ニンテンドースイッチ用SDカードのおすすめ10選!装着方法を解説します

レトロ
2021-04-22

ニンテンドースイッチのメモリ容量は32GB。セーブデータを保存するだけなら十分ですが、ゲームソフトのダウンロードまで自由に使いこなすには記憶容量を増やす必要があります。

そこで本稿では、ニンテンドースイッチにおすすめのSDカードを紹介します。


ニンテンドースイッチ用SDカードの選び方

SDカードには共通規格があるので、ニンテンドースイッチ用として作られた商品は基本的にはありません。家電量販店やコンビニで手に入るメーカーのSDカードでも使用可能です。

快適にプレイするなら、読み込み速度に注意!

ただし読み込み速度だけ注意してください。SDカードに保存したデータの読み込み速度が速いほど快適に使えるからです。

読み出し速度が遅いSDカードでもダウンロードコンテンツの保存に耐えますが、快適にプレイするには心もとないです。

任天堂公式サイトでは下記の基準が示されているので、SDカードのスペックを確認しましょう。

高速なmicroSDカードの目安
・UHS-I(Ultra High Speed Phase I)対応
・読み込み速度 60~95MB/秒(読み込み速度が速いほど、Nintendo Switchをより快適に遊んでいただけます)

microSDカードについて|Nintendo Switch サポート情報|Nintendo

沢山ダウンロードしたい人は大容量なものを!

読み込み速度の次に問題となるのがSDカードの容量です。

SDカードには16GB、32GB、64GB、128GB、256GBの規格があります。容量が多いに越したことはありませんが、値段も比例するので、自分のニンテンドースイッチの遊び方を想定した上で適切な容量を選んでください。

ちなみに世界的にヒットしたゼルダの伝説ブレスオブワイルドの容量は16.8GB、モンスターハンターダブルクロス Nintendo Switch Ver.は9.8GBです。

ニンテンドースイッチ本体の32GBというメモリ容量は多いように見えますが、2本もソフトをダウンロードしたら次のソフトで遊ぶためにどちらか削除しなくてはいけない位の容量です。

パッケージソフトで遊ぶ場合でもダウンロードコンテンツを追加購入すれば数ギガは必要ですから、パッケージソフトを中心に購入するのか、ダウンロードコンテンツで揃えるのかによって必要とされる容量は大きく変わります。

友達と貸し借りをしたり、飽きたら売るからパッケージソフトを選ぶという人にはSDカードは不要ですし、いちいちソフトを差し替えるのが面倒という人はダウンロード版に備えて大容量のSDカードを用意してください。

以上の点を注意した上でSDカードを選びましょう。

スイッチに取り付ける方法

SDカードの入れ方は非常に簡単です。

スイッチの外観は完成度が高いので、一見すると差し込み口がどこにあるか分かりづらいですが、下記の動画のとおり本体の電源を落としてからツマミをひらいて差し込むだけです。

裏表を間違えず、きちんと奥まで差し込めば問題なく認識するはずです。

またニンテンドースイッチライトの場合、差し込み口の場所が異なるので注意してください。

任天堂Switch LiteのSDカード差し込み口の画像

ニンテンドースイッチもライトもSDカードの取り扱いについては共通です。

不具合対処方法

SDカードに関する不具合として最も多いのは、上記の動画通りに差し込んだのに認識しないというものです。

まず考えられるのが接触不良です。電源をoffにした状態で裏表を確認し、再度抜き差してください。少し固いかもしれませんが無理やり押し込まない限り壊れたりしないので奥まで差し込みましょう。

また、SDカードの容量が64GB以上のmicroSDXCカードを使っている場合、本体のアップデートが必要になります。SDカードを差し込んだ後の画面表示に従い本体をアップデートしてください。

この時、インターネット回線に接続していないとアップデート出来ないので注意しましょう。

アップデートしても差し直しても読み込まない場合はSDカード側に問題がある可能性が高いです。不良品の可能性があるので他の機器に差し込んでチェックしてみましょう。

SDカードの容量がいっぱいになったら?

予想以上に沢山のコンテンツを保存したため、SDカードの容量がいっぱいになるというケースはあり得ます。この場合、遊ばなくなったゲームコンテンツを削除して容量を確保するか、より容量の大きいSDカードに入れ替える必要があります。

ゲームのセーブデータは必ずニンテンドースイッチの本体に保存されるので、ダウンロードしたゲームコンテンツは丸ごと削除しても問題ありません。また遊びたくなったら再ダウンロードできるからです。

そのため、既存のSDカードをフォーマットして引き抜いてから、新しいSDカードをスイッチに差し込んで改めてゲームをダウンロードしなおせば良いのです。

データ自体を移行させる必要はありません。

しかし、インターネットにアクセスできない環境にいるとか、通信速度が遅いなどといった理由でダウンロードしなおすのが嫌だ、という場合はパソコンを使ったデータの入れ替えを行います。

パソコンへデータを移動させる方法も!

まず容量がいっぱいになったSDカードをパソコンに差してデータを移行します。次に新しいSDカードをスイッチに差して認識された後、パソコンに差して旧SDカードのデータを移すのです。

残念ながらSDカード同士でデータ移行はできません。数十ギガ~数百ギガのデータを移すので若干時間はかかりますが、これで容量を確保できます。

SDカードだけでなくデータごと交換する方法は非常に面倒なのでおすすめしませんが、1つの手順として紹介しておきます。

おすすめのSDカード

ここからはニンテンドースイッチ用としておすすめのSDカードを紹介します。

一部の国産ブランドは読み込み速度が推奨値を下回るものがありますが、そういったSDカードはゲームコンテンツ本体ではなく、キャプチャ画像や動画の保存に特化して活用する方法もあります。ゲーム実況者などは気にせず使えるでしょう。

あとは容量と価格、好きなブランドで選ぶと良いかと思います。

おすすめ①
  • ホリ
  • microSDカード32GB for Nintendo Switch

  • 税込み2,670円
  • 任天堂ライセンス商品なので安心

  • 読み込み速度は80MB/s、任天堂の基準を超えており快適にデータのやり取りが可能。ニンテンドースイッチ本体とセットで購入をおすすめします。

1本目は、ホリ製のSwitch用microSDカードです。ホリと言えばゲームパッドなどゲーム機の周辺機器の定番ブランド。基本的にSDカードに相性問題は発生しませんが、任天堂の名前を使えるライセンス製品となっているので信頼度はピカイチだと言えるでしょう。

こちらは32GBモデルですが、64GBや128GB、256GBモデルもあるので、ゲームコンテンツをどの程度ダウンロードするかによって選びましょう。

おすすめ②
  • シリコンパワー
  • microSDカード 32GB

  • 税込み890円
  • 読み込み速度は85MB/s、高品質ブランド

  • 耐水、耐衝撃、耐低温/耐高温、耐X線仕様で5年保証付き。信頼性とスペックのコストパフォーマンスに優れた良品です。

2本目は、シリコンパワー製のmicroSDカードです。シリコンパワー社は台湾系企業で主にメモリー関係を扱っています。こちらはライセンス商品ではありませんが、ニンテンドースイッチでの動作確認が取れており、しかもホリ製よりも早く安価です。

国産やライセンスにこだわらないのなら選択肢の1つに加えておきましょう。

おすすめ③
  • SanDisk
  • microSDカード 32GB

  • 税込み980円
  • 防水、耐温度、耐衝撃、耐X線、耐振動、耐磁性

  • Google PlayストアのSanDiskメモリゾーンアプリを使えばバックアップ可能。世界レベルの販売実績を誇る安心のブランドです。

メモリーカードと言えば定番と言えるのがアメリカのメモリーメーカー、サンディスクです。読み込み速度は95MB/s。

同社はmicroSDカード以外にフラッシュメモリやSSDを生産しており、世界的に大きなシェアを持っています。日本でも2019年1月1日から12月31日時点において量販店シェアナンバーワンを獲得しており実績は十分。

こちらもライセンス商品ではありませんが、安価で高性能です。スペック的には問題なく使えます。

おすすめ④
  • 日本サムスン
  • microSD Evo Plus 32GB

  • 税込み851円
  • 読み込み速度95MB/秒なのでゲームコンテンツに十分対応可能

  • 防水、耐温度、耐磁、耐X線で10年保証付き。様々なシーンに対応可能なスペックを兼ね揃え安心して使える良品です。

4本目は、日本サムスン製のmicroSDカードです。サムスンと言えば韓国最大の企業グループ、その日本法人です。

サンディスク社やシリコンパワー社のように、メモリー領域に特化しているのではなくテレビからスマホまで幅広い製品を作っており、本製品もその1つとなります。

ニンテンドースイッチでの動作確認済なので安心して使えるでしょう。

おすすめ⑤
  • 東芝
  • microSDカード 32GB

  • 税込み2,980円
  • 読み出し速度は最速の100MB/s

  • 耐X線とJIS 防水保護等級7(IPX7)に準拠。空港の検査でもデータが消えたりしません。国産ブランド最安値です。

5本目は、東芝製のmicroSDカードです。メイドインジャパンという事もあり、価格高めかと思いきや、なんと世界企業の製品よりも安く入手できます。しかも読み込み速度は最速の100MB/sなのでスペック的にライバルに優っています。

スペック的にも価格的に世界レベルのクオリティなので、日本製で揃えたいという人におすすめです。

おすすめ⑥
  • トランセンドジャパン
  • microSDXC/SDHC 300S 32GB

  • 税込み899円
  • 台北工場にて徹底した品質管理を実施

  • 読み込み速度は95MB/s。耐温度、防水、耐磁、耐X線、静電耐性を備えて5年保証付き。データ復旧ソフトウェアのRecoveRxが無料で使えます。

6本目は台湾企業、トランセンド製です。同社はメモリ領域に特化しており、台北の自社工場でApple社向けの製品(SSDアップグレードキット)も扱っています。

SDカードの読み出し速度は95MB/sを誇り、なおかつデータが破損した場合のソフトウェアも無料で用意されています。

非常に信頼性が高いメーカーなので安心して使えます。

おすすめ⑦
  • Lexar
  • Lexar® Professional 633x SDHC™/SDXC™ UHS-I カード 32GB

  • 税込み680円
  • 95MB/sの読み出し速度で安心プレイ

  • 社内のクオリティラボにて1,100種類を超えるテストを実施。低価格と製品信頼性を両立しています。10年間の制限保証付き。

7本目に紹介するのは、32GBのmicroSDカードで本稿執筆時おそらく最安値となるLexarです。

Lexar(レキサー)はアメリカ生れのブランドですが、2006年にマイクロンに買収されたのち、2017年に中国のフラッシュメモリ会社Longsysに買収されており、現在は中国企業となっています。

低価格に見合わぬ読み出し速度を誇り、スペック的には十分に使えます。

おすすめ⑧
  • ソニー
  • microSDカード 32GB SR-32UYA

  • 税込み8,500円
  • 高画質4K動画の撮影に向いている!

  • フルHD動画なら2.5時間、写真なら1200枚、ハイレゾ音源なら約100曲を保存可能。信頼のソニーブランドが送るMicroSDカードです。

8本目はソニー製のmicroSDカードです。現在は公式サイトにも記載がないのでネットで購入するのならAmazonなどを使うしかありません。

任天堂のライセンス商品でないにも関わらずグローバル企業の製品と比べると3倍以上の価格なので、なかなか選択肢に入れるのは厳しいかもしれません。しかも読み込み速度は40MB/sと非常に遅いです。ゲームコンテンツではなく動画やキャプチャ画面を保存するのに使いましょう。

しかし国産にこだわりがある人、ソニーブランド好きな人なら選ぶべきかと思い選択肢の1つとして紹介します。

おすすめ⑨
  • キオクシア(KIOXIA)
  • EXCERIA BASIC SDHC/SDXC UHS-I メモリカード 32GB

  • 税込み1,280円
  • 国内正規品は3年保証付き

  • -25℃から85度まで対応、防水、x線耐性、耐衝撃、耐静電気に加えヒューズを搭載。データの安全性に配慮した製品です。

9本目はキオクシア製メモリーカードです。キオクシアはかつて東芝メモリでしたが現在はキオクシアホールディングスが100%の株式を保有しており、東芝とは資本関係がありません。

台湾勢やアメリカ勢の価格帯と日本メーカーの中間位に位置する32GBで1,480円という価格帯ですが、読み出し速度が50MB/sと推奨値を下回るのでゲームコンテンツを保存するのは避けて、画像や動画の保存に使いましょう。

日本製であることにこだわる人にはおすすめです。

おすすめ⑩
  • シリコンパワー
  • Elite microSDカード 128GB

  • 税込み1,849円
  • コスパに優れた台湾メーカーの逸品

  • 防水、耐衝撃、耐低温/耐高温、耐X線仕様なので持ち運びが多いゲーム機に適しています。安心の5年保証付き。

最後に紹介するのは再びシリコンパワー製のSDカードです。公式サイトでは256GBが代表して記載されていますが、容量は32GB、64GB、128GB、256GBの4種類があります。

おそらく、これくらいが価格と容量とスペックのバランスが最も取れているのではないでしょうか。読み出し速度も75MB/sなので、任天堂の推奨する値をクリアしているので安心です。



まとめ

以上、ニンテンドースイッチ用のSDカードを選びましたが、どのメーカー製品もカタログスペック的に大差がないのに価格が大きく異なるのがSDカードの面白いところです。

読み込み速度に若干の違いはありますが、それ以外は保証期間や信頼性テストの項目以外に目に見えるような大きな違いはありません

ただし上記10社以外にもSDカードのメーカーはあります。稀にPCパーツ店などでマイナーメーカーのSDカードを売ってることがありますが、あまりおすすめできません。

データは資産です。数百円を節約したために何十時間、何百時間分のデータが消えてしまったら目も当てられないからです。重要なパーツだからこそ変に予算をケチらず信頼できるブランドのものを選びましょう。

※価格はいずれもAmazonの2020年9月時点のものです。

ガジェット集めに拘る多筆ライター
レトロ
総生産記事4000以上。業界歴8年目のマルチタスク系ライターにしてYouTuber。Apple好きでガジェット集めが趣味。記事を書いたり動画編集で一日中デスクに向かっているのでヘッドセットやモニター等の作業効率化や仕事部屋の快適化につながるガジェットはすぐ購入!愛車のビートルでキャンプやサウナにでかけるのも大好き。オタク気質なのでキャンプ道具集めにハマってます。Youtubeに動画をアップしているのでチャンネル登録よろしくお願いしますm__m

HOME

>

グッズ

>

ニンテンドースイッチ用SDカードのおすすめ10選!装着方法を解説します


  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!