moovoo|(ムーブー)

半歩未来のライフスタイル

MooVoo

半歩未来のライフスタイル

USBハブのおすすめ5選! ずっと使える壊れにくいものを厳選

竹澤承太郎
2018-09-05
  • LINE友だち追加


USBハブとは?

USBハブとは、USBの端子が複数付いているUSBケーブルのこと。パソコンに接続することでUSBを接続できるUSBポートを増やすことができる、非常に便利なグッズです。定義や種類について知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。詳しく解説しています。

USBハブの選び方の例

ここでは、実際に「どんなものをUSBハブに接続したいか」に焦点を当てて、「こういう機器にはこのタイプのUSBハブを…」という相性の例を参考にして頂きたいと思います。自分の用途に合ったUSBハブ選びの手がかりとして、一緒に解説している「おすすめする根拠」の部分に注目してみてください。

USBメモリを挿して使いたい

USBメモリは、電力の話だけで言えばバスパワー方式でもセルフパワー方式でも、どちらでも全く難なく動作します。しかし、電力よりも重要な判断基準として、データの転送速度を重視するべきです。

データの転送速度が速いUSBハブと、そうでないUSBハブを見分ける簡単な方法は「USB3.0に対応しているかしていないか」をチェックするということです。USB3.0という接続規格は、USB2.0の10倍以上のデータ転送速度が出ると言われているので、この点に留意して選ぶだけでも、USBメモリをUSBハブで使用する時の利便性は10倍程度違うということになります。

マウスやキーボードなどの入力機器を挿して使いたい

マウスやキーボードなどの超基本的な入力機器の場合には、ざっくりと言えばどんなUSBハブでもほとんど動作の質は変わらないというのが現状です。先ほどUSB3.0とUSB2.0のデータ転送速度の違いについて少し触れましたが、こうした入力機器の信号伝達速度を、体感でその違いを感じるという人はほとんどいません。

プリンターや外付けHDDなど消費電力の高いものを挿して使いたい

プリンターや外付けハードディスクは、数あるUSB機器の中でも消費電力が極めて高いことで知られています。こういったデバイスをUSBハブの電力で動作させようと考えると、バスパワー方式のUSBハブでは十分な動作環境を実現することは難しい場合が多いです。

バスパワー方式のUSBハブでも、製品によっては難なく良い動作を実現できる場合もありますが、基本的に無難な選択として、この場合はセルフパワー方式のUSBハブを選ぶべきです。

壊れにくいと評判の高いUSBハブ厳選5選

Chioeu USB 3.0ハブ

バスパワータイプのUSBハブでありながら、USB3.0の拡張ポートを3つも兼ね備えているという製品。SDカードを挿すことができる穴も付いています。アルミニウム合金製のため、放熱性が優れていることから、ハブに負担がかかる動作を行った際にも、じんわり温かくなる程度しか熱くならないとのこと。

1年間の保証が付くので、USBハブを購入するも半年経たずに壊してしまったというような経験がある方でも、安心して購入できるのが良い点ですね。

Anker USB3.0 ウルトラスリム 4ポートハブ

わずか約30グラムという小型で軽量なUSBハブ。耐熱設計が施されているので、ヘビーな使用法に伴う熱による故障のリスクも抑えられています。4つのUSBポートを増やすことができるのと、大きな特徴はスマホを接続した際の充電速度が速いということ。Anker社はモバイルバッテリーの製造で大きなシェアを握っていることもあり、そのテクノロジーが反映された良製品と言えるでしょう。

atolla USB3.0ハブ

11ポートという大量のポートを備えるUSBハブ。マウスやUSBメモリ、キーボード、マウスといった消費電力の少ないUSB機器はもちろん、外付けハードディスクなどといった消費電力の高いデバイスの接続もしっかりこなしてくれます。また、写真の赤いLEDが光っているポートは、スマホやモバイルバッテリーの高速充電に対応したポートで、何かと手放せないスマホをとりあえず充電しながらパソコンの横においておけるのは、便利ですよね。

Ameki USB3.0ハブ 4ポート

1,000円という価格帯で最もAmazonで評価が高かったものがこちらの製品。質素なデザインが印象的なこちらの製品は、バスパワー方式で4ポートを増設できます。コード側にmicroUSBを接続できる差し込み口があるので、スマホの充電にも使用できるという便利さが目を引きます。

Ueznirn USB3.0 ハブ

少ないポート数かつセルフパワー方式のUSBハブの魅力は、何と言っても「どんなUSB機器をいくつ接続しても全てのポートがたいていしっかり機能する」という安定感。使用したいUSBポートが足りなくなった時、「とりあえずポート数の多い安定感のあるもの」を購入したいと誰もが考えますが、安かろう悪かろうの傾向が強いUSBハブは、ポート数と安定感の両方を求めると粗悪品を引きがちです。

しかし、「何本USBポートがプラスで欲しい」とある程度決まっているのであれば、この製品のようにポート数の少ないセルフパワー方式のUSBハブが、価格も抑えられて動作も安定感があっておすすめです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。USBハブは価格も機能も探していれば色々なものがありますよね。しかし、その中で何を判断基準として自分に合ったものを見つけ出せばいいか、迷っていた方も多いかと思います。この記事では、そんな方に向けて最もおすすめできるUSBハブを5つに絞ってご紹介していきました。皆さんの参考になりましたら幸いです。


  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでmoovooをフォロー!