Event

リモートワークのパフォーマンスを最大化する「3つの間」の整え方とは?bouncyのオンラインイベント開催!

ファンイベントとして定期開催している「bouncy Lab.(バウンシー・ラボ)」。オンラインイベントとしては2回目となる今回のテーマは、「リモートワークのパフォーマンスを最大化させる方法」。

ゲストには、精神科医師・大野 裕氏とThink Lab取締役 ・井上 一鷹氏。

“3つの間”(人間、空間、仲間)の整え方を軸に、ポストコロナ時代の働き方を視聴者のみなさんと一緒に考えていきます。

リモートワークの広がりが、今後の社会にどのような変化を及ぼすのか?

イベントの詳細

開催日時:2020年8月5日(水)午後6時開始
配信場所:YouTube(限定公開)

タイトル
リモートワークのパフォーマンスを最大化する「3つの間」の整え方(仮)


イベント内容
テーマ1:リモートワーク疲れの正体を考える
テーマ2:パフォーマンスを向上させる方法
テーマ3:実現していきたい未来
Q&A

登壇者
*大野 裕   精神科医
*井上 一鷹 Think Lab 取締役
*津田 啓夢 bouncy編集長


登壇者プロフィール

大野 裕
精神科医。一般社団法人 認知行動療法研修開発センター理事長。認知療法の日本における第一人者。
朝日新聞社と開発中のストレスケアアプリ「こころコンディショナー」を監修。
井上 一鷹
株式会社ジンズ Think Lab Gエグゼクティブディレクター 兼 株式会社Think Lab取締役。瞬目や視線移動により「集中」も測ることができるアイウェア型デバイス「JINS MEME(ジンズ・ミーム)」での実証実験をもとに、新規事業Think Labの立ち上げに参画、分社化後取締役へ就任。
算数オリンピックではアジア4位、数学オリンピックでは日本のファイナリストになった経験を持つ。著作に『集中力 パフォーマンスを300倍にする働き方』がある。

ご応募はこちら

ご応募いただいた方限定となりますので、下記リンクより是非ご登録ください!

応募フォーム

参加費用:無料

CREDIT
Special Thanks :津田啓夢
Director :masaaki,ishino

RECOMMEND

PAGE TOP