〈プロ監修〉コーヒーメーカーおすすめ12選 全自動やミル付きも

Moovoo編集部、石井 和美
2022-11-09

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がMoovooに還元されることがあります。

コーヒーは人によって美味しいと感じる好みが分かれる飲み物です。美味しいと感じる基準、好みは人によって異なります。

豆や淹れ方によっても全く違った味わいになるので、一概に「美味しい」と断言できるコーヒーメーカーは存在しません。自分に合ったコーヒーメーカーを選ぶことが大切です。

そこで今回は、プロ家電レビュアーの石井和美さんにコーヒーメーカーの選び方について伺いました。特徴別におすすめ商品もご紹介していくので、ぜひ参考にしてください。

家電プロレビュアー
石井 和美
白物家電のレビューを得意とする家電プロレビュアー。茨城県守谷市にレビューハウス「家電ラボ」開設。WEBメディア、雑誌、ラジオ、テレビで、家電コメンテーター、家電コンサルタントとしても活動中。

おすすめ・人気商品をまずは一覧で

※上下左右にスクロールできます

外観

商品名

特長

本体サイズ

重量

タイプ

ミル搭載

最大容量

Amazonで見る

【監修者おすすめ】THANKO 豆から作れるお一人様全自動メーカー「俺のバリスタ」

珍しいタンブラー付き!全自動コーヒーメーカー

幅15.4×奥行20×高さ32cm

1.598kg(タンブラー除く)

全自動ドリップ式

1杯

Amazonで見る

【監修者おすすめ】récolte グラインドアンドドリップコーヒーメーカー フィーカ

蒸らし機能付きの本格コーヒーメーカー

約幅17.5×奥行28×高さ29.5cm

約2.5kg(タンブラー除く)

全自動ドリップ式

4杯

Amazonで見る

パナソニック(Panasonic) 沸騰浄水コーヒーメーカー NC-A57

挽きから抽出まで全自動+ミルも自動洗浄

幅22×奥行24.5×高さ34.5cm

3kg

全自動ドリップ式

5杯

Amazonで見る

ツインバード(TWINBIRD) 全自動コーヒーメーカー 6杯用 CM-D465B

“コーヒー界のレジェンド”田口護氏監修

約幅16×奥行33.5×高さ42.5cm

約4.5kg

全自動ドリップ式

6杯

Amazonで見る

siroca(シロカ) コーン式全自動コーヒーメーカー カフェばこPRO SC-C251

好みの挽き目と抽出温度を選べる

幅16.6×奥行27.3×高さ42.1cm(サーバー含まず)

4.1kg(サーバー含む)

全自動ドリップ式

6杯

Amazonで見る

DeLonghi(デロンギ) マグニフィカS 全自動コーヒーマシン ECAM23120BN

ミルクフロッサーでふわふわミルクも簡単

幅23.8×奥行43×高さ35cm

約9kg

全自動ドリップ式/エスプレッソ式

2杯

Amazonで見る

メリタ(Melitta) ノアプラス SKT55-1B

おいしいコーヒーに仕上げる蒸らし機能付き

幅26.9×奥行15.2×高さ31.1cm

1.7kg

ドリップ式

×

5杯

Amazonで見る

サーモス(Thermos) 真空断熱ポットコーヒーメーカー ECK-1000

コーヒーが煮詰まらずに保温できる

約幅23.5×奥行24.5×高さ38cm(ポットハンドル部含む)

約3.4kg(ポット含む)

ドリップ式

×

8杯

Amazonで見る

象印マホービン(ZOJIRUSHI) コーヒーメーカー 珈琲通 EC-GB40

外せる水タンクで給水もお手入れも楽々

約幅21.5×奥行15×高さ23.5cm

約1.3kg

ドリップ式

×

4杯

Amazonで見る

タイガー コーヒーメーカー ADC-A060

コーヒーの濃さを2段階から選べる

約幅15.4×奥行27.2×高さ30.1cm

約1.9kg

ドリップ式

×

6杯

Amazonで見る

ネスレ日本 ネスカフェ ドルチェグスト ジェニオ アイ MD9747S

Bluetoothが搭載されたIoTモデル

約幅16.5×奥行23.1×高さ30cm

2.6kg

カプセル式

×

1杯

Amazonで見る

DeLonghi(デロンギ) アクティブ ECP3220J

カフェポッドとコーヒーパウダーの両方に対応

約幅21×奥行26.5×高さ31cm

4kg

カフェポッド式/エスプレッソ式

×

2杯

コーヒーメーカーの選び方

コーヒーメーカーは、抽出方法が違ったりカフェ機能がついていたりなど、色々な種類のものがあります。

特に選び方で重要なのは、以下の3点です。

  • 豆から挽くか、粉で作るか
  • カフェメニューに対応しているかどうか
  • 手間をかけられるかどうか

それでは、それぞれ順番に説明していきます。

①ミル付きで豆から挽くか、ドリップ式で粉か

コーヒー豆と粉

コーヒー豆を自宅で挽く場合は、通常ミル付きコーヒーメーカー、粉状になった、挽いてある豆でコーヒーを淹れる場合は、ドリップ式コーヒーメーカーがおすすめです。

すでにミルを持っている人や、コーヒー粉を入れるだけの方が楽、という人にはドリップ式が良いでしょう。豆や挽き方にこだわっている人は、ミル付きのコーヒーメーカーがおすすめ。お気に入りの豆を買ってくればすぐ粉状にできるので、挽きたてのコーヒーを飲みたい人にはぴったりです。

最近は、豆を挽くところから抽出まで行える、ミル付きの全自動コーヒーメーカーが数多く登場し、家庭でも手軽に豆からコーヒーを楽しめるようになりました。しかし、ミルに付着したコーヒー豆の残りかすは掃除をしっかりしないと不具合が生じることもあるので、注意が必要です。

石井 和美

石井 和美さんのアドバイス

ミル付きの全自動コーヒーメーカーはここ数年で価格も下がり、手に入れやすくなりました。手軽に挽きたてのコーヒーが自宅で飲めるのは格別です。ただ、挽き方によってコーヒーの味は大きく変わります。

プロペラ式(※1)はコンパクトで価格も安いものが多いですが、味と香りをとことん楽しみたいのであれば、摩擦を抑えながら豆を均一に挽ける臼式やコーン式(※2)のミルを搭載したモデルがおすすめです。

※1:プロペラ状の刃を回転させて豆を粉砕する。価格のお手頃なものが多い。
※2:円錐状の歯が回転することで豆を切り刻む。風味が保たれ雑味が少ないコーヒーに仕上がる。

②ミルクメニューに対応しているかどうか

ブラックコーヒー以外にも、カフェオレやラテなどミルク入りがお好みの場合は、ミルクが出てくるミルクメニューに対応しているコーヒーメーカーがおすすめです。

豆に高い圧力をかけて、少量のお湯で抽出するエスプレッソマシンも基本的にミルクが出てくるので、ブラックコーヒーよりエスプレッソを飲むことが多かったり、カフェメニューを飲むことが多い人は、エスプレッソマシンも良いでしょう。

ただし、カフェオレやカプチーノなど、ミルクスチーム対応のコーヒーメーカーやエスプレッソマシンは、対応していないものに比べて価格が高くなる傾向にあるのと、牛乳は熱で固まる性質があるため、その分お手入れも難しいです。

石井 和美

石井 和美さんのアドバイス

ふわふわの決め細かい泡立ちのフォームミルクを自分で作るのは大変ですが、フォームミルクが得意な最新コーヒーメーカーにまかせれば、見事な泡立ちをいつでも楽しめます。

外で毎日のように飲む方は短期間でモトをとれるため、ここ数年は高級エスプレッソマシンもよく売れています。

③手軽さ重視派にはカプセルタイプも

カプセルタイプのコーヒーメーカー

手間をあまりかけたくない人には、カプセルタイプのコーヒーメーカーなら、カフェオレやカフェモカなど様々なフレーバーのカプセルがあるのでおすすめです。その日の気分に応じて選べるのもまた楽しいですよ。

石井 和美

石井 和美さんのアドバイス

カプセルタイプは種類も増えており、最近はカフェインを取り除いた「デカフェ」のカプセルなども登場しています。カプセルタイプは市販されている場所が限られ、切らしたときにすぐに手に入れることが難しいので、定期便などを利用するのも一つの方法です。

また、忙しい合間に手早くコーヒーを飲みたいという方は、タイマー付きがおすすめです。あらかじめタイマーでセットしておけば、忙しい朝などには大変重宝します。

監修者おすすめのコーヒーメーカー2選

ここからは、おすすめのコーヒーメーカーをご紹介していきます。まずは、家電プロレビュアーである石井和美さんイチオシの商品です(この章の商品は、2021年9月に選定いただきました)

監修者のおすすめ①
  • THANKO
  • 豆から作れるお一人様全自動メーカー「俺のバリスタ」

  • 税込み6,998円(Amazon)
  • 珍しいタンブラー付き!全自動コーヒーメーカー

  • 豆を挽くところから、抽出・洗浄まで、ボタンひとつで完了。ミルクフロッサーのスチームでミルクを泡立て可能。

石井 和美

石井 和美さんのコメント

一人用の全自動コーヒーメーカー。タンブラーに直接注いで、そのまま飲むことができます。ペーパーレスタイプで、コーヒーのオイルまでしっかり抽出されます。大きめのタンブラーなので、コーヒーカップ2杯分ほど一度に抽出可能。

氷をたっぷり入れて濃いめのコーヒーを注げば、アイスコーヒーも楽しむことができます。スリムで場所をとらない本体サイズも魅力。コーヒーサーバーを洗う必要がないのでお手入れもラクです。手軽に挽きたてのコーヒーを楽しみたい方におすすめです。
本体サイズ:幅15.4×奥行20×高さ32cm
重量:1.598kg(タンブラー除く)
タイプ:全自動ドリップ式
ミル搭載:〇
最大容量:1杯
監修者のおすすめ②
  • récolte
  • グラインドアンドドリップコーヒーメーカー フィーカ

  • 税込み13,000円(Amazon)
  • 蒸らし機能付きの本格コーヒーメーカー

石井 和美

石井 和美さんのコメント

挽きたての豆で本格的なドリップコーヒーが1杯から4杯まで楽しめるミル内蔵の全自動コーヒーメーカー。価格が安い全自動コーヒーメーカーはプロペラ式(※1)のタイプがほとんどですが、フラットカッター式ミル(※2)を採用しています。

そのため、コーヒー豆を均一性のある中細挽きの粉に仕上げることができ、ムラなく抽出できます。さらに“蒸らし”機能により味や香りを引き立たせるので、スッキリとしたドリップコーヒーが好みの方にぴったりです。

※1:搭載されているプロペラ状の歯を回転させることでコーヒー豆を粉砕する。比較的お手頃で、短時間で豆を挽ける。
※2:向かい合ったー対の平面の歯の間に入ったコーヒー豆を回転しながら粉砕する。プロペラ式と比べると少々時間はかかるが、雑味は少なくコーヒー本来の味を引き出す。

本体サイズ:約幅17.5×奥行28×高さ29.5cm
重量:約2.5kg(タンブラー除く)
タイプ:全自動ドリップ式
ミル搭載:〇
最大容量:4杯

コーヒーメーカー、人気メーカーの売れ筋商品

女性顔イラスト(検証コメント用)

Moovoo編集部

数あるコーヒーメーカーの中でもECサイトなどで売れ行き好調な、人気メーカーの製品を紹介します。ぜひ参考にしてください。
PICK UP①
  • パナソニック(Panasonic)
  • 沸騰浄水コーヒーメーカー NC-A57

  • 税込み17,991円(Amazon)
  • 挽きから抽出まで全自動+ミルも自動洗浄

  • 2種類のフィルターで豆を「挽き分け」、リッチ・マイルドのコースでの「淹れ分け」することで4通りの味を楽しめる。

    抽出前にお湯を沸騰させ、活性炭フィルターによりカルキをカットするのが特徴です。デカフェ豆コースが搭載されているので、コーヒーは好きだけれどカフェインは控えたいという方にもおすすめです。

本体サイズ:幅22×奥行24.5×高さ34.5cm
重量:3kg
タイプ:全自動ドリップ式
ミル搭載:〇
最大容量:5杯
PICK UP②
  • ツインバード(TWINBIRD)
  • 全自動コーヒーメーカー 6杯用 CM-D465B

  • 税込み34,980円(Amazon)
  • “コーヒー界のレジェンド”田口護氏監修

  • 抽出温度は監修の田口護氏が推奨する83℃と、豆の鮮度や煎り具合によってより適した90℃の2段階の湯温設定が可能

    味はもちろんのこと、ミルは取り外しが可能なため、付属のブラシで簡単にお手入れできるのも特徴です。

本体サイズ:約幅16×奥行33.5×高さ42.5cm
重量:約4.5kg
タイプ:全自動ドリップ式
ミル搭載:〇
最大容量:6杯
PICK UP③
  • siroca(シロカ)
  • コーン式全自動コーヒーメーカー カフェばこPRO SC-C251

  • 税込み29,700円(Amazon)
  • 好みの挽き目と抽出温度を選べる

  • 豆の挽きムラが少なく、好みの挽き方を選べるコーン式ミルを搭載。豆の種類にあわせて2種類の抽出温度を選べるため、雑味の少ない風味豊かなコーヒーに仕上がります。

    豆と水は自動計量のためボタンを押すだけで、飲みたい分だけ淹れたてのコーヒーを楽しめます。ガラス製サーバーだけでなく、マグカップに直接注げるので便利です。

本体サイズ:幅16.6×奥行27.3×高さ42.1cm(サーバー含まず)
重量:4.1kg(サーバー含む)
タイプ:全自動ドリップ式
ミル搭載:〇
最大容量:6杯
PICK UP④
  • DeLonghi(デロンギ)
  • マグニフィカS 全自動コーヒーマシン ECAM23120BN

  • 税込み65,331円(Amazon)
  • ミルクフロッサーでふわふわミルクも簡単

  • 豆の挽きから抽出・洗浄まで、すべて自動で完了するエスプレッソマシンです。エスプレッソの旨味とドリップのすっきりした後味を楽しめる、日本限定のカフェ・ジャポーネ機能を搭載しています。

    ミルクフロッサーでカプチーノやカフェラテにぴったりなふわふわミルクも手軽に作れます。

本体サイズ:幅23.8×奥行43×高さ35cm
重量:約9kg
タイプ:全自動ドリップ式/エスプレッソ式
ミル搭載:〇
最大容量:2杯
PICK UP⑤
  • メリタ(Melitta)
  • ノアプラス SKT55-1B

  • 税込み4,900円(Amazon)
  • おいしいコーヒーに仕上げる蒸らし機能付き

  • コーヒーを理想的なバランスで抽出するための温度と時間にこだわったペーパーフィルター式。しずく漏れ防止や蒸らし機能などを搭載しています。

    サーバーには冷めにくい真空二重構造のワンタッチステンレスポットを採用。フィルターケースのフタが縦に開閉する省スペース設計です。

本体サイズ:幅26.9×奥行15.2×高さ31.1cm
重量:1.7kg
タイプ:ドリップ式
ミル搭載:×
最大容量:5杯
PICK UP⑥
  • サーモス(Thermos)
  • 真空断熱ポットコーヒーメーカー ECK-1000

  • 税込み9,136円(Amazon)
  • コーヒーが煮詰まらずに保温できる

  • 魔法びん構造のステンレス製真空断熱ポットに直接ドリップするので、電源いらずでそのまま淹れたてのコーヒーを保温できます。大きな氷も入れやすい7cmの広口設計なので、アイスコーヒーにもぴったり。お手入れも簡単です。

    前日予約ができるデジタル表示のタイマーとドリップ完了のお知らせブザー付きです。

本体サイズ:約幅23.5×奥行24.5×高さ38cm(ポットハンドル部含む)
重量:約3.4kg(ポット含む)
タイプ:ドリップ式
ミル搭載:×
最大容量:8杯
PICK UP⑦
  • 象印マホービン(ZOJIRUSHI)
  • コーヒーメーカー 珈琲通 EC-GB40

  • 税込み3,218円(Amazon)
  • 外せる水タンクで給水もお手入れも楽々

  • カップ4杯までのコーヒーを淹れられるドリップ式。カルキをとってコーヒー豆本来のおいしさを引き出す浄水フィルターを搭載しています。メーカーによると、カルキ初期除去率は98%とのことです。

    水タンクは取り外しが可能で、使うたびに洗えるので清潔を保てます。給水もお手入れも簡単です。

本体サイズ:約幅21.5×奥行15×高さ23.5cm
重量:約1.3kg
タイプ:ドリップ式
ミル搭載:×
最大容量:4杯
PICK UP⑧
  • タイガー
  • コーヒーメーカー ADC-A060

  • 税込み4,690円(Amazon)
  • コーヒーの濃さを2段階から選べる

  • お湯の注ぎ方と豆の浸し時間を変えられるテイストマイスターで、コーヒーの濃さをマイルドとストロングから選択可能。丈夫なステンレスサーバーを採用し、カップトレイを使えば直接マグカップにドリップできます。

    水タンクとフィルター部分は本体から取り外して丸洗いできるため、使用後のお手入れが簡単です。

本体サイズ:約幅15.4×奥行27.2×高さ30.1cm
重量:約1.9kg
タイプ:ドリップ式
ミル搭載:×
最大容量:6杯
PICK UP⑨
  • ネスレ日本
  • ネスカフェ ドルチェグスト ジェニオ アイ MD9747S

  • 税込み8,900円(Amazon)
  • Bluetoothが搭載されたIoTモデル

  • カフェで飲むようなコーヒーやラテ、ミルクティーなどを、自宅で1杯ずつ楽しめるカプセル式エスプレッソマシンです。

    Bluetoothでスマホと連動させれば、ネスカフェ専用アプリで抽出量やお湯の温度を調節可能。好みの設定を保存しておけば、ボタンひとつで同じ味を手軽に楽しめます。

本体サイズ:約幅16.5×奥行23.1×高さ30cm
重量:2.6kg
タイプ:カプセル式
ミル搭載:×
最大容量:1杯
PICK UP⑩
  • DeLonghi(デロンギ)
  • アクティブ ECP3220J

  • 税込み18,364円(Amazon)
  • カフェポッドとコーヒーパウダーの両方に対応

  • 2通りの抽出方法に対応したエスプレッソ・カプチーノメーカー。取り外し可能なカップ受けを備えているため、好みにあわせてショートとロングのコーヒーメニューを楽しめます。

    スチームノズルできめ細かい泡立てミルクが作れます。水タンクは上面から着脱でき、簡単に給水とお手入れが可能です。

本体サイズ:約幅21×奥行26.5×高さ31cm
重量:4kg
タイプ:カフェポッド式/エスプレッソ式
ミル搭載:×
最大容量:2杯
※上下左右にスクロールできます

外観

商品名

特長

本体サイズ

重量

タイプ

ミル搭載

最大容量

Amazonで見る

【監修者おすすめ】THANKO 豆から作れるお一人様全自動メーカー「俺のバリスタ」

珍しいタンブラー付き!全自動コーヒーメーカー

幅15.4×奥行20×高さ32cm

1.598kg(タンブラー除く)

全自動ドリップ式

1杯

Amazonで見る

【監修者おすすめ】récolte グラインドアンドドリップコーヒーメーカー フィーカ

蒸らし機能付きの本格コーヒーメーカー

約幅17.5×奥行28×高さ29.5cm

約2.5kg(タンブラー除く)

全自動ドリップ式

4杯

Amazonで見る

パナソニック(Panasonic) 沸騰浄水コーヒーメーカー NC-A57

挽きから抽出まで全自動+ミルも自動洗浄

幅22×奥行24.5×高さ34.5cm

3kg

全自動ドリップ式

5杯

Amazonで見る

ツインバード(TWINBIRD) 全自動コーヒーメーカー 6杯用 CM-D465B

“コーヒー界のレジェンド”田口護氏監修

約幅16×奥行33.5×高さ42.5cm

約4.5kg

全自動ドリップ式

6杯

Amazonで見る

siroca(シロカ) コーン式全自動コーヒーメーカー カフェばこPRO SC-C251

好みの挽き目と抽出温度を選べる

幅16.6×奥行27.3×高さ42.1cm(サーバー含まず)

4.1kg(サーバー含む)

全自動ドリップ式

6杯

Amazonで見る

DeLonghi(デロンギ) マグニフィカS 全自動コーヒーマシン ECAM23120BN

ミルクフロッサーでふわふわミルクも簡単

幅23.8×奥行43×高さ35cm

約9kg

全自動ドリップ式/エスプレッソ式

2杯

Amazonで見る

メリタ(Melitta) ノアプラス SKT55-1B

おいしいコーヒーに仕上げる蒸らし機能付き

幅26.9×奥行15.2×高さ31.1cm

1.7kg

ドリップ式

×

5杯

Amazonで見る

サーモス(Thermos) 真空断熱ポットコーヒーメーカー ECK-1000

コーヒーが煮詰まらずに保温できる

約幅23.5×奥行24.5×高さ38cm(ポットハンドル部含む)

約3.4kg(ポット含む)

ドリップ式

×

8杯

Amazonで見る

象印マホービン(ZOJIRUSHI) コーヒーメーカー 珈琲通 EC-GB40

外せる水タンクで給水もお手入れも楽々

約幅21.5×奥行15×高さ23.5cm

約1.3kg

ドリップ式

×

4杯

Amazonで見る

タイガー コーヒーメーカー ADC-A060

コーヒーの濃さを2段階から選べる

約幅15.4×奥行27.2×高さ30.1cm

約1.9kg

ドリップ式

×

6杯

Amazonで見る

ネスレ日本 ネスカフェ ドルチェグスト ジェニオ アイ MD9747S

Bluetoothが搭載されたIoTモデル

約幅16.5×奥行23.1×高さ30cm

2.6kg

カプセル式

×

1杯

Amazonで見る

DeLonghi(デロンギ) アクティブ ECP3220J

カフェポッドとコーヒーパウダーの両方に対応

約幅21×奥行26.5×高さ31cm

4kg

カフェポッド式/エスプレッソ式

×

2杯

人気サイトの売れ筋ランキングはこちら

コーヒーメーカーのお手入れの仕方

最近は、コーヒーメーカーに水洗い可能なパーツが多いものや、掃除モードが搭載されているものも増えていますが、それでもこまめなお掃除は本体を長持ちさせるために重要です。

ドリップ式コーヒーメーカーのお手入れ

ドリップタイプなど水タンクがあれば、クエン酸を用いてお掃除するのがおすすめです。

水タンクにクエン酸水を入れ、コーヒーの豆や粉を入れずに空回しします。そうすることでクエン酸があらゆるパイプを通り、きれいにしてくれます。

クエン酸を溶かした水で空回ししたら、通常の水を入れて数回空回ししてすすぎます。

カプセル式コーヒーメーカーのお手入れ

カプセルタイプのバリスタについては、ネスカフェ公式チャンネルでお手入れ方法に関する動画がありますので参考にしてください。

こちらの記事もどうぞ

HOME

>

家電

>

〈プロ監修〉コーヒーメーカーおすすめ12選 全自動やミル付きも


  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!