年末恒例!!UZUのベストバイ2021 トップ10発表‼︎【UZUMAX電気店】

幾島
2022-01-14

今回はUZUさんに2021年に購入したものの中から、お気に入りの商品トップ10を紹介していただきます!動画と合わせてぜひご覧ください!


元家電量販店員のYouTuber
UZUMAX
登録者数9万3千人を超えるYouTubeチャンネル「UZUMAX」を2010年から運営。元家電量販店の副店長。その経験と知識を活かして、カメラや家電・テレビのほか、ゲームのレビュー動画も数多く投稿しています。

第10位 GoPro HERO10 Black

PICK UP! 
  • GoPro
  • GoPro HERO10 Black

  • 税込み72,800円
  • パワフルになったGoPro

  • パワー、速さ、使いやすさが進化したGoPro。新しいGP2プロセッサーを搭載し、従来の2倍のフレームレートでの5.3Kビデオの撮影や、23MP写真の撮影が可能です。

テレビの撮影にも使われるほどメジャーなカメラになったGoPro。動作がキビキビとしており、安心感のある使い勝手がお気に入りのポイントです。

旧モデルがGoPro HERO9からほとんど進化が見られなかったことが、今回10位という結果になった理由とのことです。

第9位 TIMEMORE コーヒーグラインダー C2

PICK UP!
  • TIMEMORE
  • コーヒーグラインダー

  • 税込み13,200円
  • コンパクトなコーヒーミル

  • ダイヤルのにより粒の細かさを36段階で調節でき、ハンドドリップ、フレンチプレス、エスプレッソなど様々なコーヒーが楽しめます。ボディがスリムで、持ちやすいデザインもポイントです。

今回のランキングで唯一電化製品ではないこちらのコーヒーグラインダー。コーヒーが好きなUZUさんは
、たまには豆を挽く工程からコーヒーを楽しみたいということで購入したそうです。

第8位 povo 2,0

PICK UP!
  • povo
  • povo 2.0

  • 基本料ゼロ円から利用できるキャリアサービス

  • オンラインでSIMを購入し、自身で用意した端末で使用するキャリアサービスです。基本料ゼロ円から利用でき、それぞれユーザーに合わせたトッピングが選択できます。

8位にはauの新料金サービスのpovo2.0がランクイン。自分が使いたい分のデータ容量を購入し、足りなくなったら追加して金額を払うというシステムが明確になっている点が使いやすいポイントとのことです。

第7位 ゼンハイザー MKE 200

PICK UP!
  • ゼンハイザー
  • ゼンハイザー MKE 200

  • 税込み12,870円
  • 動画撮影におすすめの小型マイク

  • カメラやスマートフォンに接続して使用する小型マイク。簡単に高音質でクリアなサウンドで録音ができます。

UZUさんが今回の撮影でも実際に使用している小型マイク。デザインとコスパが良いのが魅力です。

第6位 Canon RF 16mmF2.8 STM

PICK UP!
  • Canon
  • RF 16mmF2.8 STM

  • 税込み45,127円
  • コスパ抜群の万能レンズ

  • 焦点距離16mmの超広角を生かし、複数人での自撮りや、撮影スペースの限られた室内での撮影などに対応します。また被写界深度が深く、遠くの景色までピントを合わせることが可能です。

発売して間もないレンズですが、UZUさんは愛用しているそう。価格の安いレンズで、細かい描写力の性能はそこまで高くないですが、動画も写真もSNSに投稿するためであれば十分な画質があります。

UZUさんは既に持っていた50mmの単焦点レンズと合わせて使うことで、ある程度のことがこなせているといいます。

第5位 Apple AirPods

PICK UP!
  • Apple
  • AirPods

  • 税込み22,838円
  • 耳にフィットする新しいデザインが魅力

  • 第3世代のAirPodsは、より耳にフィットするデザインが魅力。便利な感圧センサーで再生、一時停止、早送りといった操作や、電話への応答などができます。1回の充電で最大6時間の再生が可能です。

Apple製品と合わせて使うのにレスポンスが良いことが魅力。耳の中に押し込んで使うのではなく、乗っけるだけで使えるので圧迫感がなく、作業中や映像を見ているときも耳が疲れにくいでしょう。

UZUさんは音楽をしっかり聴きたいときや、周りが騒がしい電車の中などではTechnicsのイヤホンを使用しているそうです。

第4位 RODE Wireless Go

PICK UP!
  • RODE
  • Wireless Go

  • 税込み34,000円
  • コンパクトなのにクリアな音が録れる

  • 洋服などに取り付けて使用できるワイヤレスマイク。送信機と受信機の重量はそれぞれわずか31gと非常に軽く、持ち運びや装着に便利です。

カメラから離れたところでもこのマイクによって均一に音が取り込めます。UZUさんは一人で動画撮影をする際に重宝しているとのこと。

第3位 Apple iPad Pro

PICK UP!
  • Apple
  • iPad Pro 12.9インチ (Wi-Fi, 128GB)

  • 税込み129,800円〜
  • Apple M1チップ搭載!さらにパワフルになったiPad

  • Apple M1チップを搭載し、パフォーマンスとグラフィックスのスピードが上がりました。ディスプレイには高い輝度を実現するために、10,000個以上のミニLEDが採用されより鮮やかな映像が楽しめます。

もともと11インチのiPad Proを使っていたというUZUさん。絵を描くことをメインに考えて12.9インチを購入したそうです。画面が広くなったことで漫画やイラストを描きやすくなりました。

3位となった理由は、絵や動画を制作する中でM1チップの恩恵があまり受けられていないと感じるからとのことでした。

第2位 Canon RF15-35mmF2.8 L USM

PICK UP!
  • Canon
  • RF15-35mmF2.8 L USM

  • 税込み290,000円(楽天価格)
  • 幅広い撮影に対応できる万能ズームレンズ

  • 最大撮影倍率0.5倍のハーフマクロ撮影が行える、コンパクトな広角・単焦点レンズ。開放F1.8の明るさと9枚羽根の円形絞りで、美しいボケ味を表現します。

一番使用率の高いというCanonのRF15-35mmF2.8 L USM。今回の撮影でも使用しています。超広角・広角レンズは自宅で動画を撮る際に最適なだけでなく、星空の撮影などにも使えました。ズームレンズ一本でさまざまな撮影に対応できるのは非常に便利とのことです。

第1位 Apple MacBook Pro14

PICK UP!
  • Apple
  • MacBook Pro 14インチ

  • 税込み230,111円
  • 2021年10月発売のMacBook Pro新モデル

  • 新しくM1 Maxチップを搭載し、CPU・GPU・機械学習の性能が格段に向上。ディスプレイはLiquid Retina XDR、動画編集にぴったりのノートPCです。

使い方によってはiPad Pro12.9インチと被るところもありますが、動画編集やメールのやりとりではやはりMacBook Pro14の使い勝手が良いそう。

新しいMacBookでは外部端子が増えておりモニター接続やUSBの接続がより楽になったところが大きな魅力とのことです。また動画や写真の編集作業をする中でM1チップの性能を実感できたという点も評価のポイントの一つになっています。

まとめ

いかがでしたか?今回はUZUさんの2021年ベストバイをご紹介しました。さまざまなアイテムが登場したので、ぜひ参考にしてみてください!

HOME

>

グッズ

>

年末恒例!!UZUのベストバイ2021 トップ10発表‼︎【UZUMAX電気店】


  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!