大22,000円、iPad Proなら最大60,000円のAppleギフトカードがもらえるので、新品購入資金の足しになります。

型落ちモデルを使わないまま眠らせておくのはもったいないのです。制度を賢く使いこなして新しいガジェットを手に入れてください。

合わせてケースをご検討の方は、下記の記事も参考にしてみてください。

※価格は記載がない限り、2020年10月時点のAmazonでのものです。

ガジェット集めに拘る多筆ライター
レトロ
総生産記事4000以上。業界歴8年目のマルチタスク系ライターにしてYouTuber。Apple好きでガジェット集めが趣味。記事を書いたり動画編集で一日中デスクに向かっているのでヘッドセットやモニター等の作業効率化や仕事部屋の快適化につながるガジェットはすぐ購入!愛車のビートルでキャンプやサウナにでかけるのも大好き。オタク気質なのでキャンプ道具集めにハマってます。Youtubeに動画をアップしているのでチャンネル登録よろしくお願いしますm__m


  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!