スマートウォッチでできること・できないこと!人気の商品も紹介

Moovoo|(ムーブー)

[ムーブー]スマートな暮らし

検索

HOME

>

グッズ

>

スマートウォッチでできること・できないこと!人気の商品も紹介

スマートウォッチでできること・できないこと!人気の商品も紹介

竹澤承太郎
2019-01-28

スマートウォッチの登場により、スマートフォンが活用できる幅もさらに広がり多くの人から注目を集めています。
おしゃれなデザインも多く、ファッションアイテムとしても人気があるスマートウォッチですが、一体何ができるのか。
ここからは、スマートウォッチとはどのような商品なのか。そしてスマートウォッチでできること、できないことを説明していき、
人気のあるおすすめスマートウォッチについても解説していきます。

スマートウォッチとは

スマートウォッチとは、腕につける電子機器のことです。腕時計のような見た目であり、タッチパネル式で操作ができるものや、アナログ式のものなど種類は多岐にわたります。スマホと連動をして使用するものが多く、有名なスマートウォッチではApple社が販売しているApple Watchは代表的な商品です。

スマートウォッチでできること

スマートウォッチでできることはスマホとの連動によるメールや電話、SNS通知の確認です。
スマホの情報を腕時計のように付けているスマートウォッチにて、内容を確認することができます。
確認するだけでなくメッセージの返信ができること、さらに通話もできることからスマートフォンを取り出す必要がなくなり利便性が図れます。
そして、他にできることとしてスマートウォッチではアプリに対応していることから、普段使用しているアプリをスマートウォッチでも利用することが可能です。

例えば、現在では当たり前になってきている電子マネーも、スマートフォンを出さずにスマートウォッチをかざすことで支払いが完了します。スマートウォッチの種類によってできることは制限されますが、多くの種類のスマートウォッチで対応しています。
そして、スマートウォッチでできることとして、健康管理も挙げられます。

スマートウォッチはファッションアイテムとしても注目がされていますが、体調管理での利用においても高く評価がされており多くの人が愛用しています。
スマートウォッチで心拍数を計測することもできることとして挙げられ、ランニングをしている方であれば実際に走った経路をスマートウォッチが記録し、運動中の様々な体の情報を確認できます。

さらに、興味深いできることとしては眠りの深さを計測するスマートウォッチがあったりと、私生活での気になる健康面をサポートしてくれる役割を担うアイテムが多いです。種類によってできることは違うことから、購入前には必ず確認をすることが大切と言えます。

スマートウォッチでできないこと

では、できることと逆にスマートウォッチでできないことを紹介していきます。
まず、スマートウォッチ単体でのアプリのダウンロードはできず、必ずスマートフォンとの連動が必要です。
そして、スマートウォッチにはWatch OSとWear OS by Google、Tizenと3種類のOSがあります。Watch OSのスマートウォッチでできることが、Wear OS by Googleのスマートウォッチではできないことがあります。使用できるアプリがスマホにもあるように、スマートウォッチでも同じことが言えます。

スマートウォッチのメリット

やはり、スマートウォッチ最大のメリットはスマホと連動できることによる利便性の向上です。
移動中など、ポケットやカバンからスマホを出して確認をすることが面倒だと感じる人は多くいます。
スマートウォッチであれば、スマホに届く情報を楽に確認できることから手間がなくなり便利に利用ができます。
そして、上記のできることでも紹介があったように健康状態の管理ができることは、40代など中堅世代から支持されています。
さらに、見た目のメリットでいうとおしゃれであることが、若者からの声として多く挙がっています。

スマートウォッチのデメリット

メリットとは対照的に、デメリットとなる点は充電が減る早さです。
スマートウォッチは充電をして使用する製品で、種類にもよりますが早ければ1日で充電が切れるものもあります。
そのため、通常の時計と比較すると面倒である点として挙げられます。
そして、このデメリットは人による部分でもありますが、スマホとの連動ができることでメールやLINE、またはSNSの通知が確認できるため、スマホと離れている時でも気づくことから気持ち的に疲れるという場合があります。
すぐに確認ができることはメリットでもありデメリットにもなる難しい点と言えます。

スマートウォッチのおすすめ

Apple Watch

スマートウォッチの画像

やはり、スマートウォッチの中でも多くの人が愛用しているApple Watchは人気があります。
おしゃれなデザインであり、iOSに対応している様々なアプリを使用できるため、できることが多い点は魅力的です。
ディスプレイも大きく見やすくなっており、LINEなどメッセージの視認性も高くなっています。
さらに、今話題のAirPodsとの連動も簡単にでき、音楽を聴いていて曲の再生や停止などをスマホを取り出さずにApple Watchで行うことができます。価格は公式ストアで45,800円で販売されており、他のスマートウォッチと比較すると高価な商品です。

SAMSUNG Galaxy Gear S3

スマートウォッチの画像

デザインもスタイリッシュなモデルとなり、ビジネスマンに愛用者が多いスマートウォッチです。
充電の持ちが良く、最大でおよそ4日間は起動し続けることが可能となります。
Galaxy Gear S3でできることは多くあり、スマートウォッチ自体にスピーカーとマイクが搭載されているため、スマホを使わずに通話ができます。さらに、音楽を4GBの容量まで保存することができ、スマホを利用せず楽しむことが可能となります。
非常にタフなスマートウォッチで、防水・防塵機能も搭載されています。
3万円ほどで購入することができ、おしゃれな見た目からも高い人気を集めているスマートウォッチです。

CASIO スマートアウトドアウォッチ プロトレックスマート

スマートウォッチの画像

時計ブランドで人気のCASIOが提供するスマートウォッチで、スポーツ用やアウトドア用として購入する方が多くいます。
こちらの商品でできることは、GPS機能の搭載による運動機能の把握です。
走行時の心拍などの情報や、走行距離・時間なども記録してくれます。
防水機能も搭載されており、アウトドアシーンでも大活躍です。価格は45,000円で販売されており、見た目のタフな印象から男性人気が高いスマートウォッチです。

HUAWEI Band 2

スマートウォッチの画像

スマートな見た目をしているスマートウォッチで、できることも数多く機能面が充実している商品です。
付け心地が良い点も人気に繋がっており、私生活でもスポーツ時においても邪魔にならない大きさをしています。
そして、バッテリーの持ちがスマートウォッチの課題として挙げられる点ですが、HUAWEI Band 2では連続して21日間の利用が可能です。
防水機能もあり水中での使用もでき、水陸での運動時のデータを計測することができます。
さらに、睡眠時の状態を記録することも可能で、健康状態の管理をしたい方にもおすすめです。
できることが数多くあるHUAWEI Band 2の価格は、およそ4,800円となりコスパの高いスマートウォッチと言えます。

まとめ

スマートウォッチでできることは種類により違いがあります。
スマホとの連動ができることからの利便性向上や、健康管理などで活用できることから若者から中堅の世代までに支持されています。
できることとできないことを把握し、わからない場合は必ず購入前に、求めている機能は付帯されているか確認することが大切です。



  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!