HOME

>

家電

>

【2020年】コードレス掃除機、手頃なおすすめ15選!安さ・機能性に注目

【2020年】コードレス掃除機、手頃なおすすめ15選!安さ・機能性に注目

高園みか、鳴海有梨
2020-10-15
2020-10-27

家をきれいに保ってくれるコードレス掃除機。コードレスクリーナーとも呼ばれ、コンセントを気にせず掃除することができます。使い勝手がよく、コードでつっかえることや家具にコードをひっかけてしまうことがありません。また、ダストボックスが小さいぶん軽量で、持ち運びしやすいのも魅力です。

最近はダイソンをはじめ各メーカーから、高級なコードレス掃除機が発売されていますが、安いコードレス掃除機でも使いやすい商品はたくさん登場しています。しかし、何を基準に選べばいいのか迷いますよね。

この記事では、自分にぴったりのコードレス掃除機の選び方と、お手頃価格で購入できる人気のおすすめ商品を紹介します。ぜひ参考にしてください。

コードレス掃除機は3種類に分かれる

カーペットの掃除機

コードレス掃除機の種類は「キャニスター型」「スティック型」「ロボット掃除機」の3種類があります。

キャニスター型は、広めの部屋に最適

車輪がついている「キャニスター型」。モーターとダストボックスが積まれたキャニスターを引きずりながら掃除をします。価格は2万円程度からあり、集じん容量は0.2L〜0.4Lがほとんどです。稼働時間も30分以上のものが多いので、広い部屋の掃除に向いています。

スティック型は、コンパクトに収納できる

次に、「スティック型」のコードレス掃除機は、縦置きができるので、コンパクトに収納できます。機種によっては、おしゃれに立てかけて収納することもできます。取り出す手間もかからないので、気づいた時にすぐに掃除できるのも嬉しいポイント。

集塵容量は0.05L〜1.2Lまで幅広いです。種類が多く、価格は数千円から購入できます。運転時間が30分以内の短いものも多いので、狭い部屋やサブ機としておすすめです。

ロボット掃除機は、忙しい人におすすめ

3つ目は、本体が自動で動く「ロボット掃除機」。吸引するタイプだけでなくモップのボディが拭き掃除をするタイプなど、種類もいくつかあります。集じんできるタイプの容量は0.035L〜0.7L。3万円以内で購入できるものも多く、安いものだと数千円から販売されています。

外出をしている合間に掃除ができるため、忙しくて家事に時間をとれない方におすすめ。物につっかえることもあるので、物が少ない部屋で使用しましょう。

安いコードレス掃除機はこんな人におすすめ!

小回りが利くところや持ち運びが快適なのは、価格に関わらず、コードレス掃除機の共通メリットといえます。基本的に、価格が上がると、主に吸引力や電池持ちなどが上がります。また、充電時間に対する稼働時間の効率も高くなり、使い勝手も良くなります。

しかし、そこまでの機能を求めていない方も多いのではないでしょうか。
次のいずれかに当てはまる方は、安いコードレス掃除機でも快適に使用できます。

一人暮らしなど、コンパクトな家に住んでいる方
車に乗せておきたい小型クリーナーを探している方
物が多く、コードありの掃除機だと引っかかって困る方
1回の使用時間は短いけれど、頻繁に使いたい方

ポイントを抑えて、自分にあったコードレス掃除機をお得にゲットしましょう!

安いコードレス掃除機の選び方

ここからは、集じん方法や形など、安いコードレス掃除機を選ぶ時に参考になるポイントを紹介します。価格がどう違うのかも触れていきますので、参考にしてください。

メイン機?サブ機?まずは用途を考えて

コードレス掃除機は、メイン機として使うかサブ機として使うかによって、あると便利な性能が変わります。まずは、どちらで使うかを明確にすると選びやすいです。

メイン機として日々の掃除で使う方は、パワー重視のコードレス掃除機がおすすめです。電池の持ちや吸引力など、広い部屋でも快適に掃除ができる機種を選ぶと使いやすいです。広めの家に住んでいる方であれば、集じん容量にも注目しましょう。

自分の部屋用や車用など、サブ機として使いたい方には、価格や便利さを重視して選びましょう。軽くて小回りがきくと、物の多い場所でもスイスイ掃除ができます。サブ機であれば、ハンディタイプもコンパクトで使いやすいです。

集じん方法をチェック

コードレス掃除機の集じん方法は、サイクロン式・フィルター式・紙パック式の3種類があります。集じん方法は、使い続けることによって発生するランニングコストに影響があります。維持費が安いのは、フィルター式とサイクロン式です。家事が苦手な方やハウスダストの方には紙パック式がおすすめです。

<お手入れがしやすいサイクロン式>

ゴミを空気ごと本体内で竜巻状に回転させ、遠心力でゴミだけを取り出しダストカップに集める方式です。ゴミ捨ての時に埃が舞いやすい面はありますが、カップは洗いやすくお手入れも楽です。本体価格はハンディタイプも含めると数千円からあります。

<ランニングコスト重視派はフィルター式>

カプセル式とも呼ばれ、クリーナーで吸い込んだゴミを本体内のフィルターに集める方式です。フィルターを洗えば、繰り返し使えるので経済的。きれいに洗わないと吸引力が落ちるので、お手入れをしっかりできる方におすすめです。価格は数千円から3万円以内で購入できるリーズナブルなタイプが多くあります。

<紙パック式なら、埃が舞い上がる心配なし>

クリーナーで吸い込んだゴミを、本体にセットした紙パックに直接集める方式です。ゴミ捨ては、紙パックを外して捨てるだけなので、埃が舞い上がりにくく衛生的。しかし、専用の紙パックを定期的に購入する必要があります。

純正品だと、1枚あたり100円〜200円程度が継続的にかかるので、購入検討の際には維持費も頭にいれておきましょう。価格は数千円から3万5千円程度までありますが、多くのものが3万円以内で購入できます。

重さは2kg前後がおすすめ

コードレス掃除機を持ち運びながら利用したい場合、重量にも注目しましょう。安く購入できる掃除機だと、軽い機種は360gから重いものは3.6kgまで幅広いです。力に自信がない人は2kg前後の軽いモデルがおすすめです。

正比例するものではありませんが、あまり軽すぎると集じん量が少ない場合があります。重さと一緒に集じん量もチェックすると、使い勝手のよい機種が探せます。

広い家はバッテリーの持続力をチェック

ある程度広さのある家に住んでいる方は、バッテリーの持続時間は必ず確認しましょう。コードレス掃除機の稼働時間は短いと10分程度のものもあります。それに対し、充電時間は数時間です。

このようなタイプは、価格が安いですが、机周りや自分の部屋の掃除など限られた場所の掃除には向いています。しかし、広い範囲を掃除する場合、途中でバッテリーが切れてしまうことがあります。

最近は、バッテリーが着脱式の機種もあり、別売のバッテリーを購入して予備バッテリーを持っておけば、切れたら交換することもできます。電池持ちが不安な方には、着脱式バッテリーの機種もおすすめです。

ヘッドの形や素材、モーターの有無を確認しよう!

ヘッド部分のノズルは、メーカーや商品ごとに形状が違います。

180度回転するものや、ヘッドにブラシがついているタービンブラシなどは比較的安く手に入りやすいです。

ヘッドにモーターが内臓されハイパワーで書き出すパワーブラシは、価格は高めですが、清掃力が上がります。手の届く価格のコードレス掃除機にも搭載されていることがあるので、メイン機を探している方はチェックしてみましょう。

安さを追求したモデルだと、吸引のみのヘッドもあります。また、標準搭載されているヘッドは普通のものでも、別売のヘッドが付け替えられるタイプもあります。最初は通常モデルを購入し、不自由を感じた時に必要なヘッドだけを買い足すのもおすすめです。

ペットを飼っている人は、抜け毛対応機種がおすすめ

ペットの抜け毛が気になる方は、通常のブラシタイプのヘッドだと、ペットの毛は絡まりやすいです。抜け毛に対応したヘッドの掃除機もあるので、ペット用のクリーナーを探している方は検討してみましょう。また、抜け毛の掃除は、粘着カーペットクリーナーも合わせて使用することをおすすめします。

夜間掃除するなら静音機能付きを

夜中に掃除したい方や壁の薄い家など、清掃音が気になる場合、静音性の高い機種を選びましょう。音の大きさはデシベル(dB)で表記され、掃除機は60dB〜65dB程度の大きさが一般的です。静音性の高い機種になると価格があがりますが、60dB程度のものは安くても手に入ります。60dBは、通常の会話程度の音量です。

メーカー保証の有無を確認しよう

コードレス掃除機を購入する時に、メーカーの保証期間を確認しましょう。保証が短い場合、故障時に余計な費用がかかったり、買い替えが必要になったりします。

単身赴任などの一時的な使用や、車内用などで頻繁に使わない場合は、保証期間が短くて安い商品もあるので狙い目です。

また、国内正規品だと保証を受けるための登録が必要など、諸条件がある場合があります。購入前に保証を受ける条件を確認することも大切です。

【スティックタイプ】コードレス掃除機おすすめ10選

今回は目的にあわせて選びやすように、スティックタイプ・ハンディタイプに分けておすすめのコードレス掃除機をご紹介します。どれも比較的価格が安く、各ECサイトで評判の高い製品ばかりです。ぜひ買い物の参考にしてください。

はじめにスティックタイプのコードレス掃除機からです。

おすすめ①
IC-SLDC7
  • アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
  • 極細軽量スティッククリーナー IC-SLDC7

  • 税込み9,780円
  • ホコリ感知センサー搭載!スティックとハンディの2WAY

  • ゴミやホコリの量にあわせてパワーを調整をする自動モードがあり、ムダな電池消費を防げます。約30分使用でき、ゆっくり時間をかけて掃除可能です。

ダストピックアップ率99%以上を誇る、サイクロンストリームヘッドを搭載。ヘッド内部にサイクロン気流を発生させることによって、絨毯に隠れている細かなホコリも吸い取ります。窓際は細かい場所が得意な、先端ブラシのすきまノズルを使えばきれいに掃除できます。ゴミは紙パック式なので、ホコリが舞わず衛生的です。運転中のいやなニオイを抑制する、Ag+(銀イオン)加工の紙パックが25枚付属しています。

1回の充電は約3時間で完了するスピーディーさです。壁に固定すれば置き場所に困らず、使いたいときにサッと取りだせます。ヘッド部分が上下90°・左右180°に回転するため、椅子の下や家具のあいだも自由自在です。重さは約1.2kgと、超軽量サイズ。吸引力に優れ充電も短いことから、家全体はもちろんサブ用としても重宝します。購入から1年間保証が付いているので、万が一のトラブル時も安心です。

おすすめ②
  • Dyson(ダイソン)
  • Digital Slim Fluffy+ SV18 FF COM

  • 税込み82,480円
  • 最長40分間運転!目に見えない微細な粒子を99.97%捕集

  • フル充電は3.5時間で、最長40分の連続運転が可能です。密閉性が高く5段階でゴミを捕らえる設計は、吸い取ったホコリも中から逃がさず、掃除をするほどきれいな空気を排出します。

2019年に発売されたDyson V11シリーズよりも25%軽く、20%小型化を実現。毎分最大120,000回転するモーターや遠心力をかけるサイクロンの性能はそのままに、持ちやすくなりました。強い吸引力を誇り、付属のブラシやノズルで簡単にハンディ・布団クリーナーに切替えできます。1台で3役をこなし、家全体や車でも使いたい方に最適です。

液晶ディスプレイに現在の吸引モードや残りの運転時間が表示され、掃除がより効率的に。暗くて狭いすきま部分に役立つ、LEDライトノズルも付属しています。直線状のクリアビンはゴミが捨てやすく、こびり付いた汚れも丸洗いOK。壁掛け式の収納用ブラケットに掛けておけば、掃除したいときにすぐ取り出せて便利です。

おすすめ③
SV12FF
  • Dyson(ダイソン) 
  • Cyclone V10 Fluffy SV12FF

  • 税込み43,700円
  • ワンタッチで簡単ゴミ捨て!最長60分間の連続運転

  • 衛生的で使い勝手のよい、新しいゴミ捨て機構を採用。ホコリやゴミに触れずに、ワンタッチで捨てられます。コードレスなのに最長60分間掃除できる優れものです。

重さ2.58kgと一般的サイズながら、毎分最大125,000回転ものパワフルな吸引力を実現。掃除の場所によって変えられる3つのモードがあり、強なら最長7分間、よりパワフルな吸引力でゴミを捕らえます。目に見えない0.3ミクロンレベルの粒子ゴミも逃しません。吸引力が高く掃除後もきれいな空気を排出するため、メインでコードレス掃除機を求めている方におすすめです。

すきまノズルや収納用ブラケットといった付属品も充実しています。この1台があれば床面はもちろん、ソファのすきまや布団・車内掃除も楽々です。リチウムイオンバッテリーを搭載し、充電は3.5時間で完了します。電池残量を気にする必要がないのはうれしいポイントです。

おすすめ④
INSE N5
  • INSE
  • スティッククリーナー NEW-N5

  • 税込み9,288円
  • 130Wモーター搭載!コード付き掃除機にも負けない吸引力

  • ヘッドに付いたブラシがモーターで回転し、優れた吸引力を発揮します。フローリングはもちろん、絨毯や畳の細かいホコリも逃しません。

INSE 2020年夏最新モデルのコードレス掃除機です。大容量バッテリー搭載で最大35〜45分間、強モードなら最長25分間使用可能。ダストボックスが1.2Lの大容量サイズなので、ゴミを多く吸い溜められます。電動ブラシに照明LEDランプが付いているため、家具のすきまといった暗い場所のゴミがよく見えます。デザインもスマートで、リビングに置いても違和感はありません。汚れに気づいたらすぐきれいにしたい方や、コード式だと掃除をサボりがちな方に最適です。

掃除機をかけているあいだは、5段階の完全密閉ろ過によってきれいな空気を排出します。スマート掃除機専門メーカーのコスパ最強商品。1万円を切る低価格なため、サブとして試してみるのもおすすめです。1年間の保証期間があり、長く使えることでお得感もUPします。初期不良品の場合は、24時間以内に対応していて安心です。

おすすめ⑤
  • Dyson(ダイソン) 
  • V7 Slim SV11 SLM

  • 税込み34,800円
  • 99.97%のゴミ捕集力!特許技術デジタルモーターV7搭載

  • 0.3ミクロンもの細かな粒子を99.97%捕らえます。毎分最大107,000回転し、強力な吸引力を生み出すモーター搭載で、目に見えない小さなゴミも逃しません。

畳やカーペット、フローリングのある日本住居にあわせて設計され、パワフルな吸引力ながら静音性に優れています。ECサイトの口コミでも、旧モデルはキーンという高周波の音が気になったがSV11 SLMはかなり静かという声が目立ちます。重さも2.20kgと軽く、15分以上使い続けても腕が疲れません。女性やお年寄りの方におすすめです。

床・階段はもちろん、軽くてコードレスなので天井や壁も自由自在に掃除できます。ゴミが目に付いたときにすぐ掃除できるよう、サブとして用意しておくのもよいでしょう。ブラシはカーボンファイバーとナイロン素材を組み合わせた構造で、カーペットや絨毯にからまったゴミも強い吸引力でからめ取ります。ワンタッチで簡単にゴミを捨てられるため、かきだす必要がなく衛生的です。

おすすめ⑥
  • アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 
  • スティッククリーナーモップ付き IC-SLDCP10

  • 税込み17,260円
  • 掃除機×静電気モップで仕上げ完璧!ダストピックアップ率98%以上

  • 掃除機をかけたあと、気になる部分のホコリを静電気モップで吸着します。仕上げも完璧なクリーナー、すみずみまで掃除したいきれいずきの方にぴったりです。

98%以上のダストピックアップ率を誇るパワーヘッドは、窓際や部屋のすきまにある小さなゴミもくまなく吸い上げます。標準モードなら約45分間、ターボなら約17分間続けて使用可能です。ゴミはダストカップに収納され、捨てやすいサイクロン式。空気清浄機にも使われるHEPAフィルターを搭載しています。排気はきれいに空気へ還元し、花粉・PM2.5もキャッチする高性能なフィルターです。

広いリビングではスティックとして、車内や狭いスペースではハンディとして使い分けできる2WAYタイプ。ヘッド部分は左右180°・上下90°に動き小回りがきくので、入り組んだ家具のあいだも楽々です。天井照明やエアコンの上に届く、隙間ノズルも付属しています。

おすすめ⑦
  • HONITURE 
  • スティッククリーナー H8

  • 税込み16,800円
  • 35分間連続稼働!1台3役で布団クリーナーとしても

  • 4~5時間でフル充電となる、脱着式バッテリーを搭載。スティック・ハンディにくわえて、ダニや花粉といったアレル物質を吸込む布団クリーナーとしても活躍します。

350Wのデジタルモーターを搭載し、25KPAの強力な吸引力を実現。一般的なブラシモーターの寿命が200時間程度なのに対し、H8のデジタルモーター寿命は約1500時間です。耐久性に優れた変わらない吸引力で、微細なホコリを99%捕らえます。さらに重さ1.6kgと、女性が片手で持ち上げても疲れにくい軽量サイズです。

4層ろ過システム採用のため、メシュフィルターやHepaフィルターを通してきれいな空気を排出します。フィルターとダストカップは丸洗いできるので、いつでも清潔に使えて安心です。日本の住居事情にあわせた62dB以下の低騒音設計が施され、夜に使用しても音が気になりません。仕事から帰ってきて夜に掃除する方や、集合住宅の方にもおすすめの商品です。

おすすめ⑧
  • マキタ(Makita)
  • コードレス掃除機 CL281FDRFW

  • 税込み32,073円
  • ワンタッチスイッチで簡単操作!耐久性2倍のブラシレスモーター採用

  • パワフル・強・標準モードの3段階をワンタッチで切り替えられます。ブラシレスモーター採用で、軸受け部にボールベアリングを設置。従来よりも2倍の耐久性を実現しました。

サッと手にとって汚れの気になる場所を掃除できるのが、コードレスの魅力。使いやすく、パワフルモード時60Wの吸引力でゴミをかき集めます。ゴミ捨てはカプセルをひねってはずすだけの簡単仕様です。排気口に穴のあいた吸音スポンジがあることで、掃除機特有の騒音を低減します。振動音も静かなため、標準モードで50分掃除しても快適です。

重さは1.4kgと超軽量サイズなので、毎日掃除をしたい方はもちろん、コード式だと腰が重たくなる方におすすめ。メインで使うよりも、小回りがきくサブとして購入するのがよいでしょう。

おすすめ⑨
  • パナソニック(Panasonic)
  • スティッククリーナー MC-SBU530J

  • 税込み40,553円
  • ハイパワー&大容量!水洗いできる衛生的なダストボックス

  • 最長約60分間運転できる、高性能モーターを搭載。リチウムイオン電池が8本内蔵されているため、長時間運転が可能です。フィルターレスで、ダストボックスは丸ごと洗えます。

ノズルが前面にガバッと開き直角ギリギリまで吸い取れて、壁際や家具の奥に隠れているゴミも逃しません。きれいになったか一目で確認できる、便利なクリーンセンサーを採用。目に見えないハウスダストまで検知して、ゴミがあるとランプが赤く光ります。きれいになると消灯するので、細かなゴミも取り残しなく掃除できる仕組みです。

手軽なハンディでありながら、充実した付属ノズルで家全体の清掃に活躍します。布団清掃ノズルならダニや花粉を、ペタすきまノズルならテレビ台や本棚のホコリをもれなくキャッチ。管部分を外せば、ハンディクリーナーとしても使用可能です。細やかな掃除を心がけたい方や、車に使いたい方におすすめします。

おすすめ⑩
  • 日立(HITACHI)
  • スティッククリーナー PV-B200G

  • 税込み16,800円
  • 圧縮サイクロンだからゴミまでコンパクト!水洗いできて衛生的

  • 吸い取ったゴミを空気と遠心分離させ、小さく圧縮します。最長40分間運転できるため、一軒家でも快適な使い心地。ワンタッチで回転ブラシが外せて、ダストケースともに水洗い可能です。

ブラシの回転で進む、自走スムースヘッドを採用。引く力だけでよく、軽い操作で毎日の掃除をサポートします。ハンディとしても使える2in1タイプで、部屋のすみずみまできれいにしたい方におすすめです。壁際のゴミも吸引するきわぴた構造によって、壁際のゴミも吸引します。暗い場所はLEDライトを使えば、見やすく簡単に吸い取れます。

自立構造のため、手をはなしてもOK。掃除中に家具をどかしたいときや場所を変えたいときに便利です。スティックタイプだと押入れに入らないという場合も、ハンドルが半分にたためるので心配はありません。縦約69cm×幅約25cmサイズになり、コンパクトに収納できます。

【ハンディタイプ】コードレス掃除機おすすめ5選

次にハンディタイプのコードレス掃除機をご紹介します。手軽で使いやすい製品がラインアップしました。機能・性能にも注目して選んでください。

おすすめ⑪
  • Dyson(ダイソン)
  • V7 Trigger HH11MH

  • 税込み28,430円
  • 毎分最大110000回転の強い吸引力!目に見えないハウスダストも

  • 特許技術のダイソンデジタルモーターV7を搭載。最長30分間連続運転が可能で、安定したパワーと吸引力を発揮します。0.3ミクロンの小さなゴミも逃しません。

ワンタッチでゴミ捨て可能なサイクロン式。ゴミと分離させて、元の部屋よりきれいな空気を排出します。別売のロングパイプとヘッドをたせばスティックとしても使え、付属ツールに切り替えれば布団クリーナーに変身。1台3役をこなす優れものです。車内や家具の清掃に限らず、家中で使いたい方におすすめします。

取扱説明書がほぼイラストで表記されているのも、文章を読まずに把握できてうれしいポイント。機械が苦手で、うまく使えるか不安な方も心配いりません。コードレスなので動きも制限されず、移動すればどこでも使用できます。気軽に掃除できるため、コロコロをよく使用する方に最適です。メーカー保証は2年と長く、万が一壊れてしまった場合も相談できます。

おすすめ⑫
  • VacLife
  • ハンディ掃除機 AK-007A

  • 税込み2,999円
  • 高性能モーター搭載!LEDライト付きで暗所の掃除も楽々

  • 髪やペットの毛、食べカスもすべてからめ取る強い吸引力です。LEDライトが付いているため、すきまや家具の奥の見えづらい所も照らして掃除できます。

2000mAhリチウム電池内蔵で、最長30分間の運転が可能です。2.5~3時間でフル充電となり、効率よく使用できます。1kgに満たない重さのため、腕や肩に負担を感じることはありません。軽くてコンパクトなので、勉強後の消しクズやお菓子を食べこぼした際に子供だけで使用できます。家事の負担を減らしたい女性の方におすすめです。

車内を掃除するのに便利な、ブラシノズルやすきまノズルが付属しています。座席シートのすきまといったホコリがたまる場所も、きれいに吸込めて快適です。予備フィルターも付いていて、保証期間は2年間。長く安心して使えることで、お得感もUPします。

おすすめ⑬
  • Electrolux (エレクトロラックス) 
  • ラピード・リチウム ウェットアンドドライ ZB6106WD

  • 税込み8,980円
  • 濡れた場所でも簡単吸引!インテリアになじむ北欧デザイン

  • 水滴掃除対応の乾湿両用タイプで、カビといったアレルギー系の温床になる窓際の結露も吸い取れます。スウェーデン生まれならではの、優れたデザイン性です。

吸込口の下にフロントホイールを搭載し、なめらかな操作を実現。家具や床を傷付けにくく、すべらせながら掃除できます。車内や小物の多いキッチンといった、細かな部分を掃除するのに最適です。約4時間と短い充電で済む、リチウムイオン電池を採用しています。パワフルな吸引力を発揮する商品、ECサイトの口コミでは、小石が吸い取れた・水を吸えるシステムに感動したという声も聞かれます。

充電ステーションは角度を5段階調節でき、場所にあわせて収納できます。よく使う場所に置いておけば、ゴミを見付けたときにサッと取りだせて便利です。ダストカップやフィルターは水洗いできるので、いつでも清潔を保てます。ゴミをためる部分の汚れが気になる方におすすめです。

おすすめ⑭
  • TAIR 
  • ハンディクリーナー 12KPA

  • 税込み4,999円
  • 吸う+吹く両用掃除機!多重フィルターで排気も清潔に

  • めずらしい吹く機能を搭載。木屑を飛ばすほか、浮き輪に空気を入れるといった使い方もできる優れものです。サイクロン式ろ過システムで、きれいな空気を排出します。

わずか2時間で充電が完了し、最長40分間の連続運転が可能です。1台で効率よく掃除できて、12kpaの強い吸引力を誇ります。取り出しやすく軽いため、ワンルームや車専用の掃除機として購入するのもよいでしょう。作業音は60dB以下で、静音性に優れています。夜に掃除する方や、アパート・マンション暮らしの方におすすめです。

掃除機として使用するときは、EVA延長ホースを接続して排気の方向をコントロールできます。上下左右広い範囲で、吹き飛ばすことが可能です。ほかにも手の届かないところを掃除するのに便利な、すきまノズル・ブラシといった付属品が充実しています。

おすすめ⑮
  • ブラック・アンド・デッカー(BLACK+DECKER)
  • リチウム乾湿両用ダストバスター WD7201

  • 税込み3,280円
  • 液体も吸引できる乾湿両用タイプ!ダストカップは水洗いOK

  • ジュースやゼリーといった液体も吸引できるため、小さな子供の食べこぼしに便利です。ダストカップはもちろんフィルターも水洗いできて、清潔に使い続けられます。

リチウム充電池搭載によって、より軽量化を実現。本体わずか0.7kgの重さで、充電も置くだけの簡単操作です。充電器は壁や柱に取り付けられるため、ゴミが気になったときはサッと取り出して掃除できます。家全体というよりも、場所を指定したサブとして使うのがおすすめです。先細ノズル・ブラシノズル・液体吸引用ラバーパッドの3種類から、そのつど用途にあったものを選択しましょう。

窓際の水滴を吸引すれば、結露から発生するカビやアレルギーを防げます。ダストカップを洗うのが大変そうだと思うかもしれませんが、すべて丸洗いできるので手間はほとんどかかりません。保証は1年間付いていて、初期不良があった場合も安心です。

まとめ

マットを掃除する掃除機

安いコードレス掃除機の選び方やおすすめモデルを紹介しました。自分にあったコスパのよいコードレス掃除機で、きれいな部屋を保ちましょう。



  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!