HOME

>

グッズ

>

【PS5発売】PS5遊んでみた!!読み込みの高速化、コントローラーの進化そして立体的な音がスゴイ!!【UZUMAX電気店】

【PS5発売】PS5遊んでみた!!読み込みの高速化、コントローラーの進化そして立体的な音がスゴイ!!【UZUMAX電気店】

あんな
2021-01-18
2021-03-19

元家電量販店員のYouTuber
UZUMAX
元家電量販店店員! パソコン・カメラ・ゲームを中心に、いろいろな商品を紹介してます。 最近は車中泊を含めた撮影も個人的に行っております。 合わせてキャンプアイテムも集めだしてます•̀.̫•́✧ YouTuber事務所「ファンメイク」所属! 小学館「DIME専属YouTuber」! Yahoo!クリエーターズ でも、動画配信中! 朝日新聞メディアラボ「MooVoo」 ガジェット系YouTuberですが、本当に幅広く動画をアップしていますので興味を持てた方は是非チャンネル登録お願いします'◇'ゞ
Moovoo モノ・サービスを通して知的好奇心を満たす、新しい価値観を提供するコンテンツ作りを心がけています。
uzumax 元家電量販店員のYouTuber、uzumaxさんのチャンネルです。
連載

UZUMAX電気店

連載【UZUMAX電気店】|Moovoo
▲元家電量販店員のYouTuber、UZUMAXさんを店長役に迎えた連載企画! 気になる製品、最新の製品について、UZU店長が紹介していきます。記事一覧は上のリンクから。

一覧を見る

今回は2020年に11月に発売された最新のPS5(プレーステーションファイブ)で実際に遊んでみた感想をお届けします。
まだ手に入っていない方や買うかどうか迷っている方もいるのではないでしょうか?
一週間ほど遊んでみて感じたことや、PS4とPS5ノ違いなど、詳しくお伝えします!

PS5(プレーステーションファイブ)

今回、発売されたPS5には二種類のバージョンがあります。

pick up!
  • SONY
  • PlayStation 5 (CFI-1000A01)

  • 税込み92,057円(楽天での価格)
  • ディスク版・ダウンロード版どちらも楽しめる

  • 圧巻のスピードとグラフィックを持った最新機種です。

pick up!
  • SONY
  • PlayStation 5 デジタル・エディション (CFI-1000B01)

  • 税込み77,800円(楽天での価格)
  • 完全デジタル対応のPS5

  • 圧巻のスピードとグラフィックを持った最新機種です。

スタンダードエディションとデジタルエディションの二つがあります。
両者の違いは、ディスクを直接入れられるかどうかです。デジタルエディションはディスクを挿入する箇所がありません。

今回UZUMAXさんが購入したのは、デジタルエディションです。次の章から実際に、使ってみて感じたことをお伝えします!

PS5とPS4の違いは?どこが進化した?

ゲーム好きの方の多くがPS4を持っているのではないでしょうか?

pick up!
  • SONY
  • PlayStation 4 ジェット・ブラック 500GB

  • 税込み31,500円
  • 様々なソフトで楽しめる

  • ワイヤレスコントロール、高いゲーム処理能力など十分に楽しむことが出来ます。

今回はこちらのPS4とPS5の違いから説明していきます。
簡潔に説明すると、PS5はPS4が純粋にパワーアップした製品だと言えます。グラフィック能力やゲームの処理性能の向上、読み込み速度の高速化など様々な点で進化しています。PS5本体で、PS4のタイトルを遊ぶことももちろん可能です。

グラフィックの特徴としては4k出力が可能であること、さらに対応しているタイトルのソフトでは8kの出力も可能なことが挙げられます。フレームレートも60fps、120fpsを使うことが出来るので、滑らかなゲーム体験を行うことが出来るのも魅力です。
さらに、最近のゲームに搭載されている映像技術「リアルタイムレイトレーシング」も使うことが出来ます。具体的にどのような技術かというと、ゲーム内で鏡に映り込んでいる映像が、本物以上に綺麗に表現されています。映像が細かいところまですごく綺麗に映し出されています。


そして最大の魅力は読み込み速度がとにかく早いことです。PS5用のタイトル「スパイダーマン」をプレイした際に、ゲームをスタートしてから終えるまで読み込みが発生せず、ロード画面も出てきませんでした。イベントシーンから戦闘シーンまでの切り替わリなどすべてがシームレスです。PS5を使うことで、ロード時間のストレスから解放されます。

ゲームデータの読み込みの高速化に関しては、PS4のタイトルにも適用されます。実際に同じタイトルのゲームをPS4とPS5で比較すると、PS4で30秒間のロード時間があったタイトルが、ps5だと9秒ぐらいで読み込みが終わりました。

なぜそんなに早くなるのかというと、PS5は中に搭載されているCPUやSSDがカスタムされた現代使用のものになっていることで純粋にパワーアップしているということも言えます。しかし、特にSSDが進化していることがあげられます。今までもハードディスクとSSD自分で組み替えて使用することが出来ましたが、そのSSDの速度は最大秒間500メガバイトでした。しかし、PS5は秒間5500メガバイトという5ギガを超えるデータを扱うことが出来ます。実際に体験してみると、そのスピードを実感できると思います。

コントローラーも進化

今回、コントローラーには大きく分けて新機能は2つあります。一つ目はハプティックフィードバックで、二つ目はアダプティブトリガーです。スティックやボタンに関しては従来とあまり変わりません。

ハプティックフィードバックはPS5対応のスパイダーマンのソフトを試してみると、電車のつり革を持っているときの感覚や、パソコンのキーボードを入力している感覚が微妙な細かい振動で伝わってきます。すごくリアリティーのある面白い体験を出来ます。また、PS5の無料ゲーム内でアダプティブトリガーを押すと炎を噴射してくれるというものがありますが、PS4のデュアルショックでは味わえない振動を体感することが出来ます。ゲーム内で息を吹きかけるシーンなどでも、吹きかけた風と声を別々に認識してくれます。

実際ゲームをするにあたって必須の機能ではありませんが、新しい体験をすることの出来るという点ではメリットが大きいです。

立体音響を搭載

音響に関しては、立体音響が搭載されています。スピーカーやヘッドホンとPS5本体を接続することでその機能を使うことが出来ます。
今回はこちらのヘッドホンを使用しました。

pick up!
  • Corsair
  • VIRTUOSO RGB

  • 税込み23,909円
  • 簡単にワイヤレスヘッドホンとして使える

  • 高音質の無指向性マイクを搭載しており、軽量で装着感に優れたヘッドホンです。

そもそも立体音響技術とは、ヘッドホンやスピーカーを通してゲームの世界に本当にいるかのような、臨場感のあるサウンドを感じられる機能です。今回使うヘッドフォンはSONYの純正ではありませんが、USBのワイヤレスアダプターをPS5本体に差し込むだけで簡単に使い始められます。

実際に体験してみると、音はとてもクリアで、前から後ろ、後ろから前の様に音が流れていくような感覚や、上下どのあたりから音が聞こえるかも感じ取れます。立体音響技術は、すごく面白い機能だと思います。

もっともこの機能が生かされるのは、オンラインでの打ち合いをするゲームです。相手がどの方向で物音を出しているのかなどを繊細に感じ取ることが出来るので有利にゲームを進めることが出来ます。

今回使ったヘッドセットは公式ではなかってので、立体音響技術を最大限に生かしたいという方は、公式のヘッドセットを買うのもお勧めです。

まとめ

以上、PS4からPS5での進化はいたるところで感じられました。ゲームの読み込み速度、グラフィックの綺麗さ、コントローラーのリアリティ、立体音響などの機能で、新しいゲーム体験を提供してくれます。

しかし、良い商品ではありますが、PS5の機能を最大限に生かせるタイトルはまだあまり発売されていないので急いで買う必要はないかもしれません。PS5のタイトルで自分のやりたいモノや、魅力的なタイトルが出てきたら買うのがお勧めです。

また、初期ロットは不具合が多いという方もいますが、数%ほどなので、それもあまり気にしなくて良いのではないでしょうか。興味の持った方や新しいゲーム体験をしてみたい方はぜひ試してみてください。



  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!