〈プロ解説〉安いゲーミングチェアおすすめ11選 3万円台以下で機能充実

アツポン(ゲーミングチェア専門サイト運営者)
2022-09-23

ゲーマーだけでなく、在宅ワーカーからも人気が高いゲーミングチェア。大手ブランドの価格相場は5万〜7万円です。一方、2万〜3万円で販売されている中にもコスパの高い商品があります。

数多くの格安ブランドから安いゲーミングチェアが販売されていますが、品質面で不安もありますよね。そこで今回は安いゲーミングチェアの選び方や、1万〜3万円台のおすすめ商品について解説します。

ゲーミングチェア専門サイト運営者
アツポン
ゲーミングチェア専門サイト「Gamingchair Geek」を運営。ゲーミングチェアやゲーム部屋に関する情報を発信しています。ゲーミングチェアに1日12時間以上座ることも。Yahoo!ニュースをはじめとして各種メディアでの記事掲載実績も多数あります。

おすすめ・人気商品をまずは一覧で

安いゲーミングチェア選びのポイントまとめ
※上下左右にスクロールできます

外観

商品名

特長

全体サイズ

座面サイズ

背もたれの高さ

重量

素材

Amazonで見る

【筆者おすすめ】GTRACING プロ シリーズ GT002

頭部、肩部、腰部をしっかりホールド

幅67.31×奥行51.15×高さ120.65〜132.08cm

記載未確認

記載未確認

約22.18kg

PUレザー

Amazonで見る

【筆者おすすめ】DXRacer FORMULAシリーズ DXR V2

蒸れにくいファブリック生地を使用

幅72×奥行72×高さ121〜131cm

幅38×奥行44cm

84cm

22.3kg

ファブリック

Amazonで見る

【筆者おすすめ】EXRACING スタンダードモデル EX-001

仕事部屋にもなじむオールブラックが魅力

幅66×奥行63×高さ131cm

幅38×奥行55cm

82cm

記載未確認

PUレザー

Amazonで見る

【筆者おすすめ】PAXTON 仕事用ゲーミングチェア PAXTON(オットマンなし)

インテリアになじむ落ち着いたデザイン

約幅65×奥行63×高さ117〜129cm

幅52×奥行54.5cm

81.5cm

約18.8kg

PUレザー

Amazonで見る

アローン ALG-GMC

日本メーカーの縫製技術による仕上がり

高さ124×幅67×奥行67cm

奥行53.5cm

90cm

約27kg

PUレザー

Amazonで見る

サンワサプライ 150-SNCL016

キャスターを柔軟にカスタマイズ

高さ127〜137×幅70.5×奥行70cm

奥行45.5cm

83cm

18.5kg

PUレザー・ウレタン

Amazonで見る

バウヒュッテ G-510

場所をとりにくいコンパクト設計

高さ87〜92.5×幅65×奥行71.5cm

幅35.5cm

記載未確認

約14.2kg

ポリエステル・ウレタン

Amazonで見る

不二貿易 ゲーミングチェア レイズ

パンチングPUレザーで通気性向上

高さ118〜125.5×幅68.5×奥行65.5cm

幅53×奥行56cm

75cm(座面からの高さ)

17.4kg

PUレザー・ウレタン

Amazonで見る

バウヒュッテ BHB-650

座椅子派におすすめのソファ型

約高さ64×幅65×奥行80cm

記載未確認

記載未確認

約5kg

ポリエステル・ウレタン

Amazonで見る

バウヒュッテ RS-950RR

進化を続けるロングセラー

高さ119〜126.5×幅74×奥行67cm

幅37cm

記載未確認

21.1kg

ポリエステル・ウレタン

Amazonで見る

バウヒュッテ LOC-950RR

こたつやローテーブルとの相性良し

高さ33.5〜96.5×幅74×奥行54.5cm

幅53cm

82cm(座面からの高さ)

17.5kg

ポリエステル・ウレタン

安いゲーミングチェア、その理由は?

Photo by iStock

アツポン

ポイント解説

まずは、安く販売されているゲーミングチェアの特徴や、低価格の理由について解説します。

安い理由① 広告宣伝費を削減

最近ではゲーミングチェアのテレビCMや、YouTubeなどでの紹介を見かけることがありますよね。一部のブランドでは商品の認知度を高めるため宣伝に注力していますが、安いゲーミングチェアを販売しているブランドは広告宣伝費を抑えることで、販売価格を安く設定しています。

コスパの高いゲーミングチェアが欲しいなら、ブランド選びにも気をつけましょう。

安い理由② 販売ルートがネット限定

オンラインショッピング E ビジネス デジタルテクノロジーコンセプト

Photo by iStock

Amazonや楽天でゲーミングチェアを探すと、実店舗では見たことがないブランドが数多くあります。それらは販売手段をAmazonや楽天などのECサイトに絞ることで、低コストで安い価格を実現した格安ブランドです。

しかし、格安ブランドの中には品質や機能が劣った製品があるのも事実。価格の安さだけでなく、機能面も重視して選びましょう。

安い理由③ 機能の簡素化

コンピューター・チェアプロフェッショナルシリーズ。整形外科椅子

Photo by iStock

ゲーミングチェアを探すと、極端に安い1万円程度の製品も見つかります。実はゲーミングチェアには明確な定義がなく、簡素な機能のイスを「ゲーミングチェア」とうたって販売しているケースも散見されます。

少なくともゲーミングチェアとして最低限の必須機能を搭載した製品を購入しましょう。ゲーミングチェアの標準機能は以下のとおりです。

  • ヘッドレスト(枕)
  • ランバーサポート(腰当て)
  • 可動式のアームレスト(肘置き)
  • リクライニング機能
アツポン

ポイント解説

この記事では標準機能を備えた、コスパの良いゲーミングチェアを紹介していくので、参考にしてください。

安いゲーミングチェアの選び方

アツポン

ポイント解説

続いて、安いゲーミングチェアを選ぶ際に注目したいポイントを3つご紹介します。

① 素材|ファブリック製のほうが安い傾向

筆者撮影

ゲーミングチェアの素材は、主にPUレザーファブリックの2種類です。素材の価格もあり、PUレザー製よりもファブリック製のほうが安い傾向があります。

そのため、大手ブランドの製品を安く買いたいなら、ファブリック製がおすすめ。たとえば、AKRacing(エーケーレーシング)ならWolfDXRacer(ディーエックスレーサー)ならDXRが、大手ブランド内での最安価格のモデルとなっています。

PUレザー製のほうが好みの場合は、GTRACING(ジーティーレーシング)などの全般的に価格が低いブランドから選ぶとよいでしょう。

② 機能|標準機能があると満足度アップ

筆者撮影

安いゲーミングチェアを買う場合も機能は妥協すべきではありません。ヘッドレスト、ランバーサポート、アームレスト、リクライニングなどはゲーミングチェアの標準的な機能です。

長時間のパソコン作業やゲームでも疲れにくく、腰痛対策にもなります。休憩時にリクライニングを倒してリラックスできることもゲーミングチェアには必須です。標準的な機能と低価格を両立させた製品を購入しましょう。

③ ブランド|人気や販売実績で選ぶ

価格の安さだけでゲーミングチェアを探すと、さまざまな無名ブランドが出てきます。しかし、国内での人気や販売実績も踏まえて選びたいですよね。

筆者が運営するGamingchair Geekで210名のユーザーに行った調査では、AKRacingに次いで、格安ブランドのGTRACINGが人気という結果でした。GTRACINGはAmazonで売れ筋ランキング上位の標準モデル「GT002」を扱っていて、コスパ重視なら最有力な選択肢です。

アツポン

ポイント解説

中には、知名度が高くなくてもeスポーツ大会での採用実績があるなど、高品質でコスパの良い商品を販売しているブランドも。記事後半のおすすめ商品でも紹介しています。

ゲーミングチェアをお得に買うには?

アツポン

ポイント解説

最後に、ゲーミングチェアをお得に買う方法について紹介します。

Amazonのセール時期を狙う

ベクトルイラストブラックフライデーセールオファーネオンバナー

Photo by iStock

ゲーミングチェアは、セール時期に20%オフ程度で販売されることが多くあります。中でもAKRacingGTRACINGなどは、Amazonでセール対象になりやすく、大型セールのプライムデーやブラックフライデーなどが特に狙い目です。

もしも欲しい商品が決まっている場合、Keepaなどのツールを使うと、Amazonの過去のセールでいくらまで安くなったかといった情報を得ることができます。

公式サイトのクーポンを利用

スマートフォンの小売店クーポン

Photo by iStock

ブランドによっては公式の販売サイトがあり、割引クーポンが発行されることがあります。特にDXRacerGTRACINGは、たびたび先着順や期間限定のクーポンを発行しています。クーポンを使うと、セール時期を待たずにお手頃な価格で買えますよ。

アツポン

ポイント解説

ブランドのTwitter公式アカウントなどをフォローしていると、クーポン発行やセールの告知があります。欲しい商品が対象にならないか、ぜひチェックしてみてください。

続いては、筆者が選ぶ安いゲーミングチェア4選

アツポンさんおすすめ①
  • GTRACING
  • プロ シリーズ GT002

  • 税込み18,600円(Amazon)
  • 頭部、肩部、腰部をしっかりホールド

アツポン

おすすめポイント

コスパのよさで選ぶならGTRACINGがおすすめです。2万円台の製品が多く、スタンダードなモデルの「GT002」は特に人気。Amazonのゲーミングチェア売れ筋ランキングでも上位をキープしている定番商品です。

最大165度までリクライニングでき、前後に揺れるロッキング機能も搭載。ヘッドレストやランバーサポートで、長時間座っても疲れにくい体勢をサポートします。アームレストは上下8cmの昇降に対応し、多段階の高さ調節が可能です。
プロ シリーズ GT002
全体サイズ:幅67.31×奥行51.15×高さ120.65〜132.08cm
座面サイズ:記載未確認
背もたれの高さ:記載未確認
重量:約22.18kg
素材:PUレザー
アツポンさんおすすめ②
  • DXRacer
  • FORMULAシリーズ DXR V2

  • 税込み32,780円(Amazon)
  • 蒸れにくいファブリック生地を使用

アツポン

おすすめポイント

ゲーミングチェアの老舗ブランドといえば、AKRacingとDXRacer。この2大ブランドの中で特に安い製品がDXRacerの「DXR」です。

ゲーミングチェアの標準機能を備えながら、ファブリック製のスタンダードモデルとして約3万円で購入可能。よくわからない無名ブランドの商品を買うくらいなら、DXRacerの最安モデルを視野に入れるのがおすすめですよ。
FORMULAシリーズ DXR V2
全体サイズ:幅72×奥行72×高さ121〜131cm
座面サイズ:幅38×奥行44cm
背もたれの高さ:84cm
重量:22.3kg
素材:ファブリック
アツポンさんおすすめ③
  • EXRACING
  • スタンダードモデル EX-001

  • 税込み21,800円(Amazon)
  • 仕事部屋にもなじむオールブラックが魅力

アツポン

おすすめポイント

EXRACINGはブランドの認知度では他ブランドに劣るものの、機能と価格のバランスがとれた低価格なゲーミングチェアを販売しています。国内のeスポーツ大会にも採用された実績があります。

安いゲーミングチェアは意外とオールブラックのモデルが少ないのですが、「EX-001」のブラックは全面が黒の渋いデザインで、仕事部屋にも適しています。
スタンダードモデル EX-001
全体サイズ:幅66×奥行63×高さ131cm
座面サイズ:幅38×奥行55cm
背もたれの高さ:82cm
重量:記載未確認
素材:PUレザー
アツポンさんおすすめ④
  • PAXTON
  • 仕事用ゲーミングチェア PAXTON(オットマンなし)

  • 税込み24,800円(Amazon)
  • インテリアになじむ落ち着いたデザイン

アツポン

おすすめポイント

最近は仕事にゲーミングチェアを使う在宅ワーカーが増えています。機能的なイスを、オフィスチェアよりも安く買えるのが理由の1つ。そのようなニーズにあわせて、仕事用ゲーミングチェアとして登場したのが「PAXTON」です。

オンライン会議で映り込んでも違和感のない落ち着いたデザイン、長時間のパソコン作業でも蒸れにくいメッシュ素材を採用しています。収納可能なオットマン(フットレスト)の有無を選べます。
仕事用ゲーミングチェア PAXTON(オットマンなし)
全体サイズ:約幅65×奥行63×高さ117〜129cm
座面サイズ:幅52×奥行54.5cm
背もたれの高さ:81.5cm
重量:約18.8kg
素材:PUレザー

〈編集部PICK UP〉安いゲーミングチェア、人気メーカーの売れ筋商品

女性顔イラスト(検証コメント用)

Moovoo編集部

3万円台までの低価格なゲーミングチェアの中でも、ECサイトなどで人気の商品をご紹介します。ぜひ参考にしてください。
PICK UP①
  • アローン
  • ALG-GMC

  • 税込み23,220円(Amazon)
  • 日本メーカーの縫製技術による仕上がり

  • 日本メーカーならではの縫製技術により、「たるみのない美しい生地の張りを実現した」とうたう商品。座面にはPUレザーを採用しており、お手入れが簡単なのも魅力です。165度までの無段階リクライニングが可能なので、リラックスしたいシーンで重宝するでしょう。

    アームレストは高さだけでなく、前後左右にも位置調節ができます。耐荷重は110kg。カラーはホワイト、ブラック、レッド、ブルーの4色展開です。

全体サイズ:高さ124×幅67×奥行67cm
座面サイズ:奥行53.5cm
背もたれの高さ:90cm
重量:約27kg
素材:PUレザー
PICK UP②
  • サンワサプライ
  • 150-SNCL016

  • 税込み19,800円(Amazon)
  • キャスターを柔軟にカスタマイズ

  • キャスターを同メーカーの別仕様製品に交換できるチェアです。デフォルトのキャスターはウレタン製で直径50mmのものですが、ナイロン製のものや、ストッパー付き、静音仕様、大型タイプといった仕様にカスタマイズできます。

    チェア自体も、150度まで多段階角度調整ができるリクライニング機能のほか、座面と背が連動する20度のロッキング機能を備えています。高密度ウレタンを採用した、型崩れしにくい座面も特徴です。

全体サイズ:高さ127〜137×幅70.5×奥行70cm
座面サイズ:奥行45.5cm
背もたれの高さ:83cm
重量:18.5kg
素材:PUレザー・ウレタン
PICK UP③
  • バウヒュッテ
  • G-510

  • 税込み14,410円(Amazon)
  • 場所をとりにくいコンパクト設計

  • 高さが87〜92.5cm、座面の高さが39.5~45cmとコンパクトな設計。メーカーによる推奨身長は154〜177cmとなっており、比較的小柄な方にも対応しています。

    背もたれにはメッシュ、シートにはファブリックが使われており、通気性に配慮されています。アームレストは付属しませんが、同メーカーの別売りのものを後付け可能です。ブラック、ブルー、レッド、グリーンの4色展開。

全体サイズ:高さ87〜92.5×幅65×奥行71.5cm
座面サイズ:幅35.5cm
背もたれの高さ:記載未確認
重量:約14.2kg
素材:ポリエステル・ウレタン
PICK UP④
  • 不二貿易
  • ゲーミングチェア レイズ

  • 税込み16,085円(Amazon)
  • パンチングPUレザーで通気性向上

  • 座面張り材のPUレザーに、パンチングと呼ばれる穴を開ける加工を施すことで、高級感と蒸れにくさの両立を目指したモデル。背面にはメッシュを使い通気性をさらにアップ。

    130度までの無段階リクライニングと、高さ15.5〜26cmの間で調節できるアームレストが備わっています。耐荷重は80kgと、比較的小さめです。

全体サイズ:高さ118〜125.5×幅68.5×奥行65.5cm
座面サイズ:幅53×奥行56cm
背もたれの高さ:75cm(座面からの高さ)
重量:17.4kg
素材:PUレザー・ウレタン
PICK UP⑤
  • バウヒュッテ
  • BHB-650

  • 税込み26,556円(Amazon)
  • 座椅子派におすすめのソファ型

  • 座椅子派の人におすすめの、ソファ型のチェア。高さ64cmとコンパクトなので、狭い部屋に置いても圧迫感を与えにくい点が魅力。重さは約5kgと比較的軽く、2か所に取っ手が付いていて移動も簡単です。

    カバーにはなめらかな肌触りのベロア生地を採用。本体右側には、スマホやリモコンを収納できるポケットが搭載されています。リクライニングには対応していません。

全体サイズ:約高さ64×幅65×奥行80cm
座面サイズ:記載未確認
背もたれの高さ:記載未確認
重量:約5kg
素材:ポリエステル・ウレタン
PICK UP⑥
  • バウヒュッテ
  • RS-950RR

  • 税込み32,561円(Amazon)
  • 進化を続けるロングセラー

  • バウヒュッテのロングセラーモデルです。ランバーサポートは中央に凹みがある特徴的な形状。両サイドの盛り上がりで脇腹が固定され、正しい姿勢で座りやすくなっています。

    別売りのオットマンと組み合わせれば、足を伸ばしてリラックスが可能。チェアの移動しやすさを重視し、キャスターにはロック機能がついていません。上下前後左右に動くアームレストがついており、シーンや用途に合わせて調整が可能です。

全体サイズ:高さ119〜126.5×幅74×奥行67cm
座面サイズ:幅37cm
背もたれの高さ:記載未確認
重量:21.1kg
素材:ポリエステル・ウレタン
PICK UP⑦
  • バウヒュッテ
  • LOC-950RR

  • 税込み32,756円(Amazon)
  • こたつやローテーブルとの相性良し

  • 畳の部屋にもおすすめできるゲーミング座椅子です。キャスター付きで移動が簡単なので、デスクとの距離も調整しやすいですよ。

    最大180度のフルリクライニング設計。アームレストは上下前後左右の調節ができます。ブラック、レッド、ブルーの3色展開。耐荷重は100kgです。

全体サイズ:高さ33.5〜96.5×幅74×奥行54.5cm
座面サイズ:幅53cm
背もたれの高さ:82cm(座面からの高さ)
重量:17.5kg
素材:ポリエステル・ウレタン
※上下左右にスクロールできます

外観

商品名

特長

全体サイズ

座面サイズ

背もたれの高さ

重量

素材

Amazonで見る

【筆者おすすめ】GTRACING プロ シリーズ GT002

頭部、肩部、腰部をしっかりホールド

幅67.31×奥行51.15×高さ120.65〜132.08cm

記載未確認

記載未確認

約22.18kg

PUレザー

Amazonで見る

【筆者おすすめ】DXRacer FORMULAシリーズ DXR V2

蒸れにくいファブリック生地を使用

幅72×奥行72×高さ121〜131cm

幅38×奥行44cm

84cm

22.3kg

ファブリック

Amazonで見る

【筆者おすすめ】EXRACING スタンダードモデル EX-001

仕事部屋にもなじむオールブラックが魅力

幅66×奥行63×高さ131cm

幅38×奥行55cm

82cm

記載未確認

PUレザー

Amazonで見る

【筆者おすすめ】PAXTON 仕事用ゲーミングチェア PAXTON(オットマンなし)

インテリアになじむ落ち着いたデザイン

約幅65×奥行63×高さ117〜129cm

幅52×奥行54.5cm

81.5cm

約18.8kg

PUレザー

Amazonで見る

アローン ALG-GMC

日本メーカーの縫製技術による仕上がり

高さ124×幅67×奥行67cm

奥行53.5cm

90cm

約27kg

PUレザー

Amazonで見る

サンワサプライ 150-SNCL016

キャスターを柔軟にカスタマイズ

高さ127〜137×幅70.5×奥行70cm

奥行45.5cm

83cm

18.5kg

PUレザー・ウレタン

Amazonで見る

バウヒュッテ G-510

場所をとりにくいコンパクト設計

高さ87〜92.5×幅65×奥行71.5cm

幅35.5cm

記載未確認

約14.2kg

ポリエステル・ウレタン

Amazonで見る

不二貿易 ゲーミングチェア レイズ

パンチングPUレザーで通気性向上

高さ118〜125.5×幅68.5×奥行65.5cm

幅53×奥行56cm

75cm(座面からの高さ)

17.4kg

PUレザー・ウレタン

Amazonで見る

バウヒュッテ BHB-650

座椅子派におすすめのソファ型

約高さ64×幅65×奥行80cm

記載未確認

記載未確認

約5kg

ポリエステル・ウレタン

Amazonで見る

バウヒュッテ RS-950RR

進化を続けるロングセラー

高さ119〜126.5×幅74×奥行67cm

幅37cm

記載未確認

21.1kg

ポリエステル・ウレタン

Amazonで見る

バウヒュッテ LOC-950RR

こたつやローテーブルとの相性良し

高さ33.5〜96.5×幅74×奥行54.5cm

幅53cm

82cm(座面からの高さ)

17.5kg

ポリエステル・ウレタン

ゲーミングチェアの人気売れ筋ランキング

こちらの記事もどうぞ

HOME

>

グッズ

>

〈プロ解説〉安いゲーミングチェアおすすめ11選 3万円台以下で機能充実


  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!