Culture

日本から発信! 体内に埋め込むマイクロチップカルチャー【動画ライター】

世界的に体内埋め込み式のマイクロチップに対する関心は非常に高い。その理由は、日常生活のデジタル化が進み、自宅や車のカギ、キャッシュレス、各種のパスワードなど、マイクロチップで管理できれば、格段に便利になるものが増えてきているからだ。

そのため、マイクロチップについての国際会議やミーティングイベントなどが、パンデミック以前には頻繁に開催されていた。

日本はかなり立ち遅れていたが、それでもマイクロチップに特化したイベントも行われるようになっている。

今回は、2019年11月、六本木にある「ハッカーズバー」で開催されたマイクロチップのイベント「ボディハッカー・ミートアップ」の現場からお送りする。

「ボディハッカー・ミートアップ」
主催:青木大登 (Twitter:@_ha0k_

2019年11月、六本木ハッカーズバーでマイクロチップイベントが開催された。主催者の青木大登さんは、改造人間ラス・フォックスとの出会いがきっかけでチップに興味を持ったという。

オースティンのボディハッキング国際会議を体験

今回のイベントを企画した青木大登さんがマイクロチップに興味を持ったのは、2019年1月、「サイボーグになりたい」改造人間ラス・フォックスの初来日がきっかけだったという。

その翌月、青木さんは友達の河野通就さんとアメリカ・オースティンで行われたボディハッキング国際会議に参加し、マイクロチップを埋め込んだ。

2019年1月、ラス・フォックス初来日は、リアルな身体改造カルチャーを知る貴重なチャンスとなった。青木さん(中央)と友達の河野さん(左)は、翌月にはオースティンの国際会議に参加し、チップを埋め込んだ。

青木さんは、NFC対応の南京錠をマイクロチップで開閉したり、ドアに設置可能な電子ロックを自分のチップでテストした。河野さんは、自分のパソコンをチップで起動してみせた。2人はネット配信番組にも出演した。

自分のチップでパソコンを起動する河野さん。

マイクロチップの仕組みについての専門的なレクチャー

六本木ハッカーズバーは、コンピュータを専門とする技術スタッフがお客さんのオーダーで目の前でプログラムを作ってみせるというコンセプトバー。常連の間でもマイクロチップへの関心は高く、イベントは満席になった。

青木さんは、マイクロチップの仕組み、書き換えアプリの使い方、データ読み取り用リーダーなどを解説した。

ハッカーズバーならではの専門的な内容だが、チップの仕組みがわかるとコンピュータマニアたちも飛びついて来るだろう。

青木さんは東京大学博士課程で人間拡張学を専攻しており、「機能を持ったデバイスを自分で試してみたい」という。

青木さんは、コンピュータスキルと語学力を兼ね備え、ボディハッキングの最新事情にも詳しい。

・ ・ ・


日本からも新しいボディハッキング・ムーブメントが始まっているのだ。

若い才能よ、来たれ!

CREDIT
Videographer / Writer / Cast :ケロッピー前田
Support :のだ ゆうた

RECOMMEND

PAGE TOP