【プロ監修】ハンガーおすすめ16選!収納や洗濯物干しが便利に

Moovoo編集部, ハナ
2021-10-19

クローゼットでの収納や、毎日の洗濯物干しに便利なハンガー。日々使う生活用品なだけに、特別なこだわりを持たずに使っている人も多いのではないでしょうか。

ただ、おしゃれなデザインや便利な商品も多いので、良い商品に出会えれば快適な暮らしにつながりますよ。

そこで今回は、おうちクリーニング研究家のハナさんに監修いただき、収納時と洗濯時に便利なハンガーの選び方について解説していただきました。

プロおすすめの商品もご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。


おうちクリーニング研究家
ハナ
ブログ「洗濯ラボノート」を運営する、おうちクリーニング研究家。世の中に当たり前のようにある洗濯に関する常識が本当なのか?売れている商品は本当に使えるのか?そんな疑問を実際に試してみて、誰が見てもわかりやすいかたちで公開しています。雑誌やテレビ、ラジオにも多数出演。

収納に使うハンガーの選び方

ハンガーが特に活躍するのは、衣類をクローゼットなどにつるして収納するときと、洗濯物を干すときです。それぞれ選び方のポイントを解説していきます。

まずは、収納に使うハンガーを選ぶポイントを紹介します。

①ハンガーの素材|木製やステンレス、特長に注目を

木製のハンガーにかかったジャケットやシャツ

ハンガーには、木製、プラスチック、ステンレスなど、様々な素材のものがあります。

木製ハンガーは肩部分に厚みがある商品が多く、形崩れを防ぎたいスーツやジャケットなどをつるすのに向いている傾向があります。

プラスチック製ハンガーは安価で手に入れやすく、形状もさまざま。水濡れにも強いので、洗濯にも収納にも気を遣わずに使えるのがうれしいポイントです。

ステンレスのハンガーは耐久性が強く、軽量でスリム。スタイリッシュな見た目で部屋の雰囲気を壊さない商品が多いのが利点です。

ただ、表面が滑らかなハンガーは、形状しだいでは洋服をかけたときに滑って外れやすい場合も。収納時の安定感を重視したい人は、表面がベルベットや塩化ビニルといった摩擦の大きな素材のハンガーがおすすめです。

ハナ

ハナさんの解説

スーツやコートは着用した時に綺麗なラインがでるように立体的な構造になっています。なので平面的なハンガーにかけてしまうと肩や背中のラインが崩れたり、前ボタン付近にシワが入ってしまいます。衣類自体に重みがあるので、肩幅のないコンパクトなハンガーを使うと肩の部分に大きな負担がかかり、劣化を早めてしまうのです。

ある程度形を綺麗に整えたい洋服の場合、ハンガーの肩の部分が人間の肩のように湾曲した形状で肩幅が3cm以上あるハンガーを選ぶと良いでしょう。また、クローゼットに長期間かけたままにするときは、前ボタンを外しておくとより形崩れせず綺麗に保管できます。

②ハンガーのかたち|省スペース重視か、洋服に合わせるか

木製ハンガー

クローゼットに衣類を収納する時、スペースを節約したい人は薄いスリムタイプがおすすめです。中にはハンガーが縦に連なっている商品もあり、クローゼット内のスペースを節約でき便利です。

縦に衣類をかけられるステンレスハンガー

また、洋服以外にも、かこ状になっていて縦にいくつもバッグが入れられるバッグ用のハンガーや、くしの歯のような形で何本ものネクタイをつるせるネクタイ用ハンガーなど、多彩な商品も販売されています。

吊り下げ収納できるバッグ用のハンガー
ネクタイ用のハンガー

ハンガーといったら洋服をかけるイメージが強いですが、クローゼット内のスペースを有効活用したい人には、このような方法で収納するのもいいですね。

ハナさんは「洋服をきれいに保管する」ことを重視したい人は、洋服の肩幅より少し小さめのハンガーを選ぶのがコツだと解説します。

ハナ

ハナさんの解説

クリーニングに出したあと戻ってきたハンガーをそのまま使っている方も多いかもしれませんが、ハンガーのサイズが正しくないと、いざ洋服を着用しようと思った時に変なシワが付いてしまったり形崩れして、せっかくの綺麗なラインが損なわれる場合があります。

洋服のサイズにあったハンガーを選ぶだけで驚くほど洋服の高級感は増しますよ。

選び方は、実際の洋服の肩幅よりも少し小さいくらいのハンガーがベスト。両袖の付け根を直線で計った数値のマイナス1〜2cmが理想です。

同じMでもメーカーによってサイズが違うこともありますが、ハンガーを選ぶ際の目安にしてみてください。
【プロ直伝のハンガーサイズ目安】
ハンガーサイズ36〜38cm(レディースSサイズ)
ハンガーサイズ38〜42cm(レディースMサイズ・メンズSサイズ)
ハンガーサイズ42〜45cm(レディーズLサイズ・メンズMサイズ)
ハンガーサイズ45〜47cm(レディースLLサイズ・メンズLサイズ)
ハンガーサイズ47〜52cm(メンズLLサイズ)

洗濯に使うハンガーの選び方

では次に、洗濯に使うハンガーの選び方のポイントを紹介します。

①洗濯物の量|多いなら洗濯ピンチや連結ハンガーが便利

洗濯は干したり取り込んだりと様々な動きがあり、ハンガーにも収納とは違う機能が求められます。

靴下やタオル、下着などの小物類をまとめて干す場合には、枠の中に洗濯バサミ(ピンチ)がたくさんついている「洗濯ピンチ」が便利です。ついている洗濯バサミの数は、コンパクトなものだと20~30個、多いものだと50個前後と違いがあるので、洗濯物の量に応じて選びましょう。

オーエ 洗濯物干しハンガー 48ピンチ

また、Tシャツなどは、複数のハンガーが連なっている8連ハンガーなどを使うと便利ですよ。まとめて衣服をつるしたり、取り入れることができるので、家事の負担軽減に繋がります。

オーエ 洗濯 物干し ハンガー ホワイト

突然の雨で急遽洗濯物を取り込まなくてはならない時でも、一気に移動できるので楽です。

ハナ

ハナさんの解説

連結されたハンガーは洋服の裾からハンガーを入れることができません。Tシャツなど伸びる素材のものは首周りのヨレを防ぐために、ワンタッチで肩のアーム部分が開閉するもの、もしくはハンガーの首の部分に切り込みが入っていて、首周りを引っ張らなくても出し入れできる工夫のあるハンガーを選んでください。

②強度・価格|手頃なプラスチックか日差しに強いステンレスか

プラスチック製のハンガーや洗濯ピンチは、安価で手に入れやすいので、日々の洗濯で大活躍します。しかし、プラスチック自体が紫外線により劣化してしまう材質(※1)なので、繰り返し使っていると折れてしまうこともあります。

ステンレスのハンガーなら価格帯は上がる可能性がありますが、耐食性と耐熱性がある材質のため、錆びにくく日差しにも強い特徴を持ちます(※2)。洗練された見た目の商品も多いので、乾いた洗濯物をハンガーにかけたままクローゼットなどに収納できる点も魅力です。

収納に便利なおすすめハンガー8選

ここからは、おすすめのハンガーを厳選して紹介していきます。まずは、クローゼットにつるして収納するのに便利なハンガーからチェックしていきましょう。

【収納用】監修者・ハナさんのおすすめハンガー

PICK UP!
  • tkone
  • ハンガー 20本組

  • 税込み1,870円
  • 厚さ0.4cmとスリムで省スペース

  • 前面にフックがついていて連結も可能。狭いクローゼットでもたくさんの衣類を収納できます。

ハナ

ハナさんのおすすめポイント

厚さわずか0.4cmとコンパクト設計のハンガーです。材質にはABS樹脂を使用し、耐熱性、耐衝撃性、強度を兼ね備えていて丈夫です。濡れた衣類にも乾いた衣類にも使えるので、乾いた洗濯をハンガーにかけたままクローゼットに収納も可能。

全体に滑らない加工がされているハンガーは、人によっては衣類の取り外しがしにくく使いにくいと感じるかもしれません。その点、tkoneの洗濯ハンガーの滑らない加工は3箇所だけ。タンクトップをかけても肩紐が滑ったりすることもなく、簡単に取り外しができます。

首の部分には切り込みが入っており、Tシャツはもちろん、シャツもボタンをつけたまま首からハンガーを出し入れできるので、せっかちさんにおすすめのハンガーです。

【収納用】編集部おすすめハンガー

おすすめ①
大人気♪MAWAハンガー(マワハンガー)エコノミック
  • MAWA(マワ)
  • エコノミック

  • 税込み809円(3本組)
  • ドイツメーカーのシンプルなハンガー

  • ドイツの老舗メーカー「MAWA」のハンガーです。シンプルなデザインで使いやすいのも特徴。 人体に合わせたカーブで滑り落ちにくい設計になっています。

近年、ハンガー業界で大ブームを巻き起こしているのが、ドイツ発の「MAWAハンガー」。創業60年以上の老舗メーカーで、省スペース・機能性・耐久性全てにおいて優れていることから、世界中で愛用者のいるハンガーブランドです。

独自のノンスリップコーティング加工で、どんな衣服もすべらずにきれいな状態で保管可能。

複数の種類がありますが、特に人気なのが、弧を描いたデザインがユニークな「エコノミック」です。襟ぐりが広い衣服でもすべり落ちにくく、かたちが角ばっていないので形崩れしにくいのが特徴。また、薄さが約1cmなので、クローゼット内の空間の有効活用に役立ちます。

ハナ

ハナさんの解説

私もMAWAのハンガーを愛用しています。特にニットなどは形崩れなく綺麗に収納できるのでお気に入りです。スリムなので、揃えて使うとクローゼットの中がスッキリします。

ただ、滑らないコーティングが全面にされていて洋服がひっかりりやすく、丁寧に取り扱わないと洋服にダメージを与えてしまう場合もあります。朝の忙しい時間に洋服をさっとハンガーから取り外したい人には不向きなので注意が必要です。
おすすめ②
MAWAハンガー シングルパンツ・スラックスハンガー
  • MAWA
  • シングルパンツ・スラックスハンガー

  • 税込み2,980円(10本組)
  • 衣類を形崩れから守る

  • ドイツの老舗メーカーMAWAのパンツ・スラックスハンガー。丸みを帯びたフォルムなのでかけた時の折シワがつきにくくなっています。

MAWAハンガーの誇るもう1つのロングセラー商品が、「シングルパンツ・スラックスハンガー」。パンツやスラックスを1本かけることができる、シンプルながら計算された作りのハンガーです。

パンツ以外にも、収納に困りがちなロングスカートやスカーフ・ベルトなどの整理にも使えるので、どんな家庭でもマルチに活躍してくれるはず。摩擦力の強さのあまり、ハンガーから服が外しにくいことがあるので、ハンガーを手で押さえて、衣類を少し浮かせるようにして外すのがポイントです。

おすすめ③
スーツの収納に!シンコハンガー ジャケット回転式42 F-Fit
  • シンコハンガー
  • ジャケット回転式42 F-Fit

  • 税込み355円(単品)
  • スーツにおすすめのハンガー

  • スラックスを掛けるための回転バー(国際特許取得)がついているため、シワが付きにくいハンガーです。

「シンコハンガー ジャケット回転式42 F-Fit」は、スーツの収納に最適な商品です。滑り止めの付いたバー付きで、ジャケットとスラックスを一緒にかけることができるようになっています。

肩の作りが立体的なので、ジャケット形崩れを防ぎ、肩のラインをしっかりキープ。回転式・肩のすべり止め付きと、細部まで使いやすさにこだわったハンガーなので、一本持っておいて損はないでしょう。

おすすめ④
KiGesYo ズボンハンガー スカートハンガー
  • KiGesYo
  • ズボンハンガー スカートハンガー

  • 税込み1,250円(8本組)
  • 強力クリップでしっかりキープ

  • 移動式の二つのクリップがついたボトムスのためのハンガーです。ピンチ先端には生地に優しいすべり止めがついており衣類が滑り落ちにくい設計です。

「KiGesYo ズボンハンガー スカートハンガー」は、その名の通り、パンツやスカートなどのボトムスの収納に特化したハンガー。

クリップでしっかり挟む力をキープしながらも、衣類に挟み跡がつきにくいよう工夫されています。ステンレス製でさびにくいので、長い間使用することができるのも魅力です。

おすすめ⑤
  • レック
  • 衣類用ハンガー

  • 税込み264円
  • シャツやキャミソールでも

  • ロープ掛け用のくぼみがついている薄型のハンガーです。肩周りに滑り止めがありシャツの形崩れを防ぎます。

スリムでクローゼットの中を収納できるハンガーです。コスパも良く大量の収納ハンガーにはお買い得です。シャツの滑り止めもついており、クリップ状になっている肩ひも掛けはシンプルな形状なのでキャミソールの収納にも向いています。サイズは43×20cmです。

おすすめ⑥
  • MAWA
  • ブラウス用ハンガー

  • 税込み2,109円
  • 形崩れしたくないブラウスをリッチに収納

  • 滑り落ちにくいハンガーレディース用のMサイズです。

【洗濯物用】たくさん掛けられるタイプがベスト!軽量だと家事の負担軽減に

洗濯物用ハンガーで大切なのは、洗濯物がたくさん掛けられること。家族の人数が多い家庭や、小さい子どものいる家庭では、どうしても毎日の洗濯物の量が膨大になりますよね。物干し竿や洗濯物用ラックの限られたスペース内で大量の洗濯物を効率的に干すには、10連ハンガーのように複数のハンガーを連結できる商品がおすすめです。

また、水を含んだ洗濯物は、見た目以上に重量があるもの。洗濯物を干したり取り込んだりする作業の負担を軽減するには、ハンガー自体は軽量なものを選ぶのがポイントです。軽量なアルミ製やステンレス製のハンガーは、見た目も生活感が出にくくシンプルなので、外干し用に上手に活用すると良いでしょう。

おすすめ⑦
  • Whonline
  • 携帯ハンガー15個セット

  • 税込み2,111円
  • 折り畳みハンガーは旅行にも

  • ハンガーストップロープ付きの折り畳みハンガーで旅行などの持ち歩きにもおすすめ。

使う時は滑りにくく、使わないときは折りたたんでしまっておけるハンガーです。15個セットで旅行時にいくつか忍ばせれば形崩れが気になるジャケット物も持っていきやすくなります。カラフルで黄・ピンク・青・紫・緑がそれぞれ3つずつ付いてきます。

洗濯物干しにおすすめなハンガー8選

続いて、洗濯物干し用として使えるおすすめのハンガーも見ていきましょう。ベランダなどの屋外でも安心して使える、耐久性の高いタイプがおすすめです。

【洗濯用】監修者・ハナさんのおすすめハンガー

PICK UP!
  • ハイベック
  • ボディハンガーL

  • 税込み2,899円
  • 形崩れ防止に!洗えるスーツを自宅で干すのにも便利

  • 空気を抜いてしまえば小さく収納できるのも、プロのおすすめポイント。

ハナ

ハナさんのおすすめポイント

最近は洗えるジャケットやスーツなども増えてきました。とはいえ、干す時にシワが付いてしまってアイロンが上手くかけられず、結局クリーニング店にお願いしたという方も多いんじゃないでしょうか?

ハイベックのハンガーは風船のように膨らませて使う立体ハンガーです。着用時に近い状態で干せるので、形崩れやシワの心配が少なく干せます。アイロンがけが難しいジャケットやスーツの肩や襟元も、ノンアイロンで美しく仕上げられます。

1つ3000円ほどするので高いと思うかもしれませんが、今までクリーニングに出していた衣類も洗えるようになるため、節約効果は高いです。
PICK UP!
  • ニトリ
  • 衣類が乾きやすいハンガー 3本組

  • 税込み407円
  • 肩の厚みが変わる洗濯に特化したハンガー

  • 洗濯物が乾きにくい梅雨時や、部屋干し派の方におすすめです。

ハナ

ハナさんのおすすめポイント

厚さ2.5cmとコンパクトなのですが、肩の部分を回転させると厚みが8.3cmに変化します。肩を開くことで、前と後ろの身頃の間に隙間ができて風が通るため、通常のハンガーで干すよりも早く乾きシワができにくく、アイロンがけの手間も省けます。

通常のハンガーと乾く時間を比較した時は、1時間早く乾きました(4月下旬 23.7度 室外 厚手のTシャツ)。肩の厚さだけでなく、衣類に合わせて肩幅も43.5〜49cmに伸縮して衣類の肩幅に合わせることができます。

【洗濯物干し】編集部おすすめハンガー

おすすめ①
オーエ HOS ベランダ用 8連ハンガー
  • オーエ
  • HOS ベランダ用 8連ハンガー

  • 税込み1,639円
  • タオルもシャツもまとめてスッキリ

  • シャツやタオルをまとめて8枚干すことができる洗濯用ハンガーです。メインフックのほかに補助フックがついているので安定感も抜群です。

「オーエ HOS ベランダ用 8連ハンガー 」は、補助フックが付いており、安定感に優れた商品。風が吹いても飛ばされる心配なく、省スペースで8枚の衣類を干すことができます。

キャッチフックを使用すれば、通常の物干し竿で干すことも可能です。干すものに合わせて、肩を伸縮させることができるので、衣類の形崩れを防ぎます。

おすすめ②
ツウィンモール 洗濯 物干し アルミのびのび9連ガー TA-8
  • ツウィンモール
  • アルミのびのび9連ガー TA-8

  • 税込み2,358円
  • 伸びるアームでたくさん干せる

  • アーム部が伸縮タイプの洗濯用ハンガーです。一度に9枚干すことができます。ハンガーは折り畳み式なので簡単に衣類を取り外しできます。

「ツウィンモール 洗濯 物干し アルミのびのび9連ガー TA-8」では、ハンガーへ衣類をかける作業・外す作業が簡単に行えます。ヨレがちなTシャツの首元も、伸ばすことなくきれいに干すことが可能。

とても軽量でたくさん干しても扱いやすく、コンパクトにたためるので収納にも場所をとりません。ハンガーはそれぞれ取り外して使用することもできるので、少量の洗濯物のときにも活躍してくれます。

おすすめ③
  • Cozyone
  • 洗濯収納ハンガー

  • 税込み1,890円(10本組)
  • 衣類が滑り落ちないゴムコーティング

  • ハンガーの素材はステンレスなので強度がありつつも、ゴムコーティングで滑りくさがあります。半円のデザインが服の形をキープしてくれるので、洗濯だけでなく収納でも活躍してくれそうです。

丈夫なステンレスに滑り止めのゴムコーティングがされているので、風の強い日に洗濯物を干して行っても滑り落ちにくく安心。軽めに作られているのもポイントです。

ハンガーの両サイドに滑り止フックがついているので、キャミソールやブラジャーなどの下着をかけることもできます。ハンガーの耐荷重が約8KGなので、洗濯だけでなく、コートやダウンジャケットなどを保管しておくのにも向いています。

おすすめ④
バスタオルハンガー
  • BEATON JAPAN
  • バスタオルハンガー

  • 税込み1,598円(4本組)
  • カラフルな伸びるハンガー

  • 伸縮式のハンガーなので、干すときには伸ばして使わないときには小さくコンパクトに収納することが出来ます。

カラフルカラーがおしゃれな「バスタオルハンガー」は、毎日洗濯する機会の多いバスタオル干しに特化した商品。幅が69cmくらいまで伸ばせるので、大判のバスタオルもしっかり広げて効率的に干すことができます。また、コンパクトに縮めることもできるので、収納も場所をさほどとりません。通常のハンガーとしても使用できるので、洗濯物の多さや種類によって使い分けましょう。

おすすめ⑤
  • コモライフ
  • ネオクリップハンガー5本組

  • 税込み1,470円
  • クリップ状だから風で飛ばされにくい

  • ひっかけ部分がクリップになっているので風に飛ばされにくく、安心して干すことが出来ます。肩ひも掛けも通すだけの簡単形状。

物干し竿やロープにひっかける部分がクリップ状になっているハンガーです。強力バネで風に飛ばされにくいクリップ状の首は折りまがるので衣服を傷めず通すことが出来ます。もちろん干すにも収納にも使えます。スカート・タンクトップ用のフックもありますよ。

おすすめ⑥
  • コジット
  • くるくるハンガー

  • 税込み1,091円
  • 大きなシーツやバスタオルを干すなら

  • 渦巻き状のハンガーは大きなシーツやバスタオルを通すのにおすすめのハンガーです。洗濯物干しの省スペース化に活躍。

35cm四方で高さ15cmの珍しい形状のハンガーです。くるくるハンガーの形状に合わせひっかけていけば大きなシーツやバスタオルも干すことが出来ます。布が重ならずに干せるので生乾きや部屋干し臭の対策もなります。

ハンガーの人気売れ筋ランキングはこちら

ECサイトではどのハンガーが人気なのか、Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングの人気売れ筋ランキングはこちらからご覧ください。

HOME

>

グッズ

>

【プロ監修】ハンガーおすすめ16選!収納や洗濯物干しが便利に


  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!