【プロ監修】コンデンサーマイクのおすすめ19選【配信・宅録・DTMに】

Moovoo編集部, 猶崎恵太
2021-10-29

かつては数十万円していた高性能なコンデンサーマイク。1万円以内の低価格モデルも登場し、手に入りやすくなりました。

この記事ではコンデンサーマイクの選び方やメリットを楽器や音響機器の専門店・福山楽器センター(広島県福山市)の猶崎恵太さんに監修いただき、詳しく解説しています。おすすめのコンデンサーマイクも紹介しますので、ぜひ参考にしてください。


(株)福山楽器センター音響機器担当
猶崎恵太
作陽音楽短期大学でDTMを学び、卒業後福山楽器センターへ入社。ネットショップ事業に携わり、利用者からの年間1,000件以上のお問い合わせに対応。その中で得た知識をもとに、問い合わせの多い音響機器への疑問に答えるYouTube動画の投稿にも力を入れている。
顔写真なし(使うときは「引用パーツ」の表示名に空白を入力してください)

 

マイクは音の入り口にあたる部分。マイクの良し悪しが音声のクオリティに直結します。
昨今ではレコーディング以外の場面でもマイクの重要性が高まっています。生配信やビデオ通話の場面でも「音質が説得力にも繋がる」とのお声が。細く不安定な音よりは、芯があって安定した音の方が自信があるようにも聞こえるはずです。

配信・テレワークではマイクで音作りもできるので、ぜひこだわって頂きたいです。

コンデンサーマイクとは? ダイナミックマイクとの違い

コンデンサーマイク

マイクには、ダイナミックマイクとコンデンサーマイクの2種類があります。

コンデンサーマイクはダイナミックマイクと比べて、マイク本体に電源が必要で衝撃や湿気といった環境による栄養に弱く、価格が高い等のデメリットがあります。一方で感度に優れ、繊細な音まで拾うことができるのが魅力。

周囲に雑音が多い状況ではダイナミックマイクの方が適していますが、静かな室内でのレコーディングやライブ配信には、コンデンサーマイクがぴったりです。

猶崎恵太

猶崎恵太さんのアドバイス

コンデンサーマイクの利点は、距離が多少離れても音を拾いやすいという点です。しかしながら、それに比例してPCファン等の環境音も拾いやすくなります。

音質面ではコンデンサーマイクは豊かでリッチな音質傾向にありますが、場合によってはリッチ過ぎて素のままでは声が籠もって聞こえるということも。

ダイナミックマイクは、感度が低いため口とマイクの距離は15cm程に保つ必要がありますが、その分環境の音を拾いにくいというメリットがあります。音質についてはリッチさは薄いですが、サッパリとした籠もりにくい傾向にあります。

なかにはコンデンサーマイクを購入したのち、ダイナミックマイクに買い換えをされる方もいらっしゃいます。

コンデンサーマイクの選び方

様々なコンデンサーマイクの画像

Photo by beaucroft / iStock

おすすめのコンデンサーマイクを紹介する前に、まずは目的に合ったコンデンサーマイクの選び方をチェックしましょう。

音源と相性のよい音質のマイクを選ぼう

漠然と音質のいいマイクが欲しいと思っていても、何を録音するのかイメージができていないとマイク選びは進みません。

マイクには低音が良く入るマイクや高い音が強調されて入るマイク、全域にわたってフラットなマイクなどそれぞれ個性があります。そのため用途にあわせて最適なマイクを選ぶことが重要です。相性が悪ければいくら高価格のコンデンサーマイクを使用しても、好ましい結果を得ることは難しくなります。

コンデンサーマイクは感度がよく繊細に音を拾うのが特長。周波数特性も広く滑らかで、特にラージダイアフラムコンデンサーマイクは低域の豊かさが魅力です。使用する場面や集音する音源の特性を思い浮かべながらコンデンサーマイクのスペックをチェックするようにしましょう。

周波数特性グラフを参考に

マイクを選ぶ際に、どの音程に適しているかが重要になります。

そこで参考になるのがマイクの周波数特性グラフです。

TM-80の周波数特性のグラフ

横軸が周波数(音域)を表しています。左は低音域で、右が高音域です。縦軸は相対感度(音量)で、上にいくほど感度がいいことを示します。

この表を見て、音質特性やメーカーがどのような狙いでマイクを設計しているのか読み解けます。上記TM-80の例では9KHzあたりが少し盛り上がっていますね。9KHz付近が強いと声の明瞭感・空気感が増します。人によっては歯擦音を多く含む部分にもなりますので、相性があるかもしれません。

ちなみに音の要素は複雑で、周波数特性表には示せない時間軸の変化、距離感の変化に対する追従性があります。

マイクをテストしてみると、異なる印象を受けることも。以前、業界標準のNEUMANN U87Aiと同じような特性と評価されるコンデンサーマイクを試したことがありますが、聞こえ方はまったく異なるものでした。

周波数特性表はあくまでも参考程度にすることをおすすめします。

用途に合った指向性マイクを選ぼう

コンデンサーマイクの指向性の画像

Photo by yanyong / iStock

指向性とは、マイクが集音する向きと範囲のことです。単一指向性・無指向性・双指向性のマイクがあります。

単一指向性のマイクは、正面の音だけを拾うという特徴を持っています。そのため背面から入る環境音や反響音を拾いにくいのがメリットです。

同じ単一指向性でも範囲に違いがあり、指向性が広いと音源が多少動いても音量変化が生じにくい利点がある一方、余分な反響音や環境音を拾うという短所にもなり得ます。何を集音するかにあわせて選択しましょう。

ほかには全体的に音を拾う無指向性と、向かい合わせ双方向の音を拾う双指向性のマイクがあります。

双指向性のマイクは対談などに適しています。無指向性は、環境音や大人数のトークを1本のマイクで集音したいときなどに便利です。

猶崎恵太

猶崎恵太さんのアドバイス

指向性のほか、マイクがステレオなのかモノラルなのかという点も要チェック。ステレオマイクは音の響きを捉えるのに長けていますが、声の収録時には反響音が余分な成分となることも。一般的に、ステレオマイクよりもモノラルマイクの方が響きを抑えることができます。

特に喋り声の収録は、響きが多いと聞き取りづらくなります。複数人の話声を1本のマイクで拾う用途ではステレオマイクが良いのですが、一人だけの声を拾う用途にはモノラルマイクを用いるのが基本です。

接続端子に注目

従来のコンデンサーマイクは3ピンのXLR端子が主流でしたが、現在ではUSBタイプのものが数多く登場しています。

マイクで拾った音をパソコンに入力させて編集を行う場合、XLRタイプはファンタム電源(+48V)に対応したオーディオインターフェイスが必要になります。

USBタイプは多くのモデルが、オーディオインターフェイスの機能を内蔵しているため、パソコンにそのまま接続できるのがメリットです。

音楽制作の場合は、音質や拡張性が求められる為、XLRタイプがおすすめです。USBタイプは便利ですが簡易的なマイクと考えましょう。

用途とコスパをよく考えて選ぶ

XLRタイプのコンデンサーマイクなら、オーディオインターフェイスを自由に選べます。マイクを複数使ったマルチレコーディングや、マイクプリアンプやアウトボードを入れた積極的な音作りも可能。しかしながら、トータルでのコストは少々高くなります。

USBタイプはオーディオインターフェイスを用意する必要がない分、扱いが手軽ですが汎用性・拡張性に乏しく、音に変化を加えたい時にも機材の差し替えをすることができません。簡単さと拡張性、どちらを重視するかを考えて、XLRタイプかUSBタイプかを選びましょう。

監修者 猶崎恵太さんが選ぶ、おすすめコンデンサーマイク5商品

PICK UP
  • LEWITT
  • コンデンサーマイク LCT 240 PRO

  • 税込み15,790円
接続方法:XLRタイプ
猶崎恵太

猶崎恵太さんのアドバイス

低価格マイクとしてはイチオシとサウンドエンジニアにも高評価を頂いたコンデンサーマイクです。ハイ上がりのクリアーな音質特性で、宅録ビギナーの方が悩みがちな”籠り”の起こりにくいマイクです。

ナレーション収録からボーカル、楽器の集音まで幅広い用途におすすめ。イコライジングをしなくても明瞭感あるサウンドとなるため、ビギナーの方にも扱い易いマイクです。

配信やナレーション収録での利用では、バラエティー系の明るいサウンドが欲しい場面におすすめ。楽曲制作の場合は、現代的な音楽、ポップスに向いてます。
PICK UP
  • オーディオテクニカ
  • バックエレクトレット・コンデンサーマイクロホン AT2020

  • 税込み10,780円
接続方法:XLRタイプ
猶崎恵太

猶崎恵太さんのアドバイス

迷ったときはコレ!当店一番人気のコンデンサーマイク。日本の音響機器メーカーaudio-technicaのマイクでサポートも安心です。マイクのサウンドはすごく真面目で色付けの少ないサウンド。

特徴的なサウンドでは無いのですが、その分ミスマッチも起こりにくいため、最初の1本としておすすめです。

卓上設置で利用の際はショックマウントと卓上ブームマイクスタンド(マイクロホンブームアーム)の別途購入をおすすめいたします。
PICK UP
  • オーディオテクニカ
  • バックエレクトレット・コンデンサー・マイクロホン AT2010

  • 税込み10,780円
接続方法:XLRタイプ
猶崎恵太

猶崎恵太さんのアドバイス

ハンド型のマイクでありながら、AT2020と同等の16mmダイアフラムを搭載したコンデンサーマイクです。AT2020のようにクリアーな音質特性を追求。ハンドヘルド型で手持ち使用時のハンドリングノイズ対策も講じられ、結果としてスタンド設置時の微振動系ノイズにも強い構造です。

ポップガードも3層構造のグリルを標準搭載しています。オフマイク気味に利用すければ別途ポップガードを設置する必要もありません。

見栄えはAT2020の方がゴージャスですが、AT2010はスリムなためスタンド設置時も視界を遮りにくい仕様です。WEB会議や配信にも、とても使いやすいマイクです。
PICK UP
  • SHURE
  • SHURE ポッドキャストマイクロホン MV7

  • 税込み30,968円
接続方法:XLR/microUSB タイプ
猶崎恵太

猶崎恵太さんのアドバイス

USBマイクとしては珍しくXLRコネクターも搭載。USB/XLRの両方に対応する、ダイナミック型マイクです。海外ユーチューバーに人気のダイナミックマイク・SM7Bをリーズナブルにしたモデル。ダイナミックマイクの特性である、マイクに近づくと低域が強調される”近接効果”による独特のエッジの効いたボイスも作ることが出来ます。

コンデンサーマイクよりも感度は控えめなため、周囲の音を拾いにくく、狙った音を拾えるのが魅力。ポップガードもマイク装着式のスポンジ型で、視界を遮りにくい仕様です。変換ケーブルを用いることでiPhoneにも接続可能。
PICK UP
  • AKG
  • PROJECT STUDIO LINE P120

  • 税込み9,180円
接続方法:XLRタイプ
猶崎恵太

猶崎恵太さんのアドバイス

老舗マイクメーカーAKGのリーズナブルなコンデンサーマイクP120。AKGのマイクは高域に特徴があり、エントリー機種のP120にもインスパイアされています。低価格ながら、ローカットスイッチとパッドスイッチを搭載。

どちらかというと、アーティスティックでキャラクターが立っているマイクです。周波数特性では1.5KHz付近が盛り上がったハイ上がりな傾向にありますが、意外と中域が良く聞こえます。

繊細・・・というよりは少しザラっとした感じ。用途を選ぶマイクですが、ハマると良い感じのサウンドが得られるマイクです。

【編集部おすすめ】コンデンサーマイク14選

それでは続いて、編集部が選んだ人気コンデンサーマイク14選を紹介します。

おすすめ①
  • オーディオテクニカ
  • AT4040 カーディオイド・コンデンサー・サイドアドレスマイクロホン

  • 税込み32,780円
  • AT2000シリーズの上位モデル

  • レコーディングスタジオにも納入されるモデルです。プロフェッショナルな現場にもおすすめ。

接続方法:XLRタイプ

AT2000シリーズの上位モデル。付属のショックマウントがプラスチック製から金属製に変わって、分かりやすくワンランク上のクオリティに仕上がっています。

猶崎恵太

猶崎恵太さんのアドバイス

AT20シリーズとは全くの別物で、安易な表現ではありますがクリアーな音。かといって、派手さはなく原音に忠実な音。

AT4040は品質に対して価格が安いですね。納品データを録るならAT4040以上のマイクをおすすめしています。
おすすめ②
  • マランツ
  • MPM-1000

  • 税込み6,000円
  • コスパ良し!スタジオ並みの品質を実現

  • 165mm×48mmとコンパクトで場所を取らない大きさ。スタジオ品質のサウンドを実現します。

接続方法:XLRタイプ

オーディオ周辺機器を多く手がけるブランドのコンデンサーマイクです。集音性に優れ、幅広い周波数に対応。単一指向性のため背面の反響音や環境音を拾いにくく、クリアにマイク前の音を集音します。

コンパクトながらも、スタジオのような高音質を実現してくれる逸品。Amazon限定ブランドで、6,000円と高コストパフォーマンスな点も嬉しいポイントです。

猶崎恵太

猶崎恵太さんのアドバイス

当店でも人気の高いコンデンサーマイクです。AT2020と比べるとサッパリとした質感で、良い意味で軽やかなサウンド。バラエティー系の配信におすすめのマイクです。
おすすめ③
  • HyperX QuadCast
  • スタンドアロンマイク

  • 税込み15,164円
  • 動画配信やゲームプレイに最適な一台

  • ステレオや無指向、カーディオイド・双方向の4種類の極性パターンを調整できます。配信に最適な音声を提供可能です

接続方法:USBタイプ

日常で発生する雑音や、使用の際の衝撃をロープサスペンション・耐衝撃マウントで抑制する構造を採用。動画配信者やゲーマーといったクリエイターの方に最適な製品です。

LEDステータスインジケーターを搭載しているので、マイク本体が正常に作動しているか一目で確認できます。底面にあるダイヤルを回すことで、マイクの感度を調整できるのも魅力的な機能の一つです。

おすすめ④
  • SONY
  • エレクトレットコンデンサーマイクロホンECM-PCV80U

  • 税込み3,800円
  • USB接続でプレステやパソコンと簡単接続

  • 自宅カラオケマイクとしての利用や、ゲーム実況・ボーカル等の録音を想定したモデルです。

接続方法:USBタイプ

楽器としてのマイクよりも、パソコンやゲーム機の周辺機器として使える手軽さが特徴です。パソコンとの接続には付属のUSB Audio BOXを使用することで、モニタリングの遅延抑制やノイズ減少が期待できます。

周波数特性が80Hzから15kHzまでと、本格的な録音にはやや物足りないスペックです。しかし価格を考えればそれでも上出来といえます。

猶崎恵太

猶崎恵太さんのアドバイス

配信者に人気だったマイクです。ハンド型ですが、ダイナミックマイクよりも感度の良いエレクトレットコンデンサー型になります。マイクを少し離しても声を拾いやすいのが魅力。

AT2020等のコンデンサーマイクよりもスリムなため、視界を遮りにくいのが良いですね。ちなみに、ECM-PCV80Uは音響機器で用いられるファンタム電源とは相性が悪いので、オーディオインターフェイスへの接続が難しいマイクです。

PCやゲーム機のステレオミニマイク入力に接続する簡易的な配信用マイクとして検討してください。
SONY エレクトレットコンデンサーマイクロホンECM-PCV80Uの写真
<Moovooに寄せられた口コミ>
(上は投稿いただいた写真)

Playstation4に接続して使用しています。マイクを接続するにあたって、ゲーム機本体がマイクとして認識しないケースがありますが、このECM-PCV80Uであれば同社製品なのでその心配がなく認識され使用できます。

音質はとても良く会話もクリアに聞こえると言われます。Playstation4に接続した際に少しノイズが入るらしいので、間にノイズフィルターを接続しています。

付属品にUSB切り替えケーブルが入っているのでPCやゲーム機に接続するにあたって、別でケーブルを買い替える必要がないのはとても助かりました。かなり安価ですが、有名メーカーだけあって品質はかなり良くコスパは最強に近いと思います。
(30代男性 埼玉県在住 猫好きさん)
おすすめ⑤
  • RODE
  • Stereo VideoMic

  • 税込み26,700円
  • ライブやモータースポーツなど、大音量な音源の録音も可能

  • 自然なステレオ録音を実現します。大音量で録音できる高品質なマイクです。

接続方法:3.5mmタイプ

オーストラリアのメーカー品です。外部からの不要な振動や鳴音を遮断できるよう設計され、高品質な録音を実現します。

ハイパスフィルターを80Hzに設定することで、空調や交通機関による低周波音を集音しません。

RODEのマイクの保証期間は、業界屈指の10年間。長く安心して使い続けられます。

猶崎恵太

猶崎恵太

ビデオカメラ向けのステレオマイクです。ビデオ撮影もナレーション収録も1本のマイクでこなしたいという方に最適。ステレオ方式のため、室内で声を拾う際は反響の少ない部屋で使うことをおすすめします。

接続端子は3.5mmステレオミニ端子です。PC接続時は、ステレオのマイク入力端子に繋ぎます。
おすすめ⑥
  • マランツ
  • Umpire

  • 税込み5,800円
  • コンパクトなデザイン、妥協しない品質

  • コンパクト設計で、スタジオさながらのクオリティを実現するマイク。USBポートに繋ぐだけで、すぐに使い始められます。

接続方法:USBタイプ

オーディオインターフェイス内蔵で難しい設定は必要ありません。

コンパクトなデザインながら、スタンド部分には金属を使用しているため設置がしやすく、剛性に優れています。

スタンドにはポップガードを取り付けでき、ブレスによるポップノイズを軽減。ゲーム実況や歌配信におすすめのクリアーな音質特性を持つエレクトレットコンデンサーマイクロフォンです。

おすすめ⑦
  • Blue Microphones
  • Yeti Nano

  • 税込み14,100円
  • 電話会議や録音に、明瞭で透明感のある声を

  • 使い方はシンプルながら高品質。全方向からのサウンドを逃さずキャッチし、複数人での録音も可能です。

接続方法:USBタイプ・3.5mmアダプタタイプ

Blue独自のマイクカプセルを2基内臓し、ボーカルの存在感を強く表現しつつ、周りのディテールも豊かにレコーディング。明瞭で透明感のある録音を実現できます。

ビデオ通話や動画配信アプリなど、様々なアプリケーションにも対応。USBポートに接続するだけなので、初心者でも簡単に使用できます。

おすすめ⑧
  • FIFINE
  • コンデンサーマイク K669

  • 税込み4,999円
  • Skype・PS4・ビデオ通話など多機能マイク

  • 入力音量(ボリューム)調節ボタン付き。ライブ配信や実況用にすれば一層の便利さを実感できます。

接続方法:USBタイプ

USB接続可能な製品です。単一指向性のカーディオイド線性集音特性が採用。セルフノイズも低いので、クリアな録音が可能です。実況動画をはじめナレーション収録やライブ配信と、多様な用途で使用できます。

前からの音に敏感ですが、約130°の範囲で集音可能です。

おすすめ⑨
  • TASCAM
  • TM-80

  • 税込み5610円(楽天)
  • 声も楽器も幅広く、高音質で

  • ボーカルだけでなく、楽器の音も高音質でレコーディング可能。録音だけでなく、インターネット生配信にもおすすめです。

接続方法:XLRタイプ

単一指向性を採用し、ボーカルのレコーディングに最適な設計。耐音圧も優れているため、ドラム系の打楽器でも使用可能です。

デスク上で使えるスタンド・マイクケーブル・振動を吸収するサスペンションがセットに。初心者の方にもおすすめです。

おすすめ⑩
  • マランツ
  • Pod Pack 1

  • 税込み7,551円
  • 柔軟にポジションチェンジできるスタンド付き

  • 周波数特性が幅広いコンデンサーマイク。スタンドはデスクにも固定できるクランプ仕様です。

接続方法:USBタイプ

録音に最適な13mmダイアフラム搭載モデル。周波数特性は20Hz〜17kHzと幅広く、鮮明で躍動感のある音質が特徴です。

柔軟にポジションを変えられるスタンドが付属。最適なポジションで、ストレスなく使用できます。

おすすめ⑪
  • オーディオテクニカ
  • サイドアドレスマイクロフォン AT2035

  • 税込み16,270円(楽天)
  • ハイコストパフォーマンス、高い集音性

  • 専用のショックマウントが付属。狙った音だけを集音する単一指向性を採用しています。

接続方法:XLRタイプ

ダブルウェーブダイアフラムがノイズを抑えてスムーズな音質を生み出します。

専用のショックマウントによって、ノイズを軽減できるのはもちろん、空調機器の音も80Hzローカットフィルタースイッチで遮断してくれます。

猶崎恵太

猶崎恵太さんのアドバイス

AT2020と似た特性で色付けの少ないナチュラルなサウンド。オールマイティに使えます。

AT2020よりもマイクの感度が若干高く、マイクプリアンプの増幅量が低いオーディオインターフェイスとの組合わせにはAT2035がおすすめ。ショックマウントが付属しているのも良いですね。付属品を含めたコスパはかなり良いです。
おすすめ⑫
  • Razer
  • Seiren Mini

  • 税込み6,225円
  • デスクスペースを取らないコンパクト設計

  • コンパクトなデザインでデスク周りを占領しません。ノイズリダクション搭載で、周辺音を最大限に抑えます。

接続方法:USBタイプ

内臓されたショックマウントが突発的な衝撃を収集し、リスナーの耳にノイズ音が届かないよう設計されています。

14mmのコンデンサーカプセルを採用し、声をより高精度に届けます。集音範囲はあえて狭く、音声のみを忠実に拾えるよう設計されています。

おすすめ⑬
  • AKG
  • Lyra-Y3

  • 税込み11,500円
  • 簡単操作で本格的なレコーディング

  • パソコンや携帯端末と接続するだけで集音開始。初心者でも簡単に本格的なレコーディングを楽しめます。

接続方法:USBタイプ

集音モードは全部で4つあり、一人でのレコーディングや人との対談といった目的にあわせて設定できます。windowやMacだけでなく、iOSやAndroid端末にも幅広く対応。機器を選ばずに使用できるのがうれしいポイントです。

高性能のショックマウントや独自の機構でポップノイズを低減します。

おすすめ⑭
  • FIFINE
  • K690

  • 税込み10,499円
  • 4つの集音パターンを1つのマイクで叶える

  • クラシックなオーディオ機器からインスピレーションを得た、シンプルなデザインのマイク。付属のボタンで音量などの調整も楽ちんです。

接続方法:USBタイプ

選べる集音パターンは、ステレオ集音・単一指向性・全指向性集音・双方向性集音の4つという高パフォーマンスです。

プラグ&プレイで機器に接続後、すぐに使用できます。音量や出力はマイクに付いているボタンで調整でき、通話に嬉しいミュートもワンプッシュで可能です。

やりたいことに合わせた製品選びがポイント

ダイナミックマイク

19種類の製品を紹介しましたが、コンデンサーマイクにはまだまださまざまな製品があります。どのような目的で使うのか、録音する対象の音質や特性に合わせたマイク選びが大切です。

とはいっても、いきなりプロのようなマイク選びは困難です。マイク選び、録音が初めての方は、まずはエントリークラスの製品から始めて、徐々に不満点をあげられるようになるようにしましょう。その上で、ワンランク上のマイクを選ぶと納得のいく製品に出会える可能性も高くなります。

価格は2021年10月時点、特に記載がない場合はAmazonのものを表示しています。

HOME

>

グッズ

>

【プロ監修】コンデンサーマイクのおすすめ19選【配信・宅録・DTMに】


  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!