HOME

>

PC・スマホ

>

【2020年最新版】レーザープリンターのおすすめは?人気メーカー15選

【2020年最新版】レーザープリンターのおすすめは?人気メーカー15選

Haruki
2020-10-07
2020-10-07

レーザープリンターとは?

プリンターの画像

家庭やオフィスでプリンターを使っている人が多いかと思います。現在市場に普及しているプリンターの種類は大きく分けてインクジェットプリンターとレーザープリンターの2つです。

それぞれの違いですが、インクジェットプリンターはプリント用紙に粒子化したインクを噴きつけて印刷をするタイプ。色味の再現性が高いインクジェットプリンターは写真印刷向きです。

対するレーザープリンターは、トナーを感光体(ドラム)に吹き付けて印刷するプリンター。インクジェットプリンターに比べると1つのトナーで印刷できる枚数が圧倒的に多く、インクジェットプリンターの約25倍印刷できると言われています。
また、スピーディーであるのににじみくく文字もくっきりと見やすいため、重要な書類を大量印刷するときに便利です。

そんなレーザープリンターにも弱点はあります。消費電力の大きなレーザープリンターは電気代が高くつきがち。本体価格やトナー代も、インクジェットプリンターに比べてやや高いので、ランニングコストがインクジェットプリンターより高くなってしまうことも。

また、もともとオフィス用を想定して作られているため本体が大きめの物が多いです。解像度もインクジェットプリンターよりやや低いため、写真の印刷にはやや不向きです。

よって、見やすい印刷を希望する人や、大量に印刷したいという人やとにかく早く印刷を完了したいという人にレーザープリンターは合っています。

レーザープリンターの選び方

天秤の画像

レーザープリンターは、機種によってさまざまな特徴があります。ここからはレーザープリンターの選び方を紹介していきます。

用紙の最大出力サイズ&本体の大きさ

家庭用のレーザープリンターの場合、印刷できる用紙の最大のサイズがA4程度という機種が目立ちます。しかし、中にはA3サイズまで印刷できるものもあります。やはり、印刷可能サイズが大きければ大きいほど本体も大きくなる傾向にあります。

コンパクトなレーザープリンターであれば、幅約40cm程度のものもありますが、大きくなると60〜70cm程度の幅を取ることも。意外と場所を取るため、収納スペースの広さを考えてプリンターを選ぶようにしてください。

家庭用なら1分間にA4サイズ20枚程度で

一般的なレーザープリンターの印刷速度は、1分間にA4サイズを20枚排出できる程度です。しかし、なかには1分間に30枚以上プリントできる高機能なものもあります。一度に大量の用紙をプリントしたい場合は、高速度のものを選んだ方が良いでしょう。

しかし、高機能になればなるほど値段も上がる傾向にあるので、家庭用で使うのであれば1分間に20枚排出できるもので問題ないでしょう。インクジェットプリンターが1分間で数枚~多くても10枚程度コピーできることを考えると、十分な速さを感じられるはずです。

コピー&スキャナー機能があると便利

ただパソコン上の画面を印刷できるだけではなく、プリントのコピーやスキャニングができるとさらに便利です。

レーザープリンターもインクジェットプリンター同様に、印刷機能に特化した単一機能のものもあれば、コピーやスキャニングなど、さまざまなことができる複合機能のものもあるので、用途に合ったものを選びましょう。

カラーかモノクロか

「白黒の文字だけが書かれた資料を印刷すればいい」「カラープリントは必要ない」と感じる人も多いでしょう。その場合はモノクロのみに特化したレーザープリンターを選ぶのもありです。

カラープリントができる商品に比べてリーズナブルで、イニシャルコストを減らせるかもしれません。

無線LAN対応の機種を選ぼう

Wi-Fiと接続機能可能なレーザープリンターを選ぶと、わざわざケーブルでつなげなくても簡単に印刷できます。大変便利な機能ですので、これから購入する方は無線LAN対応のプリンターを選ぶとまず失敗がありません。

その他の機能もチェックして

ここまでで紹介したもの以外にも、FAX機能がついているものや両面印刷機能がついているもの、暗証番号を入力しないとコピーできないセキュアプリント機能節電機能つきのものなど、レーザープリンターにはさまざまな機能が付いています。自分に必要な機能を考えた上で最適なものを選ぶようにしてください。

他にも、以下のような機能がついていることがあります。

●ページ集約機能:2枚以上の資料を1枚にまとめる
●ソート機能:2枚以上の資料を複数部印刷する場合、ページ別にまとめてくれる
●裏写り防止機能
●オンデマンド定着様式:用紙が通過する場合のみ過熱してトナーを定着させる
●モバイル連携機能:スマホやタブレットから印刷できる
●WPA2/IPSec機能:暗号化技術で不正アクセスを防止する

モノクロタイプのレーザープリンター

ここからはタイプ別におすすめのレーザープリンターを紹介していきます。まずは、モノクロプリントに特化したシンプルな商品をピックアップしています。

おすすめ①
  • コニカミノルタ
  • A4レーザーPagePro

  • 税込み8,980円
  • スタイリッシュなコンパクトボディが魅力

  • 2003年度にグッドデザイン賞を受賞しているPageProのデザインを採用したプリンター。高解像度と最適なチューニングでくっきりと印刷物を確認できます。

3万円から5万円程度で販売されていることが多いレーザープリンターですが、こちらのモノクロプリンターは1万円台で購入できるので、できる限り安く買いたいと考えている人におすすめ。プリンターのみのシンプルな機能ですが、A4サイズで毎分20枚印刷できるなど、印刷機能は優秀です。幅は約50cmで重量は約600g。わりかしコンパクトなので家庭用としてもおすすめです。

おすすめ②
  • キヤノン
  • Satera MF232w

  • 税込み14,200円
  • ネットワークインターフェース標準装備で作業の効率化が可能

  • オンデマンド定着技術でファーストコピーも10秒以下で完了。毎分最大23枚コピーできるので、大量印刷にも便利です。多彩な機能が魅力のプリンターです。

1万円台で購入できるとは思えないほどハイスペックなキャノンのレーザープリンター。モノクロのプリンターで、A4サイズの印刷に対応。有線だけではなく無線LANやUSBも対応しており、幅約39cmとコンパクトなため、テレワーク時にもおすすめです。

カートリッジもリーズナブルで、ランニングコストを節約できます。ページ集約機能やタッチ式操作パネルも完備。最大251枚給紙可能です。

おすすめ③
  • brother
  • HL-L2375DW

  • 税込み12,897円
  • 自動両面印刷を標準装備。無線LAN対応で便利

  • 幅約35cm奥行36cm高さ約18cmで狭いスペースにも設置できます。トナー交換や用紙セットも全て前面操作可能で、家庭用として最適なプリンターです。

最大A4サイズまで印刷できるブラザーのモノクロレーザープリンター。最大251枚給紙できるため、給紙が面倒ではありません。ブラザーのプリンターはトナーを無駄なく使える「トナードラム分離型」を採用していて、ランニングコストを抑えることができます。

厚手の用紙も難なく印刷できる「ストレート排紙対応機能」も完備。1分間で約34枚印刷できるスピーディーなところが魅力で、非常にコスパの良いプリンターです。

カラータイプのレーザープリンター

写真やイラストを印刷することが多い人は、 カラー印刷ができるレーザープリンターがあるとやはり便利です。家で使えるおすすめプリンターを紹介します。

おすすめ④
  • brother
  • HL-L3230CDW

  • 税込み21,927円
  • モノクロもカラーも対応するシンプル設計

  • 幅41cm奥行46cm高さ25cmの省スペース設計で自動両面プリント機能も搭載。ブラザー得意の分離型トナードラムで消耗品コストを削減します。

最大A4サイズに対応しているブラザーのレーザープリンターは、カラーでの印刷も可能。カラーでもモノクロでも1分あたり約24枚プリントできます。耐久枚数は約10万枚で、5年間が製品寿命とされています。

有線にも無線にも対応していて、ストレート排紙も可能。付帯機能はプリンターのみですが、家庭用で使うぶんには十分な機能が備わっていると言えるでしょう。2019年度にグッドデザイン賞を受賞している優秀なプリンターです。

おすすめ⑤
  • RICOH
  • C260L513725

  • 税込み19,262円
  • 解像度が高く、鮮明なプリントが期待できる

  • 両面印刷可能で資源を節約できます。WPSに対応の無線LANアクセスポイントを利用したネットワーク環境で、面倒な接続・セキュリティ設定が簡単に行えます。

プリンター機能のみを搭載したシンプルなレーザープリンターです。解像度は9600DPI×6dblと非常に高く、鮮明なプリントを期待できます。連続出力速度は1分当たり20枚で、ファーストプリントは14秒以下で行われることから大変スピーディーです。

ウォームアップタイムも短く、節電効果も。給紙トレイには270枚、オプションで増設トレイを取り付ければさらに550枚給紙できるため、オフィスで使う時にもおすすめです。幅40cmとコンパクトなボックス型のデザインで、ちょっとしたスペースに置くことができます。

おすすめ⑥
  • 日本電気
  • カラーマルチライタ 5800C

  • 税込み25,254円
  • LED乾式電子写真方式(LED)のプリンター

  • ウォームアップ時間が20秒ほどで済むため時間のロスがありません。スリープモードがついているので節電効果も!普通はがきにも印刷することができます。

プリントをする時にプリンター独自のウィーンという稼働音が気になりますよね。しかし、こちらのプリンターは前モデルに比べて音が静かで、快適にプリントが実行されます。 両面印刷も可能でモノクロ・カラーともに、両面の場合1分で約16枚、片面印刷の場合は1分間で約23枚出力可能。1分間で28枚出力されるニューモデルも発売されています。

コピーやFAX可能!ハイスペックレーザープリンター

プリント機能だけではなくコピーや FAX も同時にできると大変便利ですよね。 ここではそんなハイスペックなレーザープリンターを紹介していきます。

おすすめ⑦
  • brother
  • MFC-L3770CDW

  • 税込み44,582円
  • カラーコピーもカラープリントもできる高性能

  • カラープリントができるだけではなく、コピーやスキャニング機能も備わっています。USBダイレクトにも対応していてスキャンデータはメモリに保存されます。

コピー機能やFAXにも対応しているのでテレワーカーに大変重宝するはず。有線・無線LANの両方に対応していて、自動両面印刷や両面同時スキャンも可能。グッドデザイン賞を受賞しているデザインにはタッチパネルがついていて、操作はらくちんです。モノクロ・カラーともに1分あたり約24枚印刷でき、スピーディさを実感できます。最大A4サイズまで対応しており、はがきやA5、A6サイズの印刷も可能です。

おすすめ⑧
  • キヤノン
  • Satera MF644Cdw

  • 税込み51,108円
  • カラープリントもコピーもFAXも対応可能でハイスペック

  • 5インチカラーの液晶タッチパネルで操作はらくちん。両面印刷機能が標準装備で、資源を節約できます。自動両面ファックスも受信可能でとても便利です。

両面同時読み取りADF機能が搭載されていて、両面原稿を一度のスキャンで読み取ることができます。スマホなどの画像や、USBメモリのデータを直接印刷できる機能など、仕事を効率的にこなせる機能が満載です。少しお値段ははりますが、とにかくハイスペックなレーザープリンターを求めている人におすすめです。1分間に21枚の高速出力が可能、最大A4サイズの用紙にプリントできます。

おすすめ⑨
  • brother
  • DCP-L2550DW

  • 税込み19,250円
  • プリント・コピー・スキャン全てに対応。しかも高速!

  • 自動で両面プリントをしてくれる高性能なプリンター。1分間に最大34枚印刷できることから、大量の資料の印刷も楽々完了します。

モノクロプリントでも問題はないけれど、免許証などを印刷できるコピー機能やスキャン機能は欲しいという人も少なくありません。そのような方におすすなのがブラザーのレーザープリンター。

最大A4サイズまで印刷可能です。無線LANにも対応していて、2way給紙&排紙対応してくれるので、快適な印刷が実現されます。スリープ時の消費電力は平均0.8Wと低く環境にも配慮された作りです。ハイスペックなのに2万円以下で購入できるところも魅力といえます。

1万円以下で購入できる安いレーザープリンター

レーザプリンターの相場はモノクロのみ印刷可能であれば2~3万円、カラープリンターであれば2~4万円、その他機能付きのものは4~6円程度です。しかし、なかには1万円以下で購入できるものもありました。

おすすめ⑩
  • brother
  • HL-L2330D

  • 税込み8,518円
  • 1万円以下で購入できるリーズナブルで優秀なプリンター

  • 高さわずか18.3cmのコンパクトな設計で、棚に収納することができます。搭載メモリは32MBで、分離型トナー・ドラムで消耗品コストを削減してくれる機種です。

シンプルな機能でいいので1万円程度の安い値段で買えるレーザープリンターを探している人にはこちらがおすすめ。人気の高いブラザーの製品であるため信頼度が高く、長く使うことができるでしょう。

モノクロタイプのプリンターで、印刷可能な最大サイズは A4です。自動両面印刷にも対応しています。1分間で約30枚とスピーディーな印刷が可能です。

A3サイズのプリントが可能なレーザープリンター

家庭用プリンターの最大印刷可能サイズはA4であることが多いですが、A3にも対応している大きめのプリンターもあります。

おすすめ⑪
  • エプソン
  • LP-S6160

  • 税込み36,446円
  • エプソン独自の高画質を実現!

  • OA用途の文字やグラフィックを鮮明に映し出すレーザープリンターで、画質の良さを求める人にぴったり。リサイクルインクを使用できるプリンターです。

画質の良さを求めるのであれば、エプソンのプリンターがおすすめ。インクジェットプリンターでよく知られるエプソンですが、レーザープリンターでも画質の良さを追求しています。

最大 A3サイズの用紙を出力できるのも魅力。カラー印刷も可能です。そんな高性能のプリンターを3万円台で購入できます。写真を引き伸ばして、プリントする機会が多い人に使っていただきたい商品です。

おすすめ⑫
  • OKI
  • B801n

  • 税込み28,180円
  • A3サイズ対応なのに、約22kgとコンパクト!

  • 5年間無償保証とメンテナンス品5年間無償提供を行っている沖データのプリンター。耐久性とコストパフォーマンスに優れたモデルで、オフィスで重宝されます。

A3サイズのプリントはしたいけれど、モノクロコピーで十分ということであれば沖データのプリンターがおすすめです。

沖データの最大の魅力は長寿命タフ設計にあり、120万ページのプリントもしくは5年の使用ができる耐久性が売りとなっています。出力頻度の高いモノクロシンプル設計で、トナーや紙づまりの処理などの操作やメンテナンスも、とても簡単。

コンパクトながらもオプションのセカンドトレイユニットを装着すると、最大1850枚の連続給紙が可能で、頻繁に用紙を補給する必要がありません。

業務用のおすすめレーザープリンター

レーザープリンターを探している人のなかには家庭で使うのではなく、オフィスや事務所で使いたいと考えている人もいるかと思います。従業員全員で使いやすく、大量に印刷できる便利な業務用プリンターを紹介していきます。

おすすめ⑬
  • brother
  • L8360CDW

  • 税込み42,055円
  • 自動両面印刷が可能なオフィス向けレーザープリンター

  • 給紙トレイを上手に使うことで最大2,380枚を給紙することができます。印刷可能な最大用紙サイズはA4でスピーディーな印刷が実現されます。

たくさん給紙できるにもかかわらず、幅44cm×高さ31cm×奥行き48cmとコンパクトな設計で、省スペースにも設置可能です。業務用のレーザープリンターは誰でも使いやすいタイプがおすすめですが、こちらは見やすいタッチパネルがついていて、誰でも簡単に操作できるでしょう。

トナーの交換と用紙セットは全て前面操作できるため、壁付けしてもOKです。1分あたり約31枚印刷できて、モノクロプリントのランニングコストは1枚あたり約2.5円とリーズナブルです。

おすすめ⑭
富士ゼロックス C2450Ⅱの写真
  • 富士ゼロックス
  • C2450Ⅱ

  • 税込み50,556円(楽天)
  • 最大2,505枚の給紙が可能なモノクロプリンター

  • 省エネ設計により低電力でコピーが可能。最大60万ページの高耐久性でA3のカラープリンターが行えます。オフィスに最適なレーザープリンターです。

プリンターのブランドとして有名な富士ゼロックスは、主に業務用のプリンターをたくさん販売しています。A3サイズの印刷ができるこちらのプリンターは、プリンターのみのシンプルな設計ですが、そのぶん使いやすいと言えるでしょう。自動両面印刷オプションもついていて、スムーズな印刷ができるはずです。

おすすめ⑮
  • キヤノン
  • LBP841CS

  • 税込み49,799円
  • カラー・モノクロ同速26枚!A3サイズ対応でオフィス向け

  • カラーにもモノクロにも対応しているプリンターで、A4サイズは毎分26枚印刷できます。幅66cmである程度のスペースを確保する必要があります。

仕事をしている時にプリンターの音が大きいと集中力の妨げになりますよね。しかし、キヤノンのこちらのプリンターは前モデルに比べて稼動音が静かで、オフィス用としておすすめです。少し大きめのサイズですが、ばっちりA3サイズの資料も印刷できます。モノクロコピーのランニングコストは一枚あたり約2.7円と低く、長く使うことができるプリンターです。

まとめ

レーザープリンターの種類は、シンプルなものから多機能タイプのものまでさまざま。1万円程度で購入できるものから10万円近くするものまでありました。

自分に必要な機能を事前に考えた上で最適なレーザープリンターを選びましょう。イニシャルコストだけではなくランニングコストを考えることも大切です。

ぜひ参考にして快適なテレワークライフを過ごしてください。

※価格はいずれも2020年10月時点。特に記載がない場合はAmazonの価格です。

Haruki
某大手旅行業者に6年勤務。添乗員を経験し、多数の国や国内のエリアをめぐってきました。今はその経験を活かし、主に旅行記事を中心に手掛けています。映画やファッション、家事など自分興味のあることを中心に実体験に基づいたリアルな記事を書くように心がけています。


  • LINEの友達登録をお願いします!

    LINE限定で、毎週の人気記事を配信します!

    友だち追加

    twitterでMoovooをフォロー!