8K60p入力対応ホームプロジェクター、11月下旬に発売 JVCケンウッド

Moovoo編集部
2021-10-08

JVCケンウッドは、8K60p入力に対応したホームプロジェクターを、11月下旬に発売する。最上位から入門機までレンズなどが異なる3モデルをラインナップ。

独自のレーザー光源技術「BLU-Escent」を採用することで、高輝度と約20,000時間の長寿命を両立している。また、HDRの最新規格「HDR10+」にも対応し、映像制作者の意図を忠実に再現した映像を映し出せるという。


新開発「8K/e-shiftX」を搭載し、8K(8192×4320画素)解像度表示の再現能力が向上 (JVCケンウッド「DLA-V90R」「DLA-V80R」)

同社によると、8K60p入力に対応したホームシアター向けプロジェクターは「世界初」。ネット動画配信やゲームでも4K・8K対応のコンテンツが広がりつつある中、市場ニーズに応える狙いがあるという。

発売される3モデルは以下。

最上位モデル「DLA-V90R」
希望小売価格:275万円(税込)/シフト方向を4方向とした新開発「8K/e-shiftX」、大口径100mmのオールガラスレンズを搭載

ミドルモデル「DLA-V80R」
希望小売価格:165万円(税込)/口径65mmのレンズを搭載。レンズ以外の主要機能は「DLA-V90R」と共通

入門モデル「DLA-V70R」
希望小売価格:125万円(税込)/従来方式の「8K/e-shift」テクノロジーとレーザー光源を搭載

こちらの記事もおすすめです

HOME

>

家電

>

8K60p入力対応ホームプロジェクター、11月下旬に発売 JVCケンウッド


  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!