Culture

本物の魚みたい! 自動で泳ぐ「電動ルアー」を釣りプロが使ってみた【動画ライター】

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がbouncyに還元されることがあります。

こんにちは!プロアングラーのハザーです。

今回特殊な構造で、水中に入れると自動でプロペラが動き、自らルアーが泳ぎまわる、今まで僕が見たことないルアーを手に入れました。

プロはあまり使わないルアーですが、しっかりレビューしたいと思います!

独特な顔つきをした電動ルアー

水中に入ると本物の魚みたいに見えます!

プラス・マイナス極がついた特殊なUSBケーブルが同梱されています。

ルアー上部に赤い端子、下部に黒い端子の順番で挟みましょう。

実際どれくらいの時間使えるのか気になります。

釣りに行きます!

専用ケースも付属で便利

専用ケースにすべて入るので、カバンに入れて持ち運びもしやすいです。

付属のウキで、遠くに投げても水深を​​​​調整できます。

色も派手なので遠くに投げてもどこでルアーが泳いでいるのか確認できます。

予想以上に水中でルアーが暴れ回る

なかなか癖のある動きでうねうねしています。

水面から見ると魚と見間違えるほどの動きです。

モーター音は強めで、水中からけっこう音が響いて聞こえました。

気になるところへ投げていきます。

ウキもしっかりと確認できます。

魚が寄ってきました! 食ってきたが針にかからず……

食いつきすらしないと思っていたのでびっくりしました。

実際に使ってみた感想

魚は釣れませんでしたが、思っていた以上に魚からの反応がありました!

魚からすると、クルクルと同じ方向にルアーが回り続けるアクションに違和感があったはずです。

その変わった動きが逆に魚の興味をひき、食べにきたのかもしれません。

しかし、自分でアクションをつけてルアーをどう操るかが、ルアー釣りの醍醐味ともいえます。勝手に動く電動ルアーでは、その醍醐味は味わえないのは個人的に残念ですね。

電動で動き回るので、自分の意思とは違うところにルアーが根がかるリスクもあるかと思います。

バッテリーは、2時間充電して30分ほど持ちました。もう少し長く使えればうれしかったです。

いろんな性格の魚がいるので、このルアーで釣り上げられる魚もいるかもしれません。

電動ルアーが新たな魚と出会わせてくれるかも?

CREDIT
Videographer / Writer / Cast :ハザー
Support :のだ ゆうた

RECOMMEND

PAGE TOP