【接写モンスター】広角から超望遠、驚異の世界最大16.6倍Zoom(APS-C対応)、タムロン「18-300mm F/3.5-6.3 Di III-A VC VXD」で激写した!【UZUMAX電気店】

2021-10-01

あしかがフラワーパークに訪れたUZUさん。今回はタムロンから新しく発売されたレンズ「18-300mm F/3.5-6.3 Di III-A VC VXD」を使用してさまざまな写真を撮りながら、その魅力を紹介します。動画と合わせてぜひご覧ください!


元家電量販店員のYouTuber
UZUMAX
登録者数9万3千人を超えるYouTubeチャンネル「UZUMAX」を2010年から運営。元家電量販店の副店長。その経験と知識を活かして、カメラや家電・テレビのほか、ゲームのレビュー動画も数多く投稿しています。

今回ご紹介するのはこちら

PICK UP!
  • TAMRON
  • 18-300mm F/3.5-6.3 Di III-A VC VXD

  • 税込み82,500円
  • 超望遠から広角まで!接写に強い万能レンズ

  • APS-Cサイズミラーレス一眼カメラに対応したソニー Eマウント・富士フイルムXマウント用の高倍率ズームレンズです。焦点距離は、35mm判換算で27-450mm相当と、超望遠から広角まで幅広いシーンで使えます。最短撮影距離におけるワーキングディスタンスは5mmで、接写撮影が存分に楽しめます。

サイズ感をチェック 

0:40

UZUさんは今回SONYのα6600に装着して使用しています。レンズの長さは125.6mm、重さは620gです。

接写に強い!被写体に近づいて撮影できる

接写が強いのがこのレンズの特徴です。最短撮影距離におけるワーキングディスタンスは5mmで、接写撮影が存分に楽しめます。

1:05

フードに被写体がほとんど当たるくらいの近距離でもピントが合いました。

あらゆる被写体に、思う存分近づいて撮影ができるので表現の幅が広がるでしょう。

遠くの被写体もしっかり撮れる

望遠を使って、被写体から離れた場所からの撮影にも挑戦しました。レンズ一本で手軽に450mm相当の望遠の撮影が可能です。

絞り値を変えて撮影してみた

絞り値を変えて映り方の違いをチェックしてみました。

F 3.5で撮影

F 8.0で撮影

まとめ

タムロン「18-300mm F/3.5-6.3 Di III-A VC VXD」の大きな魅力は焦点距離の幅が広く、接写に強いこと。描写力もあり、レンズ一本で幅広い焦点距離をカバーできるので、旅行レンズとしてぴったりです。超高倍率ズームレンズでありながら、これ一本で近くに寄る撮影も引きの撮影もどちらも十分にこなせます。

今回UZUさんが使用したのはSONYのEマウント用レンズ。富士フィルムのXマウント用も発売されるのでぜひチェックしてみてください。

HOME

>

グッズ

>

【接写モンスター】広角から超望遠、驚異の世界最大16.6倍Zoom(APS-C対応)、タムロン「18-300mm F/3.5-6.3 Di III-A VC VXD」で激写した!【UZUMAX電気店】


  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!