moovoo|(ムーブー)

半歩未来のライフスタイル

MooVoo

半歩未来のライフスタイル

おすすめのHDMI分配器10選!失敗しない選び方のポイント

moovoo編集部
2018-12-03
  • LINE友だち追加


HDMI分配器選びはこれで大丈夫!選び方のポイントとおすすめアイテムをチェック

プロジェクターとHDMIの写真

家電屋さんへ行けばいくつものHDMI分配器が並んでいます。どの分配器を選んだら良いのか、迷ってしまう人も少なくありません。おすすめの分配器を調べてみたものの、いざ接続してみると「上手く出力できなかった」「映し出したいディスプレイには対応していなかった」といった失敗を経験した人も多いのではないのでしょうか。そこで今回は失敗しないHDMI分配器選びのポイントと、具体的なおすすめアイテムをご紹介します。HDMI分配器の購入を考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

HDMI分配器の選び方ポイント!購入前にチェックしておこう

HDMI分配器とはHDMIスプリッターとも呼ばれており、その役目は映像と音声信号を同時に複数の出力機器へ分配することです。BDプレイヤーやパソコン、PS4などのHDMI入力対応機器に接続すれば、複数の液晶モニターで同じ映像を映すことができる便利な機器です。しかしながらHDMI分配器の種類は多く、どのモデルを購入したらよいか迷ってしまう人も多いでしょう。HDMI分配器の購入を検討している人のために、失敗しない選び方のポイントをご紹介します。

出力タイプをチェック!高画質出力には4k・HDR対応の分配器を

ここ数年4K対応のテレビやレコーダーが普及してきました。HDMI分配器を使って他のディスプレイでも高画質で映像を出力したい、と思う機会も増えてくるでしょう。しかしながらテレビやレコーダが4K対応やHDR対応であっても、分配器が対応していない商品の場合は注意が必要です。4k非対応の分配器で出力すると、本来の画質が下がって出力されてしいます。このことから、購入したいHDMI分配器の出力タイプをチェックしておくことは必須です。ただし4K対応の必要がない、ブルーレイディスクレコーダーやPS4などの場合は、価格やHDMI出力端子数などのスペックのみにこだわって分配器を選んでよいでしょう。

2出力or4出力?接続機器の台数に合わせて選ぶ

HDMI分配器を選ぶ際に必ずチェックしておきたい項目の1つに、(接続したい機器の台数)が挙げられます。プレゼンテーション用に多数のディスプレイに出力したいのか、自宅でゲーム機などを出力できればよいのか、分配器を購入する目的はさまざまです。分配器はHDMI入力端子が1つに対し、出力先端子が2つのタイプまたは4つのタイプが主流です。分配器を使用するシーンによって、HDMI端子の必要数は変わってきます。購入後「HDMIケーブルを接続しようと思ったら端子数が足りなかった」ということがないように、出力ポートの端子数を必ずチェックしておきましょう。

HDMI分配器の給電方法をチェックしておく

分配器の給電方法として、HDMI端子やUSB端子から電力をもらう「パスパワータイプ」と、アダプターから電力をもらう「セルフパワータイプ」があります。パスパワータイプは電源となるコンセントを探す必要がなく、消費電力が少ない出力の場合に特におすすめです。一方、セルフパワータイプは電力を安定して供給できるため、出力したいディスプレイが大きい場合や、大型スクリーンに出力したいときにおすすめです。このように、事前に給電方法をチェックしておくことが、分配器の「使いやすさ」につながります。

分配器の切替機能の有無をチェックしておく

分配器の切替機能について、購入前に確認しておきましょう。分配器は通常であれば入力端子は1つですが、HDMIセレクターと呼ばれる切替器を用いて複数の入力機器を接続することが可能です。しかし切替器を用いなくても、HDMI分配器そのものに切替機能がついている「HDMIマトリックスセレクター」という商品があります。分配器を使って映像を他ディスプレイに出力するだけでなく、入力する映像も切替をしたい場合はHDMIマトリックスセレクターの購入も検討してみましょう。

HDMI分配器の購入する際には価格相場を知っておこう

初めてHDMI分配器を購入する人にとって「どのくらいの価格のものを選べばいいのか」という疑問があります。分配器の機能によって価格もさまざまです。出力端子の数、4KやHDR対応であるか否かなどにより商品の価格が異なります。安価な分配器でも機能が十分であれば購入してもいいですが、映像や音声の規格が少ない場合があります。どの価格帯の分配器を購入すればいいか分からない場合は、人気の価格帯である2,000円〜5,000円前後のものを選ぶことをおすすめします。

おすすめのHDMI分配器10選!

HDMI分配器の選び方のポイントをお伝えしてきましたが、ここからは具体的なおすすめアイテムをご紹介します。プレゼンテーションで使用したい、自宅のテレビで使用したい、など分配器を必要とするシーンはさまざまです。選び方のポイントをチェックしつつ、自分にあった分配器選びをしてみてください。

4khdr出力対応の分配器|MovcleHDMIスプリッターフル2160p

1入力のHDMI信号を分配し2台の液晶へ出力することができる分配器です。4KやHDR高画質対応の分配器であるため、テレビの高画質映像をそのまま他の液晶でも出力したい場合におすすめです。ACアダプタにて給電するタイプの分配器ですので、消費電力の大きなスクリーンへの出力も安定して作動します。4K対応のコンパクトな分配器の購入を考えている人におすすめです。

ps4接続など自宅でのゲーム用におすすめ|XTYMHDMIスプリッター

家庭でのゲーム用に、PC出力などに、と手軽な分配器を探している人におすすめのアイテムです。1台も分配器を持っていない人であれば、十分なスペックが備わった、手頃な価格帯の分配器です。重さ120gと非常にコンパクトなつくりになっており、リビングに設置しても場所をとりません。1入力端子に対して2端子同時出力のタイプであり、ゲームやPCに手軽に出力したい場合におすすめです。

プレゼンテーションなどのシーンにおすすめ|サンワサプライHDMI信号オーディオ分離器

プレゼンテーションなど、多くの人がディスプレイを見るシーンにおすすめのサンワサプライの分配器です。HDMI信号から音声信号を切り離し、光デジタル出力orアナログ出力に変換することが可能な分配器です。もとのHDMI信号はそのままディスプレイで出力しつつ、切り離した音声信号はAVアンプやスピーカーで出力することが可能です。広い会場で多くの人が参加しているプレゼンテーションシーンなどにおすすめの分配器です。

ACアダプタタイプの分配器|Ewin®HDMI分配器

ACアダプタタイプの分配器は、消費電力の大きなディスプレイであっても安定した映像を出力することができることが特徴です。電源ケーブルが気にならない人はACアダプタタイプの分配器を候補にしましょう。また4KとHDRと3D映像にも対応しており、映像信号を劣化することなく出力してくれます。家庭での3D映像のシェアはもちろん、会議室でのプレゼンテーションなど幅広いシーンにおいて使いやすい1台となっています。

分配器初心者におすすめ|ESPOTHDMI分配器

HDMI分配器を初めて購入する人におすすめのESPOTの分配器です。1台の入力端子のHDMI信号を2台へ出力できる、一般的なタイプの分配器です。この分配器の魅力は価格が1,500円前後であることです。初めて分配器を購入する場合「高価なものを購入して失敗したらどうしよう」と心配になる人も多いはずです。こちらの分配器は手頃な価格でありながら、基本機能を備えたオーソドックスなタイプです。分配器の知識があまりないけどとりあえず1台必要、という人は購入を検討してみてください。

4出力対応の本格派分配器|ラトックシステムREX-HDSP4A

ラトックシステムはPC周辺機器やオーディオ周辺機器を取り扱っている専門メーカーです。1入力に対して4出力タイプのこちらの分配器は、4KやHDR映像にも対応しています。出力先の機器のスペックが4台バラバラであっても、搭載された「モード選択スイッチ」により出力モードの選択をすることが可能です。1人1台のPCを用いて細かな画面を確認しながら進める会議や、その他ビジネスシーンにおいて特化した本格的な分配器です。

3D映像対応!家庭に1台欲しい分配器|テック THDSP12X2-4K

1HDMI入力を2出力できるタイプの分配器です。4Kや3D映像にも対応しているため、ゲームや映画など家族で利用する機会が多い分配器といえるでしょう。テックは大阪に本社を置く会社のため、国内メーカーが提供しているという安心感もあります。家庭で分配器は既に使っているが、もうワンランク上の国産分配器への買い替えを検討しているという人にもおすすめです。

手軽に使えるUSB給電タイプの分配器|グリーンハウスHDMIスプリッターGH-HSPA2-BK

グリーンハウスのHDMI分配器は、電源がUSB供給タイプの分配器です。電源ケープルが必要ないため、いつどこでも手軽に入力した映像をシェアすることが可能です。分配器本体も約30gと非常にコンパクトなつくりとなっています。手軽に使える分配器が欲しい人、短時間だけ気軽に使用したい人などにおすすめの分配器です。また、4K映像にも対応しているためリビングでの利用シーンも多い分配器ですが、USB電源のためケーブルがインテリアの雰囲気を台無しにしてしまうこともありません。

映像や音声を楽しみたい人におすすめ|ELEVIEWHDMI分配器

1入力に対し2出力できるこちらの分配器は、音声分離機能があるタイプです。音声分離タイプとは、映像信号と音声信号からなるHDMI信号の、音声部分を切り離し接続したスピーカーなどで出力できる分配器のことです。高画質のみならず、音声も高音質で楽しみたいシーンで活躍します。映画館のような臨場感あふれる映画や、迫力のある音声でゲームを楽しみたい人に特におすすめの分配器です。

フルスペックの4Kをそのまま出力|GLAVCOMHDMIスプリッターIM-FSX911-4

フルスペックの4K映像をそのまま出力することのできる分配器です。1入力端子に対し4出力端子があり、同時に4つのディスプレイに出力することが可能なため、同時に3つ以上の液晶で映像を共有したい場合におすすめです。また、出力先のディスプレイのスペックが異なる場合であっても出力することが可能な優れものです。4K映像を画質を落とさず多数の出力先で共有したい人におすすめの分配器といえるでしょう。

おすすめの分配器をチェックして利用シーンに適したものを選ぼう

一般的なHDMIケーブルの写真

今回はHDMI分配器の選び方と、具体的なおすすめアイテムをご紹介してきました。HDMI分配器は、2つまたは4つの出力端子があるもの、4KやHDR高画質に対応しているもの、給電方法がACアダプタまたはUSBタイプのもの、などその種類は多くあります。どの分配器を購入していいか分からない場合は、まず利用シーンを明確にしたうえで適したスペックの分配器を選ぶよう心がけましょう。


  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでmoovooをフォロー!